158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

犬用ヒルズ「サイエンスダイエット・プロ」の口コミ評判や安全性は?

ヒルズ社の人気ペットフードと言えば「サイエンスダイエット」。

そのサイエンスダイエットよりも、個別の悩みに寄り沿っているのが「サイエンスダイエット・プロ」です。

今回は、サイエンスダイエット・プロの「毎日の活力維持機能 小型犬用 超小粒(1~6歳)」を購入し、どんな粒や香りなのか確認しました!(旧:【健康ガード 活力】小型犬用(1~6歳))

ここでは、そんなサイエンスダイエット・プロ(犬用)の原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 3.5
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.5
内容量 1.5kg
※毎日の活力維持機能 小型犬用 超小粒(1~6歳)の場合
価格 1,909円(1.5kg)
※楽天参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 成犬用
原産国 アメリカ
編集部からの評価

当サイトは、サイエンスダイエット・プロをCランクと評価しました。

サイエンスダイエット・プロは通常のサイエンスダイエット同様、品質や衛生管理がかなり徹底されているようです。

合成保存料や酸化防止剤(BHAやBHT)など、安全とは言い難い添加物も使われていません。

ただ、アレルゲンとなりやすい原材料の使用が目立つなと感じました。

栄養学的には非常に優れているフードですが、もともと食物アレルギーを発症しやすい犬へ使用するのは控えた方がいいでしょう。

実際に犬用サイエンスダイエット・プロを購入してみました!

サイエンスダイエット・プロの粒やフードの匂いなどを確かめるべく、今回は【健康ガード 活力】小型犬用(1~6歳)の600gを購入してみました。

現在はパッケージと名称が変更され「毎日の活力維持機能 小型犬用 超小粒(1~6歳)」となり、内容量1.5kgのみになっています。画像と違いますが、ご了承くださいね。

↑パッケージの裏はこんな感じ。

袋を開封してみましょう。

お!サイエンスダイエット・プロは、通常のサイエンスダイエットと違って小分け包装になっています。

こちらの商品は300g×2袋の小分けになっていました。現行の1.5kgの場合は500g×3袋です。

フードの消費が遅い家庭には嬉しい配慮ですね!

粒はこんな感じ。こちらも粒がかなり小さめです。

匂いも臭いと感じることはなく、油っぽさはそこまで酷く感じません。

1円玉と私が愛犬にいつも与えているモグワンを並べて、粒のサイズを比較してみました。

サイエンスダイエット・プロの大きさは直径約8~9mmといったところでしょうか。きっと日本で暮らす犬に合わせて、ヒルズ社は超小粒タイプも作ってくれたのかもしれません。

それでは次に、サイエンスダイエット・プロの原材料と安全性を見ていきましょう。

犬用サイエンスダイエット・プロの原材料と安全性について評価!

※画像は旧パッケージです

次に、サイエンス・ダイエットプロの原材料と安全性についてです。

ここでは毎日の活力維持機能 小型犬用 超小粒(1~6歳)の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

チキン、小麦、米、大豆、マイロ、動物性油脂、大麦、トウモロコシ、チキンエキス、ポークエキス、亜麻仁、植物性油脂、エンドウマメ、リンゴ、クランベリー、ニンジン、ブロッコリー、乳酸、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)、カルニチン
タンパク質 24.9% オメガ6脂肪酸 3.83%
脂質 16.4% オメガ3脂肪酸 0.66%
粗繊維 1.8% 代謝エネルギー 374.1kcal/100g
炭水化物 51.3%

サイエンスダイエット・プロも、商品によって原材料のラインナップや保証成分値がだいぶ異なります。

なので一概に「こうだ!」とは言えないのですが、サイエンスダイエットよりもアレルゲンとなりやすい原料(小麦、大豆、トウモロコシなど)の使用が目立つなと感じました。

もちろん、どんな食品とも相性がいい犬にとっては、サイエンスダイエット・プロも良好なドッグフードになるでしょう。気をつけなければいけないのは、アレルギー体質の犬です。

