158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

犬用ヒルズ「サイエンスダイエット」の口コミ評判は?安全性も評価!

日本で非常に根強い人気を誇るペットフードメーカーと言えば「ヒルズ」。

犬や猫を飼っている人で知らない人はいないと言われるほど、日本で幅広く展開されているペットフードブランドです。

ここでは、そんなヒルズ社が製造販売を手掛ける「サイエンスダイエット」の安全性の評価、口コミや評判を調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 3.5
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 4.0
内容量 750g、1.5kg、3kg
※アダルト小型犬用 成犬用 1歳~6歳の場合
価格 873円(750g)
1,482円(1.5kg)
2,193円(3kg)
※Amazon参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード/ウェットフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ、オランダ、チェコ
編集部からの評価

当サイトは、サイエンスダイエットをCランクと評価しました。

サイエンスダイエットは商品によって原材料のラインナップがだいぶ異なるので、一概にこうだ!と評価することはできません。ただ、アレルゲンとなりやすい原料が目立つので、アレルギーが気になる場合は使用を控えた方がいいでしょう。

品質や安全性においては、さすが大手なだけあってかなり徹底されている様子です。原材料の仕入れ先が具体的には開示されていないものの、厳しい品質基準をクリアしたサプライヤーから仕入れているとのことなので酷く心配しなくても大丈夫でしょう。

実際にサイエンスダイエットドッグフードを購入してみました!

サイエンスダイエットの粒やフードの匂いを確かめるべく、今回は「アダルト 小型犬用 成犬用 1歳~6歳」の750gを購入してみました。

↑パッケージの裏はこんな感じ。

袋を開封してみましょう。

ちゃんとジッパーが付いています。

袋の中からはほんのり穀物の香りが漂ってきました。臭いと感じることはありません。

粒はこんな感じ。超小粒ですね!

手に持っても油っこさをあまり感じません。

粒の大きさは直径約8~9mmといったところでしょうか。

中型犬や大型犬は丸呑みしてしまいそうな大きさですが、超小型犬や小型犬にはちょうどいい粒の大きさだと思います。

それでは次に、サイエンスダイエットの原材料と安全性について見ていきたいと思います。

サイエンスダイエットドッグフードの原材料と安全性について評価!

次に、サイエンスダイエットの原材料と安全性についてです。

ここでは「アダルト 小型犬用 成犬用 1歳~6歳」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、小麦、米、動物性油脂、トリ肉エキス、植物性油脂、亜麻仁、ポークエキス、トマト、柑橘類、ブドウ、ホウレンソウ、ミネラル類(ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、 コリン)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤 (ミックストコフェロール、ローズマリー抽出 物、緑茶抽出物)
タンパク質 25.1% オメガ3脂肪酸 0.62%
脂質 16.1% オメガ6脂肪酸 3.94%
粗繊維 1.4% 代謝エネルギー 374kcal/100g
炭水化物 51.9%

まず、サイエンスダイエットの特徴を見てみましょう。

  • 最新の臨床栄養学に基づいた栄養バランス。
  • 厳しい品質基準を満たしているサプライヤーから原料を仕入れている。
  • 各原材料の安全性を検査するだけでなく、原材料の生産プロセスも確認している。
  • すべての製造施設を対象に、年に1度は品質監査を実施している。
  • 合成タンパク質不使用。

サイエンスダイエットは、多くの獣医師や栄養学者が開発に携わっているドッグフードです。

どんな素材を使ってどう調理するか?ということにフォーカスするよりも、常に科学的根拠に基づいた栄養バランスでありたい…そんな姿勢を見せてくれているドッグフードです。

多くの獣医師やブリーダーがサイエンスダイエットを薦めたがるのは、つまり専門家が最新の栄養学に基づいてフードを作り上げているという事実があるからでしょう。

たとえ原材料の中に曖昧な原料(動物性油脂など)が使われていたとしても、栄養学的に優れたフードなので推薦する人も多く、安定の人気を誇っています。

あくまでも個人的な意見ですが、低アレルゲンフードや、原材料の素材や調理方法にこだわったフードを求める飼い主さんにはあまり向かないドッグフードかもしれません。

どちらかと言うと、最新のペット栄養学にこだわりたい飼い主さんに向いているドッグフードだと思います。

ちなみに、サイエンスダイエットには合成保存料や酸化防止剤(BHAやBHTなど)が使われていません。

酸化防止剤は天然由来の成分が使われているので、できるだけ安全とは言い難い添加物を避けることができるのもサイエンスダイエットのメリットと言えるでしょう。

サイエンスダイエットはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 体重が思うように増えない犬。
  • 毛並み・毛艶が悪い犬。
  • 小麦やトウモロコシアレルギーがない犬。
  • 肥満気味な犬(→肥満傾向の犬用フードあり)。
  • 体力がなくて弱っている犬。
  • 栄養学的に優れたドッグフードを探している人。
  • リーズナブルで比較的良好なドッグフードを探している人。
  • 安全とは言い難い添加物を含まないドッグフードを探している人。

サイエンスダイエットドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

サイエンスダイエットドッグフードの良い口コミ

ゴールデン・レトリバー5歳 / メス
4.0
愛犬はこのフードだと飽きずに食べてくれます。うんちも毎日2~3回出るので快腸のようです。心なしか毛並みも良くなってきたような…?とりあえずウチの子に合ってるので、このまま続けていこうと思います。
チワワ7歳 / オス
5.0
うちのチワワはちょっと肥満気味なので、数ヶ月前からこちらのライト(小粒)を食べさせて体重管理しています。そのままでもよく食べますが、茹でた鶏肉を混ぜてあげると喜んで完食してくれますよ。今のところ体重の増加はありません。
ミニチュア・ダックスフンド9歳 / メス
4.0
長年愛用していたロイヤルカナンからサイエンスダイエットに変えました。ちょっとフードのにおいがきついですが、本人は喜んでパクパクしています。うんちも毎日しっかり出ます。食べる物でこんなにうんちの量が変わるなんてビックリです。
ミニチュア・シュナウザー6歳 / オス
5.0
このフードを食べているとお腹の調子がとても良いようで、私も安心して与えられます。
雑種犬3歳 / オス
5.0
愛犬の体調管理にとても良いフードだと思います。消化も良さそうですし、毛並みなども問題ありません。愛犬の食いつきもいいです。チキン味だけでなく、もっと他の味もあるといいのにあると良いなぁとは思います。

サイエンスダイエットドッグフードの悪い口コミ

ラブラドール・レトリバー6歳 / オス
1.0
現在、こちらを含めた3種類のドッグフードをローテーションしています。やはりこちらを食べさせている時はウンチが臭くなり、ウンチの量も増えるので食べさせるのはもうやめました。恐らく、消化されにくいのかな?と。
ボーダー・コリー4歳 / メス
1.0
サイエンスダイエットのアダルトを初めて購入。食いつきはいいんですが、これを食べると便がやわらかくなります。しかも、血液や白く濁った膜のような物までついてビックリしました。今はだいぶ治まりましたが、便はやわらかいままです。なのでもうリピートはしません。
トイ・プードル12歳 / オス
2.0
チキンの香りがきついですね。でも食いつきは抜群です。ただ、こちらを食べさせるようになってから時々吐いたり下痢をするようになりました。何か関係あるのでしょうか?もうちょっと様子を見てみます。
柴犬10歳 / オス
1.0
食いつきはいいのですが、うんちの量が半端ないです。今まで食べていた餌だと1日に1回するかしないかだったのに、今は1日に4回くらいはします。たぶん犬には必要のない繊維質が多すぎるんでしょうね。残念ですがリピートはしません。
雑種犬8歳 / オス
1.0
うちの子には合わなかったようです。とにかくウンチの状態が酷くなりました。硬いしポロポロしているし、回数も増えて気づけばウンチしている感じです。軟便や下痢にならないだけ良かったかもしれませんが…。

サイエンスダイエットドッグフードの口コミ・評判まとめ

サイエンスダイエットの口コミを調査したところ、全体的にとても評判の良いドッグフードであることが分かりました。

ただ中には、うんちの量や回数が増えてしまった犬お腹を壊しってしまった犬も結構いるようですね。

今回口コミを調査するにあたり楽天やAmazonなどの通販サイトを参考にしているのですが、より具体的な口コミを見たい人はAmazonを参考にされるといいかもしれません。

