158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

シェットランドシープドッグに合う餌はどれ?おすすめドッグフード5選!

シェルティの愛称でも知られるシェットランドシープドッグ。エレガントな被毛が特徴的ですが、皮膚トラブル関節トラブルも抱えることのある犬種です。

シェットランドシープドッグにはどんなドッグフードを与えると良いのか、判断に迷う飼い主さんもいるでしょう。

そこで、これまでドッグフードを150点以上調査してきている当サイトでは、今回シェットランドシープドッグに合わせやすい具体的な商品をピックアップ!

ランキングで5つご紹介しますので、ぜひ選ぶ際の参考にしてください。

【基本】シェットランドシープドッグに合うドッグフードの選び方

シェットランドシープドッグにはどんなドッグフードを選ぶといいのか?シェットランドシープドッグの特徴や抱えやすいトラブルなどを踏まえた上で、選び方のポイントを3つまとめてみました。

高タンパク・低脂肪・低カロリーである

シェットランドシープドッグ用のドッグフードを検討する際は、高タンパク・低脂肪・低カロリの栄養バランスであるかどうかをチェックしましょう。

シェットランドシープドッグは、イギリスのシェットランド諸島で古くから牧羊犬として働いていた犬種で、穏やかな性格ながら活発な一面も持っています。

日々の散歩や定期的な運動の時間を確保することとあわせて、筋肉を作る栄養素であるタンパク質をしっかり摂ることが大事です。

シェットランドシープドッグに限らず元々犬は雑食性のある肉食動物なので、特に動物性のタンパク源を疎かにしていないものを選びましょう。

具体的には肉や魚が全体の50%以上に使用されているものや、原材料の1番目に記載されているものがおすすめです。

また、シェットランドシープドッグは意外と肥満になりやすいこと、肥満が関節に負担をかける場合があることから、脂肪分やカロリーがやや抑えられたものを選ぶと良いでしょう。

もちろん食材そのものの品質を確認することも忘れないようにしてくださいね。

オメガ3脂肪酸が含まれている

シェットランドシープドッグの美しく豊かな被毛を良い状態に保つために、オメガ3脂肪酸の含まれる食材や数値に注目するのも、ドッグフード選びのポイントの1つです。

オメガ3・6脂肪酸はどちらも犬にとっての必須脂肪酸ですが、両方をバランスよく摂ることで皮膚や被毛のトラブル防止につながります。

多くの食品に含まれているオメガ6脂肪酸に対し、オメガ3脂肪酸を効果的に摂れる食品は限られているため、チェックしておきたいのは後者です。

ただ、シェットランドシープドッグが悩まされることのある皮膚トラブルには、エリテマトーデスや犬家族性皮膚筋炎・アレルギー性皮膚炎など、原因不明であったり遺伝性であったりするものも含まれます。

そのため必ずしも食事で対策できるとは限りませんが、オメガ3脂肪酸は皮膚・被毛以外に脳や心臓の健康維持にも役立つといわれているので、確認しておいて損はない成分です。

神様
オメガ3脂肪酸は、マグロや鮭などの魚、亜麻仁などに多く含まれているぞ。

骨・関節軟骨成分が配合されている

シェットランドシープドッグは比較的丈夫な犬種ですが、股関節形成不全や関節リウマチなどの関節トラブルを起こすことがあります。

こちらも、遺伝を含めさまざまな要因が考えられるため、完全な予防や対策方法はありません。

ですが、飼い主さんとしては、体重の増え過ぎに注意したり、骨・関節軟骨成分を意識的に摂らせたりすることは可能でしょう。

骨・関節軟骨成分の中には、痛みや炎症を抑える作用を持つものもあります。

  • グルコサミン:アミノ糖の一種で皮膚・軟骨に含まれる物質。
  • コンドロイチン:軟骨の柔らかさやクッション性を保つのに役立つ。関節のスムーズな動きにつながる。
  • MSM(メチルスルフォニルメタン):軟骨成分の原料になるもの。関節の痛みや炎症を抑えることにも働く。

上記が代表的ですが、同時に摂ることで相乗効果が得られることもあり、複数が配合されているドッグフードも珍しくありません。

シェットランドシープドッグのご飯に評判のいいドッグフード15種類を比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、ここではシェットランドシープドッグのご飯に選ばれやすい人気のドッグフード15種類を比較してみることにしました。

