158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ブラックウッドドッグフードの口コミや評判はどう?安全性も評価!

低油分・低温調理法で作られているアメリカ産のドッグフード「ブラックウッド」。

ここでは、ブラックウッドの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 4.0
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.5
内容量 980g、2.7kg、7.05kg、20kg
※BLACKWOOD 3000の場合
価格 2,090円(980g)
4,620円(2.7kg)
8,910円(7.05kg)
18,040円(20kg)
※Amazon参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

当サイトは、ブラックウッドをBランクと評価しました。

ブラックウッドには有害な添加物や粗悪な副産物などは一切含まれておらず、原材料のラインナップを見ても安心して利用できるドッグフードです。

これまでリコール等もないようなので、その辺りも安心ですね。強いて言うならば、原材料の産地がもっと具体的に開示されていると良かったなと感じます。

ブラックウッドドッグフードの原材料と安全性をについて評価!

まず始めに、ブラックウッドの原材料と安全性についてです。ここでは「BLACKWOOD 3000」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。ブラックウッドには、特に危険な原料はありませんでした。

ラムミール、玄米、チキンミール、キビ、グレインソルガム、オート麦、鶏肉脂肪(天然配合トコフェロールで保存)、乾燥てんさい、ニンジン、セロリ、ビート、パセリ、レタス、クレソン、ホウレン草、トマト絞りかす、ニシンミール、モノナトリウムリン酸塩、レシチン、キャノーラ油、DL-メチオニン、塩化カリウム、ニシン油、塩化コリン、L-リジン、乾燥乳酸桿菌発酵産出物、ガーリック塩、ユッカ・シディジェラ抽出物、炭酸カルシウム、ビタミンE補助物、ミネラルオイル、アスコルビン酸、ナイアシン補助物、天然乾燥海藻、d-カルシウムパントテン酸塩、リボフラビン補助物、ビオチン、ビタミンB12補助物、チアミン硝酸塩、ビタミンA酢酸塩、塩酸ピリドキシン、クエン酸、ビタミンD3補助物、葉酸、硫酸鉄、硫酸亜鉛、タンパク質含有亜鉛、タンパク質含有鉄、硫酸銅、酸化亜鉛、硫酸マンガン、タンパク質含有マンガン、タンパク質含有銅、酸化マンガン、セレン、ヨウ素酸カルシウム
タンパク質 24.5%以上 オメガ6(リノール酸) 2.5%以上
脂肪 14.0%以上 オメガ3(リノレン酸) 0.38%以上
粗繊維 4.2%未満 代謝エネルギー 392kcal/100g
水分 10.0%未満

結論から言うと、ブラックウッドは安心して利用できるドッグフードだなと感じました。まずは、ブラックウッドの特徴をザックリと見てみましょう。

  • 独自に契約しているサプライヤーから新鮮な食材を仕入れている。
  • 原材料はすべてヒューマングレード。
  • 保存料や着色料などの合成添加物不使用。
  • 低温調理を採用している。
  • 低油分。
  • 日本で暮らす犬にも合わせやすい栄養バランス。
  • これまでにリコールがない。

原材料に使われているミートミールは、良質なお肉を乾燥させて粉末にしたものなので心配する必要はありません。粗悪と言っているサイトがあったら、それは信用しないで下さい。

ただ1つ気をつけておきたいことがあり、それはBLACKWOOD 3000(ラム)とBLACKWOOD 5000(なまず)にはチキンミールも使われているということ。

恐らく「ラムやなまず=アレルギー対策向き」と思って購入される人もたくさんいるでしょう。とくに、なまずは珍しいタンパク源ですからね。

愛犬がチキンを食べても大丈夫な体質であれば問題ないのですが、チキンにアレルギー反応を起こしてしまう子にはこれらのドッグフードの使用を控える必要があります。

最近は商品名だけで判断して失敗するケースもよく見受けられますから、購入の際は必ず原材料を最後までしっかり読むことが大切です。

ブラックウッドはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 室内で過ごすことの多い犬。
  • 1日の運動量がそこまで多くない犬。
  • 重度の食物アレルギーがない犬。
  • 毛艶・毛並みが気になる犬。
  • お腹の調子が悪くなりやすい犬。
  • 愛犬に有害な添加物や原材料を与えたくない人。
  • 程よくリーズナブルなドッグフードを探している人。

とくに相性の悪い原材料がなければ、ブラックウッドは有害な添加物や曖昧な食材等もないので良好なドッグフードと判断して大丈夫でしょう。

ブラックウッドドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

ブラックウッドの口コミや評判はどうなのかを確かめるため、利用したことのある飼い主さんの声を集めました。

ブラックウッドドッグフードの良い口コミ

パピヨン6歳 / メス
4.0
すごくよく食べます。非常に食いつきがいいですよ。うんちも良好ですし、何よりお尻の毛にうんちがつきにくくなったのが嬉しい。
雑種犬5歳 / オス
5.0
我が家では、先代犬からブラックウッドを愛用しています。このフードは飽きることなく、毎回美味しそうに食べてくれます。今のところ病気という病気をしたことがありません。
ポメラニアン7歳 / オス
4.5
なかなかアレルギーが治らないので、3000からナマズの5000に変えてみました。そのおかげなのか、心なしかアレルギーと涙やけが良くなってきたような気がします。何が合わなかったのかはわかりませんが、しばらく5000を続けてみます。

