158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードの口コミ評判は?安全性も評価!

ネスレ日本株式会社が輸入販売する、ピュリナ社のドッグフード「プロプラン」。

成長段階や体質に合わせたフードを取りそろえるプロプランは、ピュリナの中でもとくにプレミアム感のあるドッグフードとしても知られています。

ここでは、そんなプロプランの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 3.0
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 4.5
コスパ 4.5
内容量 800g、2.5kg、7kg
※成犬期の理想的な筋肉バランスのサポート チキン(小型犬 成犬用)の場合
価格 1,101円(800g)
2,661円(2.5kg)
5,600円(7kg)
※Amazon参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 子犬用/成犬用/シニア用
原産国 アメリカ(一部オーストラリア・フランス)
編集部からの評価

当サイトは、プロプランをCランクと評価しました。

ピュリナワン同様、プロプランにもアレルゲンとなりやすい原料が多く含まれています。

ただ、原材料には避けたくなるような合成添加物は記載されていないので、リーズナブルなドッグフードの中だと比較的良好な商品かなと思いました。

以前は全部で4タイプのみでしたが、現在はライフステージ別や犬種別などたくさんの種類があり選びやすくなりましたね。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードの原材料と安全性について評価!

まず始めに、プロプランの原材料と安全性についてです。

ここでは「成犬期の理想的な筋肉バランスのサポート チキン(小型犬 成犬用)」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

チキン、米、家禽ミール、牛脂、脱脂大豆、コーングルテン、とうもろこし、小麦、とうもろこし胚芽、卵、たんぱく加水分解物、酵母、小麦アリューロン、フィッシュパウダー、植物性油脂、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、硫黄)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン、C)、グリセリン、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
タンパク質 29%以上 灰分 9%以下
脂質 17%以上 水分 12%以下
粗繊維 3%以下 代謝エネルギー 約403kcal/100g

ピュリナ「プロプラン」もピュリナワン同様、これといって気をつけるべき添加物は含まれていません。

原材料については具体的な情報がないため高く評価することはできないものの、リーズナブルな価格帯の中では比較的安心して使えるドッグフードでしょう。

原材料に使われている家禽ミールは、公式サイトで以下のように説明されていました。

肉、内臓、骨(有効なカルシウム源として)を使用し、フードとして適さない蹄、角、血液、毛などは使用しておりません。ピュリナでは製造国の安全基準に準拠した、人間向けの食肉加工工程の由来の原料のみをミールとして使用しております。

このように書かれているので、俗に言われる4Dミートなどではありません。これも安心です。そして、合成着色料・香料は使っていないとも記載もありました。

ただ、これはピュリナ製品に共通して言えることなのですが、原材料の産地やグレード、どんな環境で飼育された鶏の肉を使っているかなどの具体的な説明がありません。

こういうのを気にしない人にとってはどうでも良い話だと思いますが、やはり大切な家族に食べさせるものだからこそドッグフードの情報はきちんと明確に開示してもらいたいです。

また、とうもろこしや小麦などの穀類についても遺伝子組み換え作物の心配はないのか?その辺りも知ることはできませんでした。

とは言うものの、プロプランにはAAFCOの栄養基準を満たした総合栄養食という良さがあります。

とくに栄養バランスについては、獣医師・栄養学者・動物行動学者を含む500人以上の科学者が携わるペット専任チームが開発しているそう。

プロプランと新鮮な水さえあれば犬に必要な栄養素は万遍なく摂取できるので、原材料よりも栄養バランスを重視したドッグフードという言葉がふさわしいでしょう。

ピュリナ「プロプラン」はこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 穀類を食べてアレルギーが出ない犬。
  • 毛質・毛並みが悪い犬。
  • ドッグフードの価格を抑えたい人。
  • 安全性が疑われる添加物を愛犬に与えたくない人。

プロプランには、気をつけるべき添加物は使われておらず、家禽ミールについて公式サイトで説明されているのも良かった点です。

でも、もう少し情報開示が増えれば、今よりもっと安心して利用できるフードになるのになと感じました。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

それでは、プロプランを愛犬に与えている飼い主さんの口コミ・評判をご紹介します。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードの良い口コミ