比較する項目は「主原料」「オメガ3脂肪酸源」「骨・関節軟骨成分の配合」の3つです。

なお、人間用の食品と同等基準など高品質と判断できる原料が使われているものに関しては、主原料を青文字で示しています。

商品名 主原料 オメガ3脂肪酸源 骨・関節軟骨成分
カナガン
チキン生肉26%、乾燥チキン25%(肉類含有量60%) サーモンオイル グルコサミン・MSM・コンドロイチン
ファインペッツ
鹿肉、鶏肉、オートミール(肉類含有量80%) サーモン、サーモンオイル
エッセンシャル
魚介類77.5%(生サーモン22%、生トラウト20%、乾燥ニシン18%、乾燥サーモン6%、サーモンオイル6%、生白身魚2%、生ニシン2%、サーモンスープ1.5%) 魚介類、亜麻仁 グルコサミン・コンドロイチン・MSM
モグワン
チキン&サーモン(生肉・乾燥肉)56.5% 生サーモン・乾燥サーモン・サーモンオイル グルコサミン・MSM・コンドロイチン
ダイアモンドナチュラル(チキン&スイートポテト)
チキン、チキンミール、サツマイモ 亜麻仁、サーモンオイル
みらいのドッグフード(長寿サポート)
生肉(鹿、馬、魚、鶏)、大麦、国産雑節、サツマイモ DHA、亜麻仁、緑イ貝 MSM・コラーゲン・グルコサミン
オリジン(6フィッシュ)
サバ・ニシン・カレイ(肉類含有量85%) サバやニシンなどの魚・ニシン油 グルコサミン・コンドロイチン
ネルソンズ
乾燥チキン28%・チキン生肉22%(肉類含有量50%) サーモンオイル、海藻パウダー グルコサミン・コンドロイチン
シュプレモ(小型犬用 成犬用)
チキン(肉)・チキンミール・玄米 サーモンミール・亜麻仁
ペロリコ
肉類28.6%(チキン生肉15.0%、乾燥ダック8.6%、チキンタンパク5.0%)、サツマイモ サーモンオイル、亜麻仁 グルコサミン・コンドロイチン
うまか
鶏肉、大麦、玄米 グルコサミン・コンドロイチン
プラぺ(ラム&リンゴ)
ラム65% 海藻 グルコサミン・MSM・コンドロイチン
セレクトバランス
乾燥チキン、とうもろこし、米、玄米、ソイビーンミール 鶏脂(オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸源)、キャノーラ油(オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸源) グルコサミン、コンドロイチン
ナチュロル
新鮮牛生肉、新鮮鶏生肉、新鮮馬生肉、新鮮魚生肉 魚粉、海藻
ロイヤルカナン(ミニ アダルト)
肉類(鶏、七面鳥、ダック)、コーン、コーンフラワー、動物性油脂 魚油

シェットランドシープドッグの餌に選ばれやすい人気の15商品を比較してみました。

チェックしてみて分かったのは、どれもオメガ脂肪酸もしくは関節軟骨成分に配慮しているように見えて、肝心の原材料の内容には違いがあるということです。

原材料の品質レベルや具体的な生産地を明らかにしているドッグフードもあれば、素材名そのものに曖昧な印象を受けるドッグフードもあります。

もちろん健康サポート成分も見ておきたい要素ではありますが、「品質や安全性がどうなのか」というのはドッグフード選びでは外せないポイントだと思います。

そこで次に、これらの比較を踏まえた上でさらに中身を掘り下げ、シェットランドシープドッグに合わせておきたいドッグフード5選をまとめてみました!

【決定】シェットランドシープドッグにおすすめのドッグフード5選!

