158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ソルビダドッグフードの口コミや評判は?原材料や安全性も評価!

原材料の約70%以上にオーガニック食材を使用したアメリカ産のドッグフード「ソルビダ」。

2019年に全種類グレインフリーへリニューアルし、さらにターキーを使ったフードも加わり、よりアレルギーに配慮したドッグフードへと生まれ変わりました。

ここでは、新しくリニューアルしたソルビダの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 4.5
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.5
内容量 900g、1.8kg、3.6kg、5.8kg
※チキン 室内飼育成犬用の場合
価格 2,310円(900g)
4,048円(1.8kg)
7,513円(3.6kg)
10,978円(5.8kg)
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 成犬用
原産国 アメリカ
編集部からの評価

当サイトは、ソルビダをBランクと評価しました。

原材料の約70%以上にオーガニック認証機関オレゴンティルスが認定したものを使い、残りの30%も残留農薬や残留抗生物質の検査を定期的に受けています。

さらに、合成着色料・合成香料・合成保存料など不使用で、品質と安全性は申し分のない良好なドッグフードです。

ただし、動物性原材料の配合比率が数字で示されていません。原材料を見ると「豆類や芋類の方が割合的に多いのかな?」と疑問に思い気になります。

より安心して利用できるよう、肉類の含有量をある程度明確にしてほしかったなと感じました。

ソルビダドッグフードの原材料と安全性について評価!

次に、ソルビダの原材料と安全性についてです。ここでは「チキン 室内飼育成犬用(インドアアダルト)」を評価してみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。ソルビダには、特に危険な原料はありませんでした。

オーガニックチキン生肉、乾燥チキン、オーガニック乾燥豆類、オーガニックエンドウ豆粉、オーガニックタピオカ粉、オーガニック乾燥ヒヨコ豆、オーガニック乾燥アルファルファ、天然フレーバー、オーガニックひまわり油(ミックストコフェロールで保存)、オーガニック挽き割りフラックスシード、オーガニック乾燥ジャガイモ、鶏脂肪(ミックストコフェロールで保存)、エンドウ豆でんぷん、乾燥サーモン、乾燥トマト繊維、乾燥レンズ豆、塩化カリウム、サーモンオイル(ミックストコフェロールで保存)、乾燥ビール酵母、チキン軟骨(グルコサミン、コンドロイチン源)、ミネラル類(亜鉛、鉄、銅、コバルト、マンガン、食塩、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、タウリン、オーガニックひまわりの種、乾燥かぼちゃ、乾燥ブルーベリー、オーガニック乾燥にんじん、乾燥ブロッコリー、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、ビタミン類(塩化コリン、ビタミンE補助食品、ナイアシン補助食品、ビタミンB1硝酸塩、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、リボフラビン補助食品、ビタミンA補助食品、ビタミンD3補助食品、ビオチン、ビタミンB12補助食品、葉酸)、乾燥チコリ根(イヌリン、フラクトオリゴ糖源)、乾燥セージ、乳酸、ユッカフォーム抽出物、ガーリックパウダー、プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、麹菌、糸状菌、枯草菌)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
タンパク質 25%以上 水分 10%以下
脂質 15%以上 オメガ6脂肪酸 3.9%以上
粗繊維 4%以下 オメガ3脂肪酸 1.9%以上
粗灰分 9%以下 代謝エネルギー 350kcal/100g

リニューアル前のソルビダは、何かと情報が不足していて評価しづらいと思っていました。でも、新しくなってからは、知りたい情報が細やかに開示されるようになっています。

そのおかげもあり、ソルビダの印象がだいぶ良くなったなというのが私の感想です。品質・安全性ともに申し分ありません。

まず、新しくなったソルビダの特徴を見てみましょう。

  • 「人と同じ基準」の食材を使用。
  • 原材料の約70%以上にオーガニック認定のものを使用。
  • オーガニック認証機関オレゴンティルスの審査・認定を得た原材料のみを使用。
  • チキンとターキーにホルモン剤や抗生物質の投与はなし。
  • 野菜やフルーツは無農薬。
  • 腸の働きを整える「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」配合。
  • 体臭や便臭の軽減をサポートする「ユッカシジゲラ抽出物」配合。
  • 合成の着色料・着香料・調味料や防カビ剤は使っていない。
  • オレゴンティルスの認定を受けたオーガニックフード製造工場で製造。