ゴールデン・レトリバー6歳 / オス
4.0
結局またプロプランに戻ってきました。他のペットフードはイマイチ食いつきが悪かったのですが、こちらはよく食べてくれます。旧商品よりも値段が少々高くなったのは痛いですが、おおむね満足しています。
チワワ8歳 / メス
5.0
これまでのドッグフードと違ってプロプランにはチキンの肉片が入っていているので、うちの子もかなり気に入っています。これにしてから毛のツヤが良くなったような気がするので、しばらく続けてみようと思います。
ミニチュア・ダックスフンド5歳 / オス
4.0
子犬の時からプロプランです。毎日元気で便通もいいですし、何よりおいしく食べてくれるので合っているのだと思います。ただ、リニューアル後に小分けじゃなくなったのが残念です。
柴犬4歳 / オス
5.0
他のフードと混ぜて使っています。プロプランは香りがいいので新しいフードは今のところ考えていません。
雑種犬6歳 / メス
5.0
生まれた時からプロプランを食べさせています。ウチの子にはこの餌が合っているようで、今まで一度も下痢をしたことがありません。これからも続けていきたいと思います。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードの悪い口コミ

柴犬4歳 / オス
1.0
リニューアルしたので期待していましたが、全然ダメです。うちの柴犬はどうやら小麦粉アレルギーだったようで、プロプランを食べさせたら下痢と嘔吐が続いてしまいました。もちろん私の注意不足です。非常に可哀想な思いをさせてしまいました。アレルギー体質の犬に与える際は十分注意したほうがいいと思います。
トイ・プードル11歳 / オス
2.0
リニューアルしてから初めての購入です。新しいプロプランは小分け包装されておらず、とても不便になりました。
ボーダー・コリー6歳 / メス
1.0
成犬用チキンほぐし粒入りを買いました。なぜでしょう?他のはオーストラリア産とフランス産なのに、これだけアメリカ産です。しかも原料のほとんどは穀物。さらに家禽ミールも使われています。粒の大きさは問題ないのですが、我が家では食いつきも微妙で原材料も不安要素が残るのでもう買いません。
シー・ズー3歳 / メス
3.0
食いつきはいいのですが、プロプランを食べさせると便が少し柔らかくなります。あと便の臭いもきついので、このまま続けようか悩んでいます。
雑種犬5歳 / オス
1.0
きちんと前のフードと混ぜて与えたものの、うちの子には合わず下痢が続いてしまいました。チキンのほぐし身が怪しい。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードの口コミ・評判まとめ

プロプランの口コミを調査したところ、全体的にとても評判の良いドッグフードだなと思いました。

どうやらフードに入っているほぐし粒を気に入っている犬が多いようですね。ピュリナワンにもやはりほぐし粒が入っているものもあったので、その商品はとても人気がありました。

ただその一方で「下痢が続いた」「便が柔らかくなる」という声も何件かありました。

お腹をびっくりさせないためにもいつものフードから切り替える時は徐々に移行するようにし、それでも便が柔らかいようであれば他のフードを検討された方がいいでしょう。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式オンラインショップ Amazon 楽天
初回購入
定期購入 991円(800g)
2,395円(2.5kg)
通常購入 1,101円(800g)
2,661円(2.5kg)
5,600円(7kg)
1,036円(800g)
2,373円(2.5kg)
4,785円(7kg)
送料 定期オトク便は無料 店舗により異なる

どこでプロプランを買うのがもっとも安いのか?公式オンラインショップとともに、大手通販サイトのAmazon・楽天を比較してみました。

以前は、公式オンラインショップでプロプランも販売していましたが、現在は取り扱い終了となっています。

プロプランドッグフードの価格がもっとも安いのはAmazon!

調査した結果、プロプランの価格がもっとも安いのはAmazonであることがわかりました。ただし、これはAmazonで定期購入した場合に限ります。

とりあえず通常購入したい場合は、楽天の方が安いのでそちらでの購入がおすすめです。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン プロプラン(小型犬 成犬用 チキン)
主原料 チキン&サーモン56%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) チキン・米・家禽ミール
穀物 グレインフリー 米・脱脂大豆・コーングルテン・とうもろこし・小麦・とうもろこし胚芽・小麦アリューロン
タンパク質 27%以上 29%以上
脂質 10%以上 17%以上
代謝エネルギー
(100gあたり)
363kcal 約403kcal
内容量 1.8kg 800g、2.5kg、7kg
価格 3,920円 1,101円(800g)
2,661円(2.5kg)
5,600円(7kg)
当サイト評価 Sランク Cランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

プロプランとモグワンはそれぞれのコンセプトやフードの特徴が異なるため、一概にどちらが犬にとって最適ということはありません。

使い分けをザックリと述べるならば、できるだけ経済的なドッグフードを求めるなプロプランのようなフードがいいでしょう。ただし、アレルギーを抱えている場合は気をつけて下さい。

