158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

K9ナチュラルドッグフードの口コミ評判は?原材料や安全性も評価!

犬が本来必要とする生食を再現するため、非加熱ドライフリーズ製法を採用したニュージーランド産のドッグフード「K9ナチュラル」。

一般的なドライフードに抵抗のある飼い主さんや、手作り食を意識している飼い主さんなどからとても高い評価を得ているドッグフードです。

ここでは、そんなK9ナチュラルの原材料や安全性をはじめ、口コミ評判などを調査・評価していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 5.0
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.0
内容量 15g、142g、500g、1.8kg、3.6kg
※ラム・フィーストの場合
価格 303円(15g)
2,299円(142g)
6,107円(500g)
20,394円(1.8kg)
37,956円(3.6kg)
目的 総合栄養食
タイプ フリーズドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 ニュージーランド
編集部からの評価

当サイトは、K9ナチュラルをAランクと評価しました。

正直、K9ナチュラルにはツッコミどころがありません。余計なものを一切入れない手作り食に近いフードを与えたいならK9ナチュラルを利用するべきだと私は考えます。

良質な原材料を使っている分安くはないため、高級ドッグフードに抵抗のある人には、価格が最大のデメリットとなるかもしれません。

個人的な意見ですが、ネット上で拾ったレシピの手作り食よりも、K9ナチュラルの方が「栄養バランスの崩れ」や「食品の薬剤投与への心配」がなく安全でしょう。

また、非常食用として備蓄しておけるのもK9ナチュラルの良さだと感じました。

K9ナチュラルドッグフードの原材料と安全性について評価!

まず初めに、K9ナチュラルの原材料と安全性についてです。ここではフリーズドライフードの「ラム・フィースト」を評価してみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。K9ナチュラルには、特に危険な原料はありませんでした。

子羊肉(人間食用の家畜から生産される)、レバー(子羊)、心臓(子羊)、グリーントライプ(子羊)、血(子羊)、卵、脾臓(子羊)、腎臓(子羊)、骨(子羊)、ひまわり油、フラックスシードフレーク、昆布、ニュージーランド緑イ貝、かぼちゃ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、硫酸カリウム、乾燥昆布、りんご、洋なし、塩化ナトリウム、ビタミンE、プロティネイト亜鉛、プロティネイト鉄、酸化マグネシウム、セレン酵母、プロティネイト銅、プロティネイトマンガン、ベータカロチン、ビタミンB1、ビタミンD3
粗タンパク質 35.5%以上 水分 8.0%以下
粗脂肪 37.0%以上 オメガ3脂肪酸 0.97%以上
粗繊維 2.5%以下 代謝エネルギー 572.5kcal/100g
粗灰分 9.0%以下
※水に戻さずフリーズドライ状態のままの栄養成分値です。

ここで細かい評価をしなくても、正規輸入販売元である「株式会社K9ナチュラルジャパン」の公式サイトを読めばいいのでは?と思うくらい、すべてが丁寧に説明されています。

まず結論から言うと、K9ナチュラル以上に優れたドッグフードはないといっても過言ではありません。

もちろん人によって「優れている基準」は違うので、私が個人的に感じたK9ナチュラルへの評価として受け止めていただければ幸いです。

K9ナチュラルの何がいいか?というと、成長ホルモンや抗生物質などの薬剤、そしてサプリメントの投与の心配のない家畜・家禽肉が使われています。

野菜や果物もすべて人間が食べれる品質のものが使われており、フードの生産から製品の加工まで厳しい審査をクリアしているのがK9ナチュラルです。

さらに素晴らしいなと感じたのが、独自改良した非加熱フリーズドライ製法を採用している点ですね。

食材を「瞬間凍結させて水分を飛ばす」通常のフリーズドライではなく、加工時の調理熱が45℃以上にならないようにもされているんです。

そのため、生の食材に含まれる乳酸菌や酵素などはもちろん、食材の旨味と栄養もそのまま残しています。一般的なドライフードの作り方では、絶対にできないことです。

また、K9ナチュラルの原材料を見てもわかるとおり、ほとんどが自然食材なんですよ。そして、肉類の割合は90%もあります。

食材に含まれていない栄養素はサプリメントでカバーしていますが、こちらも厳しい審査を通ったものなので安心でしょう。

これによってわかるのが、アレルギーや涙やけが起きやすい犬にほどK9ナチュラルは向いているということ。

生食に含まれる栄養素が活かされていて消化性も高いので、気になるトラブルがある場合はK9ナチュラルを試してみるといいかもしれません。

K9ナチュラルはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • アレルギーや涙やけを抱えている犬。
  • 消化機能が低下している犬。
  • 軟便や下痢を頻繁にする犬。
  • 被毛や皮膚トラブルが起きやすい犬。
  • 獣医師から手作り食を薦められた犬。
  • 手作り食も取り入れたいと考えている人。
  • できるだけ生食に近いフードを探している人。
  • 食の安全に厳しい人。
  • ドッグフードにお金をかけられる人。

