158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ナチュラルハーベストドッグフードの口コミや評判は?安全性も評価!

日本で暮らす犬のために、脂肪分とカロリーを低めに設定したアメリカ産のドッグフード「ナチュラルハーベスト」。

ここでは、ナチュラルハーベストの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 4.5
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.0
内容量 100g、1.59kg
※メンテナンススモール(ラム)の場合
価格 330円(100g)
8,800円(100g×30袋)
3,300円(1.59kg)
6,380円(1.59kg×2袋)
12,320円(1.59kg×4袋)
23,760円(1.59kg×8袋)
※楽天参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 成犬用
原産国 アメリカ
編集部からの評価

当サイトは、ナチュラルハーベストをBランクと評価しました。

ここではBランクと評価していますが、内容は正直S~Aランク同様です。

安心して犬に食べさせられる内容ですし、トッピングごはんや半手作りごはんにも使いやすい栄養バランスだと思います。

ただ、ドライフードの種類によってはタンパク質やカロリーがかなり低めのものもありました。

運動量の多い犬や栄養価の高い食事を必要とする犬には物足りないため、単品で使用する場合はバランスに十分気をつけましょう。

ナチュラルハーベストドッグフードの原材料と安全性について評価!

まず始めに、ナチュラルハーベストの原材料と安全性についてです。

ここでは、ベーシックフォーミュラの「メンテナンススモール(ラム)」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

ナチュラルハーベストには、特に危険な原料はありませんでした。

ラム(ニュージーランド、オーストラリア)、ラムミール(ニュージーランド)、精製白米(米国)、えんどう豆繊維(カナダ)、米ぬか(米国)、えんどう豆タンパク質(カナダ)、鶏脂肪(ビタミンEで酸化対策済)(米国)、亜麻仁(カナダ)、ビール酵母(米国)、加水分解チキンエキス(米国)、リン酸カルシウム(米国)、塩化カリウム(米国)、海塩(米国)、ブルーベリー(米国)、クランベリー(米国)、タウリン(日本)、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、フェシウム菌)(米国)、月見草油(低温圧搾)(米国)、塩化コリン(米国、カナダ)、キレート亜鉛(米国、メキシコ)、グルコサミン塩酸塩(米国、インド、ベトナム)、コンドロイチン硫酸塩(米国)、ビタミンE(米国、フランス)、キレート鉄(米国)、ベタイン(米国)、キレートマンガン(米国)、キレート銅(米国)、ビタミンA(フランス、ドイツ)、ナイアシン(スイス)、パントテン酸カルシウム(イギリス)、ベータカロテン(ドイツ、スイス、フランス)、ビタミンB12(フランス)、ビタミンD3(スイス)、リボフラビン(ドイツ)、塩酸ピリドキシン(ドイツ)、硝酸チアミン(ドイツ)、ビオチン(フランス)、ヨウ化カルシウム(米国、カナダ)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)(米国、アルゼンチン、日本)、葉酸(フランス)
粗タンパク質 18.0%以上 粗灰分 6.0%以下
粗脂肪 8.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 4.0%以下 代謝カロリー 320kcal/100g

まず結論から言うと、ナチュラルハーベストはとても良好なドッグフードです。

全原材料の産地を公開していますし、内容もすべて人間用の食品と同じ基準のものだけが使われています。

また、原材料にある「ミール」は、骨や内臓・その他部位を取り除いた精肉と説明がありました。誤解されがちな食材なので、詳しく記載されているのは好感が持てます。

そして、人工着色料・人工香料・中国産原材料は不使用なうえ、第三者機関にて成分検査を行い結果を公表しているんです。犬の健康が考えられているのが伝わりますね。

さらに真空パックを採用しているので、酸化防止剤も天然原料で十分。フードの酸化が気になる人や、数袋ストックして置きたい人にはとても適したドッグフードでしょう。

ナチュラルハーベストは日本で暮らす犬に合わせた栄養バランスにしているとのことで、フードの種類によってはタンパク質・脂質・カロリーともにかなり低めになっています。

運動量が多い犬や栄養価の高い食事を必要とする犬には物足りないので、その場合はエネルギーになる食材をトッピングする、あるいは半手作りごはんに挑戦してみるのもいいでしょう。

あとはプライムフォーミュラシリーズを使ったり、同じベーシックフォーミュラなら「ビーフ&チキン」や「ターキー」を利用してみるのもいいかもしれません。

ナチュラルハーベストはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 低タンパク・低脂肪のフードを必要としている犬。
  • 1日のエネルギー消費量が少ない犬。
  • 特定のタンパク源にアレルギーがある犬。
  • 穀物アレルギーがない犬。
  • 栄養価の高い食事が必要な犬(→プライムフォーミュラ)。
  • 「総合栄養食」にこだわっている人。
  • トッピングご飯や半手作り食に適したフードを探している人。
  • 愛犬に変な原料を与えたくない人。
  • 真空パックのドッグフードを探している人。