ブラックウッドドッグフードの悪い口コミ

ゴールデン・レトリバー4歳 / メス
1.5
アレルギー対策にと、1000から3000に変更してみました。食いつきは良いのですが、下痢になってしまったためウチの子には合わないみたいです。
雑種犬8歳 / オス
1.0
食いつきはいいのですが、やはりチキンミールが合わなかったようでカイカイが出てしまいました。どれか1つでもチキンミールなしの商品を作って下さい!
ミニチュア・ダックスフンド1歳 / メス
2.0
残念ながら、まったく食べようとしてくれませんでした。粒が大きく食べにくいのか、匂いが苦手なのかはわかりません。

ブラックウッドドッグフードの口コミ・評判まとめ

ブラックウッドの口コミを調査したところ、とても評価の高いドッグフードであることがわかりました。同じアメリカ産のアーテミスソルビダからの乗り換えも多いみたいです。

とくに多かったポジティブな口コミは「食いつきがいい」「涙やけが良くなった」「安いし安全」という声。とくに「コスパがいい」という口コミは多かったですね。

それに対し「チキンミールなしの商品を作ってほしい」「食べない」という声もチラホラありました。

公式サイトには「ミートミールは良質なお肉を乾燥させて粉末にしたもの」と説明がありますが、アレルギーのことを考えたらミールなしの商品が1つぐらいあるといいですね。

今後に期待しましょう。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式オンラインショップ Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 2,090円(980g)
4,620円(2.7kg)
8,910円(7.05kg)
19,800円(20kg)
2,090円(980g)
4,620円(2.7kg)
8,910円(7.05kg)
18,040円(20kg)
2,090円(980g)
4,620円(2.7kg)
8,910円(7.05kg)
18,040円(20kg)
送料 5,500円以上で無料
(一部地域を除く)
2,000円以上は無料 店舗により異なる

どこでブラックウッドを買うのがもっとも安いのか?公式オンラインショップを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式オンラインショップには、輸入代理店である株式会社レシアンの通販サイト価格を記載しています。

ブラックウッドドッグフードの価格は公式オンラインショップが安い!

調査したところ、ブラックウッドの価格がもっとも安いのは公式オンラインショップであることがわかりました。

ただし、公式オンラインショップでは1回の注文金額が5,500円以上にならないと送料無料になりません。もし5,500円未満のお買い物であれば、Amazonや楽天の方がお得でしょう。

ブラックウッドドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン ブラックウッド(3000)
主原料 チキン&サーモン56%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) ラムミール・玄米・チキンミール
穀物 グレインフリー 玄米・キビ・グレインソルガム・オート麦
タンパク質 27%以上 24.5%以上
脂質 10%以上 14%以上
代謝エネルギー(100gあたり) 363kcal 392kcal
内容量 1.8kg 980g、2.7kg、7.05kg、20kg
価格 3,920円 2,090円(980g)
4,620円(2.7kg)
8,910円(7.05kg)
18,040円(20kg)
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとブラックウッドには、どのような違いがあるのかを比較してみました。

モグワンもブラックウッドも、有害添加物や曖昧な原材料を含まない良好なドッグフードです。どちらも人間用の食品と同等基準の原材料を使用しています。

このことから、どちらも安心して犬に食べさせられるドッグフードだと私は判断していますよ。

ただし、モグワンとブラックウッドはコンセプトや原材料のラインナップが異なります。

どちらが良いのかはその時の愛犬の体質・健康状態・生理状態によって異なるため、この場で「〇〇が犬にとってベスト!」という断定的な言い方をすることはできません。

モグワンとブラックウッドに限らず、どんなドッグフードも必ず愛犬の体質・健康状態・ライフスタイルを把握したうえで適切なごはんを選んであげるようにしましょう。

ブラックウッドドッグフードの種類と特徴について

ブラックウッドには「ドライフード」「ミルフード」の2タイプの総合栄養食、さらに「サプリメントミルク」という補助食品があります。

3タイプに分けて、それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

ドライフード

商品名 特徴
パピー(チキン) とうもろこし・小麦・大豆不使用。超小粒タイプ。高栄養価を必要とする子犬・授乳・妊娠期の母犬などが対象。
1000(チキン) とうもろこしの使用あり。中粒タイプ。「パピー」では栄養価が高すぎる犬におすすめ。
2000(チキン) とうもろこしの使用あり。やや中粒タイプ。「パピー」と同じくらいの栄養価。
3000(ラム) とうもろこし・小麦・大豆不使用。チキンミールも入っているのでチキンアレルギーの犬は要注意。
5000(なまず) とうもろこし・小麦・大豆不使用。チキンミールも入っているのでチキンアレルギーの犬は要注意。
ローファット(チキン) とうもろこし・小麦・大豆不使用。低脂肪・低カロリーなので、体重を管理したい犬におすすめ。
グレインフリー サーモン
(旧サーモンミール&フィールドピー)
サーモンを主原料にした穀物不使用タイプ。全年齢・全犬種対応。
グレインフリー スモールブリード 骨抜きニシンを主原料にした穀物不使用のタイプ。成犬・シニア犬用。小型犬用向き。
グレインフリー ターキー ターキーを主原料にした穀物不使用タイプ。全年齢・全犬種対応。