神様
見た限りでは、サイエンスダイエットに関しては本物の口コミがちゃんとついているから信用しても大丈夫そうじゃ(やらせ口コミは少ないと思われる)。

なので、これから利用しようか考えている人や現在サイエンスダイエットに違和感を抱いている人は、一度自身の目でAmazonの口コミを覗いてみるといいでしょう。

あと、どの通販サイトにも共通していたのが「発送が遅い」。他のドッグフードに比べ、サイエンスダイエットはこの口コミが圧倒的に多かったです。

通販サイトを利用して購入する場合はなるべく余裕をもって、そして保管状況に問題がなさそうかどうかもしっかり確認するようにしましょう。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入 786円(750g)
1,334円(1.5kg)
1,974円(3kg)
通常購入 873円(750g)
1,482円(1.5kg)
2,193円(3kg)
857円(750g)
1,598円(1.5kg)
2,384円(3kg)
送料 2,000円以上・定期便は無料 店舗により異なる

どこでサイエンスダイエットを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

サイエンスダイエットドッグフードの価格は楽天が安い!

調査したところ、サイエンスダイエットの価格がもっとも安いのは楽天であることが分かりました。公式サイトでの販売は行われていません。

ちなみにAmazonではサイエンスダイエットの定期購入もできるようで、もしサイエンスダイエットの継続を考えているのならばAmazonで定期購入した方がお得でしょう。

サイエンスダイエットドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン サイエンスダイエット(小型犬用 成犬用)
主原料 チキン&サーモン53%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) トリ肉(チキン・ターキー)・トウモロコシ・小麦
穀物 グレインフリー 米・マイロ・小麦・大豆・大麦・オート麦ファイバー
タンパク質 28% 25.1%
脂質 12% 16.1%
代謝エネルギー
(100gあたり)
344kcal 374kcal
内容量 1.8kg 1.5kg
価格 3,564円 1,482円
当サイト評価 Sランク Cランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとサイエンスダイエットにはどのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、サイエンスダイエットは最新の栄養学に基づいて栄養バランスよく仕上げたフードなのに対し、モグワンは素材にこだわって栄養バランスよく仕上げたドッグフードです。

もっと分かりやすく言うと、サイエンスダイエットはAAFCOの栄養基準採用した「総合栄養食」であるのに対し、モグワンは独自の基準で総合栄養食と同等の内容に仕上げています。

だからと言って、モグワンが栄養バランス的に問題のあるドッグフードというわけではありません。単純に根拠のある栄養学に基づいた内容なのかどうかの違いになります。

あくまでも個人的な意見ではありますが、栄養学にとことんこだわったドッグフードを利用したいならサイエンスダイエットを選ばれるといいでしょう。

逆に、人も食べれるような質の良い素材を使い、お肉や魚を多めに使っているドッグフードを愛犬に与えたいならモグワンを選ばれると良いかと思います。

神様
あとは原材料と愛犬の相性もよく比較した上で決めた方がいいぞ!

どちらが良いかというのは愛犬の体質や健康状態により異なりますので、違いをよく比較したうえで、愛犬に合ったドッグフードを選ぶようにしましょう。

犬用「サイエンスダイエット」と「サイエンスダイエット・プロ」の違いは?

犬用の「サイエンスダイエット」と「サイエンスダイエット・プロ」の違い、分かりにくいですよね…。

公式サイトによると、サイエンスダイエットよりもサイエンスダイエット・プロの方が悩みや目的に寄り添った内容のシリーズだそうです。

そのため、サイエンスダイエット・プロには「避妊・去勢」「腎臓・心臓」「脳」「関節」など、あらゆる目的に合わせたドッグフードが取り揃えられています。

サイエンスダイエットも栄養学的には十分優れていますが、より愛犬の健康をサポートしたいならサイエンスダイエット・プロを選択してみるといいかもしれません。

サイエンスダイエットドッグフードの種類について

サイエンスダイエットには、ドライフードウェットフードの2タイプがあります。

公式サイトを見ると商品がゴチャゴチャ混ざって分かりにくいので、当サイトなりに種類をザックリと分かりやすくまとめてみました。

商品の使い分けや選び方については、直接「日本ヒルズ・コルゲート株式会社」に問い合わせて相談してみるといいでしょう。

ドライフード

子犬用(パピー)/妊娠・授乳期の母犬用

  • パピー 小粒 子いぬ用 ~12ヶ月/妊娠・授乳期(1.4kg、3.3kg、6.5kg)
  • パピー 小型犬用 子いぬ用 ~12ヶ月/妊娠・授乳期(750g、1.5kg)
  • パピー 大型犬種用 子いぬ用 ~12ヶ月(12kg)

