238商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ケイナイン・トリビュートドッグフードを愛犬に購入した私の口コミ評判!

犬用猫用のほか、うさぎや小動物などのフードを手がけるイースター株式会社。そのイースター株式会社から販売されているのが「ケイナイン・トリビュート」です。

国産鶏肉が主原料。合成保存料・合成着色料不使用で、添加物使用にも配慮されています。

そんなケイナイン・トリビュートには3種ありますが、その中で「チキン 小粒タイプ オールステージ」を購入し実物を見てみました。

ここでは、ケイナイン・トリビュートの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Fランクは【全238商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 3.6
栄養バランス 4.5
無添加 4.9
安全性 3.5
コスト 5.0
内容量 800g、2.4kg
価格(通常) 1,075円(800g)
2,428円(2.4kg)
※「チキン 小粒タイプ オールステージ」のAmazon参考価格
価格(定期)
価格/日 98円
価格/kg 1,012円
カロリー/100g 365kcal以上
目的 総合栄養食
主原材料 鶏肉、小麦粉、チキンミール、コーングルテンミール、コーングルテンフィード
タイプ ドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
  • ※価格は全て税込です。
    ※1日あたりの価格は一番安いプランの金額で算出
    ※1日あたりの価格は5kgの去勢済み成犬を例に算出
編集部からの評価

当サイトは、ケイナイン・トリビュートをCランクと評価しました。

安全とは言い難い添加物や曖昧な表記の原材料は見られず、工場の品質管理も徹底されているドッグフードです。

主原料に国産鶏肉を採用し、肉量の配合比を開示しています。この辺りは高く評価できる点です。

でも、残念なことに商品情報が非常に少ないと言わざるをえません。食材の産地や品質グレード、調理方法などがわかるのとわからないのとでは、安心感が違います。

細かい情報が不明なことが気にならず、不安になるような添加物・原材料を避けたいと考える飼い主さんに向いているでしょう。

\全部で3種類が購入できます/

実際にケイナイン・トリビュートドッグフードを購入してみました!

最初に、私が購入したケイナイン・トリビュートをレビューしていきます。今回選んだのは「チキン 小粒タイプ オールステージ」800gです。

裏面はこんな感じで、商品特徴や給餌量が書いてありました。原材料・栄養価などは側面です。

外袋を開封したのがこちら。ジッパーはありませんが、小袋の小分けになっています。

中の小分け袋を取り出してみました。今回は800gなので、200g×4袋です。2.4kgは800g×3袋です。消費量の少ないご家庭でも、このサイズであれば新鮮なうちに食べ切れるでしょう。

小分け袋からは、お肉の香りがふわっと漂いました。少し油っぽさもあるような香りです。

数粒手に出してみると、やや油のベタベタ感がありました。でも、そこまで違和感を持つほどではありません。

粒サイズを比較するため、1円玉硬貨と私がいつも愛犬に用意している「モグワン」を、ケイナイン・トリビュートとともに並べました。

円筒形のケイナイン・トリビュート。具体的なサイズは、直径約5〜7×厚さ4〜5mmほどでしょうか。モグワンに比べると、かなり小さく見えます。

これなら、超小型犬やシニア犬でも食べやすいサイズです。

\全部で3種類が購入できます/

ケイナイン・トリビュートドッグフードの原材料と安全性について評価!

次に、ケイナイン・トリビュートの原材料と安全性についてです。この項目では、私が購入した「チキン 小粒タイプ オールステージ」を例に挙げてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

ケイナイン・トリビュートには、特に危険な原料はありませんでした。

鶏肉、小麦粉、チキンミール、コーングルテンミール、コーングルテンフィード、動物性油脂(牛脂)、ビートパルプ、卵黄粉末、チキンレバーエキスパウダー、植物性油脂(菜種・大豆油)、精製魚油(DHA・EPA源)、植物抽出発酵エキス、オリゴ糖、月見草オイル(γ-リノレン酸源)、殺菌処理乳酸菌、パン酵母(セレン源)、ミネラル類(第二リン酸カルシウム、食塩、塩化カリウム、未焼成卵殻カルシウム、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、酸味料(クエン酸)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、パントテン酸、B2、A、C、B1、B6、葉酸、K、D3、B12、ビオチン)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-トリプトファン)
たんぱく質 29%以上 リン 1%以上
脂質 17%以上 ナトリウム 0.3%以上
粗繊維 4%以下 ビタミンA 10,000IU/kg以上
灰分 9.5%以下 ビタミンE 200IU/kg以上
水分 10%以下 代謝エネルギー 365kcal以上/100g
カルシウム 1.2%以上

