158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

プロマネージドッグフードの口コミや評判は?商品の安全性も評価!

ペット栄養学の最先端拠点であるウォルサム研究所と共同開発されたドッグフード「プロマネージ」。

プロマネージは目的別・犬種別・年齢別に分けられたドッグフードですが、商品の安全性や口コミや評判は実際のところどうなのでしょうか?

ここでは、プロマネージの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Dランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 2.0
栄養バランス 5.0
無添加 0.0
安全性 3.0
コスパ 5.0
内容量 800g、1.7kg、4kg
※室内犬用の場合
価格 722円(800g)
1,245円(1.7kg)
2,751円(4kg)
※Amazon参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 オーストラリア
編集部からの評価

当サイトは、プロマネージをDランクと評価しました。

プロマネージは内容的には決して悪くはないのですが、原材料についての情報が明確に開示されていないこと、曖昧な原料があること、そして酸化防止剤にBHAとBHAが使われているためこの評価となりました。

どちらかというと、原材料の質や安全性よりも「総合栄養食」にこだわる人向きのドッグフードだなと感じます。

実際にプロマネージドッグフードを購入してみました!

プロマネージの中身を確認するべく、今回は成犬用「室内犬用」の800gを購入してみました。

↑パッケージの裏はこんな感じ。

次に袋を開封してみましょう。

保存に便利なジッパーが付いています。

中を覗いてみると、何とも言えない独特なにおいが漂ってきました。

何て表現したらいいのか分かりませんが、薬品のにおい・鼻につくにおいと言えば伝わりますかね?とにかく臭いです。

粒はちょっと大きめで特殊な形。8の字の形をしていますね。

厚みはそんなにないので、よほど歯が弱い子じゃない限り噛みにくさあまりなさそうな感じです。

粒の大きさは、長さ約1.5cmといったところ。

口の小さな犬向きというよりは、どちらかというと中・大型犬くらい口の大きな犬向きといった感じでしょうか。

それでは次に、プロマネージの原材料と安全性について見ていきたいと思います。

プロマネージドッグフードの原材料と安全性について評価!

次に、プロマネージの原材料と安全性についてです。

ここでは「室内犬用」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

ターキーミール、米、米粉、鶏脂、さとうもろこし、チキンミール、シュガービートパルプ、チキンエキス、サンフラワーオイル、家禽類、フラクトオリゴ糖、STPP(トリポリリン酸塩)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、BHA、BHT、クエン酸)
タンパク質 22.0%以上 灰分 9.0%以下
脂質 15.0%以上 水分 9.5%以下
粗繊維 2.5%以下 代謝エネルギー 375kcal/100g

まず結論から言うと、プロマネージは原材料についての明確な情報開示と、合成酸化防止剤を不要にしたらとても良いドッグフードになると思います。

調べていて不自然に感じたのは、これだけブランド力のあるドッグフードなのにも関わらず、原材料に関する情報が一切開示されていないことです。

どんな鶏の肉や家禽類が使われているのか?ビートパルプに薬剤は使っていないか?など、あまりにも肝心な情報が不足し過ぎてこれでは「良質」とは言うことはできません。

最近は穀物不使用タイプのプロマネージも出ましたが、原材料を覗いてみるとこちらにも「家禽類」といった曖昧な表示がありますね。

もともとアレルギー体質の犬にプロマネージを使用することはないと思いますが、少しでも疑わしい場合はなるべく使用を控えた方がいいかもしれません。

原材料が曖昧だと、もしも食物アレルギーを発症した時に原因をさらに特定しにくくさせてしまう恐れがあります。

プロマネージは、AAFCOの栄養基準をクリアした総合栄養食という点では優れています。

どちらかというと科学的に証明された栄養バランスを最優先するドッグフードであり、原材料の質や内容はそこまでこだわらないドッグフードといった感じだと私は思いました。

プロマネージはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 毛質・毛並みが気になる犬。
  • とくに食物アレルギーがない犬。
  • 穀物アレルギーがある犬(→グレインフリータイプ)。
  • 体重管理が必要な犬(→体重管理用)。
  • 室内で過ごすことが多い犬。
  • AAFCOの栄養基準をクリアした総合栄養食にこだわる人。
  • とくに合成酸化防止剤(BHA・BHT)の使用が気にならない人。
  • 犬種別に分かれているドッグフードを求めている人。

プロマネージドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

プロマネージドッグフードの良い口コミ

柴犬5歳 / オス
4.0
今までロイヤルカナンを与えていました。そろそろ飽きてきているように感じたのでこちらに変えた結果、おいしそうに毎回完食しています。うんちの臭いもロイヤルカナンより匂わないです。
パピヨン9歳 / メス
5.0
他のメーカにはパピヨン専用がないので助かります。毛づやにいい成分、骨格の栄養素が入っているのはありがたいですね。本犬も喜んで食べています。

プロマネージドッグフードの悪い口コミ

ミニチュア・ダックスフンド6歳 / オス
1.0
ダックス専用を買いました。このドッグフードを食べると下痢になるので、元のフードに戻したら下痢も収まりました。どうやら合わないようです。
チワワ8歳 / メス
1.0
ふだんロイヤルカナンを食べているチワワにあげてみました。しかしプロマネージは食べませんでした。試しにロイヤルカナンと混ぜましたが、プロマネージだけしっかり残します。うちのチワワには合わなかったみたいです。
トイ・プードル13歳 / オス
2.0
臭すぎてビックリです!あまりにも臭いからか、うちのワンコも食べませんでした。成犬用はあまり匂いが気にならなかったんだけどなぁ…。
雑種犬4歳 / オス
1.0
においがキツイ。臭過ぎてエサ入れのフタを開けるのも嫌になりました。とにかく吐き気を催すにおいです。もう買わないと思います。

プロマネージドッグフードの口コミ・評判まとめ

プロマネージの口コミを調査したところ、全体的に評判の良いドッグフードであることが分かりました。中でも柴犬、ミニチュア・ダックス、チワワ用の口コミが多いですね。

まず良い口コミでとくに多かったのは、「よく食べる」といった声。

私の友達も愛犬にプロマネージを利用していますが、毎回とてもおいしそうに食べてくれると言っていました。犬にとっては美味しいフードなのでしょう。

その一方で、やはりプロマネージのにおいについて言及している飼い主さんも結構多くいらっしゃいました。

あのにおいは本当に独特というか…ちょっとひどいと感じたので、せめてにおいだけでも何とか改善してもらえたら嬉しいですね。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 722円(800g)
1,245円(1.7kg)
2,751円(4kg)
730円(800g)
1,385円(1.7kg)
2,894円(4kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

どこでプロマネージを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

プロマネージドッグフードの価格がもっとも安いのはAmazon!

調査した結果、プロマネージの価格がもっとも安いのはAmazonであることが分かりました。公式サイトでの販売はありません。

ただ、プロマネージはペットショップやホームセンターでも購入できます。意外とそちらで買った方が安い場合もあるので、よく比較した上で購入されることをおすすめします。

プロマネージドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン プロマネージ(室内犬用)
主原料 チキン&サーモン53%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) ターキーミール・米・米粉
穀物 グレインフリー 米・米粉・さとうもろこし
タンパク質 28% 22%以上
脂質 12% 15%以上
代謝エネルギー
(100gあたり)
344kcal 375kcal
内容量 1.8kg 1.7kg
価格 3,564円 1,245円
当サイト評価 Sランク Dランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとプロマネージにはどのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、モグワンもプロマネージも同じ総合栄養食ですが、プロマネージはAAFCO(米国飼料検査官協会)が定める栄養基準を満たしているという特徴があります。

なので日本においても「総合栄養食」と表示されることが許されており、水とプロマネージさえあれば十分であるということが保証されています。

それに対し、モグワンはAAFCOの栄養基準を採用していません。これはモグワンに限らずですが、イギリスやドイツのペットフードはこの傾向にあります。

AAFCOは「これだけの栄養があれば犬や猫は健康でいられますよ」という政府機関が定めた栄養基準であって、そこに使われる食材や成分の品質等を保証するものではありません。

つまり、何を使っていてもAAFCOの定める基準をクリアしていれば「総合栄養食」と表記できるということです。

その方法をあまり好ましく思わない国やメーカーは、敢えて独自の基準で総合栄養食と同等の栄養素を満たしたペットフードを作り続けています。

そうすることで原料や調理方法にもこだわることができるので、結果的に犬にとって良い食事を提供することができると考えていることが理由にあります。モグワンもその1つです。

