158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

アズミラドッグフードの口コミや評判はどう?商品の安全性も評価!

自然療法学博士・ホリスティック栄養学博士であるニューマン博士によって開発されたドッグフード「アズミラ」。

お肉には人間用の等級グレードAのものを使うなど、原材料の品質にもかなりこだわったアメリカ産のドッグフードです。

ここでは、そんなアズミラの原材料と安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 4.5
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.5
内容量 0.5kg、1kg、2.26kg、4kg、6.79kg
価格 1,210円(0.5kg)
2,300円(1kg)
4,500円(2.26kg)
7,160円(4kg)
11,540円(6.79kg)
※ライフスタイルドッグフォーミュラの場合
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード/ウェットフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

当サイトは、アズミラをBランクと評価しました。

アズミラにはこれといって不信な点はなく、すべて人間用の食品と同じグレードの原料を使用した良好なドッグフードです。原材料に使っている各原料の目的や誤解されやすいミートミールについてもきちんと解説されています。

ドライフードは全体的にライトな感じなので、必要に応じてウェットフードやお肉などをトッピングするなどして栄養バランスを調整されるといいでしょう。運動量の少ない犬にはとても合わせやすいフードです。

実際にアズミラドッグフードを購入してみました!

アズミラドライフードの匂いや粒の形を確かめるべく、今回はラム肉を使った「ライフスタイルドッグフォーミュラ」の500gを購入してみました。

アズミラのドライフードは、他にもターキーを使った「ラスティックフィーストドッグフォーミュラ」があります。

↑パッケージの裏はこんな感じ。

袋を開封してみましょう。

残念ながら、アズミラの500gには保存用のチャックが付いていませんでした。

少ない量なのですぐに消費できるとは思いますが、保管の際はしっかりと密閉しましょう。

粒はこんな感じ。思ったより大きいです。

匂いは穀物の香りがやや強めで、臭いと感じることはありません。油っこさもないです。

粒の大きさは直径約1.3cmといったところでしょうか。

ドーナッツ型なので噛みにくいといったことはあまりないかと思いますが、口の小さな犬には小さく砕くか、あるいは少しふやかしてから与えた方が良さそうです。

それでは次に、アズミラの原材料と安全性について見ていきましょう。

アズミラドッグフードの原材料と安全性について評価!

次に、アズミラの原材料と安全性についてです。

ここでは「ライフスタイルドッグフォーミュラ」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

ラムミール、全粒ひきわり玄米、全粒ひきわりソーガム、パールバーリー(丸麦)、脱果汁トマト(リコピンの供給源)、キャノーラオイル(ミックストコフェロールにて保存)、メンハーデンフィッシュミール、ナチュラルフレーバー(ラム肉由来)、アルファルファミール、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ビタミンA、D-パントテン酸カルシウム、ナイアシン(ビタミンB3)、ビオチン、リボフラビン、ビタミンK、ビタミンB12サプルメント、硝酸チアミン(ビタミンB1)、ビタミンD、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、葉酸)、ミネラル(炭酸カルシウム、酸化亜鉛、タンパク質化合亜鉛、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、亜セレン酸ナトリウム、タンパク質化合銅、タンパク質化合マンガン、ヨウ素酸カルシウム、炭酸コバルト)、塩化カリウム、ケルプミール、レシチン、ローズマリー抽出物、セージ、乾燥枯草菌発酵生産物質、乾燥麹菌醗酵生産物質、クエン酸
粗タンパク質 22%以上 水分 10%以下
粗脂肪 8%以上 粗灰分 9%以下
粗繊維 5%以下 代謝エネルギー 315Kcal/100g

アズミラに使われている原材料は、すべて人間用の食品と同じグレードのものです。

犬にとって有害となるような原料も思わず避けたくなるような添加物も含まれていないので、安心して利用できます。

まずはアズミラの特徴を簡単にまとめてみました。

  • 自然療法学博士・ホリスティック栄養学博士によって開発された。
  • 栄養学獣医師などの 第三者によってテストされている。
  • 穀物はUSDA認定一級のものを使用。
  • 人間用の等級グレードAの肉を使用。
  • 牛肉はアメリカ中西部の肉に限定し、筋肉の肉のみ使用。
  • ラム&バーレイ缶詰のラム肉はニュージーランド産。
  • 遺伝子組み換え穀物不使用。
  • 副産物、ダイジェストミール、不明瞭なプロテインミール不使用。
  • カプセルは人間用の医薬品グレードのものを使用。
  • 合成保存料・防腐剤・着色料・香料不使用。
  • 砂糖・イースト・小麦グルテン不使用。
  • 石油由来のものは不使用。