以前は、ソルビダに使われている原材料が「人と同じ基準」なのかどうかまではわからなかったんですね。

でも今回新しくなったことで、原材料のグレードや産地などもより具体的に開示してくれるようになりました。

原材料は、すべてアメリカのオーガニック認証機関オレゴンティルスの審査を受けており、そのうち約70%以上が認定を得ているとあります。(参考:OregonTilth公式サイト

そして、オーガニック認定外の残り30%の原材料は、安全性確保のため定期的に残留農薬や残留抗生物質の検査を受けたものだけを使っているんです。なので、不安な要素はありません。

アメリカ国内で調達するのが難しい原材料に関しては、お隣のカナダから取り寄せているとのこと。これらもすべて厳しい審査を通過していると説明がありました。

これらのことを踏まえると、ソルビダは市販の中でも非常に良好なオーガニック原料使用のドッグフードであることがわかります。

でも、個人的に気になったのは、肉類原料と豆類や芋類といった植物性原料の配合比率です。

お肉よりも植物性原料の方が多いのでは?と感じるラインアップなので、どれくらいのお肉を使っているのか数字で表れていると良かったなと感じます。

ここ最近「グレインフリードッグフード」に対する世間の評価が厳しくなっていますから、私たち飼い主がより安心して購入できるよう、さらに踏み込んだ情報がほしいところですね。

ソルビダはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 合成添加物に敏感になっている犬。
  • 穀物アレルギーがある犬。
  • 目やにや涙やけが気になる犬。
  • 毛並みや毛艶が悪い犬。
  • お腹の調子が安定しない犬。
  • うんちやおならの匂いがやたら臭い犬。
  • コスパのいいオーガニックドッグフードを探している人。
  • 安全性の高い市販ドッグフードを探している人。
  • 体に悪い原料や添加物を愛犬に与えたくない人。

ソルビダは、もう少し情報を開示してほしいなと思うところはありましたが、品質と安全面では信頼できる良好なドッグフードだと感じました。

ソルビダドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

ソルビダを愛犬に与えた飼い主さんはどう感じたのか、口コミや評判を調査しました!

ソルビダドッグフードの良い口コミ

チワワ4歳 / メス
5.0
オーガニックなので安心して与えられます。ドッグフード特有のにおいも気になりません。美味しそうに食べている様子に癒されています。
フレンチ・ブルドッグ6歳 / オス
5.0
こちらのフードに変えてから目ヤニが落ち着き、毛並みも良くなってきたのでリピートしています。食いつきも良く安定のフードです
マルチーズ12歳 / メス
4.0
小さい頃からソルビダです。これまで病気1つしたことないので、もう他のドッグフードは考えられません。
シーズー6歳 / メス
4.5
我が家はこのドッグフードが気に入っています。食いつきもいいし、涙やけも治まってきたような気がします。
パピヨン7ヶ月 / メス
5.0
うちの子にとっても粒が薄くて食べやすそうです。リニューアル前のパッケージと内容の違いがよくわからないですが、他のメーカーのように値段をグンと上げているわけでもないので良心的なメーカーだと思います。

ソルビダドッグフードの悪い口コミ

柴犬7歳 / メス
2.5
先代犬がずっとソルビダだったので、新しく迎えた子犬にもソルビダを買いました。しかし、食糞するようになってしまったので、ブリーダーさんからすすめられたシュプレモに戻しました。
トイ・プードル11歳 / オス
1.0
ソルビダの評判を聞いて購入。ところがうちの子には合わなかったようで、涙やけが以前よりもひどくなりました。うんちも柔らかくなってしまい、散歩中に拾うのもやっとといった感じ。オーガニックでも合わない子は合わないんだと思います。
ポメラニアン3歳 / オス
1.0
すごく食いつきが悪いです。同じアメリカ産のアーテミスは問題なく食べてくれるのですが、これはダメです。とりあえず茹でた鶏肉をトッピングしています。こうも食いつきが悪いと安全性に疑問を感じるので、たぶんリピートしません。
雑種犬1歳 / オス
2.0
パピー用から成犬用に切り替えたのですが、粒が少し大きめだからかあまり好んで食べてはくれませんでした。

