185商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ビストロドッグフード口コミ評判は?原材料や商品の安全性も評価!

穀物不使用のグレインフリーで、食物アレルギーを意識している「ビストロ プレミアムディッシュ」。

家族のごはん」や「柴犬用」などで有名な、株式会社スマックが製造販売を手掛けるドッグフードです。

ここでは、そんなビストロ プレミアムディッシュの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Fランク
※S~Eランクは【全185商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 0.0
栄養バランス 0.0
無添加 0.0
安全性 1.0
コスパ 4.0
内容量 210g、700g
価格 286円(210g)
673円(700g)
※楽天参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 成犬用
原産国 日本
編集部からの評価

当サイトは、ビストロ プレミアムディッシュをFランクと評価しました。

ドライフードにトッピングがされている状態なので、手間なく愛犬が飽きないような工夫があるのは良い点です。安全性や衛生面を徹底しようとする姿勢も伝わりました。

ですが、全原料の産地や食材のグレード、油脂類の酸化防止方法など詳細不明な部分がいくつかあります。

また、曖昧な表記の原材料があったことも気になりました。同じ販売会社の「家族のごはん」と同様、情報がかなり少ないドッグフードです。

実際にビストロドッグフードを購入してみました!

ビストロ プレミアムディッシュの中身を確かめるべく、今回は「九州産ヘルシーささみ(210g)」を購入してみました。

他に「国産フリーズドライチーズ」「焼津産かつお厚削り」もあり全3種類です。

↑パッケージの裏はこんな感じで、原材料や給与量などわかりやすくまとめられています。

次に、袋を開封してみましょう。

ビストロ プレミアムディッシュは210gの容量でもジッパーがありました!700gのタイプは140gごとの小分けになっています。

無着色のため、中のフードは全て茶色です。ところどころにトッピングのささみが見えます。

フード粒をいくつか手に取り出してみました。香りはチキン系スナック菓子に近い感じで、やや強めかなといった印象です。

トッピングのささみは色・形状が違うため、パッと見てすぐにわかります。

続いて、粒のサイズはどの位か比較するため、1円玉硬貨と私がいつも飼い犬に与えているモグワン、そしてビストロ プレミアムディッシュを並べました。

ビストロ プレミアムディッシュの粒はかなり小さめで、直径約7〜8mmといったところ。モグワンよりもひとまわり小さいようです。

トッピングのささみはフード粒の直径と同じか小さい位でした。厚さもそこまでないので、口の小さな犬種にとって食べやすいでしょう。

ビストロドッグフードの原材料と安全性について評価!

次に、ビストロ プレミアムディッシュの原材料と安全性についてです。ここでは「九州産ヘルシーささみ」を評価してみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

肉類(チキンミール、ミートミール、ささみ、チキンレバーパウダー)、馬鈴薯でん粉、タピオカでん粉、フィッシュミール、油脂類(動物性油脂、植物性油脂、魚油)、ビール酵母、セルロース粉末、ミルクエキス、殺菌乳酸菌、酵母細胞壁、植物発酵抽出エキス、ミネラル類(カルシウム、リン、塩化ナトリウム、カリウム、亜鉛、鉄、銅、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、B12、パントテン酸、コリン)、アミノ酸類(メチオニン)
タンパク質 25.0%以上 灰分 9.0%以下
脂質 10.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 5.0%以下 代謝エネルギー 350kcal/100g

ビストロ プレミアムディッシュはフード粒だけではなく、九州産のささみをトッピングしており、愛犬が飽きないよう工夫されているのは良いなと思いました。

商品自体を見ていく前に、まずは株式会社スマックの公式サイトに記載されていた、フード作りに対する主な取り組みを以下にまとめました。

  • 原材料は原料規格書をもとに、サンプルと適合したもののみを使用。
  • 本社工場はISO9001:2015を取得している。
  • すべての商品は製造ロットごとに抜き取り、一定期間保管。

