158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

アカナドッグフードの口コミや評判は?原材料や商品の安全性も評価!

チャンピオンペットフーズ社が製造販売を手掛けるカナダ産のドッグフード「アカナ」。

あの「オリジン」の姉妹ブランドとしても親しまれており、活動犬や高タンパクドッグフードが必要な犬に選ばれることの多い人気ドッグフードです。

ここでは、そんなアカナの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 5.0
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3-0 3.0
内容量 340g、2kg、6kg、11.4kg
※ワイルドプレーリードッグの場合
価格 1,296円(340g)
6,264円(2kg)
15,120円(6kg)
21,600円(11.4kg)
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 カナダ
編集部からの評価

当サイトは、アカナをAランクと評価しました。

アカナにはこれといって不安に感じる要素はありません。犬によっては高タンパク過ぎる、粒が大き過ぎるという欠点はありますが、むしろ室内犬用や小型犬用(小粒)ばかりが並ぶ日本では、とても貴重なドッグフードと言えるでしょう。

本当に良い食材を丁寧に調理しているからこそ、合成サプリメントも必要最低限に留められています。また、アカナは肉類の含有量が豊富なので、豆類が主要原材料になっているということはありません。

実際にアカナドッグフードを購入してみました!

それでは早速、アカナの中身をレビューをしていきましょう!

アカナには4つのシリーズがあるんですよね。どれを買おうか迷った結果、我が家では肉の量や新鮮さを追求した「レジオナルシリーズ」をチョイスしてみました。

さらにその中から、鶏肉メインの「ワイルドプレーリードッグ」を購入しました。

↑パッケージの裏はこんな感じ。

右上にちゃんと「日本正規品」と書かれていますね。これが書かれていない場合は、ほとんど並行輸入品です。

袋を開封してみましょう。

ちゃんと保存用のチャックがついています。

袋の中からは魚のみりん干しのようないい香りをしてきました。臭いと感じることはまく、むしろすごくおいしそうな匂いです。

粒はこんな感じ。結構大きいですね。

油っこさはなくて、ほのかにしっとりとした感じがあります。

大きさは直径約1~1.2cmといったところでしょうか。

口の小さな犬には食べづらい大きさなので、その場合はヘリテージシリーズの「アダルトスモールブリード(小型犬用)」を選ばれてみるといいかもしれません。

それではそろそろ、この辺りで我が家の愛犬モコに試食してもらいましょうか!

とりあえず初日は、モコのお腹が緩くなったりしないよう、ふだん食べているモグワンに混ぜて試食してもらうことにしました。

新しいフードに突然切り替えると下痢・軟便・嘔吐をしやすい犬の場合は、いつものフード75%:アカナ25%の比率で与えるといいですよ。

1週間ほどかけてアカナ100%に移行すると、お腹もビックリしないので切り替えもしやすくなります。

さぁ、モコはアカナを食べてくれるかな?

おぉ~すごい勢い!かなり夢中でパクパクと食べています。

大きくて食べづらいかな?と心配でしたが、モコにとって食べにくさはないようです。むしろ粒が大きい分、ゆっくり噛んで食べてくれていました。

相当アカナを気に入ったのか、食べ終わった後も器をペロペロ。アカナの袋をあちこち探しては「もっとちょうだい♪」と目で訴えてきました(笑)

アカナドッグフードの「グラスフェッドラム」も試してみました!

そうそう実はですね、こないだ近所のペットショップへ行ったらシングルシリーズの「グラスフェッドラム」がたまたま50%OFFで販売されていたんです。

賞味期限間近の見切り品だったのですが、せっかくなので買ってみました!

シングルシリーズは、食物アレルギーに配慮して単一の動物性タンパク質を50%使用しているのが特徴です(グラスフェッドラムはラム肉50%)。

粒は相変わらず大きいです。

匂いはちょっと草っぽいというか、臭くはないけどワイルドプレーリードッグのように魚のみりん干しの香りはしません(あ、臭くはないですよ!)。

ちなみに、グラスフェッドラムもモコの食いつきは相変わらず良かったです。

下痢や嘔吐も一切なし。毎日健康的なうんちだったので、体質にも合っていたようです。

アカナドッグフードを試して感じたメリット・デメリット!

