158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ジウィピークドッグフードの口コミ評判は?原材料や安全性も評価!

自然豊かなニュージーランドで育まれた家畜肉や魚介類を使った高級ドッグフード「ジウィピーク」

愛犬に「肉食を中心とした食事を与えたい」と考える飼い主さんから、とても人気があるんです。ドッグフードそのものに抵抗のある飼い主さんからも、高い評価を受けています。

ここでは、そんなジウィピークの原材料や安全性の評価、口コミ評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 5.0
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 2.0
内容量 454g、1kg、2.5kg、4kg
※エアドライ・ドッグフード ラムの場合
価格 4,226円(454g)
7,041円(1kg)
16,632円(2.5kg)
25,898円(4kg)
※楽天参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード(エアドライ製法)
対応年齢 全年齢対応
原産国 ニュージーランド
編集部からの評価

当サイトは、ジウィピークをAランクと評価しました。

ジウィピークは動物性原料の割合が高いのが特徴です。最近こういったタイプを好まない人も増えましたが、犬の食性を大事にしたい人には最高のドッグフードでしょう。

余計な原料は一切入っていませんし、エアドライ製法を取り入れることで食材本来の栄養素と旨味がしっかり残されています。

本当に良い原料のみを使って製法にもこだわるからこそ価格は高めですが、できる限り自然食に近いご飯を与えたいと考えるならピッタリのドッグフードです。

手作り食が作れない日の代用食にも向いています。

ジウィピークドッグフードの原材料と安全性について評価!

まず初めに、ジウィピークの原材料と安全性についてです。ここでは、エアドライ・ドッグフードの「ラム」を評価してみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。ジウィピークには、特に危険な原料はありませんでした。

生肉・内臓・魚介類96%(ラム生肉、ラムハート生肉、ラムトライプ生肉、ラムレバー生肉、ラムキドニー生肉、ラムラング生肉、ニュージーランド緑イ貝、ラムボーン)、レシチン、イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草、ミネラル類(リン酸二カリウム、硫酸マグネシウム、亜鉛アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、鉄アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、セレン酵母)、海塩、パセリ、酸化防止剤(クエン酸、天然ミックストコフェロール/ビタミンE)、ビタミン類(E、チアミン硝酸塩、D3、葉酸)
粗タンパク質 35.0%以上 12.0%以下
粗脂肪 33.0%以上 コンドロイチン硫酸 1300mg/kg以上
粗繊維 2.0%以下 代謝エネルギー 560kcal/100g
水分 14.0%以下

ジウィピークの「エアドライ・ドッグフード」シリーズの特徴として、原材料の約9割に生肉・内臓・魚介類が使われています。つまり、ほぼ動物性原料から作られているのです。

他のエアドライ・ドッグフードとの比較はこの記事の後半で解説しますが、どれも食材本来の栄養素がギュッと詰まっています。シリーズのほとんどが高栄養価の仕上がりです。

ご飯をまともに食べれない犬、高栄養価の食事を必要とする犬などにジウィピークを利用してみるのもいいでしょう。

ただし、ジャーキー並みにカロリーも高いのがジウィピークのエアドライ・ドッグフードです。給餌量をきちんと調整しないと、あっという間に肥満を招くので注意しましょう。

ジウィピークと他メーカーのドライフードは、製法も原材料の使い方もまったく異なります。一般的なドライフードと同じ感覚でご飯を与えないことが大切です。

ちなみに、ジウィピーク製品はすべて「穀類・イモ類・砂糖・塩・グリセリン・防腐剤・着色料・合成保存料・エトキシン・BHA・BHT」などが使用されていません。

遺伝子組み換え作物も中国産原料も不使用で、材料はすべてトレーサビリティが徹底されたニュージーランド産の食材が使われています。

ニュージーランドは、自然保護や食の安全に対する意識が高い国です。ペットフードも「人間用の食品と同じくらい安全でなければならない」と考えられているんですね。

世界でもっとも厳しい食品安全管理体制をとっている国のペットフードだからこそ、ジウィピークは安心して愛犬に与えられる商品だと私は感じています。

ジウィピークはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 高栄養価の食事を必要としている犬。
  • 1日の運動量が多く活動的な犬。
  • 消化器官があまり丈夫ではない犬。
  • 涙やけや毛質が気になる犬。
  • 「犬にはできるだけ肉食を」と考えている人。
  • 食の安全に厳しい国で作られたドッグフードを求めている人。
  • ドッグフードにお金をかけられる人。
  • 週に数回は肉食を取り入れてあげたいと考えている人。