K9ナチュラルドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

K9ナチュラルドッグフードの良い口コミ

ミニチュア・ダックスフンド8歳 / オス
5.0
ラムとビーフを交互に購入しています。うちの犬の食いつきも良く、何より健康診断での数値が良くなったことにはビックリしました。価格は高いけど、犬の健康にはすごくいいフードなんだと実感しました。
雑種犬10歳 / オス
5.0
今までカリカリフードのトッピングに缶詰を使用していましたが、保存が心配なのでこちらのフリーズドライフードを購入してみました。その都度ぬるま湯に浸すだけで使えるし、そのままでも与えられるのでとても重宝しています。
パピヨン5歳 / メス
5.0
これを見るとヨダレを垂らすくらいうちの子は大好きです。K9を食べさせるようになってから毛艶がとても良くなり、他のフードに戻すとやっぱり毛質がなんとなく落ちます。
トイ・プードル4歳 / メス
4.5
合わないフードが多くてよく下痢をしていたのですが、k9ナチュラルのビーフに変えたら下痢をすることがなくなりました。食いつきも良いし、何より安心して食べさせられます。
ポメラニアン4歳 / メス
5.0
こちらのグリーントライプをリピしてます。ストレスがかかると必ず粘膜便を出してしまう子でしたが、このトライプを食べるようになってからゆるい便や粘膜便をしなくなりました。ちょっと匂いはキツイけど体に合っているようなので欠かせません。

K9ナチュラルドッグフードの悪い口コミ

シェルティー7歳 / メス
2.5
食いつきはまぁまぁでした。なので、おやつ代わりに小さくして散歩のときに持ち歩いています。水でふやかすまでに結構時間がかかるのが難点。
フレンチ・ブルドッグ11歳 / オス
1.5
ジウィピークのラムからこちらに切り替えてみました。しかし、あまり好みではなかったようで食べてくれませんでした。
雑種犬6歳 / メス
2.0
うちの子はお腹が弱いのでグリーントライプ買ってみました。しかし、どうも匂いが好きになれず…あまりあげられていません。本犬は喜んで食べていましたが、お腹に良いのかどうかまだわかりません。
ラブラドール・レトリバー7歳 / オス
2.0
気に入ってリピートしていますが、今回届いたフリーズドライは半分くらいが粉状です。ふやかしてから与えるので大丈夫かな?と思いましたが、ふやかしても今までのものとは違い困惑しています。食いつきも違うし、美味しそうに食べてくれません。
コーギー8歳 / メス
2.5
お試しの反応がすごく良かったので、思い切ってビーフを購入してみました。袋を開けた瞬間からすごく喜んでいたのに、いざふやかしてあげたら食べません。ラムの方が良かったのかな…?それとも冷たいから食べないのかも…?

K9ナチュラルドッグフードの口コミ・評判まとめ

K9ナチュラルは非常に評価の高いドッグフードです。より具体的にK9ナチュラルの口コミを見たい人は、楽天のものを参考にされるといいと思います。

Amazonにもそれなりにありますが、英語圏の人の口コミが多いんです。ただ、日本人とはまた違った視点で評価されているので、これはこれですごくためになります。

K9ナチュラルへの好意的な口コミで多かったのは「食いつきがいい」「毛質が良くなった」「アレルギーが緩和された」「便の状態が安定するようになった」です。

全体の口コミを見て、K9ナチュラルを与え続けることで気になるトラブルが改善されやすいということがわかりました。グリーントライプもかなり人気がありますね。

マイナス評価に関しては「食べない」「粉状になっていた」という声がもっとも多かったような気がします。

粉状になっていたことに関しては、公式サイトの商品ページに「細かくほぐれているものもある」と記載されていました。(参考:公式サイト ラム・フィーストのページ

とくにチキンや魚は、性質上起こりやすいそうです。仕方ない部分もあるかと思いますが、気になる場合は公式サイトで購入した方がまだ安心かもしれません。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入 303円(15g)
2,299円(142g)
6,107円(500g)
20,394円(1.8kg)
37,956円(3.6kg)
通常購入 303円(15g)
2,299円(142g)
6,107円(500g)
20,394円(1.8kg)
37,956円(3.6kg)
2,299円(142g)
6,107円(500g)
20,394円(1.8kg)
37,956円(3.6kg)
303円(15g)
2,299円(142g)
6,107円(500g)
20,394円(1.8kg)
37,956円(3.6kg)
送料 初回1,650円以上、2回目以降5,500円以上は無料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

どこでK9ナチュラルを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

K9ナチュラルドッグフードの価格はどこも同じ!