アズミラでは、消費者が不安感じやすいミートミールや牛肉について具体的に内容を開示しています。

ラム肉はアメリカ国内で質の良いものを確保が難しいのでしょう。食の安全性が世界一厳しいと言われるニュージーランドから仕入れたものを使用しているようです。

そして、アズミラはAAFCO栄養基準に適合した総合栄養食です。

アズミラと新鮮な水さえあれば必要な栄養素を補えるドッグフードですが、全体的にライトな仕上がりなので必要に応じてお肉などをプラスするといいでしょう。

どちらかというと運動量が少なめの犬や代謝率が低下したシニア犬などに向いているので、活動量の多い成犬にはちょっと一工夫してあげるとバランスがとれていいかもしれません。

もしもアズミラのウェットフードを併用する場合は、ドライフードを少し減らし(カロリー過多にならないよう)、そのうえにウェットフードをトッピングしてあげましょう。

アズミラはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 活力がない犬。
  • 毛並み・毛艶が悪い犬。
  • 室内で過ごすことの多い犬。
  • 代謝率が下がってきたシニア犬。
  • 体重が増えやすい犬。
  • 愛犬に変な原料が入ったドッグフードを食べさせたくない人。
  • トッピングご飯に適したフードを探している人。
  • タンパク質や脂質が控えめなフードを探している人。

アズミラドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

アズミラドッグフードの良い口コミ

ゴールデン・レトリバー4歳 / メス
4.0
アズミラにしてからお腹を壊すことがなくなりました。これまでのドッグフードは下痢をしてしまう傾向にありましたが、今では理想的なうんちをするほどです。アメリカ産っていうところに正直引っかかりますが、アズミラなら信用しても大丈夫かな?と思えます。
ボーダー・コリー8歳 / メス
5.0
もうかれこれ5年ほどアズミラを食べさせています。アズミラは脂質が少なく、ドッグフード独特のにおいもしないので与えやすいです。室内で排泄をしても、尿や便のいやな臭いが残りません。それくらいアズミラの原材料はいいものを使っているんだと思います。
トイ・プードル9歳 / オス
4.0
うちのトイプーはもう9歳になりますが、アズミラのおかげもあってか病気ひとつしません。涙やけやアレルギーとも無縁で元気に過ごしています。血液検査でも肝臓や腎臓の数値が正常でした。長生きしてほしいのでアズミラ以外は考えられないけど、値上がりだけはしないでほしい。
雑種犬6歳
/ メス
5.0
安全な商品だと思います。朝だけトッピングして出していますが、本当によく食べてくれています。変な匂いや油っこさもありません。便の調子が良いので続けていきたいと思います。
ミニチュア・ダックスフンド7歳 / メス
5.0
我が家の愛犬の定番フードです。カロリー控えめで、太りやすい愛犬もこれにしてから体重が落ち着いています。美味しそうな匂いがしますし、食いつきもいいので私も気に入っています。

アズミラドッグフードの悪い口コミ

チワワ6歳 / メス
3.0
アズミラで涙やけが改善したとという口コミがたくさんあったので、我が家のチワワにも与え続けてみました。全然良くなりません。でも便の状態がいいので、いい商品なんだと思います。他のドッグフードに切り替えようか検討中です。
フレンチ・ブルドッグ5歳 / オス
2.0
アズミラは給与量がやや少ないため、毎回不満そうな顔をされました。挙句の果てに体重が落ちる結果に。太るよりかはマシかと思っていたのですが、あまりにも落ちてしまったためアズミラはもうやめました。給与量を増やすくらいなら、もうちょっと栄養あるドッグフードの方がうちの子には合ってます。
雑種犬4歳 / オス
3.0
評判がいいので購入してみました。食べやすい形状でいい商品だと思うのですがうちの子にはあわなかったです。残念です。
ポメラニアン3歳 / メス
1.0
保存方法に困る。開封後は袋が空きっぱなしになるので、きちんと密閉できる袋にしてほしいです。しかもアズミラにしたら食糞をするようになり、ちょっと困ってます。それだけいい餌なんでしょうけど、目を離せなくなりました。
パピヨン11歳 / メス
3.0
うちの子には少し粒が大きいため、毎回ふやかして与えています。もっと小粒タイプがあると嬉しい。

アズミラドッグフードの口コミ・評判まとめ

アズミラの口コミを調査したところ、全体的にとても評判のいいドッグフードであることが分かりました。ネガティブな声はほとんどなかったです。

とくに多かったのが「低カロリーで助かる」「体の調子も良さそう」といった声。アズミラはカロリーが低めなので、体重が増えやすい犬にも結構人気があるようです。

悪い口コミに関しては、「体質に合わない」「食いつきが悪い」といった声が多かった印象ですね。低カロリーがゆえに、「痩せてしまった」という口コミもありました。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,330円(0.5kg)
2,530円(1kg)
4,950円(2.26kg)
7,876円(4kg)
12,694円(6.79kg)
1,330円(0.5kg)
2,530円(1kg)
4,950円(2.26kg)
7,876円(4kg)
12,694円(6.79kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

どこでアズミラを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

アズミラドッグフードの価格はAmazonも楽天も同じ!