ミルフード(粉末状)

商品名 特徴
パピー とうもろこし・小麦・大豆不使用。チキンミールがベース。高栄養価が必要な全年齢の犬が対象。
3000 とうもろこし・小麦・大豆不使用。ラムミールがベース。チキンミールも入っているのでチキンアレルギーの犬は要注意。
5000 とうもろこし・小麦・大豆不使用。なまずミールがベース。チキンミールも入っているのでチキンアレルギーの犬は要注意。
ローファット とうもろこし・小麦・大豆不使用。チキンミールがベース。低脂肪・低カロリーなので体重管理したい犬におすすめ。

サプリメントミルク

商品名 特徴
リアルミルク 100%天然由来成分。良質な牛ミルクタンパクから作られていて、ケフィアヨーグルト、ラクトフェリン、ミルクセラミドなども配合されている。子犬の哺乳食としてはもちろん、成犬~シニア犬の栄養補給としても使用可能。

おやつ

商品名 特徴
トリーツ なまず 新鮮ななまず肉をたっぷり使用したセミモイスト。グレインフリー。
鹿ミンチバーグ 鹿ミンチを100%使用。栄養価が非常に高いので与えすぎには注意が必要です。
鹿しかクッキー 国産の鹿肉を50%以上使用。小麦粉の代わりに大麦粉と米粉が使われている。

「鹿ミンチバーグ」「鹿しかクッキー」については、ブラックウッドブランドから外れてレシアン名義のようです。

ですが商品名が同一で、ショップでもブラックウッドとして販売している場合が多いため記載しておきますね。

ブラックウッドドッグフードのQ&A

ブラックウッドドッグフードのブリーダーパックって何?

ブラックウッドにある20kgの大容量タイプが、いわゆる「ブリーダーパック」と呼ばれているようです。大型犬や多頭飼いには嬉しいサイズですね。

ブラックウッドにお試しサンプルはないの?

以前はお試しサンプルがありましたが、現在はないようです。

ブラックウッドドッグフードまとめ

ブラックウッドのまとめ
  • 独自契約しているサプライヤーから食材を仕入れて新鮮さを追求。
  • 原材料はすべてヒューマングレードで安心。
  • 保存料や着色料などの合成添加物は不使用で犬の体のことが考えられている。
  • 低油分で体臭や便臭の軽減をサポート。
  • 日本で暮らす犬向きの栄養バランスで利用しやすい。
  • 栄養素を損なわないよう低温調理を採用。
  • これまでリコールを起こしたことがなく品質維持を徹底。
  • 原材料の産地が説明されていないのは気になる。
  • チキンアレルギーを抱える犬は原材料欄の確認が必要。

ブラックウッドからは、製品作りに妥協がなく、犬の健康を大切にしているのが伝わりました。食材は独自契約サプライヤーのヒューマングレードに限定しているのも安心できます。

保存料や着色料などの合成添加物を使わず、人間の都合で入れられる余分なものを排除していますよ。犬にとって必要なものだけを選び抜いている印象です。

そして、ブラックウッド自体はアメリカ産ですが、日本で販売しているものはレシピを変更しています。わざわざレシピ変更する海外フードは少ないですから、この部分も好印象です。

神様
低温調理を行い、食材の栄養素を損なわないようにしているのも魅力じゃ。良質な原材料を最大限に活かしておるのじゃな。

公式サイトで「米国最高級フード」と謳われているとおり良いフードですが、原材料の産地まで説明されていれば一段違っていたなと思いました。

食材のグレードや調理法を細かく開示しているわりに、ドッグフードの基本的な情報である産地については触れられていません。ここは少し気になりました。

ちなみに、アレルギー対策として利用するなら、チキンミールが含まれている種類もあるので気をつけてください。原材料欄はすべて確認するのが無難です。

いずれにしても、初めて利用する際は少量から与えて様子を見るのがベストでしょう。

ブラックウッドドッグフードの基本情報

内容量 980g、2.7kg、7.05kg、20kg
※BLACKWOOD 3000の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 2,090円(980g)
4,620円(2.7kg)
8,910円(7.05kg)
18,040円(20kg)
※Amazon参考価格
輸入代理店 株式会社レシアン
公式サイト https://www.leschiens.co.jp
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る