調査した結果、K9ナチュラルの価格は公式サイト・Amazon・楽天すべて同じであることがわかりました。

異なるのは送料や特典だけなので、どこで購入するとお得なのかは人によって変わります。私が見た時にたまたま完売していたのかもしれませんが、Amazonに15gはありません。

ちなみに、正規品をきちんと購入したい場合は正規輸入販売元「株式会社K9ナチュラルジャパン」の公式サイトの利用をおすすめします。

楽天などの口コミでは「粉状になって届いた」等の声もチラホラあったので、取り扱いが雑なショップからの購入は控えるようにしましょう。

また、公式サイトには定期購入もあり、金額の割引はないもののポイントがお得に貯まるシステムになっています。

K9ナチュラルドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン K9ナチュラル(ラム・フィースト)
主原料 チキン&サーモン56%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) 子羊肉・子羊レバー・子羊心臓(肉類90%)
穀物 グレインフリー グレインフリー
タンパク質 27%以上 35.5%以上
脂質 10%以上 37%以上
代謝エネルギー
(100gあたり)
363kcal 572.5kcal
内容量 1.8kg 15g、142g、500g、1.8kg、3.6kg
価格 3,920円 303円(15g)
2,299円(142g)
6,107円(500g)
20,394円(1.8kg)
37,956円(3.6kg)
当サイト評価 Sランク Aランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとK9ナチュラルには、どのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、モグワンとK9ナチュラルは特徴が全く異なるフードです。生産から製品の加工までの過程はもちろん、栄養素の含まれ方もだいぶ異なります。

どちらが愛犬にとって良いフードなのかは、愛犬の体質・健康状態・生理状態によって変わるので一概に「〇〇の方がおすすめ!」という判断をすることはできません。

ただ、愛犬のために生食や手作り食を取り入れたいと考えているのであればK9ナチュラルの方がおすすめです。

K9ナチュラルは食材本来の栄養素がしっかりと活かされていて、とくにお肉に含まれる酵素や乳酸菌がそのまま残っているんですね。

モグワンの場合は、後から乳酸菌やグルコサミンなどのサプリメントを添加しているので、できる限り自然食を!と考えているなら間違いなくK9ナチュラルです。

とはいえ、K9ナチュラルはそれなりに価格も高めです。毎食続けるのが難しい場合は、モグワンのようなドライフードと組み合わせて健康管理をされるといいでしょう。

K9ナチュラルドッグフードの「グリーントライプ」って何?

K9ナチュラルには、反芻(はんすう)動物の胃袋である「グリーントライプ」を使ったフリーズドライのサプリメントがあります。

K9ナチュラルの「グリーントライプ」の種類
  • ラム・グリーントライプ
  • ビーフ・グリーントライプ

いずれも原材料はグリーントライプのみで、混ぜものは一切ありません。

これらも非加熱フリーズドライ製法で作られているので、熱に弱い動物性の乳酸菌や酵素も生きたまま残されています。まさに天然のサプリメントですね!