評価の基準

ここで紹介する5つのドッグフードは、シェットランドシープドッグの特徴や抱えやすいトラブルを踏まえた上で、私が個人的にドッグフードの原材料・栄養成分値・製造工程などあらゆる情報を調査した上で高く評価した商品です。完全さを保証するものではありません。

モグワン
モグワンの特徴
モグワンは全原料のうちの56.5%に鶏肉とサーモンを使用したドッグフードです。ヘルシーな肉・魚と、栄養価に優れた野菜・果物をバランスよく組み合わせることで、高タンパク・低脂肪・低カロリーに仕上げられています。食材は人間用の加工工場から仕入れたもので、余計な添加物は使用されていません。
価格 【通常】4,356円
【定期】3,920円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.8kg
評価 5.0
編集部からのコメント
モグワンは犬の体作りに役立つタンパク質が充実している一方で、脂肪分やカロリーはやや抑えられているため、体重が増えやすいシェットランドシープドッグにも合わせやすいでしょう。オメガ3脂肪酸や関節軟骨成分の配合など、健康への配慮がさまざまな点に感じられるドッグフードです。
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは動物性原料にチキンを採用したドッグフードです。鶏は原材料全体の60%を占め、放し飼いで育てられたことや品質がヒューマングレードであることも明確にされています。犬のアレルギーを引き起こしやすい小麦などの穀類や、注意すべき添加物は不使用です。
価格
  • 【通常】4,708円
    【定期】4,237円
    今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!

内容量 2kg
評価 4.5
編集部からのコメント
カナガンは犬本来の食性に合わせて作られており、栄養価に優れているのが特徴です。普段の散歩だけでなく、定期的に運動も行うシェットランドシープドッグに合わせてみると良いでしょう。製造工場の衛生管理やトレーサビリティがしっかりと確保されている点でも信頼が置けます。
エッセンシャル
エッセンシャルの特徴
エッセンシャルは、犬が食物アレルギーを起こしやすい7つの食材を避けて作られたドッグフードです。主原料の動物性タンパク源として、サーモンやトラウト・ニシンなどの魚を全体の77%に使用しています。オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているのも特徴です。
価格 【通常】4,708円
【定期】4,237円
内容量 1.8kg
評価 4.5
編集部からのコメント

エッセンシャルは、お肉と相性の良くないシェットランドシープドッグにも利用しやすいドッグフードです。ポテトや卵が使われているので、どの犬にもOKというわけではありませんが、アレルギー対策したい場合は頼りになるドッグフードとなるでしょう。品質や工場管理を見る限り、安全性も十分です。
プラぺ(ラム&リンゴ)
プラぺの特徴
プラぺはメインの動物性原料のほか、抗酸化作用のあるスーパーフードが13種類取り入れられているドッグフードです。人間が食べられる品質の良い食材を使用し、衛生管理の徹底された工場で製造されています。プラぺには、ラム&リンゴのほかにも種類が多く揃うのも特徴です。
価格 【通常購入】
4,950円(2kg)
9,680円(4kg)
14,300円(6kg)
26,950円(12kg)

【定期初回】
3,465円(2kg)
6,776円(4kg)
10,010円(6kg)
18,865円(12kg)

【定期購入】
4,703円(2kg)
9,196円(4kg)
13,585円(6kg)
25,603円(12kg)

内容量 2kg、4kg、6kg、12kg
※ラム&リンゴの場合
評価 4.0
編集部からのコメント
プラぺのラム&リンゴは動物性タンパク源がラムのみで、食物アレルギーが気になるシェットランドシープドッグにも利用しやすいでしょう。プラぺにはサーモンや鴨などをメインにした種類もあり、食事の内容に変化をつけながらローテーションしやすいのもメリットです。
ペロリコ
ペロリコの特徴
ペロリコはダイエットや食事制限をしやすいよう、低カロリーとおいしさの両立を目指して作られたドッグフードです。動物性原料に脂肪分の低いチキンやダック・白身魚を採用し、30種類の野菜・ハーブと組み合わせています。早食いを防ぐため、フード粒の形状にも工夫が凝らされています。
価格 通常購入:4,708円
定期購入:4,237円
内容量 1.8kg
評価 4.0
編集部からのコメント

ペロリコは、体重の増加や肥満が気になるシェットランドシープドッグにも合わせやすいドッグフードです。脂質やカロリーを抑えた内容でありながら、メインは動物性原料なので犬の満足感や食いつきにも期待できるでしょう。香料・着色料などの添加物の使用がなく、製造管理にも心配な点は見当たりません。

迷ったらコレ!シェットランドシープドッグにモグワンドッグフードをおすすめする理由!

