158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ピュアロイヤルドッグフードの口コミや評判は?商品の安全性も評価!

ピュアロイヤルは、株式会社ジャンプが販売を手掛けるセミモイストタイプの国産ドッグフードです。

ここでは、そんなピュアロイヤルの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 4.0
栄養バランス 5.0
無添加 4.5
安全性 5.0
コスパ 0.5
内容量 600g
価格 3,960円
目的 総合栄養食
タイプ セミモイストフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

当サイトは、ピュアロイヤルをCランクと評価しました。

ピュアロイヤルは、数あるセミモイストフードの中でも合成保存料・着色料・発色剤を使わない良好な商品です。

ただ、グリセリンなどほんのわずかな添加物の使用でも嫌だと感じる場合は向きません。

同じ会社の「ドゥロイヤル」には保存料や発色剤が使われているので、これらの添加物だけでも避けたい場合はピュアロイヤルの使用を検討されるといいでしょう。

ピュアロイヤルドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず始めに、ピュアロイヤルの原材料と安全性についてです。ここでは「チキン」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

ササミ、鶏肉、おから、鮭白子、小麦蛋白、マッシュポテト、小麦粉、水飴、米糠、卵、植物油、チーズ、ミネラル類(Na、Cl)、酵母(亜鉛、鉄、銅、ヨウ素)、ササ抽出物、乳酸菌、ソルビトール、グリセリン、pH調整剤(乳酸Na、リン酸塩(Na))、リン酸Ca、酸化防止剤(V.C、V.E)、オリゴ糖、乳酸Ca、ビタミンA
粗タンパク質 25.0%以上
(38.5%以上)
粗灰分 6.5%以下
粗脂肪 8.0%以上
(12.3%以上)
水分 35.0%以下
粗繊維 2.0%以下
(3.1%以下)
代謝エネルギー 275kcal/100g
※( )内は乾物換算値になります。

ピュアロイヤルは製造元がノースペット社だったということもあり、何かと不安を感じている人もかなり多くいると思います(参考資料:株式会社ジャンプ「新着情報一覧」)。

一時期はピュアロイヤルも販売中止していましたが、その後再販されました。安全対策として「1分ごとの温度管理」や「第三者機関で微生物検査」などを行なっているようです。

ピュアロイヤルにサルモネラ菌等が見つかったわけではありませんが「安全」と謳っているから「安心」と簡単に結び付けてはいけないんだと改めて気づかされました。

まずは、ピュアロイヤルの特徴を簡単にまとめてみました。

  • 原材料は鮮度の高いものを厳選。
  • 生の肉や魚を使用。
  • 有胞子性乳酸菌を配合。
  • 添加物の使用は極力抑えている。
  • 一般食品工場と同等の衛生管理を行う工場で生産。
  • 独自の製法で原材料の加熱工程は一度のみ。
  • 殺菌乾燥工程の最高温度は85℃、1分おきに温度管理を実施。
  • 第三者機関による微生物検査を全製品・全ロットで行なっている。

ピュアロイヤルを販売する「株式会社ジャンプ」では、人が食べないものほど栄養価値が高く体に良いものがあると考えています。

つまり、ふつうは廃棄処理されてしまうような「おから」や「米ぬか」など、そういった原料をうまく利用して犬の健康にも役立てようという想いがあるようです。

副産物の利用には賛否両論ありますが、ちゃんと目的をもって、質のいい副産物を消化吸収しやすいよう丁寧に加工しているなら決して悪い存在ではないと私は思います。

ただ、他の商品で保存料や発色剤などを使っているのを見ると、ピュアロイヤルは加工の段階で化学性物質をどれくらい使っているのか?というのは気になりますね。

加工の段階で使った添加物は記載しなくてもいいことになっていますから、株式会社ジャンプでは犬のためにどれくらいの取り組みをされているのかはぜひ知りたいところです。

それと、ここで紹介している「チキン」には小麦タンパク小麦粉が使われています。

もしも小麦の使用が気になる場合は「ラム」「フィッシュ」「超小型犬用」あたりを使用されるといいでしょう。

ピュアロイヤルはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • ドライフードが苦手な犬。
  • お腹の調子が安定しない犬。
  • グルメな犬。
  • 毛並み・毛艶が悪い犬。
  • 安全性の高いセミモイストフードを探している人。
  • 主原料に生肉・生魚を使ったセミモイストフードを探している人。
  • ドッグフードにお金をかけられる人。

