158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

キャネディドッグフードの口コミや評判はどう?商品の安全性も評価!

アメリカ生まれのドッグフード「キャネディ」。

キャネディは1袋あたり10kg以上の大袋で販売されているため、大型犬を飼っている家庭や多頭飼いをしている人に人気のあるドッグフードです。

ここでは、キャネディの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 3.5
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 4.5
コスパ 5.0
内容量 20kg
※ オールライフステージ マルチプロテイン 全年齢犬用の場合
価格 10,480円(20kg)
※楽天参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

当サイトは、キャネディをCランクと評価しました。

内容は決して悪くないドッグフードですが、公式サイトを確認しても原材料の産地や調理方法など具体的な情報が得られず非常に残念です。これだけ容量が大きくて価格が安いですから、一体どんなグレードの食材を使用しているのか気になりますね。

ただ、これといって疑わしい添加物は原材料に書かれていません。実際のところは正直分かりませんが、価格のわりには非確定良好なドッグフードと言えるでしょう。

キャネディドッグフードの原材料と安全性について評価!

まず初めに、キャネディの原材料と安全性についてです。

ここでは「オールライフステージ マルチプロテイン 全年齢犬用」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

チキンミール、ターキーミール、ラムミール、玄米、白米、米糠、エンドウ豆、ジャガイモ、オートミール、大麦粉、チキン脂肪、きび、乾燥トマト、天然香料、亜麻仁、オーシャンフィッシュミール、サーモンオイル、塩化コリン、塩、塩化カリウム、乾燥アルファルファミール、イヌリン、レシチン、セージエキス、クランベリー、β-カロチン、ローズマリーエキス、ヒマワリ油、ユッカシジゲラエキス、乾燥エンテロコッカスフェシウム発酵物、ラクトバチルス・アシドフィルス発酵物、乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵物、乾燥乳酸桿菌属プランタラム発酵物、乾燥トリコデルマロンギブラキアタム発酵エキス、ビタミン類(ビタミンE、チアミン硝酸塩、アスコルビン酸、ビタミンA、ビオチン、ナイアシン、カルシウムパントテン酸塩、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、リボフラビン、ビタミンD3、葉酸)、ミネラル類(鉄タンパク質化合物、亜鉛タンパク質化合物、銅タンパク質化合物、硫酸鉄(II)、硫酸亜鉛、硫酸銅、沃化カリウム、マンガンタンパク質化合物、マンガン(II)酸化物、硫酸マンガン、ナトリウム亜セレン酸塩)、混合トコフェロール、パパイヤ、パイナップル
粗タンパク質 24%以上 水分 10%以下
粗脂肪 14.5%以上 代謝エネルギー 360kcal/100g
粗繊維 4%以下

キャネディについて確認できた情報は、

  • テキサス州のブラウンウッドにある工場で製造している。
  • ミートミールはすべて正肉(リアル肉)を使用。
  • 穀物不耐性の犬に対応したグレインフリー商品もある。

といった内容です。

キャネディの公式サイト(英語版)もチェックしましたが、残念ながらより具体的な情報は得られませんでした。

原材料を見る限り、キャネディは決して変なドッグフードではないことは分かります。とくに疑わしい合成添加物も含まれていません。

穀物不耐性の犬に合わせてグレインフリーのタイプを開発したり、小麦やとうもろこしを敢えて使わないなど、キャネディなりにいろいろ工夫していることもよく分かります。

しかしながら、原材料や調理方法についての具体的な情報がありません。

また、キャネディのイメージビデオ(動画)が本当ならば、マスクもせず素手で商品(封を閉じる前の商品)を触っている工場のスタッフもいることになります。

キャネディは生産者の想いが非常に熱いことだけは分かるのですが、製品についての情報が薄すぎて残念です。

せっかく原材料の使い方にとてもこだわっているのですから、もっと安心できる具体的な情報を提供していただけたら嬉しいなと感じました。

キャネディはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 穀物が体質に合わない犬。
  • 小麦・とうもろこしアレルギーがある犬。
  • 大型犬を飼っている人。
  • 多頭飼いをしている人。
  • 大容量のドッグフードが必要な人。

キャネディドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

キャネディドッグフードの良い口コミ

現在調査中。

キャネディドッグフードの悪い口コミ

現在調査中。

キャネディドッグフードの口コミ・評判まとめ

キャネディの口コミを調査したところ、一般の飼い主さんによる評価や口コミを見つけることはできませんでした。見つけ次第、追記していきたいと思います。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 10,480円(20kg)
送料 無料

どこでキャネディを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

キャネディドッグフードは楽天で購入可能!

調査したところ、現在キャネディの正規品を購入できるのは楽天のみであることが分かりました。Amazonでは並行輸入品が混ざっているようです。

あとは、ペットフードの正規品を取り扱う「トムキャット」で直接購入することが可能です。

キャネディドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン キャネディ(オールライフステージ マルチプロテイン)
主原料 チキン&サーモン53%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) チキンミール・ターキーミール・ラムミール
穀物 グレインフリー 玄米・白米・米糠・オートミール・大麦粉
タンパク質 28% 24%以上
脂質 12% 14.5%
代謝エネルギー
(100gあたり)
344kcal 360kcal
内容量 1.8kg 20kg
価格 3,564円 10,480円
当サイト評価 Sランク Cランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとキャネディにはどのような違いがあるのかを比較してみました。

これはあくまでも私が考える基準ですが、原材料の質やトレーサビリティ、製造工場などあらゆる管理が徹底されているドッグフードならモグワンを、そこまで徹底されているのか不明でも問題ないのであればキャネディを…といった基準で選ばれるのも良いかと思います。

ただ、どんなドッグフードも愛犬の体質に合わなければ意味がありません。

私がここで「〇〇の方がおすすめ!」と言ったところですべての犬に適合するわけではありませんので、それぞれの違いをご自身でよく確認されることをおすすめします。

モグワンもキャネディもそれぞれ特徴やコンセプトが異なりますから、それぞれの違いをよく比較し、その上で愛犬に合ったフードを選んであげるといいでしょう。

キャネディドッグフードにはどんな種類があるの?

2020年2月現在、日本で購入できるキャネディの正規品を以下にまとめてみました。

  • オールライフステージ マルチプロテイン 全年齢犬用
  • ピュアリアルチキン レンズ豆&エンドウ豆 成犬用
  • ピュアリアルラム&エンドウ豆 成犬用
  • ピュアリアルサーモン&スイートポテト 成犬用

生産国であるアメリカではいろんなキャネディが販売されているようですが、やはり最近の日本では大容量のドッグフードは売れないのでしょう。

今のところ4種類のみとなります。

キャネディドッグフードのQ&A

キャネディドッグフードは販売終了してしまうの?

キャネディのドッグフードが日本で販売終了してしまうのかどうかについて、この辺りは当サイトで確認することができませんでした。ただ、キャネディジャパンの公式サイトが起動していないことを考えると、近い将来キャネディの輸入販売がストップしてしまう可能性は否めません。

キャネディドッグフードの基本情報

内容量 20kg
※オールライフステージ マルチプロテイン 全年齢犬用の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 10,480円(20kg)
※楽天参考価格
正規品販売店舗 トムキャット
公式サイト https://www.canidae.com/(英語)
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る