これらのことから、安全性や衛生面を徹底しようとする姿勢がうかがえます。最新の栄養学を研究し開発を行っているともあり、犬の健康を考えているのも伝わりました。

ただ、商品情報に不明な部分が多いなとは感じましたね。

ささみだけは九州産と記載があるものの、他原材料の生産地・食材のグレード・フードの加工方法・油脂類の酸化防止方法などは開示されていないのです。

ビストロ プレミアムディッシュだけではなく、株式会社スマック製品全般でそういった具体的な情報を開示していません。これでは、私も高く評価することはできないと感じます。

さらに、曖昧な表記の原料が複数あることも気になりました。ミートミールや動物性油脂という表記だけでは、どんな動物のどんな状態のものなのか詳細が不明です。

良好なドッグフードだと「副産物不使用」「〇〇ミールは乾燥させたお肉を粉末状にしたもの」などと説明があるのですが、ビストロ プレミアムディッシュにはありません。

せっかく、この価格帯にありがちな穀類でのカサ増しが見られないのに、曖昧な表記の原料があるのは残念です。

ちなみに、穀物不使用のグレインフリーですが「製造ラインでは、とうもろこし、小麦、大豆、米を使用した商品も製造しています」と記載がありました。

すでに穀物アレルギーを抱えている場合は注意してください。

ビストロ プレミアムディッシュはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • とにかくドッグフード価格を安く抑えたい人。

ビストロ プレミアムディッシュを調査してみて、飽きないようにする工夫や安全性・衛生面を徹底しようとする姿勢は良いなと思いました。

ですが、私がフードを選ぶ時に気にしているいくつかの部分が不明でした。そのため、毎日与えたいドッグフードとは言い難いのが私の意見です。

ビストロドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

ビストロドッグフードの良い口コミ

現在調査中。

ビストロドッグフードの悪い口コミ

現在調査中。

ビストロドッグフードの口コミ・評判まとめ

ビストロ プレミアムディッシュの評判を調査したのですが、通販サイトで購入する人が少ないのでしょうか?口コミがほぼありません。

口コミの件数が増え次第、追記していきたいと思います。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,020円(700g) 286円(210g)
673円(700g)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

どこでビストロ プレミアムディッシュを買うのがもっとも安いのか?公式サイトと大手通販サイトのAmazon・楽天を比較調査しました。

ビストロドッグフードの価格が安いのは楽天!

調査した結果、ビストロ プレミアムディッシュの価格がもっとも安いのは楽天であることがわかりました。公式サイトでの販売はありません。

送料を含めると金額が変わる場合が多かったので、損をしないためにも必ず複数ショップやホームセンターなどの店頭価格も確認するのがおすすめです。

ビストロドッグフードにはおいしさ保証制度がある!

ビストロ プレミアムディッシュには、おいしさ保証精度があります。

もしも愛犬が食べなかった場合は、初回購入1袋に限り、株式会社スマックが商品代金を定額小為替にて返金してくれる制度です。

詳しくは、パッケージの説明欄をご覧になるか株式会社スマックへ問い合わせてくださいね。

ビストロドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン ビストロ プレミアムディッシュ(九州産ヘルシーささみ)
原材料 チキン&サーモン56.5%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) 肉類(チキンミール、ミートミール、ささみ、チキンレバーパウダー)、馬鈴薯でん粉、タピオカでん粉
穀物 グレインフリー グレインフリー
タンパク質 27%以上 25%以上
脂質 10%以上 10%以上
代謝エネルギー
(100gあたり)
361.5kcal 350kcal
内容量 1.8kg 210g、700g
価格 3,920円 286円(210g)
673円(700g)
当サイト評価 Sランク Fランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとビストロ プレミアムディッシュには、どのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、モグワンとビストロ プレミアムディッシュの2つは、目指している方向性が違うのか特徴が大きく異なるなと感じましたね。

モグワンは、色々な種類の新鮮な食材をバランスよく配合し、着色料や香料も不使用で高い品質と高水準な安全性を重視しています。こだわりが多い分、価格も相応です。

一方でビストロ プレミアムディッシュは、食べ飽きしないようなトッピングや工場の衛生面に重きをおいているのが特徴だと思いました。リーズナブルな価格も実現しています。