ちょっとここら辺で、サイエンスダイエット・プロの特徴を、以下にまとめたいと思います。

  • 最新の臨床栄養学に基づいた栄養バランス。
  • 厳しい品質基準を満たしたサプライヤーから素材を仕入れている。
  • 各原材料は生産プロセスから確認し、安全性の検査もしている。
  • 年に1度は、すべての製造施設を対象に品質監査を実施している。
  • 合成保存料や酸化防止剤(BHAやBHT)など不使用。
  • サイエンスダイエットよりも、より悩みに寄り添った内容。

原材料の産地や調理方法などの具体的な情報まで知ることはできませんが、素材の仕入れ先や工場の衛生管理はかなり徹底されているようです。

さらに、科学的根拠に基づいた栄養バランスであることも、きちんと証明されています。獣医師や栄養学にうるさい人が、ヒルズ社の製品をおすすめしたくなるのも当然のことでしょう。

サイエンスダイエット・プロは、今流行りのプレミアムドッグフードとは異なり、素材選びよりも栄養学にとことんこだわっている印象です。

たとえ、アレルゲンとなりやすい原材料を使ったとしても、結果的に栄養バランスが他より優れているのであれば、それはそれで犬のためになる!という考えを持っているのでしょう。

サイエンスダイエット・プロはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 免疫力の低下が気になる犬。
  • 関節の健康が気になる犬。
  • 毛並み・毛艶が悪い犬。
  • 小麦・トウモロコシ・大豆アレルギーがない犬。
  • 肥満気味な犬(→肥満傾向の犬用フードあり)。
  • 避妊・去勢後の愛犬の健康が気になる人。
  • 栄養学的に優れたドッグフードを探している人。
  • リーズナブルで比較的良好なドッグフードを探している人。
  • 安全とは言い難い添加物を含まないドッグフードを探している人。

素材のグレードや低アレルゲンかどうかにこだわる飼い主さんはあまり向かないものの、栄養学を重視するならおすすめできるドッグフードだと思います。

犬用サイエンスダイエット・プロの口コミや評判ってどうなの?

サイエンスダイエット・プロの口コミ・評判はどうなのかを確かめるため、愛犬に与えている飼い主さんの声を集めて以下にまとめました。

犬用サイエンスダイエット・プロの良い口コミ

ポメラニアン7歳 / メス
4-0 4.0
最近少し太ってきたので、健康ガードから体重管理に変えてみました。まだ食べさせてから日にちが経ってないのでわかりませんが、本人は相変わらずとても気に入って食べています。ただ、うんちの量が増えたような気がします。
トイ・プードル11歳 / オス
5.0
我が家のトイプードルが頻尿になり、動物病院で診てもらったところこちらのフード(腎臓・心臓)を勧められました。それ以来このフードにお世話になっています。おかげで頻尿も治り、毎日を元気に過ごしています。
パグ2歳 / オス
4.5
赤ちゃんの時からサイエンスダイエットプロです。通常のサイエンスダイエットもよく食べるのですが、免疫力のことを考えてプロを食べさせています。便臭がないし、毛艶もいいので助かってます。
ビション・フリーゼ9歳 / オス
4.5
シニア用とアダルト用を混ぜてふやかして与えています。美味しいのか、いつもものすごい食いつきで食べます。飽きないみたいです。
雑種犬13歳 / オス
5.0
少し体重が増えてしまったため、こちらのフードに切り替えてから2ヶ月。体重が1kg減りました。もっといいものをあげたいところだけど、予算の関係上サイエンスダイエットに落ち着こうと思います。

犬用サイエンスダイエット・プロの悪い口コミ

柴犬8歳 / オス
2.0
こちらの体重管理用を購入しました。あまりおいしくないのか食いつきが悪いです。あとこれを食べると、うんちが硬くなるし回数が増えます。とくに体重に変化が出たわけでもなかったので、今はもうあげていません。
パピヨン2歳 / オス
1.0
繊維質が多いのか、PROを食べさせるようになってからうんちの量がハンパないです。シートを取り替える回数も増えてしまったため、もうこちらは食べさせないことにしました。
ボーダー・コリー6歳 / メス
1.5
ロイヤルカナンから乗り換えました。こちらは粒が少し堅めなのか?小粒すぎるのか?とにかく食いつきが悪いです。
秋田犬10ヶ月 / メス
2.0
一週間は何の問題もなく食べていましたが、その後突然残すようになりました。ヒートからの食欲不振もあるんだと思うのですが…。でも代わりに用意したご飯はペロッと平らげます。つまりサイエンスダイエットだけ食べてくれません。ブリーダーパックを買って失敗しました。
雑種犬5歳 / メス
1.5
残念ながらアレルギーを誘発してしまいました。獣医師曰く、チキンか小麦が合わなかったのではないかと。内容はとても良いフードだと思うので残念です。