ピュアロイヤルは、気になるところがあるもののセミモイストフードの中でも良好なドッグフードだなと感じました。上記に当てはまる場合は検討してみても良いでしょう。

ピュアロイヤルドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

ここからは、ピュアロイヤルを実際に愛犬に与えている飼い主さんの口コミ・評判を「良い口コミ」「悪い口コミ」に分けてご紹介します。

ピュアロイヤルドッグフードの良い口コミ

マルチーズ7歳 / メス
5.0
食欲がない時にこちらを購入して食べさせています。高価なのでたまにしかあげられませんが、いつも喜んで食べてくれるので助かってます。
フレンチ・ブルドック6歳 / オス
4.0
他の半生フードより割高ですが、毎回嬉しそうに完食してくれるので続けています。成分的に良いかどうかは正直わかりませんが、質の悪い半生フードを食べさせるよりもずっと安全です。
トイ・プードル9歳 / オス
5.0
ドライフードを食べてくれないので、いつもピュアロイヤルを食べさせています。食いつきも良いし、体調も良さそうなので満足です。もう少し安いと嬉しいですね。

ピュアロイヤルドッグフードの悪い口コミ

雑種犬4歳 / オス
1.0
ナトリウム量が気になり製造元に問い合わせました。でもムキになった返答で嫌な思いをしました。おまけに「ネットばかり見て振り回されない方がいいですよ!」と小バカにされる始末。もう二度と買いません。
柴犬14歳 / メス
2.5
寝たきりの柴シニア用に購入しました。食いつきはなかなか良く、便が出やすいようで助かってます。ただ経済的に苦しいので、他のものを探そうと思います。
シェルティー4歳 / オス
2.0
いいフードですが、やはり高い…。それだけこだわっているのでしょうけど、ちょっと我が家には高すぎて続けられません。

ピュアロイヤルドッグフードの口コミ・評判まとめ

ピュアロイヤルの口コミを調査したところ、全体的にとても評判の良いドッグフードであることがわかりました。

ただ、製造元がサルモネラ菌問題のあった株式会社ノースペットということもあり、2019年ごろの口コミにはあまり良い意見はありません。

でも、調査した中には「食いつきが良い」「これなら食べてくれる」という声がありました。品質に納得しているという口コミも多いように感じます。

一部の口コミは「製造元の対応が良くない」「価格が高い」というようなものがありました。対応に関しては片方だけの話だと、どんな成り行きだったのかわからないなと思います。

また、価格は人によって感じ方が違うため一概に言い切れません。色々な意見はあるものの、総合すると良い評判が多くあるドッグフードだと感じました。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式オンラインショップ Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 3,960円 3,360円 3,140円
送料 3,300円以上で無料 2,000円以上は無料 店舗によって異なる

どこでピュアロイヤルを買うのがもっとも安いのか?公式オンラインショップを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

ピュアロイヤルドッグフードの購入は楽天がおすすめ!