当サイトは特定のドッグフードを強くおすすめするつもりはありません。

ここはあくまでも私が選んだドッグフードとして参考にしていただきたいのですが、なぜシェットランドシープドッグにモグワンを選んだのか?その理由を簡単にまとめてみました。

モグワンをおすすめする理由
  1. 原料全体の56.5%にヘルシーな鶏肉とサーモンを使用。
  2. 動物性原料と野菜・果物をバランスよく組み合わせている。
  3. 高タンパク・低脂質・低カロリーな栄養バランス。
  4. 肉・野菜などの食材は人間用の加工工場から出荷されたもの。
  5. 着色料・香料・合成保存料などは不使用。
  6. サーモンやココナッツ由来のオイルを採用している。
  7. 3種類の関節軟骨成分が配合されている。

私がシェットランドシープドッグにおすすめしたい餌としてモグワンを選んだ理由は、栄養や品質・健康サポート成分などの要素がまんべんなく揃っていたからです。

動物性原料にヘルシーな鶏肉とサーモンを採用し、野菜や果物などとのバランスにも配慮されているため、高タンパク・低脂質・低カロリーを実現できているのでしょう。

モグワンなら日常的にサーモン由来のオメガ3脂肪酸や関節軟骨成分も摂取できる点でも、シェットランドシープドッグにおすすめです。

もちろん鶏肉が体質に合わないという犬もいるので、そういったシェットランドシープドッグには別のお肉や魚メインのドッグフードを探してあげる必要があります。

大きな問題がなければ、品質が優れているのに続けやすい価格のモグワンをぜひ一度試してみると良いでしょう。

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

【給餌量】シェットランドシープドッグの餌の量は1日あたりどれくらい?

シェットランドシープドッグが1日に必要とする餌の量は、ドッグフードや手作り食の栄養価、運動量、ライフスタイル、体重、体格、年齢などによって変わります。

よって、絶対にこの量を与えなければならないという決まりはありません。

以下の計算方法から1日に必要なフードの給餌量を割り出すことができますので、ぜひ参考にしてみて下さい。計算に必要な係数は下の表に示してあります。

1日分の給餌量の計算方法
  1. まずは安静時のエネルギー要求量を求める。
    RER(kcal)=30 × 体重 + 70
  2. 次に、1日に必要なエネルギー量を求める。
    DER(kcal/日)=RER × 係数
  3. 最後に、1日必要な給餌量を算出する。
    給餌量(g/日)=DER ÷ フード1g(1缶)あたりのカロリー数
ライフステージ 係数
子犬(4ヶ月未満) 3.0
子犬(4~9ヶ月) 2.5
子犬(10~12ヶ月) 2.0
成犬(避妊・去勢をしていない) 1.8
成犬(避妊・去勢をしている) 1.6
肥満傾向 1.4
妊娠中(初めの42日間) 1.8
妊娠中(43日目以降) 3.0
授乳中 4.8
老犬(7歳以上) 1.4

そして、それぞれのライフステージの餌の与え方や注意点を以下にまとめてみました。

子犬の場合

子犬は毎日成長するため、こまめに体重を測った上で給餌量を参考にするようにしましょう。月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます。

餌の回数は、生後10週までは1日分を少量ずつ4回ほどに分けて与えます。

生後3ヶ月過ぎた頃からは1日3回に分けて与え、犬種により予想できる成犬時体重の50%近く(シェットランドシープドッグであれば3~6kg)になるまで続けましょう。

生後5~6ヶ月頃から、餌の回数を1日2回程度にします。

成犬の場合

シェットランドシープドッグ成犬の体重は6~12kgと個体差が大きいのが特徴です。

例えば私がおすすめしているモグワンを体重9kgのシェットランドシープドッグに与えるとして、具体的な給餌量を上記の計算方法から算出してみましょう。

モグワンの1gあたりのカロリーは3.615、標準的な成犬(避妊・去勢済)の係数を1.6として計算します。

シェットランドシープドッグ(体重9kg)へのモグワン給餌量
  1. 安静時のエネルギー要求量
    30×9+70=340kcal
  2. 1日に必要なエネルギー量
    340×1.6=544kcal/日
  3. 1日あたりの給餌量
    544÷3.615≒150g/日

1日あたりの給餌量目安は約150gと分かります。

ただし、個体差や運動量によっても大幅に変わるためあくまでも目安とし、犬の様子を見ながらコントロールするようにしましょう。

犬は食餌と食餌の間隔が長くても大丈夫なので、餌の回数は1日2回で問題ありません。

老犬の場合

老犬は、成犬に与える量よりも20~30%程減らした量を与えるようにしましょう。消化率や代謝率が低下するため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

餌の回数は、消化器への負担を軽くするためにも1日2~3回に分けて与える必要があります。

ここで紹介した給餌量はあくまでも目安で、運動量・体調・生活環境によって必要なエネルギー量が変わります。給餌量が合っているかどうかはうんちで分かるので、うんちが柔らかければ量を減らす、硬ければ量を増やすといった感じで調整して下さい。

シェットランドシープドッグがご飯を食べない理由とその対処法は?