メリット
  • 原料は人も食べれるグレード。
  • 合成サプリメントを極力避けられる。
  • 体に悪い原料や添加物を避けられる。
  • お肉や魚をしっかり食べられる。
  • アカナの中でローテーションできるほど種類が豊富。
  • 大粒が好きな犬に合わせやすい。
  • 少量でしっかり栄養を摂れる。
デメリット
  • 価格が高い。
  • 小粒の種類が限られる。
  • 犬によっては高タンパク過ぎる。

私が感じたアカナのデメリットは、価格と粒の大きさ、そして犬によってはタンパク質が全体的に高すぎるところです。

ただし、犬の健康状態やライフスタイル、口や体の大きさによっては、これらすべてがメリットになります。

日本では室内で過ごす小型犬に合わせたドッグフードばかりが販売されている傾向にあるので、アカナのような高タンパクフードはある意味すごく貴重です。

また、少しの量でしっかり栄養を摂れるほど栄養価も高いですから、価格が高いように感じても実はコスパがいいというメリットもあります。

アカナドッグフードの原材料と安全性について評価!

次に、アカナの原材料と安全性についてです。ここでもレジオナルシリーズの「ワイルドプレイリードッグ」を評価してみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

新鮮鶏肉(8%)、新鮮七面鳥肉(8%)、新鮮鶏内臓(レバー、ハツ、腎臓) (8%)、鶏肉ミール(8%)、七面鳥肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、新鮮全卵(4%)、新鮮天然ウォールアイ(4%)、新鮮天然トラウト(4%)、鶏脂肪(4%)、新鮮七面鳥内臓(レバー、ハツ、腎臓) (3%)、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、日干しアルファルファ、タラ油(2%)、レンズ豆繊維、乾燥鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライレバー(鶏と七面鳥)(0.1%)、塩、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ
タンパク質 35%以上 オメガ6脂肪酸 2.6%以上
脂肪 17%以上 オメガ3脂肪酸 0.9%以上
繊維 6%以下 グルコサミン 700mg/kg以上
灰分 7%以下 コンドロイチン 1,500mg/kg以上
水分 12%以下 代謝エネルギー 3850kcal/kg

まず結論から言うと、アカナは本当に優秀なドッグフードです。愛犬の体質と健康状態にさえ合えば、最高のドッグフードになることは間違いないと感じました。

最近はグレインフリーと拡張型心筋症の関係についてかなり議論されていますが、科学的根拠がないので、ちゃんとした結果が出るまではイコールで結びつけない方がいいでしょう。

まずは、アカナの特徴をザックリとまとめてみたいと思います。

  • カナダのアルバータ―州にある自社工場でフードを製造。
  • 人間用食材として認定を受けたものだけを使用。
  • 原材料は、信頼する地元の農家、牧場主、漁師から仕入れたもの。
  • 食材には保存料を使わず、毎日新鮮な状態で工場に運ばれる。
  • 原材料の産地からフードの全工程まですべてトレーサビリティが確保されている。
  • 高GI炭水化物・植物性タンパク質不使用。
  • 合成サプリメントの使用は必要最低限。
  • 肉類含有量が50~75%。
  • タンパク源の種類が豊富。

第三者の工場に製造を委託するペットフードが多い中、アカナはカナダにある自社工場(チャンピオンペットフーズ社)でフードの全工程を行っています。

フードに使う原材料もすべて、自分たちで決めた信頼できる生産者からのみ仕入れるという徹底ぶりです。

神様
公式サイトでは、生産者のプロフィールやどんな飼育・栽培環境で育てているのかも開示されているので、ぜひそういった部分も見ておくといいぞ。

そのおかげもあり、アカナはすべての段階においてトレーサビリティが確保されています。すべてを自分たちの手で行っているからこそ、管理が隅々まで行き届いているんですね。

そして、アカナは工場に集まった食材等を低温でじっくりと調理します。独自の調理法で、食材に含まれる栄養素や酵素をできるだけ壊さないよう調理しているのが特徴です。

その結果、フードに添加される合成サプリメントの種類はほんのわずか。商品によって異なりますが、多くて5種類、少なくて1種類(亜鉛のみ)です。

できる限り合成添加物を避けたいと考える飼い主さんや、アレルギーや涙やけが気になる犬にも嬉しい内容のドッグフードと言えるでしょう。

アカナはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 運動量が多い犬。
  • 1日の散歩量が多い犬。
  • 少しの量でしっかり栄養を摂りたい犬。
  • 食物アレルギーが気になる犬。
  • 涙やけが気になる犬。
  • 穀物アレルギーがある犬。
  • 毛並み・毛艶が悪い犬。
  • 大きな粒が好きな犬。
  • 安全性の高い高タンパクドッグフードを探している人。
  • カナダ産のドッグフードにこだわっている人。
  • 低炭水化物のドッグフードを探している人。
  • 副産物・中国産原料・遺伝子組み換え食品などを避けたい人。

アカナドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

アカナドッグフードの良い口コミ

雑種犬6歳 / オス
5.0
いつもアカナをローテーションしています。どのアカナを選んでもうちの犬の食いつきは良く、皮膚やウンチの状態も問題ありません。安心して与えられるドッグフードなので浮気できませんね。食欲がなくなる暑い時期でも、アカナならトッピングなしでも平らげます。
ゴールデン・レトリーバー5歳 / メス
5.0
本当にいいドッグフードを与えたいと思って探していたところ、このアカナに出会いました。よく「そんな高いものあげてるの?」と言われますが、愛犬の体のことを考えたら高いとは思いません。むしろ、変な餌を与えて病院通いになるよりもずっと経済的です。オリジン同様、一番信頼できる商品だと思います。
シベリアン・ハスキー3歳 / オス
5.0
数あるドッグフードの中で、アカナが一番いいと思います。うちはアカナのアダルトラージブリードを与えていますが、粒も大きくて、うちのハスキーも喜んで食べています。
チワワ4歳 / オス
5.0
去勢手術後から太ってしまい、先生からも痩せるよう指示を受けました。いろいろある肥満用フードの中でアカナを選んだところ、食いつきがよく、今までのフードより美味しいようで喜んで食べています。成果もすぐにあらわれ、体重が2kg減。くびれもできました。長生きしてほしいので、これからもずっとアカナにお世話になりたいと思います。
ジャック・ラッセル・テリア8歳 / メス
5.0
グラスフェッドラムを購入してみました。1日100gあげてます(体重7kg弱)。粒が大き目なので食べにくいかな?と思ったら、喜んでカリカリ噛んで食べています。便の調子もよく、お腹のシミや目ヤニもないので体に合っているようです。

アカナドッグフードの悪い口コミ

ラブラドール・レトリバー3歳 / メス
2.0
フード自体はとても安心できるのですが、うちの子には合わずお腹が緩くなってしまいました。タンパク質の高い良質なフードでも、合わない子は合わないんだなと…。あと、粒が皿にへばりつきやすい形状になってるので食べにくそうです。
ミニチュア・ダックスフンド6歳 / オス
3.0
アカナのグラスランド、ワイルドプレーリードッグを与えていた時は毎回嬉しそうだったのに、スモールブリードは食いつきが悪かった。あと、便も柔らかくなったような気がする。
コーギー5歳 / オス
1.0
商品の品質はとても良いものだと分かっているのですが、我が家の愛犬は匂いをかいだだけで全く食べませんでした。違うアカナはよく食べます。グラスフェッドラムが合わないようです。
トイ・プードル5歳 / オス
2.0
アレルギー反応なのか、最近頻繁に手足をなめます。生後から注意してドッグフードを与えてたのですが、今回アカナにしてから食べてくれません。他のフードを混ぜてもダメです。
シーズー6歳 / オス
3.0
ダイエットにと思いライト&フィットを購入しましたが、小型犬には大きすぎる粒でした。愛犬が早食いなので、のどに詰まらせないよう食べ終わるまで監視してます。他のフードより給餌量が少ないため、毎回物足りないような顔をしています。

アカナドッグフードの口コミ・評判まとめ

アカナはとても評判の良いドッグフードです。悪い口コミがないわけではないのですが、圧倒的に良い口コミの方が多いですね。

悪い口コミで目立って多いのが、「食べない」「粒が大きすぎる」といった声。たまたまかもしれませんが、とくにグラスフェッドラムへの食いつきが悪い犬が多いようです。

良い口コミではいろんな反応があり、その中でも「トッピングなしでも食べる」「今までで一番食いつきがいい」「体調が良さそう」といった声は極めて多かったです。

あと「涙やけがなくなった」「体重の減量に成功した」という喜びの声もありました。

実際にいろんな口コミを見ると分かるのですが、アカナはとても信頼されているドッグフードですね。ここまで高く評価されるドッグフードは今どき珍しいと思います。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでアカナを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,296円(340g)
6,264円(2kg)
15,120円(6kg)
21,600円(11.4kg)
1,296円(340g)
3,758円(2kg)
9,700円(6kg)
14,040円(11.4kg)
666円(340g)
3,426円(2kg)
7,871円(6kg)
1,0800円(11.4kg)
送料 注文内容により料金が変動 2,000円以上は無料 店舗により異なる

アカナドッグフードの価格は楽天が安い!