ピュアロイヤルの価格を調査した結果、楽天が一番安いことがわかりました。

ですが、送料によっては公式オンラインショップやAmazonが安い可能性もあります。購入を検討する際は、複数のサイトを比較するのがおすすめです。

ピュアロイヤルドッグフードの種類と特徴について

ピュアロイヤルには3つのラインナップがあります。それぞれのラインナップごとに特徴を簡単にまとめてみました。

ベーシックタイプのピュアロイヤル

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
チキン 25%以上 8%以上 275kcal
ラム 19.5%以上 8%以上 280kcal
フィッシュ 16%以上 4%以上 250kcal

ピュアロイヤルのベーシックタイプ。全犬種対応で、サイズはすべて600g(100g×6袋)です。

この中で小麦を使用しているのはチキンのみ。ラムとフィッシュはグルテンフリーです。

低アレルゲンのピュアロイヤルを使いたい場合は、畜肉・小麦・大豆を使わないフィッシュがおすすめですね。

超小型犬用ピュアロイヤル

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
チキン 18%以上 10.5%以上 290kcal
ラム 14.5%以上 12%以上 295kcal

超小型犬でも食べやすい小粒タイプ。サイズはすべて400g(100g×4袋)です。

体が小さい犬に合わせ、通常のピュアロイヤルよりも栄養価をやや高めに設定されています。

ピュアロイヤルベジタブルプラス

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
トマト 22%以上 7%以上 280kcal
ホウレンソウ 22%以上 8%以上 285kcal

肉・魚・卵・野菜・穀物などがバランスよく含まれているホリスティックフード。サイズはすべて600g(100g×6袋)です。

両方とも小麦蛋白が使われているので、小麦アレルギーの犬には控えた方がいいでしょう。

ピュアロイヤルドッグフードのQ&A

ピュアロイヤルドッグフードの取扱店や販売店は?

調査した限りではありますが、ピュアロイヤルはインターネットのみでの販売となっているようです。

株式会社ジャンプの公式オンラインショップをはじめ、Amazonや楽天などの通販サイトでも取り扱われています。

ピュアロイヤルドッグフードのお試しサンプルはある?

ピュアロイヤルではサンプルの配布は行っていないようです。

ピュアロイヤルドッグフードまとめ

ピュアロイヤルのまとめ
  • ドライフードが合わない犬から好まれやすい。
  • 原材料は鮮度の高いものを厳選し、生の肉や魚を使っている。
  • 有胞子性乳酸菌を配合し、お腹の調子をサポート。
  • 独自製法によって加熱は一度のみで、食材の風味や酵素が損なわれないよう配慮。
  • 添加物はゼロではないが控えられていて合成保存料・着色料・発色剤は不使用。
  • 加工段階で化学性物質をどのくらい使っているのかは気がかり。
  • 目的を持って質の良いものを丁寧に加工しているものの副産物が使用されている。
  • 小麦が体質に合わない犬は注意が必要。

ピュアロイヤルは、セミモイストフードに使われがちな合成保存料・着色料・発色剤が使われておらず、生の肉や魚を採用している部分は好感が持てるなと感じます。

グリセリンやpH調整剤などわずかな添加物は含まれますが、同社のセミモイストフード ドゥロイヤルより合成添加物を避けて作られていることがわかります。

ただ、他商品は保存料や発色剤などが含まれているため、加工段階でどのくらい化学性物質が使われているのかは疑問です。ここがクリアになればもっと安心感が増すと思いました。

神様
加工の段階で使った添加物は記載しなくてもよいとなっておるのじゃよ。もちろん、ピュアロイヤルに限った話ではないぞ。

また、賛否両論の副産物が使われていますが、質の良いものを丁寧に加工しているため、私は悪い存在とは思いません。

でも「人が食べないものほど栄養価値が高く体に良いものがある」というピュアロイヤルの考え方に賛同できるかは、飼い主さんによって違うでしょう。

いずれにしても、体質や犬の好みに合わない場合はあります。愛犬に与えるなら少量ずつ様子を見て、体調や食いつきに変化がないかよく観察してください。

ピュアロイヤルドッグフードの基本情報

内容量 600g
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 3,960円
販売会社 株式会社ジャンプ
公式サイト https://www.janp-pet.co.jp
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る