調査した結果、アズミラの価格はAmazonも楽天も同じであることが分かりました。公式サイトでの販売はありません。

ちなみに、Amazonと楽天では正規輸入品よりもちょっと安い並行輸入品のアズミラも販売されています。

並行輸入品の場合は、製品や品質に何か問題があっても正規輸入元である「株式会社アズミラジャパン」は一切保証してくれません。

アズミラジャパンが対応してくれるのは正規輸入品のみなので、並行輸入品はすべて自己責任と理解した上で購入するようにしましょう。

アズミラドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン アズミラ(ライフスタイルドッグフォーミュラ)
主原料 チキン&サーモン53%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) ラムミール・全粒ひきわり玄米・全粒ひきわりソーガム
穀物 グレインフリー 全粒ひきわり玄米・全粒ひきわりソーガム・パールバーリー(丸麦)
タンパク質 28% 22%以上
脂質 12% 8%以上
代謝エネルギー(100gあたり) 344kcal 315kcal
内容量 1.8kg 1kg
価格 3,564円 2,530円
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとアズミラにはどのような違いがあるのかを比較してみました。

モグワンもアズミラも、どちらも原材料の質と安全性にこだわった良好なドッグフードです。どちらも安心して犬に食べさせることができます。

ただ、原材料のラインナップや栄養バランスに結構大きな違いがあるので、これに関しては今の愛犬の健康状態やライフスタイルとよく照らし合わせて判断することが大切です。

使い分けをざっくりと述べるならば、運動量が多い犬や穀物アレルギーがある犬にはモグワンを、低カロリー食が必要な犬にはアズミラを選ばれると良いかと思います。

モグワンは動物性原料の割合も多く、タンパク質も脂質もアズミラより高めです。どちらかというと活動犬向きですね。

今の愛犬にモグワンのようなフードが合わない場合は、アズミラのようなライトなドッグフードを選んであげるといいかもしれません。

アズミラのサプリメントは使った方がいいの?

アズミラにはいろんな種類のサプリメントがあります。その種類は、ビタミンやミネラルといった基本的なものから、ハーブ系、乳酸菌、アミノ酸などさまざま。

基本的には、犬にサプリメントを与える必要はありません。

ちゃんと栄養のある良質な食事さえ与えていれば、敢えてサプリメントを別に摂取する必要はないとされています。

アズミラのようなサプリメントが必要となるのは、ふだんの食事では明らかに栄養が足りない、あるいは何らかの疾患や体調不良を抱えて特定の栄養素が必要になったという場合。

サプリメントはあくまでも栄養補助食品ですから、できるだけメインとなる食事で必要な栄養素を補えるようにしておきたいものです。

アズミラドッグフードの種類と特徴について

アズミラの犬用ペットフードには、ドライフード缶詰の2タイプがあります。

さらに細かく分けると全部で5種類の商品があるため、それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

犬用ドライフード

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
ライフスタイルドッグフォーミュラ 22%以上 8%以上 315kcal
ラスティックフィーストドッグフォーミュラ 22%以上 8%以上 325kcal

アズミラの犬用ドライフードは2種類で、主要タンパク源にラムミールを使っているかターキーミールを使っているかの違いです。

どちらも愛犬の体と相性が良ければ、カロリーもほとんど変わらないので交互に使ってみるのもいいでしょう。

犬用缶詰

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
ビーフ&チキン 10%以上 6%以上 123kcal
ラム&バーレイ 10%以上 5%以上 132.4kcal
オーシャンフィッシュ 10%以上 5%以上 108.2kcal

アズミラの缶詰は、AAFCOの栄養基準に適合した総合栄養食です。

単独で使用しても問題のないウェットフードですが、手作り食のタンパク源やドライフードのトッピング用としても適しています。

ドライフードにトッピングする際は、ドライフードの給餌量を少し減らしてカロリーを調整してあげましょう。

アズミラドッグフードのQ&A

アズミラドッグフードの賞味期限はどのくらい?

アズミラの賞味期限は、未開封で製造年月日から7ヶ月です。メーカーのテストで2年間ほど劣化が進まないことが証明されているようですが、念のため7ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

アズミラドッグフード正規品の取扱店はどこ?

アズミラの正規品取り扱い店は、アズミラ公式サイトにある「アズミラ取扱店」で確認することができます。

イオンペットなど大型ペットショップでの取り扱いはなく、専門的なペットショップや一部の動物病院で販売されているようです。

アズミラドッグフードの基本情報

内容量 0.5kg、1kg、2.26kg、4kg、6.79kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,210円(0.5kg)
2,300円(1kg)
4,500円(2.26kg)
7,160円(4kg)
11,540円(6.79kg)
※ライフスタイルドッグフォーミュラの場合
日本正規輸入元 株式会社アズミラジャパン
日本正規発売元 有限会社パピヨン
公式サイト https://azmira-japan.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る