成犬用(アダルト)

  • アダルト 小粒 成犬用 1~6歳(1.4kg、3.3kg、6.5kg、12kg)
  • アダルト 成犬用 1~6歳(3.3kg、6.5kg)
  • アダルト 小型犬用 成犬用 1~6歳(750g、1.5kg、3kg)
  • アダルト 大型犬種用 成犬用 1~5歳(12kg)
  • アダルト ラム&ライス 成犬用 1~6歳(6.5kg)
  • アダルト ラム&ライス 小粒 成犬用 1~6歳(1.4kg、3.3kg、6.5kg)

シニア犬・高齢犬用

  • シニア 小粒 高齢犬用 7歳以上(1.4kg、3.3kg、6.5kg、12kg)
  • シニア 小型犬用 高齢犬用 7歳以上(750g、1.5kg、3kg)
  • シニア 大型犬種用 高齢犬用 6歳以上(12kg)
  • シニアプラス 小型犬用 高齢犬用 10歳以上(750g、1.5kg、3kg)
  • シニアアドバンスド 小型犬用 高齢犬用 13歳以上(750g、1.5kg、3kg)
  • シニアアドバンスド 小粒 高齢犬用 13歳以上(1.4kg、3.3kg、6.5kg)

体重が気になる犬用(全犬種共通)

  • 減量サポート 超小粒 小型犬用 1歳以上(1.3kg、2.5kg)
  • 減量サポート 小粒 小型~中型犬用 1歳以上(1.3kg 、2.5kg)
  • 減量サポート 中粒 中型犬用 1歳以上(2.5kg)
  • ライト 肥満傾向の成犬用 1~6歳(3.3kg、6.5kg)
  • ライト 小粒 肥満傾向の成犬用 1~6歳(1.4kg、3.3kg、6.5kg、12kg)
  • ライト 小型犬用 肥満傾向の成犬用 1~6歳(750g、1.5kg、3kg)
  • ライト 大型犬種用 肥満傾向の成犬用 1~5歳(12kg)
  • シニアライト 小粒 肥満傾向の高齢犬用 7歳以上(1.4kg、3.3kg、6.5kg、12kg)
  • シニアライト 小型犬用 肥満傾向の高齢犬用 7歳以上(750g、1.5kg、3kg)

ウェットフード(缶詰)

  • パピー チキン 子いぬ用 ~12ヶ月/妊娠・授乳期(370g)
  • アダルト チキン 成犬用 1~6歳(370g)
  • アダルト ビーフ 成犬用 1~6歳(370g)
  • シニア チキン 高齢犬用 7歳以上(370g)
  • シニア ビーフ 高齢犬用 7歳以上(370g)
  • ライト 肥満傾向の成犬用 1~6歳(370g)

サイエンスダイエットドッグフードのQ&A

サイエンスダイエットドッグフードの賞味期限は?

サイエンスダイエットの賞味期限は、開封後1ヶ月~1ヶ月半が目安です。合成保存料や防腐剤などを使用していないので、保管する際は直射日光の当たらない涼しい場所に保管するようにしましょう。

サイエンスダイエットの返金保証って何?

サイエンスダイエットの返金保証は、万が一商品に満足できなかった場合に日本のヒルズ社が商品代を返金してくれる制度です(=ヒルズ満足保証)。サイエンスダイエットを含む計3ブランドのヒルズ製品が対象となります。詳細は公式サイトを確認してみて下さい。

サイエンスダイエットドッグフード正規品の取扱店や販売店はどこ?

サイエンスダイエットの正規品を購入できる店舗は、公式サイトの「取り扱い店検索」で検索をすることができます。

楽天やAmazonなどの通販サイトで購入する場合は、できるだけ「正規品」を購入されることをおすすめします。並行輸入品のすべてが悪いわけではないのですが、もしも何かトラブルがあった時にメーカーは保証してくれません。

サイエンスダイエットドッグフードの基本情報

内容量 750g、1.5kg、3kg
※アダルト小型犬用 成犬用 1歳~6歳の場合
初回購入価格
定期購入価格 786円(750g)
1,334円(1.5kg)
1,974円(3kg)
※Amazon参考価格
通常価格 873円(750g)
1,482円(1.5kg)
2,193円(3kg)
※Amazon参考価格
日本総代理店 日本ヒルズ・コルゲート株式会社
公式サイト https://www.hills.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る