ナチュラルハーベストは使いやすさ・安全性ともに申し分ないです。とくに相性の悪い原料がなければ、ぜひリストに入れておきたいドッグフードですね。

ナチュラルハーベストドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

ナチュラルハーベストを与えている飼い主さんはどんな感想を持ったのか、口コミや評判を調査しました!以下に「良い口コミ」「悪い口コミ」の2つに分けてご紹介します。

ナチュラルハーベストドッグフードの良い口コミ

チワワ6歳 / オス
4.5
うちのワンコはアレルギー持ちなので、こちらの商品にはずっとお世話になっています。こちらを食べている間は体の調子もいいようで、毎日とても健康的な便です。
ミニチュア・ダックスフンド10歳 / メス
5.0
獣医さんからもうちょっと体重を減らすよう注意されたので、数年前からこのフードに切り替えてます。おかげで今年初めて獣医さんに褒められました。
雑種犬14歳 / オス
4.0
14歳のおじいちゃん犬ですが、毎日美味しそうにパクパク食べています。そのおかげか今のところ病気1つしていません。これから先もこちらのフードにお世話になりそうです。

ナチュラルハーベストドッグフードの悪い口コミ

ヨークシャー・テリア11歳 / オス
1.0
食いつきは良いのですが、魚のニオイが結構キツイです(メンテナンススモールフィッシュ)。あと、ほんの少しだけウンチが柔らかくなりました。やっぱり前のフードに戻そうか検討中です。
トイ・プードル7歳 / メス
1.5
メンテナンスラムを食べさせると便秘気味になるので、他のドライフードに変えてみました。しかし便秘は治りません。体質に合わないのかも。
コーギー11歳 / オス
2.0
とてもいいフードなんですが、値上げがイタイです…。しかもメンテンナンスラムは、また値上げするんですね。他に何かあるか探してみようと思います。

ナチュラルハーベストドッグフードの口コミ・評判まとめ

口コミを調査した結果、ナチュラルハーベストはとても評判の良いドッグフードだなと思いました。とくにメンテナンスラムが人気のようですね。

良い口コミで多かったのは「アレルギー対策にいい」「シニア犬に丁度いい」「原材料が安心できる」「体重の管理がしやすくなった」という声です。

他にも「獣医師から勧められて使うようになった」という声も多く、信頼されている商品なんだなと感じました。

悪い口コミはそこまでありませんでしたが、目立っていたのは「価格が高い」です。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式オンラインショップ Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 330円(100g)
8,800円(100g×30袋)
3,300円(1.59kg)
6,380円(1.59kg×2袋)
12,320円(1.59kg×4袋)
23,760円(1.59kg×8袋)
330円(100g)
3,300円(1.59kg)
6,380円(1.59kg×2袋)
12,320円(1.59kg×4袋)
23,760円(1.59kg×8袋)
330円(100g)
8,800円(100g×30袋)
3,300円(1.59kg)
6,380円(1.59kg×2袋)
12,320円(1.59kg×4袋)
23,760円(1.59kg×8袋)
送料 5,000円以上は無料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

どこでナチュラルハーベストを買うのがもっとも安いのか?公式オンラインショップを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

ナチュラルハーベストドッグフードの価格はどこもも同じ!

調査した結果、ナチュラルハーベストの価格は公式オンラインショップ・Amazon・楽天ともにすべて同じであることがわかりました。

ただし送料無料ラインが異なるので、その辺りは損をしないようご自身で比較して決められることをおすすめします。

ナチュラルハーベストドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン ナチュラルハーベスト(メンテナンススモールラム)
主原料 チキン&サーモン56%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) ラム・ラムミール・精製白米
穀物 グレインフリー 精製白米・米ぬか
タンパク質 27%以上 18%以上
脂質 10%以上 8%以上
代謝エネルギー(100gあたり) 363kcal 320kcal
内容量 1.8kg 100g、1.59kg
価格 3,920円 330円(100g)
8,800円(100g×30袋)
3,300円(1.59kg)
6,380円(1.59kg×2袋)
12,320円(1.59kg×4袋)
23,760円(1.59kg×8袋)
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとナチュラルハーベストには、どのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、モグワンとナチュラルハーベストは、どちらも安心して犬に食べさせられるドッグフードです。