プロプランは決して内容の悪いドッグフードではありませんが、小麦や大豆といったアレルゲンとなりやすい原料の使用が目立ちます。その点モグワンは少なめです。

また、プロプランは原材料の深いところまで情報を開示していません。

鶏の飼育環境やフードの調理方法など不明な点が多いので、できるだけ中のわかるドッグフードがいい場合はモグワンのような商品を選ばれるといいでしょう。

価格は圧倒的にプロプランの方が経済的ですが、原材料のラインナップやグレードの面ではモグワンの方が上を行っていると私は思います。

とはいうものの、どんなドッグフードが適しているかは愛犬の健康状態やライフスタイルによって異なります。

今の愛犬の健康状態やライフスタイルにはどちらが合っているのか?それを見極められるよう、毎日愛犬を観察するようにしましょう。

犬用ピュリナ「プロプラン」とピュリナ「ワン」の違いは?

プロプランもワンも同じ「ピュリナ社」から製造されているドッグフードです。

それぞれ何がどう違うのか?特徴を簡単にまとめてみました。

ブランド名 特徴
プロプラン
  • 良質な肉や魚をタンパク源にしている。
  • Nestle PURINAの最高峰ブランドと言われている。
  • 海外のブリーダーに人気が高い。
  • ライフステージ別とスペシャルケア別に分かれている。
ワン
  • 良質な肉や魚をタンパク源にしている。
  • 小分けにパックになっている(2.1kgのみ)。
  • バラエティ豊富。

2つをよく見てみましたが、正直当サイトでも明確な違いというものがわかりませんでした。

原材料に大きな違いが見られませんし、第一主原料にお肉や魚を使っている点も同じです。また、どちらもこれといって危険な添加物は使われていません。

それでもプロプランの方が最高峰と言われているので、恐らく品質や中身はワンよりもプロプランの方が上ということになるのでしょう。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードの種類と特徴

プロプランには「スタンダードレンジ」「スペシャルレンジ」の2つのラインナップがあります。

それぞれ特徴が異なるので、簡単にまとめてみました。

以前は「オプティスタート」「オプティライフ」「オプティエイジ」「オプティウェイト」という商品もありましたが、現在は販売されていません。

スタンダードレンジ(旧:ライフステージ別・健康寿命対策)

商品名 対象犬 特徴
成犬期の理想的な筋肉バランスのサポート チキン
成犬/小型犬
成犬期の小型犬に合わせた栄養設計。ほぐし粒入り。主要タンパク源はチキンで、原産国はアメリカ。
成犬期の理想的な筋肉バランスのサポート チキン
成犬/中型犬・大型犬
成犬期の中型犬・大型犬に合わせた栄養バランス。ほぐし粒入り。主要タンパク源はチキンで、原産国はアメリカ。
シニア期に向けた健康維持で脳と記憶力のサポート チキン
成犬(9歳頃〜)/小型犬
シニア期の小型犬に合わせた栄養設計。主要タンパク源はチキンで、原産国はフランス。
シニア期に向けた健康維持で脳と記憶力のサポート チキン
成犬(7歳頃〜)/中型犬・大型犬
成犬期の中型犬・大型犬に合わせた栄養バランス。主要タンパク源はチキンで、原産国はフランス。

こちらは成犬用・シニア犬用のライフステージ別になっており、さらに小型犬用と中型・大型犬用に分かれています。成犬用には、ほぐし粒が入っていますよ。

スペシャルレンジ(旧:スペシャルケア)

商品名 対象犬 特徴
パフォーマンス 子犬期からのケア チキン
離乳期からの子犬、妊娠・授乳期の母犬/全犬種
子犬、妊娠・授乳期の母犬に合わせた栄養設計。主要タンパク源はチキン。
子犬期に必要な栄養バランスで免疫力維持のサポート チキン
子犬(1歳まで)/小型犬
幼犬期の小型犬に合わせた栄養バランス。主要タンパク源はチキン。
子犬期に必要な栄養バランスで免疫力維持のサポート チキン
子犬(1歳まで)/中型犬・大型犬
幼犬期の中型犬・大型犬に合わせた栄養設計。主要タンパク源はチキン。
食物アレルギーに配慮 繊細な肌のスキンケア サーモン
子犬用(1歳まで)/全犬種
食物アレルギーを抱える幼犬に合わせた栄養バランス。主要タンパク源はサーモン。
食にこだわる犬のビューティーケア チキン
成犬用(1歳〜)/小型犬
成犬期の小型犬に合わせた栄養設計。主要タンパク源はチキン。
食物アレルギーに配慮 繊細な肌のスキンケア サーモン
成犬用(1歳〜)/小型犬
食物アレルギーを抱える小型犬に合わせた栄養バランス。主要タンパク源はサーモン。
食物アレルギーに配慮 繊細な肌のスキンケア サーモン
成犬用(1歳〜)/中型犬・大型犬
食物アレルギーを抱える中・大型犬に合わせた栄養設計。主要タンパク源はサーモン。
避妊・去勢後 / 肥満気味の愛犬の健康的な体重ケア チキン
成犬用(1歳〜)/全犬種
体重が気になる成犬に合わせた栄養バランス。主要タンパク源はチキン。
シニア期を迎えた愛犬の認知機能ケア チキン
成犬用(7歳頃〜)/小型犬
シニア期の小型犬に合わせた栄養設計。主要タンパク源はチキン。
シニア期を迎えた愛犬の認知機能ケア チキン
成犬用(7歳頃〜)/中型犬・大型犬
シニア期の中・大型犬に合わせた栄養バランス。主要タンパク源はチキン。