犬用サイエンスダイエット・プロの口コミ・評判まとめ

サイエンスダイエット・プロの口コミを調査したところ、通常のサイエンスダイエットよりも評価が高めだなと思いました。

良い口コミを見ると「食いつきが良くなっている」「悩みが好転してきている」などがあり、長期間愛用している人が多いようです。

悪い口コミは「うんちの量が増えた」「食べなかった」が目立ちました。でも、通常のサイエンスダイエットに比べて「うんちの量・回数が増えた」という件数は少ないなと思います。

ちなみに、私が見た限りだと「下痢や嘔吐を繰り返す」ような口コミはとくに見当たりません。

一部で「粒が変わった」「値上げし過ぎ」といった声もありましたが、リニューアルや価格変更は仕方ない部分でもありますね。

このように、合う合わないはあるものの、全体的に通常のサイエンスダイエットより評価が高めなドッグフードだと感じます。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 2,504円(1.5kg) 1,909円(1.5kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

どこでサイエンスダイエット・プロを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

犬用サイエンスダイエット・プロの価格は楽天が安い!

調査したところ、サイエンスダイエット・プロの価格がもっとも安いのは楽天であることがわかりました。公式サイトでは販売されていません。

どちらで購入した方がお得かは人によって異なりますので、ここはあくまでも商品価格のみの比較として参考にしていただければ幸いです。

犬用サイエンスダイエット・プロと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン サイエンスダイエット・プロ
毎日の活力維持機能 小型犬用 超小粒(1~6歳)
主原料 チキン&サーモン56.5%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) チキン、小麦、米
穀物 グレインフリー 小麦・米・大豆・マイロ・大麦・トウモロコシ
タンパク質 27%以上 24.9%
脂質 10%以上 16.4%
代謝エネルギー
(100gあたり)
361.5kcal 374.1kcal
内容量 1.8kg 1.5kg
価格 3,920円 1,909円
当サイト評価 Sランク Cランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとサイエンスダイエット・プロには、どのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、モグワンとサイエンスダイエット・プロは、特徴や性質が全く異なります。なので、一概にどちらが良いフードであると表現することはできません。

サイエンスダイエット・プロは、多くの専門家(獣医師や栄養学者)が直接開発に携わっているんです。そして、最新の栄養学に基づいた「栄養バランス」にこだわっています。

これはモグワンにはない強みで、犬の栄養学にこだわる人にとって、ヒルズ社のドッグフードは欠かすことのできない貴重な存在でしょう。

ですが、手作り食の代わりにもしやすいドッグフードが欲しい場合は、素材やお肉の量にこだわったモグワンのようなタイプが向いていると思いました。

どちらが良いかというのは、愛犬の体質や健康状態により異なります。違いをよく比較し愛犬に合ったドッグフードを選ばれることをおすすめします。

犬用「サイエンスダイエット」と「サイエンスダイエット・プロ」の違いは?

サイエンスダイエット」と「サイエンスダイエット・プロ」の違いは、原材料等を見てもいまいち違いがわからない人も多いと思います。

公式サイトによると、サイエンスダイエット・プロは通常のサイエンスダイエット以上に悩みや目的により寄り添った内容のシリーズになっているそうです。

サイエンスダイエット・プロに「避妊・去勢」「腎臓・心臓」「脳」「関節」など、あらゆる目的に合わせたドッグフードが多いのはこのためなんですね。

愛犬に何かしら気になる悩みが出てきた時は、サイエンスダイエット・プロへの切り替えを検討してみるといいかもしれません。

犬用サイエンスダイエット・プロの種類について

犬用のサイエンスダイエット・プロには、全部で13種類のドッグフードがあります。

通常のサイエンスダイエットと異なり、すべてドライフードです。

子犬用(パピー)/妊娠・授乳期の母犬用

  • 発育サポート機能 小粒(子犬12ヶ月まで/妊娠・授乳期)
  • 発育サポート機能 小型犬用 超小粒(子犬12ヶ月まで/妊娠・授乳期)