ソルビダドッグフードの口コミ・評判まとめ

リニューアルしたソルビダの口コミを中心に調査したところ、とても評判の良いドッグフードであることがわかりました。

新しくなってから、あまり時間が経っていないためか件数は少なめです。そのため、口コミ全体を評価することができません。

ですが、今のところ「食いつきがいい」「他のフードに変える予定はない」といった好意的な声が多かったように思います。

旧ソルビダは「食糞する」「便が柔らかくなる」といったネガティブな声も結構目立っていたので、新しくなってからこの辺りはどう変わるのか?も期待したいところです。

新しいソルビダの口コミが増え次第、どんどん追記していきたいと思います。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 2,310円(900g)
4,048円(1.8kg)
7,513円(3.6kg)
10,978円(5.8kg)
2,268円(900g)
3,780円(1.8kg)
7,376円(3.6kg)
10,260円(5.8kg)
2,160円(900g)
3,780円(1.8kg)
7,020円(3.6kg)
10,260円(5.8kg)
送料 初回のみ500円
※2回目以降は無料
無料 店舗により異なる

どこでソルビダを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイトは「PoshPet Club(ポッシュペットクラブ)」という公認のペット用品専門サイトの価格を記載しています。

ソルビダドッグフードの価格は楽天が安い!

ソルビダは、楽天で買った方が数百円ほど安いです。ただ、基本的にどこで購入しても大きく値段は変わりません。

欲しいソルビダの種類が決まったら、Amazonと楽天、それから他の通販サイトもよく比較された方がいいでしょう。

ちなみに、公式サイトとして記載している「PoshPet Club(ポッシュペットクラブ)」は、入会金500円を払えば、2回目以降はずっと送料無料というサービスが特徴です。

実店舗で購入したソルビダ(900g)なら「おいしさ保証」の対象!

実店舗で購入したソルビダ(900g)には「おいしさ保証」がついており、万が一愛犬が食べなかった場合に全額返金してくれるんです。

インターネット通販やその他通販で購入したソルビダは対象外ですが、実店舗(イオンペットやペットショップなど)で購入したなら対象となります。

ただし、対象となるのはソルビダの900gのみです。それ以外のサイズは全額返金の対象となりませんので、間違って送ったりしないよう注意しましょう。

詳しくは、公式サイトの「おいしさ保証返金サービス」のページを参考にしてみてください。

ソルビダドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン ソルビダ(チキン 室内飼育成犬用)
主原料 チキン&サーモン56%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) オーガニックチキン生肉・乾燥チキン・オーガニック乾燥豆類
穀物 グレインフリー グレインフリー
タンパク質 27%以上 25%以上
脂質 10%以上 15%以上
代謝エネルギー
(100gあたり)
363kcal 350kcal
内容量 1.8kg 900g、1.8kg、3.6kg、5.8kg
価格 3,920円 2,310円(900g)
4,048円(1.8kg)
7,513円(3.6kg)
10,978円(5.8kg)
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとソルビダには、どのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、モグワンとソルビダはどちらも安心して利用できる良好なドッグフードです。

原材料のグレードも「人間が食べれるもの」ですし、合成着色料・合成香料・合成保存料などの添加物が含まれていません。どちらも穀物アレルギーに配慮したグレインフリーです。

似ている点はありますが、両者のコンセプトは全く異なります。なので、一概にどちらがおすすめと私から言うことはできないなと思いました。

大きな違いを挙げるとするなら、モグワンの原材料はオーガニックではありません。それに対して、ソルビダは原材料の約70%以上がオーガニック認定されています。

100%オーガニックではありませんが、ソルビダならモグワン以上に化学肥料や農薬などを避けることができるんです。

なるべく、化学肥料や農薬などを愛犬から遠ざけたいと考えているのであれば、モグワンではなくソルビダを選ばれるのが良いでしょう。

モグワンとソルビダは、それぞれ特徴や原産国も異なります。違いをよく比較し、その上で愛犬に合ったフードを選んでくださいね。

ソルビダドッグフードの種類と特徴について

ソルビダには、全部で5種類のドッグフードがあります。それぞれの保証成分値と特徴を比較し、違いを簡単にまとめてみました。

商品名 タンパク質 脂質 代謝エネルギー
(100gあたり)
チキン 室内飼育子犬用 28%以上 16%以上 365kcal
ターキー 室内飼育全年齢対応用 25%以上 15%以上 350kcal
チキン 室内飼育成犬用 25%以上 15%以上 350kcal
チキン 室内飼育7歳以上用 23%以上 10%以上 330kcal
チキン 室内飼育体重管理用 24%以上 9%以上 310kcal