スペシャルレンジというだけあって、健全な犬はもちろん、悩みを抱えている犬にも向いているシリーズです。

子犬用・成犬用・シニア犬用のライフステージ別、そして小型犬と中型犬・大型犬の犬種別に分かれています。原産国は全てオーストラリアです。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードのQ&A

プロプランドッグフードの販売店や取扱店はどこにあるの?

プロプランは全国のペットショップで購入できますが、一部取り扱いのない店舗もあります。念のため公式サイト 取扱店舗一覧で確認されるといいでしょう。

プロプランドッグフードの「ブリーダーパック」や「ブリーダーズパック」って何?

プロプランには、1袋あたり12kg以上(いわゆる業務用)の「ブリーダーパック」や「ブリーダーズパック」と呼ばれるものがあります。

Amazonや楽天などの通販サイトで購入できますよ。

プロプランドッグフードまとめ

プロプランのまとめ
  • 獣医師・栄養学者・動物行動学者が開発に携わっていて栄養バランスに安心できる。
  • 合成着色料・香料は使わず、犬の健康に配慮。
  • 一部の種類はほぐし粒が入っており、噛むことで歯の健康もサポート。
  • 粒の形状は種類によって変えてあり、食べやすいよう工夫されている。
  • ライフステージや犬種別に種類があり、犬に合わせて選びやすい。
  • 通販だけではなく、ペットショップでも取り扱いがあって便利。
  • 食材の産地やグレード、鶏の飼育環境などが明確ならもっと良かった。
  • アレルゲンとなりやすい原料が目立っていたのは気がかり。
  • 犬の体質にとうもろこしや小麦が合わない場合は注意が必要。

プロプランは、栄養バランスにこだわっており、種類も豊富で愛犬の状態に合わせて選びやすいのが特徴だなと思いました。

合成着色料・香料不使用で犬の健康が考慮されています。家禽ミールは含まれていますが、人間向けの食肉加工工程の由来の原料のみを使っているとのこと。この辺りは安心できますね。

また、一部の種類には「ほぐし粒」が入っており、歯の健康サポートも期待できます。なんと言っても、以前は種類が少なかったのですが、今は選択肢が増えたのも良い点です。

神様
通販だけではなく、実店舗のペットショップでも取り扱いがあるため、手軽に購入できて便利なのじゃ。

このように、プロプランには良いところもありますが、食材の産地やグレードが不明な点・アレルゲンとなりやすい原料が目立っていた点は気がかりです。

大切な家族の食事ですから、私はできる限り産地やグレードなど中身がわかるものを与えたいと考えています。でも、プロプランは情報開示がされておらず気になりますね。

そして、小麦・大豆・とうもろこしなど、アレルゲンとなりやすい原料が多めな印象です。愛犬が食物アレルギーを抱えているなら、必ず原材料欄を最後まで確認してください。

安心できる点もたくさんあるだけに、もう少し積極的な情報開示とアレルゲンへの配慮がされたらば、もっと良いのになと感じるドッグフードでした。

ピュリナ「プロプラン」ドッグフードの基本情報

内容量 800g、2.5kg、7kg
※成犬期の理想的な筋肉バランスのサポート チキン(小型犬 成犬用)の場合
初回購入価格
定期購入価格 991円(800g)
2,395円(2.5kg)
※Amazon参考価格
通常価格 1,101円(800g)
2,661円(2.5kg)
5,600円(7kg)
※Amazon参考価格
輸入販売会社 ネスレジャパン株式会社
公式サイト https://nestle.jp/brand/proplan/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る