気になるような添加物がなく、品質や安全性にもこだわっているジウィピークはとても信頼できる商品だなと思いました。

上記に当てはまる場合は、ジウィピークを取り入れても良いでしょう。

ジウィピークドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

ジウィピークを愛犬に与えている飼い主さんの感想を「良い口コミ」「悪い口コミ」に分けてご紹介します。

ジウィピークドッグフードの良い口コミ

パグ8歳 / オス
4.0
ふだんは消化器をサポートする療法食を与えているのですが、食べムラがあって残す日もしばしば。そこで友人に教えられたこちらの商品をトッピングするようになったら、毎回残さず療法食を食べてくれるようになりました。お値段は高いけど、愛犬が喜んでくれるのでこれからも続けようと思います。
ラブラドール・レトリバー5歳 / メス
4.0
メイン食にするには厳しい価格ですが、トッピングやローテーションの1つとして活用するには最高のドッグフードだと思います。
チワワ8歳 / オス
5.0
好き嫌いが激しいうちのチワワですが、ziwipeakを出してみたらものすごく喜んで食べてくれました。飽きるかなぁ?と思って毎日続けてみましたが、全く飽きる気配ありません(笑)相当気に入ったようです。人間の私でも食べたいと思うようないい香りです。
柴犬4歳 / オス
4.5
こちらのラムを利用しています。皮膚アレルギーなどに悩まされることもなく、毎日とても健康に過ごしています。ジウィピークはすごくいい商品なんですけど、なんせ価格が高い!主食にするには無理があるので、現在は他のドッグフードのトッピング用として利用しています。
雑種犬6歳 / メス
5.0
我が家ではジウィピークのビーフとベニソンを交互に購入しています。こちらを与えるようになってから筋肉の付きがだいぶ変ってきたようで、体のバランスが良くなりました。走る機会も増え、食べる物でこんなに変わるんだと驚かされたくらいです。これからもずっと続けていきます。

ジウィピークドッグフードの悪い口コミ

マルチーズ8歳 / メス
1.5
ジウィピークを与えるとなぜかウンチが緩くなります。ふだん食べさせているドッグフードの時はそんなことないのですが、ジウィピークをプラスすると軟便気味になります。消化が良すぎるのかなぁ?
ゴールデン・レトリーバー3歳 / オス
2.5
大型犬には厳しい価格ですが、安心してあげられるドッグフードです。なので我が家ではおやつとして与えています。お肉の割合から考えるとこれくらいの価格になるのは仕方ないと思いますが、主食として与え続けるのはまず無理ですね。
雑種犬5歳 / メス
3.0
値段が高いのでトッピングとおやつにあげています。
チワワ10歳 / オス
2.0
今まで他メーカーのベニソンドッグフードを与えていましたが、廃盤を機にこちらを購入してみました。我が家のチワワには食べづらいのか、最初ほどよく食べてくれません。良い商品だけにうちの犬に合わなくて残念です。
フレンチ・ブルドッグ7歳 / メス
2.5
始めは食いつきよかったのですが、途中から飽きたのか?食いつきが悪くなってしまいました。

ジウィピークドッグフードの口コミ・評判まとめ

ジウィピークの口コミは全体的に高評価です。

「価格が高め…」という声も目立ちましたが「食いつきがいい」「これをトッピングするとご飯をよく食べてくれる」といった好意的な口コミがとても多かったです。

ただ、これだけ質の良いエアドライ・ドッグフードでも、体質に合わない犬もいるようでした。

「食べたら下痢をしてしまった」「途中から食いつきが悪くなってしまった」という声もあちらこちらにあります。

犬にとって、お肉が多ければ良いというわけでもありません。体質によっては、お肉類の含有量が少なめのドッグフードの方が合う犬も少なくないのでしょう。

あと、ジウィピークのエアドライ・ドッグフードの口コミを見ていてわかったのは、価格が高いだけにトッピングやおやつ用として利用している人が多いということ。

ヘタなおやつを与えるよりも「ジウィピークなら製品そのものが安全」という理由でおやつに利用している人もいるようです。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 4,057円(454g)
―(1kg)
14,815円(2.5kg)
25,897円(4kg)
4,226円(454g)
7,041円(1kg)
16,632円(2.5kg)
25,898円(4kg)
送料 無料 無料

どこでジウィピークのエアドライ・ドッグフードを買うのがもっとも安いのか?公式サイトと大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

ジウィピークドッグフードの価格がもっとも安いのはAmazon!