シェットランドシープドッグがご飯を食べない時に考えられる理由は、健康状態・ライフスタイル・飼い主さんとの関係によっても異なります。よくある理由を以下にまとめてみました。

  • わがままになっている。
  • ドッグフードの匂い・味・質感が気に入らない。
  • もともと食が細い。
  • 成長が落ち着いてきている(子犬の場合)。
  • 老化による代謝率や消化率の低下。
  • ストレスを抱えている。
  • 1回のご飯の量が多い。
  • 口の中にトラブルがある。
  • 病気や何かしら不調がある。
  • 生理中である(避妊手術をしていないメスの場合)。

基本的に、犬は食事に飽きるということはほとんどありません。

もしもご飯を食べない日が2日以上続く場合は病気の可能性もありますので、早めにかかりつけの動物病院を受診して獣医師に相談しましょう。

シェットランドシープドッグがご飯を食べない時の対処法は、それぞれの理由によって異なります。詳しくは以下の記事で解説していますので、ぜひそちらを参考にしてみて下さいね。

シェットランドシープドッグにかかる年間の餌代はいくら?

シェットランドシープドッグの餌代は個体差によって大きな差が出るため、必ずしも「〇〇〇円」とは言い切れません。また、食べさせるドッグフードによっても年間の餌代は変わります。

例として、ここでは私が紹介しているモグワンでおおよその年間の餌代を出してみましょう。成犬シェットランドシープドッグ(体重6~12㎏)で計算してみます。

  • モグワン 1袋(1.8kg)あたり4,356円
  • 成犬シェットランドシープドッグ(体重6~12㎏)の1日あたり給与量111~190g

体重およそ6~12kgの成犬シェットランドシープドッグであれば、1ヶ月あたり約2~3袋のモグワンが必要となります。

ちなみに、モグワンを3袋ずつ定期購入すれば毎回合計7,000円以上になるので、15%の割引が入って1袋あたり3,702円で購入することができます。さらに送料無料です。

また、定期購入の場合はお届け周期を1週間~13週間まで1週間単位で選べます。なのでここでは、4週間おき(1ヶ月おき)にモグワンが3袋届く設定で計算してみましょう。

11,107円(モグワン3袋分代)×12回(年間)=133,284円

となるので、もしモグワンをシェットランドシープドッグに食べさせてあげるとなると、年間約133,284円の餌代がかかるということになります。

ただし、ここで出した金額はあくまでも目安です。飼育環境、体質、運動量などによって餌代は大幅に変わるので、参考程度に留めていただければと思います。

シェットランドシープドッグが抱えやすいトラブルを考えるとモグワンドッグフードがおすすめ!

もう一度お伝えしますが、私はすべてのシェットランドシープドッグにモグワンをおすすめするつもりはありません。

シェットランドシープドッグの生理状態・ライフスタイル・健康状態によって合うドッグフードが変わってきますので、ここはあくまでも私が選んだおすすめのドッグフードとして参考にしていただければ幸いです。

犬に必要な栄養素については「【犬の栄養に関する基礎知識】必要な栄養素とその役割・注意点は?」で詳しくまとめています。

愛犬の健康を意識してドッグフードを選ぶなら、品質はもろちん栄養や配合成分もチェックしておくのがポイントです。

その点モグワンは、基本的な安全性や品質に優れているドッグフード。

そして、高タンパク・低脂質・低カロリーの栄養バランスや、健康維持に効果的な成分の配合などといった面でもシェットランドシープドッグに合わせやすいと判断し、ランキング1位に取り上げました。

ただ飼い犬の体質や状態によっては、魚やラムが中心のドッグフードを検討するのも良いでしょう。

特別なこだわりがないのであれば、まずはバランスに優れているモグワンから試して、飼っているシェットランドシープドッグとの相性を見てはいかがでしょうか。

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

  

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る