158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ドクターズダイエットドッグフードの口コミや評判は?安全性も評価!

日本の犬猫に合わせて開発された動物病院専用プレミアムフード「ドクターズダイエット」。

ここでは、ドクターズダイエットの口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 3.5
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 4.5
コスパ 5.0
内容量 1.8kg、3.8kg
※体重管理の場合
価格 2,468円(1.8kg)
4,250円(3.8kg)
※Amazon参考価格
目的 療法食
タイプ ドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

当サイトは、ドクターズダイエットをCランクと評価しました。

動物病院専用のフードということで細かい情報の開示を控えているのか、ドクターズダイエットの中身に関する具体的な情報は見当たりませんでした。

見る限り決して悪い中身ではないと思いますが、原材料や製造工程についての情報が不足しているため当サイトではCランクと評価しています。なるべく有害な添加物を避けた療法食を探している場合は、ドクターズダイエットを検討してみるのもいいかもしれません。

実際にドクターズダイエットドッグフードを購入してみました!

ドクターズダイエットの中身を確認するべく、今回は「体重管理 肥満犬用」の1.8kgを購入してみました。

動物病院専用とありますが、通販サイトでも普通に買えてしまうようです。

↑パッケージの裏はこんな感じ、

次に、袋を開封してみましょう。

ドクターズダイエットにはちゃんとジッパーが付いています。

フードの匂いは全然嫌な匂いではなく、ちょっと甘めのスナック菓子といった感じ。思わず人も食べたくなるようないい香りです。

粒もふわりと軽めで、油っぽさがありません。

粒の大きさはわりと小粒なので、口の小さな犬や小型犬でも問題なく食べれそうです。

それでは次に、ドクターズダイエットの原材料と安全性について見ていきましょう。

ドクターズダイエットドッグフードの原材料と安全性について評価!

次に、ドクターズダイエットの原材料と安全性についてです。

ここでは「体重管理 肥満犬用」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

トウモロコシ、ポークミール、フィッシュミール、おから、コーングルテンミール、ウイートブラン、動物性油脂、セルロース、全卵粉末、チキンレバーパウダー、フラクトオリゴ糖、ビール酵母、ライスブラン、卵黄粉末(グロピゲンPG)、γ-リノレン酸、グルコサミン、セレン酵母、L-カルニチンフマル酸塩、マッシュルーム抽出物(シャンピニオンエキス)、アミノ酸類(メチオニン)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンC、ビタミンB12、塩化コリン)、ミネラル類(リン酸カルシウム、塩化カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、硫酸鉄、亜鉛アミノ酸複合体、炭酸亜鉛、炭酸マンガン、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
タンパク質 26.0%以上 粗灰分 8.0%以下
脂質 7.5%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 6.5%以下 代謝エネルギー 332kcal/100g

ドクターズダイエットは、商品に関しての情報量が非常に少ない療法食です。

ドクターズダイエットを取り扱う病院やショップはきちんと詳細を把握していると思いたいですが、あまりにも情報が不足していると購入を躊躇ってしまうのが正直な意見です。

これといって有害な化学合成物質が添加されていない点は好感を持てますが(製造工程の段階では分からない)、原材料の産地やグレード、加工方法など具体的な情報はほしいですね。

ただ、これは私も実際にフードの中身を触ったから分かることなのですが、ドクターズダイエットにはドライフードにありがちな油脂によるベトベト感はありません。

他社の療法食で独特のオイリー感が気になっている場合は、主治医に相談した上で、ドクターズダイエットを検討してみるのもいいでしょう。

原材料の産地までは分かりませんが、国内で製造してることは間違いないようです。

国産の療法食にこだわりたい場合も、ドクターズダイエットを候補に入れてみるといいかもしれませんね。

ドクターズダイエットはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 獣医師から療法食を使用するよう指示が出ている犬。
  • 他社の療法食からの切り替えを検討している人。
  • 有害な添加物が使われていない療法食を探している人。

ドクターズダイエットドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

ドクターズダイエットドッグフードの良い口コミ

ミニチュア・ダックスフンド9歳 / メス
5.0
体重管理を食べさせてから5ヶ月経過しましたが、なんと体重が4.2kgから3.9kgに減りました。あと、耳の汚れが少なくなったような気がします。
ペキニーズ5歳 / オス
4.0
これまでシュプレモのシニア犬用を長く食べさせていましたが、動物病院で勧められてこちらのシニア犬用に変えてみました。粒が軽くて
食べやすいようで、シュプレモよりも食が進んでいます。
便の調子もいいです。
ラブラドール・レトリバー8歳 / オス
5.0
動物病院の先生にすすめられて購入。今のところ便の調子が良く、以前食べていたフードよりも便臭も減ったような気がします。国産で無添加なので安心です。