調査した結果、アカナの価格が安いのは楽天であることが分かりました。アウトレットや賞味期限間近で安く販売されているアカナも多数あります。

ただ、並行輸入品を販売するショップも混ざっているためその辺りは注意しましょう。

並行輸入品が必ずしも悪い商品ではないのですが、何かトラブルがあっても日本総輸入代理店である「有限会社アカナファミリージャパン」では責任を取ってくれません。

神様
例え商品にカビが生えていても、フードが腐敗していたりパッケージが破損していたとしても、並行輸入品である以上はすべて自己責任じゃ。間違っても正規輸入代理店に責任を押しつけるような真似はしてならん!

正規品以外のアカナを購入する時は、必ず他の人の口コミやショップに対する評価もよくチェックしておくようにしましょう。

アカナドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン アカナ(ワイルドプレーリードッグ)
主原料 チキン&サーモン53%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) 新鮮鶏肉8%・新鮮七面鳥肉8%・新鮮鶏内臓(レバー・ハツ・腎臓)8%(肉類原材料70%)
穀物 グレインフリー グレインフリー
タンパク質 28% 35%以上
脂質 12% 17%以上
代謝エネルギー
(100gあたり)
344kcal 385kcal
内容量 1.8kg 2kg
価格 3,564円 6,264円
当サイト評価 Sランク Aランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとアカナにはどのような違いがあるのかを比較してみました。

モグワンもアカナも人間用の食材を使った良好なドッグフードです。

どちらも穀物アレルギーに配慮してグレインフリーになっており、合成保存料や防腐剤、着色料、香料といった合成添加物も含まれていません。

ただ、モグワンとアカナはフード1粒1粒の栄養価や特徴が全く異なります。

アカナは肉類の量が多い分モグワンよりもタンパク質・脂質・カロリーが高めなので、その違いをよく分からずに同じ量を与えてしまうと肥満を招く恐れがあります。

逆に、モグワンはアカナと違って小粒しかないので、口の大きい犬や大型犬に与えても食べにくさを感じさせてしまう可能性があるでしょう。

なので「〇〇の方がおすすめ!」とここで断言することは非常に難しく、愛犬の体質や健康状態などによってどちらが適しているのかは変わってきます。

ちなみに、アカナは種類がとても豊富です。同ブランド内で事足りてしまうほどタンパク源も豊富で、目的に合わせたフードを選びやすい特徴があります。

今の愛犬の健康状態やライフスタイルにはどちらが合っているのか?まずはそれを見極められるようにするためにも、毎日愛犬を観察するようにしましょう。

アカナドッグフードとオリジンドッグフードの違いは?

アカナとオリジンは、どちらもチャンピオンペットフーズ社が製造販売を手掛けているドッグフードです。

それぞれの違いをザックリとまとめてみました。

項目 アカナ オリジン
生産国 カナダ アメリカ
肉類含有量 50~75% 85%
野菜果物 25~50% 15%
種類 20種類 8種類

分かりやすく言うと、アカナよりもオリジンの方が野性的なドッグフードです。つまりお肉の量がたっぷりで、タンパク質も高めということ。

「オリジンだとお肉の量が多すぎるしなぁ…」と感じる場合は、アカナをチョイスしてみるといいかもしれませんね。

あと、アカナの方がオリジンよりも種類が豊富です。

「オリジンだと目的に合ったフードを選べない」という声もよく聞くので、そんな時もアカナを検討してみるといいでしょう。

アカナドッグフードの種類と特徴について

アカナには全部で4つのシリーズがあり、それぞれのシリーズを合わせると全部で20種類のドッグフードがあります。

クラシックシリーズ

  • 肉類含有量50%
  • 野菜果物50%
商品名 主要原材料 対象犬
プレーリーポルトリー 鶏肉と七面鳥肉(ともに肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・卵 全年齢
ワイルドコースト ニシン・カレイ・ヘイク 全年齢
クラシックレッド ラム肉とアンガスビーフ(ともに肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・ヨークシャー豚肉 全年齢