もちろん愛犬にとって良いフードというのは個々によって異なりますが、モグワンとプロマネージを比較される時はさらに深堀した上で決められた方が良いかもしれません。

プロマネージドッグフードの種類と特徴について

プロマネージのドッグフードは、大きく分けて「目的別」「犬種別」「年齢別」の3つのラインナップがあります。

目的別シリーズ

商品名 特徴
12ヶ月までの子犬用(パピー) 成長期にある子犬向けの商品。タンパク質31.5%以上、脂質20%以上、カロリー395ckal(100gあたり)と栄養価も高め。
室内犬用 口臭ケアと便臭ケアができる商品。タンパク質22%以上、脂質15%以上、カロリー375ckal(100gあたり)
美味しさにこだわる犬用 第一主原料にチキンを使って旨味をアップさせた商品。タンパク質24.5%以上、脂質14%以上、カロリー365ckal(100gあたり)
皮膚・毛づやをケアしたい犬用 アレルゲンになりにくい米とサーモンを主原料にして食物アレルギーに配慮。タンパク質22.5%以上、脂質13.5%以上、カロリー370ckal(100gあたり)
避妊・去勢している犬用 低脂肪&低カロリー設計。タンパク質22%以上、脂質8.5%以上、カロリー338ckal(100gあたり)
体重管理用 低脂肪&低カロリー設計で、関節ケアにいい緑イ貝を配合されている。タンパク質22%以上、脂質9%以上、カロリー344ckal(100gあたり)
グレインフリー 高タンパクレシピ 小粒 チキンの割合多くし、穀物の代わりにポテトやエンドウ豆を使用。タンパク質30%以上、脂質10%以上、カロリー345ckal(100gあたり)
グレインフリー 高タンパクレシピ 小粒 チキンの割合多くし、穀物の代わりにポテトやエンドウ豆を使用。タンパク質33%以上、脂質11%以上、カロリー350ckal(100gあたり)

犬種別シリーズ

商品名 特徴
ミニチュアダックスフンド 関節ケアと体重管理に配慮。
チワワ 骨格の健康をサポートし、胃腸と関節の健康維持にも配慮。
トイプードル 皮膚と被毛の健康維持に配慮。
柴犬 皮膚の健康維持のために、オメガ3脂肪酸を含む魚を使用。低アレルゲン性主原料。
シーズー 目と被毛の健康維持に配慮。低アレルゲン性主原料。
ヨークシャーテリア 皮膚・被毛・関節の健康維持に配慮。低アレルゲン性主原料。
パピヨン 骨格と関節の健康維持に配慮。
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 理想の体重を維持できるよう低脂肪設計。腰・関節・下部尿路の健康維持にも配慮。
フレンチブルドッグ 食物アレルギーに配慮し、アレルゲンとなりにくいチキン・ターキー・米を使用。
ミニチュアシュナウザー マグネシウム・カルシウム・リンなどのミネラル量を調整し、下部尿路の健康維持に配慮。
ゴールデンレトリバー 毛づやを美しく保つために、リノール酸が豊富なひまわり油などをブレンド配合。

年齢別シリーズ

商品名 特徴
7歳からの室内犬用 通常の「室内犬用」よりもやや低カロリー(350kcal/100g)。
7歳/11歳からのミニチュアダックスフンド専用 骨と筋肉、関節の健康維持に配慮している。
7歳からのチワワ専用 胃腸と関節の健康維持に配慮。心臓の機能をサポートするためにタウリンを強化。
7歳からのトイプードル専用 目の健康をサポートするためにブルーベリーを配合。皮膚と耳の健康維持にも配慮。
7歳からの柴犬専用 理想の体重を維持できるよう低脂肪・低カロリー設計。
7歳からのシーズー専用 食物アレルギーに配慮。目の健康をサポートするためのブルーベリーも配合。

プロマネージドッグフードのQ&A

プロマネージドッグフードの取扱店や販売店はどこ?

プロマネージは、ペットショップやホームセンターでも購入することが可能です。他にも、各通販サイトでも購入できますので、詳しくはプロマネージ公式サイトのオンラインでのご購入を参考にしてみて下さい。

プロマネージドッグフードにお試しサンプルはある?

プロマネージにお試しサンプルはありますが、どこで手に入るのかまでは分かりません。お近くのペットショップに問い合わせてみるといいでしょう。

プロマネージドッグフードとアイムスって同じ販売会社なの?

プロマネージとアイムスは、マースジャパンリミテッドが販売を手掛けるペットフードです。他にもシーザー、ペディグリーニュートロ、グリーニーズもマースジャパンリミテッドのブランドになります。

プロマネージドッグフードの基本情報

内容量 800g、1.7kg、4kg
※室内犬用の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 722円(800g)
1,245円(1.7kg)
2,751円(4kg)
※Amazon参考価格
販売会社 マースジャパン リミテッド
公式サイト http://www.promanage-pet.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る