ドクターズダイエットドッグフードの悪い口コミ

雑種犬3歳 / メス
2.0
試供品を食べさせた時は食いつきがとても良かったのですが、本商品はすぐに飽きてしまったようです。ドッグフード選びは本当に難しいですね。
柴犬13歳 / メス
1.0
動物病院の先生にすすめられてこちらのシニア犬用に切り替えてみましたが、うちの子には合わなかったようです。食べ慣れていないからかな?と思って様子見ましたが、やはりずっと軟便が続きました。
トイ・プードル8歳 / メス
2.0
粒が脂っぽくなくてとてもいい商品だとは思うのですが、やはりミートミールが気になります。公式HPにも詳細がないのでちょっと怖いかなと…。またドッグフード探しの旅に出ます。

ドクターズダイエットドッグフードの口コミ・評判まとめ

ドクターズダイエットの口コミを調査したところ、とても評判の良い療法食であることが分かりました。悪い評価はほとんどなかったように思います。

とくに多く見受けられた声は、「粒が軽くて食べやすそう」「油っぽくない」「体や便の調子がいい」といった声。

たしかにドクターズダイエットの粒はサクッと軽そうで、独特の油っぽさもありません。

どんだけ油脂を吹きかけたの?と思わず突っ込みたくなるような療法食を避けたい場合は、ドクターズダイエットのようにライトな療法食を視野に入れてみるのもいいでしょう。

ちなみに悪い口コミに関しては、「食いつきが悪い」等の声がチラホラあったくらいです。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 2,468円(1.8kg)
4,250円(3.8kg)
1,704円(1.8kg)
3,159円(3.8kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

どこでドクターズダイエットを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

ドクターズダイエットドッグフードの価格がもっとも安いのは楽天!

調査した結果、ドクターズダイエットの価格がもっとも安いのは楽天であることが分かりました。

ただし、ドクターズダイエットのような療法食は、事前に獣医師へ相談した上で使用することが大切です。

療法食を使う必要がないのに療法食を与え続けることは、愛犬の健康にも悪い影響を与え兼ねません。必ず定期的に専門家のアドバイスを受けた上で使用するようにしましょう。

ドクターズダイエットドッグフードの種類と特徴について

犬用のドクターズダイエットには、全部で6種類の療法食があります。

それぞれの特徴をざっくりと簡単にまとめてみました。

商品名 特徴
パピー 子犬の成長期に合わせて高栄養価になっている(タンパク質28.0%以上、脂質12.5%以上、代謝エネルギー362kcal/100g)。
シニア リンとナトリウムを低減し、栄養価はやや低めになっている。(タンパク質23.0%以上、脂質11.0%以上、代謝エネルギー359kcal/100g)
メインテナンス(pHエイド) フード中に含まれるミネラルのバランスを調整し、尿pHが6.2~6.4になるように設計されている。
体重管理 低脂質(脂質7.5%以上)・低カロリー(332kcal/100g)設計になっている。
皮毛管理 食物アレルギーに配慮してあり、タンパク源が米とチキン(純国産)に限定されている。
避妊・去勢 避妊・去勢後に体重を管理しやすいよう、低カロリー(339kcal/100g)設計になっている。

「ドクターズケア」と「ドクターズダイエット」の違いは?

「ドクターケア」と「ドクターズダイエット」の違いは、療法食かそうじゃないかの違いになります。

  • ドクターケア:治療目的
    既に何かしら疾患やトラブルがある場合に、獣医師の指導のもとで食べる療法食フード。一般的な犬は食べられない。
  • ドクターズダイエット:予防目的
    疾患やトラブルを予防したい場合に食べる準療法食フード。一般的な犬も食べられる。

ドクターケアのような療法食は、特定の疾患やトラブルに合わせて栄養成分や原料を細かく変えています。なので、健康な犬が食べることは好ましくありません。

むしろ栄養過多・不足になって健康を害する恐れがあるので、ドクターケアが必要だと感じた場合は必ずかかりつけの動物病院の先生に相談するようにして下さい。

ドクターズダイエットドッグフードのQ&A

ドクターズダイエットドッグフードの取扱店や販売店は?

ドクターズダイエットは、ペットフードも取り扱う専門オンラインショップや、Amazonや楽天などの大手通販会社での取り扱いがあります。

ドクターズダイエットのサンプルってある?

ドクターズダイエットにはサンプルもあるようなのですが、通販サイトなどでの販売は今のところないようです。取り扱いのある動物病院では、サンプルを配布しているところもあるそうですよ。

ドクターズダイエットドッグフードの基本情報

内容量 1.8kg、3.8kg
※体重管理用の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 2,468円(1.8kg)
4,250円(3.8kg)
※Amazon参考価格
販売会社 エランコジャパン株式会社
公式サイト https://www.elancopet.jp/petowner
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る