クラシックシリーズは、3種類の動物性タンパク質を使っているのが特徴です。

肉類原材料50%でタンパク質も29%以上と極端に高くないので、他のシリーズよりも比較的扱いやすいシリーズかと思います。

ヘリテージシリーズ

  • 肉類含有量60~75%
  • 野菜果物25~40%
商品名 主要原材料 対象犬
パピー・スモール・ブリード 鶏肉(肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・卵・カレイ 小型犬子犬
パピー&ジュニア 鶏肉(肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・卵・カレイ 中型犬子犬
パピー・ラージ・ブリード 鶏肉(肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・卵・カレイ 大型犬子犬
アダルト・スモール・ブリード 鶏肉(肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・卵・カレイ 小型犬成犬
アダルト・ドッグ 鶏肉(肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・卵・カレイ 全年齢
アダルト・ラージ・ブリード 鶏肉(肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・卵・カレイ 大型犬成犬
スポーツ&アジリティ 鶏肉(肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・卵・カレイ 活動的な犬
ライト&フィット 鶏肉(肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・卵・カレイ 体重管理が必要な犬
シニア・ドッグ 鶏肉(肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・卵・カレイ 7歳以上のシニア犬

ヘリテージシリーズは、ライフステージ別、目的別に合わせたドッグフードです。

主要原材料はどれも同じですが、対象となる犬に合わせて肉類の配合量を変えて栄養バランスを調整しています。

レジオナルシリーズ

  • 肉類含有量70%
  • 野菜果物30%
商品名 主要原材料 対象犬
ワイルドプレーリー 鶏肉と七面鳥肉(ともに肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・卵・ウォールアイ・マス 全年齢
パシフィカ ニシン・イワシ・アブラガレイ・シルバーヘイク・レッドストライプロックフィッシュ 全年齢
グラスランド ラム肉と七面鳥(ともに肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・鴨肉(肉・臓器・軟骨・レバー)・卵・ノーザンパイク 全年齢
ランチランド アンガスビーフとラム肉(ともに肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨)・ヨークシャーポーク(肉・臓器・軟骨・軟骨・レバー)・バイソン肉・ウォールアイ 全年齢

レジオナルシリーズは、5種類の動物性タンパク質を使っているのが特徴です。

1度に多種のタンパク源から栄養素を摂れるメリットがあるため、食物アレルギーが起きやすい犬には控えた方がいいでしょう。

シングルシリーズ

  • 肉類含有量50%
  • 野菜果物50%
商品名 主要原材料 対象犬
グラスフェッドラム ラム肉(肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨) 全年齢
フリーランダック 鴨肉(肉・内臓・軟骨) 全年齢
ヨークシャーポーク ヨークシャーポーク(肉・レバー・心臓・腎臓・軟骨) 全年齢
パシフィックピルチャード イワシ 全年齢

シングルシリーズは、食物アレルギーを抱える犬に配慮してつくられた単一タンパク源のドッグフードです。

アカナドッグフードのQ&A

アカナの正規代理店や正規品の取扱店はどこ?

アカナの正規品を取り扱うお店はたくさんありますが、もっとも確実で間違いないのはアカナの日本総代理店「有限会社アカナファミリージャパン」でしょう。

他にも、GREEN DOGやイオンペットなどでもアカナの正規品を取り扱っています。

アカナドッグフードは何がリニューアルしたの?

アカナは2017年の春にリニューアルをしています。主なリニューアル内容は以下の通りです。

  • 商品名(一部)
  • パッケージ
  • 内容量
  • 価格
  • 肉原材料の増量
  • 食物繊維増量
  • フリーズドライ原材料の追加
  • 低GI原材料の導入

アカナドッグフードのアウトレット品はどこで買えるの?

アカナのアウトレット品は、楽天にある一部のショップで購入できます。安く購入できるというメリットはありますが、細かいことをいちいち気にし悪評を書き込みするような人には向いていません。

アカナドッグフードの基本情報

内容量 340g、2kg、6kg、11.4kg
※ワイルドプレーリードッグの場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,296円(340g)
6,264円(2kg)
15,120円(6kg)
21,600円(11.4kg)
日本総代理店 有限会社アカナファミリージャパン
公式サイト http://www.acanafamilyjapan.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る