ケイナイン・トリビュートを調査して良いなと感じたのは、安全とは言い難い添加物や曖昧な表記の原材料が見られない点です。

国産鶏肉が主原料というのも安心できます。さらに、肉量の配合比が記載されているのも特徴です(肉量とされている原材料は「鶏肉」「チキンミール」「チキンレバーエキスパウダー」)。

種類別に「オールステージ」40%以上・「インドアドッグ」28%以上・「アクティブシニア」32%以上となっています。

この価格帯のドッグフードに使われがちな「家禽肉」や「(詳細の書かれていない)動物性油脂」といったものもありませんでした。

原材料欄に関しては()書きで詳しく説明されているのも良い部分です。例えば「動物性油脂(牛脂)」といった具合に、どんなものかわかるよう配慮されています。

また、合成保存料・合成着色料不使用というのもプラスの要素です。不安になるような原材料は避けたいと考える飼い主さんにも合わせやすいといえます。

神様
それに、乳酸菌・オリゴ糖・DHA/EPA・月見草オイルは、全種類に配合されておるのじゃ。ここもメリットじゃな。

それと、本社・関西工場・都城工場・営業本部はISO9001:2015認証取得しているそう。品質管理においても引っかかるところはありませんでした。

こういった良い点はあるものの、商品情報がとても少ないと感じます。

見える部分に気になるところはないけど、一歩踏み込んだ部分はわからない。不明だから可もなく不可もないとしか言えないなという印象でした。

食の安全性を重視する私としては、食材の産地や品質グレードは知っておきたいです。遺伝子組み換え作物は使われているのか?調理法はどうなのか?など疑問がいくつも挙げられます。

細かい情報が気にならないならあまり問題ではありませんが、もう少し詳しい説明があれば安心感がプラスされるでしょう。

あと、アレルゲンとなりやすい「小麦粉」「コーン」が使われていました。食物アレルギーを意識したい場合は、他フードを検討することも視野に入れると良いと思います。

ケイナイン・トリビュートはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • これといって食物アレルギーの心配がない犬。
  • ビートパルプを摂取してもうんちが硬くなりにくい犬。
  • 国産にこだわりたい人。
  • 価格の安いドッグフードを探している人。

ケイナイン・トリビュートには、良いなと思えるところがいくつもありました。でも、不明点が複数見つかったのが残念です。

もう少し、商品の透明性に力を入れてくれたらなと感じました。

\全部で3種類が購入できます/

ケイナイン・トリビュートドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

それでは、ここからは実際にケイナイン・トリビュートを愛犬に食べさせている方たちの口コミをご紹介していきます。

ケイナイン・トリビュートドッグフードの良い口コミ

パピヨン3歳 / メス
4.5
うちの子はドライフードが苦手なほうですが、ケイナイン・トリビュートは食べてくれています。粒サイズが良いのかもしれません。他のフードよの時よりも、スムーズに食べているように見えます。またリピートする予定です。
雑種10歳 / オス
4.0
よく食べてくれるうえに、体調・ウンチも問題ありません。私からするとちょっとニオイは気になるのですが、愛犬にとっては良いようです。気持ち、タンパク質がもう少しあると良いかなと思います。
トイプードル9歳 / オス
4.5
一度ケイナイン・トリビュートを与えてからは、他を食べなくなるほど気に入ったようです。ケイナイン・トリビュートとそうでないのとでは、食べるスピードも勢いも全く違います。これからも続けていきたいフードです。

ケイナイン・トリビュートドッグフードの悪い口コミ

シーズー1歳 / オス
1.0
うちの子はほぼ食べませんでした。せっかく購入したのになとは思いますが、無理に食べさせることもできません。未開封の小分けは、近所の犬友達にあげようと思います。
シェルティー8歳 / オス
1.5
我が家の愛犬は気に入っているようでしたが、価格が高いので続けられません。もう少し安かったら考えます。
雑種2歳 / メス
1.0
お肉にこだわっている商品のようで、我が子の食いつきも良いです。でも、うちのごはん予算だとちょっと値段が高いですね。しかも、値上がりしたと思います。ちょっとメインとして与え続けるのは難しいです。他フードと半々にしています。

ケイナイン・トリビュートドッグフードの口コミ・評判まとめ

ケイナイン・トリビュートの口コミを調査したところ、良い内容・悪い内容どちらもあるドッグフードだと感じました。口コミ内容は「食いつき」「価格」関連のものが多い印象です。

最も多かったのは「よく食べる」「こちらなら食べる」といった声。これは、良い口コミ・悪い口コミどちらにもみられた内容で、嗜好性に満足している飼い主さんが多いようです。

悪い内容もちらほら見受けられ「食べない」「価格が高い」との声もありました。食べる・食べないの声が対立していましたが、全体数としては「食べる」が目立っています。

それと、価格に関しては人によって、感じ方が様々なのでなんとも言えません。ただ、他のドッグフードより「価格が高い」という口コミ件数は多いように思います。

値上げされたことも悪い口コミへと繋がったようですね。

ケイナイン・トリビュートには良い内容・悪い内容どちらもあり、一言で「こうだ」とは表しにくいですが、食いつきに満足している飼い主さんは多くいました。

\全部で3種類が購入できます/

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入
1,075円(800g)

2,428円(2.4kg)
839円(800g)

2,921円(2.4kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗によって異なる

どこでケイナイン・トリビュートを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

ケイナイン・トリビュートドッグフードの最安値は楽天!