そもそもグリーントライプって何なのか?と言うと、羊や牛たちが食べた牧草の色素・栄養素がそのまま残っている胃袋(第4胃)のことです。

私たちもよく「ホルモン」を食しますが、これらは人間の食用として洗浄・漂白されているため白っぽくなってます。

ところが、K9ナチュラルで使われているものは洗浄も漂白もされていないので、緑色の自然な状態、つまりグリーントライプとなっているんですね。

そして、グリーントライプには以下の栄養素が豊富に含まれています。

消化液・消化酵素・プロバイオティクス(乳酸菌)・必須脂肪酸(リノール酸/リノレン酸)・ビタミン・アミノ酸など。

K9ナチュラルのグリーントライプは、犬にとって理想的な天然補助食。つまり、天然のサプリメントとなります。

与え方はとても簡単で、ラム・グリーントライプあるいはビーフ・グリーントライプをフードにトッピングして、3倍量の水(37℃以下)を加えるだけです。

そのまま与えたり、おやつとして与えても問題ありません。

K9ナチュラルドッグフードの種類と特徴について

犬用K9ナチュラルには「フリーズドライ」「プレミアム缶」「栄養補助食」「トリーツ(おやつ)」「サプリメント」の5タイプの商品があります。

それぞれどんな特徴があるのかを、タイプごとに簡単にまとめてみました。

フリーズドライ

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
ラム・フィースト 35.5%以上 37%以上 572.5kcal
チキン・フィースト 48%以上 34%以上 498.6kcal
ビーフ・フィースト 35%以上 37%以上 526.9kcal
ホキ&ビーフ・フィースト 46%以上 35%以上 528kcal
ラム&キングサーモン・フィースト 38%以上 38%以上 535kcal

非加熱フリーズドライ製法で調理した総合栄養食。水にふやかしたりそのまま与えて食べさせます。

どれを選ぶかは愛犬の好みや体質によって異なりますが、この中でヘルシーさを求めるなら「チキン・フィースト」ですね。

ラムを使った「ラム・フィースト」も、L-カルニチンが豊富に含まれているので脂肪の代謝が良くなるというメリットがあります。

パッと見はカロリーも高めですが、ラムに含まれる脂肪は体内に吸収されにくい特徴がありますから、体重が気になる犬や太りやすい犬にも合わせやすいですよ。

逆に、ビーフは栄養価の高い食事を必要とする犬に向いています。体重がなかなか増えない、あるいは痩せ気味といった犬に合わせてみるといいでしょう。

「ベニソン・フィースト」のフリーズドライは、鹿肉の確保が難しくなったため2018年夏頃に販売中止となりました。

「パピー・フィースト」のフリーズドライは、商品ラインナップ見直しによって2021年1月頃に販売中止となりました。

プレミアム缶

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
ラム・フィースト 8.8%以上 9%以上 137.4kcal
チキン・フィースト 9%以上 6.5%以上 100.2kcal
ビーフ・フィースト 8.5%以上 9%以上 129.4kcal
ホキ&ビーフ・フィースト 10%以上 7%以上 121kcal
ラム&キングサーモン・フィースト 8.5%以上 8.5%以上 133.3kcal

K9ナチュラルのプレミアム缶の最大の特徴は、肉類90%以上と水だけで作られていることです。

さらに、発がん性が報告されている「カラギーナン」などの増粘剤や安定剤、人体への悪影響が指摘されているBPAが一切使われていません。

安全性の高い缶詰(ウェットフード)を利用したいのであれば、私はK9ナチュラルをおすすめしたいです。

「ベニソン・フィースト」「K9ナチュラル パピー」は2019年に販売中止となりました。

栄養補助食

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
ラム・グリーントライプ 60%以上 18%以上 416.5kcal
ビーフ・グリーントライプ 47%以上 35%以上 549kcal
ラム・グリーントライプ(缶詰) 9.5%以上 3.5%以上 81.1kcal

グリーントライプは主食として与えるものではなく、他のフードに数粒混ぜたり、ふりかけやおやつとして活用する「補助食」です。

お腹の健康が気になる犬や便の状態が安定しない犬などに利用してみるといいでしょう。

トリーツ(おやつ)

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
K9 ラム・トリーツ 40%以上 38%以上 470.8kcal
K9 ビーフ・トリーツ 39%以上 37%以上 500.5kcal
K9 チキン・トリーツ 46%以上 31%以上 434.8kcal
グリーン・マッスル 57%以上 10%以上 285kcal
エアドライ ビーフ・ラング 57%以上 26%以上 434.3kcal
エアドライ ラム・ラング 68%以上 11%以上 364.6kcal

K9ナチュラルのおやつは、一般的なおやつよりも栄養価がはるかに高いです。肉類100%でできたおやつですから、カロリーオーバーにならないよう与える量には十分注意しましょう。

「グリーン・マッスル」は、ニュージーランド産の緑イ貝100%できているおやつです。おやつというより、もはやサプリメントと言っても過言ではありませんね。

関節に良いとされるグルコサミンやコンドロイチン、必須脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれています。