こういった特徴から、両者ともそれぞれ重視している点や目指している方向性が違うといえるでしょう。

それと、モグワンにはビストロ プレミアムディッシュに使われているような曖昧な原料(ミートミールや動物性油脂など)が含まれていません。

主原料には素材の分かるお肉やお魚を使っているうえに、油脂も素材がハッキリしているので安心です。

ビストロ プレミアムディッシュは開示されていない部分がいくつかあったことも考えると、私はモグワンをおすすめしたいですね。

ビストロドッグフードの種類と特徴について

ビストロ プレミアムディッシュには全部で3種類のドッグフードがあります。それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

商品名 特徴
九州産ヘルシーささみ 九州産のささみがトッピングされたフード。210gと700gの2種類。
国産フリーズドライチーズ 国産のフリーズドライチーズがトッピングされたフード。210gと700gの2種類。
焼津産かつお厚削り 焼津産のかつお厚削りがトッピングされたフード。210gと700gの2種類。

いずれも粒+トッピングという構成、成犬用・グレインフリーなのは同じで、フードローテーションしやすいでしょう。

トッピングが異なるだけで、タンパク質・脂質・粗繊維・灰分・水分・カロリーはすべて同じです。

ビストロドッグフードのQ&A

ビストロドッグフードにお試しサンプルはある?

私が調査した限りでは、ビストロ プレミアムディッシュにお試しサンプルの取り扱いはないようです。

ただ、内容量210gは少なめなので、実質お試しサンプルとも言えます。まずはこちらから試されると良いでしょう。

ビストロドッグフードは子犬でも大丈夫?

ビストロ プレミアムディッシュは成犬用です。子犬には適していませんので、他のドッグフードを探された方が良いでしょう。

ビストロドッグフードまとめ

ビストロ プレミアムディッシュのまとめ
  • ドライフードにトッピングがされていて、飽きない工夫がある。
  • 原材料は原料規格書をもとに、サンプルと適合したもののみを使用して安全性を追求。
  • 穀物アレルギーを意識したグレインフリー。
  • 本社工場はISO9001:2015を取得し、衛生管理を徹底。
  • もしものために、すべての商品は製造ロットごとに抜き取り一定期間保管。
  • 同ブランド内に栄養成分が揃えられた3種類あり、ローテーションしやすい。
  • 他原材料の生産地・食材のグレード・油脂類の酸化防止方法などが不明で気になる。
  • 曖昧な表記の原材料が複数あったのは残念。
  • 肉類や穀類が体質に合わない場合は注意が必要。

ビストロ プレミアムディッシュを実際に購入してみて、手軽にトッピングが楽しめること、安全性や衛生面を重視していることには好感が持てました。

もしもの時のために、すべての商品は製造ロットごとに抜き取り一定期間保管していて、安全性を追求していることも伝わります。

神様
スーパーで取り扱われていることも多いため、買い忘れても手に入れやすいのは良いところじゃ。

良い部分もあるのですが、愛犬家の私としては商品情報が少ない点は気になりました。愛犬が口にするものは、できる限り詳細がわかるものを食べさせてあげたいと考えているからです。

ビストロ プレミアムディッシュは、九州産ささみ以外の原材料の生産地・食材のグレード・フードの加工方法・油脂類の酸化防止方法などが不明でした。

ミートミール・動物性油脂といった曖昧な表記の原料があったのも残念です。これらは詳細不明なだけではなく、食物アレルギーを発症した時にアレルゲンを特定しにくくもなります。

さらに、穀物不使用のグレインフリーであるものの、製造ラインではとうもろこしや小麦などが使われているとのことです。

そのため、今すでに肉類や穀類にアレルギーを抱えている犬は、慎重に原材料を確認した方が良いでしょう。

安全や衛生については詳細を記載しているのに対して、商品情報は少ないように感じます。もう少し詳細を具体的に開示してくれたら、フードのイメージが変わるなと思いました。

ビストロドッグフードの基本情報

内容量 210g、700g
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 286円(210g)
673円(700g)
※楽天参考価格
販売会社 株式会社スマック
公式サイト https://www.smack.co.jp

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で185商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全185商品】ドッグフードの総合ランキングを見る