ケイナイン・トリビュートの最安値を調査したところ、楽天の800gが一番だとわかりました。公式サイトでは通販を行っていません。

最安値は楽天でしたが、2.4kgの場合はAmazonの方が安いです。送料によっても変わるので、購入を検討するなら複数ショップを見てからが良いでしょう。

\全部で3種類が購入できます/

ケイナイン・トリビュートドッグフードの種類と特徴について!

犬用ケイナイン・トリビュートには、3つの種類があります。種類別の栄養価と特徴について、下記にまとめてみました。

商品名 タンパク質 脂質 代謝エネルギー
(100g中)
チキン
小粒タイプ
オール
ステージ
29%以上 17%以上 365kcal
以上
チキン
小粒タイプ
インドア
ドッグ
20%以上 8%以上 320kcal
以上
チキン
小粒タイプ
アクティブ
シニア
24%以上 11%以上 330kcal
以上

犬用ケイナイン・トリビュートは、全て総合栄養食のドッグフードです。小粒のみのラインナップとなります。

各々の肉量配合比は「オールステージ」40%以上・「インドアドッグ」28%以上・「アクティブシニア」32%以上です。

「オールステージ」の栄養価が最も高く「アクティブシニア」より「インドアドッグ」の方が低めの栄養価となります。

「インドアドッグ」はその名のとおり、室内でゆっくり過ごす犬向けですが、タンパク質・脂質ともにかなり低めです。この点は留意しておきましょう。

\全部で3種類が購入できます/

ケイナイン・トリビュートドッグフードのQ&A

ケイナイン・トリビュートには、犬用のほかに猫用もある?

厳密には名称が違いますが、猫用のシリーズもあります。猫用は「フィーライン・トリビュート」という名称です。

ケイナイン・トリビュートは子犬に与えられる?

今回私が購入した「チキン 小粒タイプ オールステージ」は、全年齢対応なので子犬にも与えられます。その他の種類は成犬用なので気をつけてください。

それと、離乳前は与えられません。この点もご留意くださいね。

ケイナイン・トリビュートドッグフードまとめ

ケイナイン・トリビュートのまとめ
  • 国産鶏肉が主原料で安心。
  • 肉量の配合比が種類ごとに記載されていて扱いやすい。
  • 合成保存料・合成着色料が不使用で、犬の体にとって優しい。
  • 健康維持サポートのため、乳酸菌・オリゴ糖・DHA/EPAなどを配合。
  • 小分け袋に分かれているため、新鮮な状態を維持しやすい。
  • 本社・都城工場などはISO9001:2015認証取得し、品質管理を徹底。
  • ビートパルプが体質に合わないなら注意が必要。
  • 細かい情報がほとんどなく、やや不安が残った。
  • 小麦粉やコーン使用のため、食物アレルギーが気になる場合は他の検討も重要。

ケイナイン・トリビュートの実物を手に取ってみて、曖昧な表記の原材料や不安を感じるような添加物が使われていないことには、好感が持てました。

国産鶏肉を主原料にしていたり、肉量の配合比が記載されていたりするのは良い部分です。それと、合成保存料・合成着色料不使用なのもプラスです。

健康維持サポートとして全種類に配合されているのが、乳酸菌・オリゴ糖・DHA/EPA・月見草オイル。これらを日々摂取できるのも魅力といえます。

神様
小分け袋なのも便利なポイントじゃ。新鮮な状態をキープできるのはメリットじゃな。

工場の品質管理も徹底されており、この価格帯の中では頑張っているなと感じました。良い点もあっただけに、細かい商品情報が薄かったことは残念でなりません。

私が知りたいなと思うのは、食材の産地や品質グレード、調理方法といった商品の基本情報です。商品の透明性が上がれば、かなり印象が変わるフードでしょう。

\全部で3種類が購入できます/

ケイナイン・トリビュートドッグフードの基本情報

内容量 800g、2.4kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,075円(800g)
2,428円(2.4kg)
※「チキン 小粒タイプ オールステージ」のAmazon参考価格
販売会社 イースター株式会社
公式サイト https://www.yeaster.co.jp
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で238商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全238商品】ドッグフードの総合ランキングを見る