成犬用(アダルト)

  • 毎日の活力維持機能 小粒(1~6歳)
  • 毎日の活力維持機能 小型犬用 超小粒(1~6歳)
  • 皮膚サポート機能 小粒(1~6歳)
  • 体重管理機能 小粒(1~6歳)
  • 体重管理機能 小型犬用 超小粒(1~6歳)
  • 避妊・去勢後ケア機能 小型犬用 超小粒(避妊・去勢後~)

シニア犬・高齢犬用

  • 関節サポート機能 小粒(7歳以上)
  • 関節サポート機能 小型犬用 超小粒(7歳以上)
  • 腎臓・心臓サポート機能 小粒(7歳以上)
  • シニアトータルケア機能 中粒(7歳以上)
  • シニアトータルケア機能 小型犬用 超小粒(7歳以上)

以前「健康ガード 腎臓・心臓】小型犬用(7歳~)」がありましたが、2022年3月ごろに終売となりました。

犬用サイエンスダイエット・プロのQ&A

犬用サイエンスダイエット・プロの賞味期限は?

サイエンスダイエット・プロの賞味期限は、開封後1ヶ月~1ヶ月半が目安です。

合成保存料・防腐剤などを使用していないため、保管時は直射日光の当たらない涼しい場所に保管するようにしましょう。

犬用サイエンスダイエット・プロの返金保証って何?

サイエンスダイエットの返金保証(ヒルズ満足保証)は、万が一満足できなかった場合にヒルズ社が代金を返してくれる制度です。

サイエンスダイエット・プロを含む計3ブランドのヒルズ製品が対象となります。詳細は公式サイトを確認してください。

犬用サイエンスダイエット・プロ正規品の取扱店や販売店は?

サイエンスダイエットの正規品を購入できる店舗は、公式サイトの「取り扱い店検索」で検索をすることができます。

Amazonや楽天などの通販サイトで購入するなら、できるだけ「正規品」をおすすめします。

並行輸入品の全てが悪いとは言いませんが、もし何かトラブルがあった時にメーカーが保証してくれません。

犬用サイエンスダイエット・プロまとめ

サイエンスダイエット・プロのまとめ
  • 最新の臨床栄養学に基づいた栄養バランス。
  • 各原材料は生産プロセスから確認・検査を実施して品質維持。
  • 犬の健康にとって必要ない、合成保存料や酸化防止剤(BHAやBHT)など不使用。
  • 体質や好みに合わなかった場合、条件を満たせれば返金保証制度を利用できる。
  • 同ブランド内に悩み・犬種・年齢別など種類が豊富で犬の状態に合わせて選びやすい。
  • 原料の産地や調理方法などの具体的な情報までは開示されていない。
  • 食物アレルギーを発症しやすい犬へ使用するのは控えた方が無難。
  • 曖昧な表記である「動物性油脂」が含まれていて残念。

サイエンスダイエット・プロは、最新の臨床栄養学に基づいた栄養バランスに整えられており、安全面もしっかり対策しているのは良いなと感じました。

合成保存料や酸化防止剤など不使用というのも良い特徴ですね。犬の健康にとって必要ない添加物を避けやすいのもポイントです。

でも、原料の産地や調理方法についてはほとんど開示されていません。「動物性油脂」の曖昧な表記(どんな動物の脂か)なども開示してもらえば安心感も高まると思います。

神様
最近は原料の産地・グレード・調理方法などを開示しているドッグフードも増えてきておるぞ。

さらに気になる点としてはアレルゲンとなりやすい食材の使用が目立つことです。

愛犬が食物アレルギーとわかっていれば与えることはないと思いますが、もし不明な場合は控えるのが無難だと思います。

サイエンスダイエット・プロを与える際は愛犬の体調に変化がないか観察しながらゆっくり切り替えるのが良いでしょう。

犬用サイエンスダイエット・プロの基本情報

内容量 1.5kg
※毎日の活力維持機能 小型犬用 超小粒(1~6歳)の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,909円(1.5kg)
※楽天参考価格
日本総代理店 日本ヒルズ・コルゲート株式会社
公式サイト https://www.hills.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る