リニューアル後、新しくターキーを使った「室内飼育全年齢対応」が加わりました。

これによってチキンアレルギーのある犬も選びやすくなり、またソルビダ内でローテーション(チキンとターキーの交互使い)ができるという選択肢の幅も広がりましたね。

一応「室内飼育全年齢対応」以外はライフステージ別に分かれていますが、7歳を迎えたから必ずしも「7歳以上用」に切り替えなければいけないという決まりはありません。

7歳を迎えても成犬並みに活発で運動もしっかりするようであれば、体重が増えないようコントロールしながら「成犬用」を使い続けても大丈夫です。

ただ、極端に運動量も減って代謝率が下がっている場合は、肥満予防のためにも「7歳以上用」に切り替える、あるいは給餌量を減らすなどして調整してあげましょう。

ソルビダドッグフードのQ&A

ソルビダドッグフードにお試しサンプルはある?

ソルビダには無料サンプルがあります。各家庭1回限り公式サイトから取り寄せることができるので、初めて試す人はぜひ利用してみるといいでしょう。

本当に必要とする犬や飼い主さんに素早く届けるためにも、転売目的で知人友人を利用し無駄に複数回取り寄せたりしないようにしましょう。

ソルビダドッグフードの賞味期限はどれくらい?

ソルビダの賞味期限は、製造後から18ヶ月です。ただし、日本に到着してから検査や再包装をしているため、実際の賞味期限は12ヶ月になります。

人工的な保存料などを使用していないので、保管する際は直射日光の当たらない涼しい場所に保管し、開封後は1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

ソルビダドッグフードの取扱店や販売店はどこ?

ソルビダの取扱店は、Amazonや楽天などの通販サイト、株式会社ライトハウス公認の「PoshPet Club」もしくはイオンペットなどの実店舗です。

販売店については、公式サイトの「販売店検索」で確認することができます。

ソルビダドッグフードまとめ

ソルビダのまとめ
  • 原材料の約70%以上にオーガニックのものを使用し、化学肥料や農薬を避けやすい。
  • 「人と同じ基準」の食材を使用し安全性を高めている。
  • 穀物アレルギーに配慮したグレインフリー。
  • チキンとターキーにはホルモン剤や抗生物質の投与はされておらず安心。
  • 犬の健康を考え、野菜やフルーツは無農薬のものを使用。
  • プロバイオティクスとプレバイオティクスを配合し、お腹の調子をサポート。
  • アメリカのオーガニックフード工場で作り、日本で検品・再包装を行い品質維持を徹底。
  • 無料サンプルがあって体質に合うか確認しやすい。
  • 肉類原料の配合比率は不明で気になる。
  • 野菜類・豆類・フルーツ類が体質に合わない場合は原材料欄の確認が必要。

ソルビダは、オーガニック原材料を使い安全性や品質にこだわっている部分は良好だなと思いました。

100%ではないものの、原材料の約70%以上がオレゴンティルス認定オーガニック食材です。原材料自体のグレードは「人と同じ基準」で、新鮮さや安全性を追求しています。

また、野菜やフルーツも無農薬のものを使用し、オーガニックフード製造工場で作られていることからも品質へのこだわりが伝わりますね。

神様
プロバイオティクスとプレバイオティクスを配合し、お腹の調子をサポートしてくれるのじゃ。

ですが、肉類原料の配合比率が不明な点は気がかりです。オーガニックの色々な食材が使われているのは良いのですが、原料欄の3番目からは豆類・芋類が並んでいます。

「もしかしたら植物性原料の方が多いのかな」と疑問が浮かんだので、肉類原料の配合比率が明確だとさらに安心だなと感じました。

それでも、ソルビダの安全や品質へのこだわりは、市販フードの中で際立っていると思います。無料サンプルがあるので、利用を検討するなら試してからがベストでしょう。

ソルビダドッグフードの基本情報

内容量 900g、1.8kg、3.6kg、5.8kg
※チキン 室内飼育成犬用の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 2,310円(900g)
4,048円(1.8kg)
7,513円(3.6kg)
10,978円(5.8kg)
輸入代理店 株式会社ライトハウス
公式サイト http://www.solvida.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る