ただ、それぞれコンセプトやフードの特徴が全く異なりますから「どちらが犬にとって良い」という断定的な言い方はできません。

敢えてアドバイスするならば、それなりに運動も行い、1日のエネルギー消費量が多い犬であればモグワンぐらいのフードが向いているかもしれませんね。

もしくはナチュラルハーベストの「ビーフ&チキン」「ターキー」か、あるいはプライムフォーミュラシリーズあたりもいいでしょう。

明らかに運動量が少ない犬、またはほぼ寝たきり状態になってきた犬であれば、ナチュラルハーベストくらいの栄養バランスが丁度いいと思います。

このドッグフードがすべての犬にとってベストということはありません。その時の愛犬の健康状態によって、最適なフードが変わるので気をつけましょう。

ナチュラルハーベストドッグフードの種類と特徴について

ナチュラルハーベストのドライフードには「ベーシックフォーミュラ」「プライムフォーミュラ」「セラピューティックフォーミュラ」の3つのシリーズがあります。

ドライフード以外だと「パウダーフード」「ウェットフード」「サプリメント」「おやつ」などもあって、種類が豊富です。

ここでは、ドライフードをシリーズごとに分けて種類と特徴を簡単にまとめました。

ベーシックフォーミュラ

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
パピーチキン 25%以上 15%以上 348kcal
メンテナンス(ビーフ&チキン) 25%以上 11%以上 326kcal
メンテナンス(ラム) 18%以上 8%以上 320kcal
メンテナンススモール(ラム) 18%以上 8%以上 320kcal
メンテナンススモール(ターキー) 22%以上 8%以上 311kcal
メンテナンススモール(フィッシュ) 18%以上 7.5%以上 318kcal
シニアサポート ハイシニア用 25%以上 9%以上 318kcal

ベーシックフォーミュラシリーズは、アレルギーに配慮してタンパク源を限定した総合栄養食。

プライムフォーミュラ

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
マイリトルダーリン 32.5%以上 13%以上 345kcal
シュープリーム 25%以上 10%以上 329kcal

プライムフォーミュラシリーズは、穀物の消化が苦手な犬のためのグレインフリー総合栄養食。

セラピューティックフォーミュラ

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
レジームスモール(ダイエット用食事療法食) 25%以上 5%以上 286kcal
レジーム(ダイエット用食事療法食) 25%以上 5%以上 286kcal
フラックス(結石ケア用食事療法食) 23%以上 10%以上 327kcal
キドニア(腎臓ケア用食事療法食) 15%以上 10%以上 339kcal
カロン(スキン&コートケア用食事療法食) 27%以上 14%以上 354kcal

セラピューティックフォーミュラシリーズは、AAFCO栄養基準を満たした総合栄養食かつ食事療法食。

特定の症状があって利用する際は、必ず獣医師に相談した上で食べさせましょう。

ナチュラルハーベストドッグフードのQ&A

ナチュラルハーベスト「ナーサリー」は販売中止になったの?

公式サイトによると、ナチュラルハーベストのナーサリーは、近年のラム肉価格高騰の影響により2018年末ごろ販売終了になりました。

ナチュラルハーベストドッグフードまとめ

ナチュラルハーベストのまとめ
  • 人間用の食品と同じ基準の食材のみを使用し新鮮さを追求。
  • 原材料はすべて産地まで公開して安全性を高めている。
  • 犬の健康のため人工防腐剤・人工着色料・人工香料・中国産原料不使用。
  • ドライフードは製造直後に真空パックし、美味しさを逃さないよう配慮。
  • 第三者機関にて成分検査を行い、結果を公表し品質維持を徹底。
  • 日本で暮らす犬に合わせた栄養バランスで合わせやすい。
  • トッピングや半手作りごはんにも使いやすくて便利。
  • 種類が豊富でローテーションしやすいが、栄養バランスに差があるので注意。
  • 穀物が体質に合わない犬は控えた方が無難。

ナチュラルハーベストを調査してみて、安全性や内容は信頼できる良好なものだなと思いました。でも、種類によっては低タンパク・低カロリーなものもあるので、この点は注意です。

まず、原材料はすべて人間用の食品と同じ基準で産地も公開しています。人工防腐剤・人工着色料・人工香料・中国産原料不使用なのも、他の同価格帯フードとは一味違う存在です。

神様
さらに、製造直後に真空パックすることで「鮮度を落とさない工夫」までされているのじゃ。油の酸化を防ぐと同時に、味や栄養の劣化も防いでいるのじゃぞ。

種類が豊富でローテーションしやすいのも特徴です。ローテーション向けの3種セット販売もあるのですが、一部の種類は栄養バランスに差があるので選ぶ時は注意が必要ですよ。

例えば「メンテナンス(ビーフ&チキン)」はタンパク質25%以上です。一方「メンテナンス(ラム)」は18%以上で、比べると7%も違います。

ナチュラルハーベスト以外のフードも同様ですが、ローテーション時は栄養バランスに大きな差がないか確認すると無難です。

また、メンテナンス(ラム)のようにタンパク質低めのタイプは、運動量が多い犬用には物足りないものの、トッピングや半手作りごはんのベース用に使いやすいという一面もあります。

製品自体は良好なので、栄養バランスが目的に合っているか確認して選ぶのが良いでしょう。

ナチュラルハーベストドッグフードの基本情報

内容量 100g、1.59kg
※メンテナンススモール(ラム)の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 330円(100g)
8,800円(100g×30袋)
3,300円(1.59kg)
6,380円(1.59kg×2袋)
12,320円(1.59kg×4袋)
23,760円(1.59kg×8袋)
※楽天参考価格
販売会社 株式会社バンガードインターナショナルフーズ
公式サイト https://www.natural-harvest.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る