これらのサプリメントを利用しようと考えていた人は「グリーン・マッスル」を利用してみるのもいいかもしれません。

サプリメント

商品名 特徴
ニュージーランド グリーン・マッスルパウダー ニュージーランド産の緑イ貝を100%使用。グルコサミン、コンドロイチン、オメガ3脂肪酸などを豊富に含む。関節トラブルが気になる犬に。
スキン&コート 必須脂肪酸やビタミン、ミネラル、アミノ酸を豊富に含んだオイル。皮膚や被毛の健康が気になる犬に。
ボーン&ジョイント(犬猫兼用) オメガ3脂肪酸やグルコサミンなどを豊富に含んだオイル。骨や関節の健康が気になる犬・猫に。
ダイジェスト-エイド+プロバイオティクス(犬猫兼用) プレバイオティクス、プロバイオティクスを豊富に含んだパウダー。消化器系の健康が気になる犬・猫に。
3メガ(犬猫兼用) オメガ3脂肪酸(EPA・DHA・ALA)を豊富に含んだオイル。脳や目などさまざまな健康が気になる犬・猫に。

K9ナチュラルのサプリメントは、色々な悩みに合わせて選べるようになっています。犬猫犬用のタイプもあるため、同時に飼っている場合でも利用しやすいです。

公式サイトの商品ページには、原材料の産地やどの成分がどう良いのかまで記載されていて、安心して使えるよう配慮されています。

「フラックスシード・オイル」「フラックスシード・フレーク」は販売中止となりました。

K9ナチュラルドッグフードのQ&A

K9ナチュラルドッグフード正規品の販売店は?

K9ナチュラルの正規品を取り扱っている店舗は、公式サイトの「取扱店舗検索」で確認することができます。

K9ナチュラルドッグフードにお試しサンプルってある?

K9ナチュラルには、初めて生食フリーズドライを体験する人限定に「テイスティングセット」が用意されています。

内容はラム、ビーフ、チキンのフリーズドライフード3種と、ラムとビーフそれぞれのグリーントライプの合計5種のセットです。

価格は送料込みで1,375円ととてもお得なので、本商品を買う前にぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

K9ナチュラルドッグフードまとめ

K9ナチュラルのまとめ
  • 自然食材をたっぷり使用しているため、手作り食の代わりにしたい人にもおすすめ。
  • 人間が食べれるグレードのお肉・野菜・果物を使っていて新鮮。
  • 原材料の家畜・家禽肉は薬剤やサプリメントの投与の心配がなく安心。
  • グレインフリーで穀類はもちろん、イモ類・豆類も使わず食物アレルギーに配慮。
  • 犬にとって不要な、人工保存料や人工着色料・人工香料など不使用。
  • フードの生産から製品の加工まで厳しい審査を行い、安全性を確立。
  • 非加熱フリーズドライ製法で食材の旨味・乳酸菌・酵素など効率的に栄養が摂れる。
  • 粒が柔らかく消化性が高いため、お腹の調子が気になる犬にも向いている。
  • 未開封なら製造から約2年の常温保存ができ、非常食用の備蓄にもおすすめ。
  • タンパク質・脂質・カロリーは高めなので、与える量には注意が必要。

K9ナチュラルは、生食に近くて安全性の高いドッグフードを探している人にピッタリだなと思いました!

前述した通り、これ以上優れたドッグフードはないといっても過言ではないと感じています。

原材料は人が食べれるグレードで、フードの製造も厳しい基準のもとで行われているんです。人工保存料や人工香料なども不使用で、犬の健康が考えられています。

なんといっても「非加熱フリーズドライ製法」で、食材本来の旨み・乳酸菌・酵素などがそのまま残っているんです。これは他のドッグフードにはない良い点ですね。

神様
未開封なら製造から約2年の常温保存ができ、非常食用の備蓄にもおすすめじゃ。いざという時にも頼りになるぞい。

タンパク質・脂質・カロリーは高めなので、一般的なドライフードと同じように与えると肥満につながる可能性があります。与える時は必ず給餌量を確認してください。

原材料が愛犬の体質に合うならば、ぜひ一度検討してみてほしいドッグフードです。

K9ナチュラルドッグフードの基本情報

内容量 15g、142g、500g、1.8kg、3.6kg
※ラム・フィーストの場合
初回購入価格
定期購入価格 303円(15g)
2,299円(142g)
6,107円(500g)
20,394円(1.8kg)
37,956円(3.6kg)
通常価格 303円(15g)
2,299円(142g)
6,107円(500g)
20,394円(1.8kg)
37,956円(3.6kg)
正規輸入販売元 株式会社K9ナチュラルジャパン
公式サイト https://www.k9natural.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る