調査した結果、ジウィピークの価格がもっとも安いのはAmazonであることがわかりました(ここではエアドライ・ドッグフードの「ラム」を比較しています)。

公式サイトでは通販が行われていません。

しかし、Amazonでのジウィピークの品揃えはあまり良くありません。種類によっては全サイズ揃っていないものもあるので、購入する際は楽天とよく比較されることをおすすめします。

また、Amazonにあるジウィピークの口コミでは「違うものが届いた」「猫用のシールが貼ってあった」などの声もあり、何かとトラブルが多いように感じました。

安全にジウィピークを購入したいなら、多少高くても管理が行き届いている他の通販サイトを利用することも、視野に入れておいた方がいいかもしれません。

ジウィピークドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン ジウィピーク(エアドライ・ドッグフード「ラム」)
主原料 チキン&サーモン56.5%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) ラム生肉・ラム内臓・魚介類96%
穀物 グレインフリー グレインフリー
タンパク質 27%以上 35%以上
脂質 10%以上 33%以上
代謝エネルギー(100gあたり) 361.5kcal 560kcal
内容量 1.8kg 454g、1kg、2.5kg、4kg
価格 3,920円 4,226円(454g)
7,041円(1kg)
16,632円(2.5kg)
25,898円(4kg)
当サイト評価 Sランク Aランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとジウィピークには、どのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、モグワンもジウィピークもフードのタイプが異なります。なので「〇〇の方がおすすめ!」「〇〇の方がいいよ!」といった比較をすることはできません。

大きな違いをザックリと述べるなら、ジウィピークはモグワンよりも動物性原料が圧倒的に多いです。しかも、より生肉食に近い仕上がりとなっています。

その分ジウィピークは、お値段も栄養価も高いです。

でも、愛犬に肉食をさせてあげたいと考える人や栄養価の高い食事を必要としている犬には、モグワンよりもジウィピークの方が役立つのではないかと思います。

逆に、肉類の量を控えめにしたいと考える人やガッツリ肉食が体質に合わない犬には、モグワンのような一般的なドライフードが適しているでしょう。

もしくは、普段食べさせているドライフードや手作り食のトッピングにジウィピークを利用してみるのもいいかもしれませんね。

ジウィピークドッグフードの給餌量や与え方について

ジウィピークのエアドライ・ドッグフードは、通常のフードよりも栄養が高いです。そのため、一般的なドライフードと同じような給餌量でご飯を与えてはいけません。

参考までに、ジウィピークの公式サイトに書かれている「ラム」の給餌量を以下に抜粋してみました。

体重 1日の給餌量
(運動量少なめ)
1日の給餌量
(運動量多め)
1kg 15g 21g
2kg 26g 35g
3kg 35g 47g
4kg 43g 58g
5kg 51g 69g
10kg 85g 115g
15kg 116g 156g
20kg 143g 194g

総合栄養食のドライフードを普段から利用している人ならわかると思うのですが、ジウィピークは一般的なフードよりも与える量が少なめですよね。

これは、ジウィピークが新鮮な肉類(とくに生肉・内臓)を豊富に使っていること、そして食材本来の栄養素をギュッと閉じ込めるエアドライ製法を採用しているからです。

極端な話ではありますが、ジウィピークを主食として食べた犬は3倍の量の生肉を食べたことと同じになります。それくらいジウィピークには栄養が豊富に含まれているんです。

食いつきがいいからとたくさん与えてしまうと、肥満のリスクがグッと高くなるので注意しましょう。どんなに良い食事でも食べ過ぎは禁物です。

ジウィピークをトッピングする時も、ドライフードの給餌量を減らすなどして栄養バランスを調整するようにして下さい。

ここで示した給餌量はあくまでも目安です。愛犬の運動量・健康状態・ライフスタイルなどによって給餌量は変わります。

ジウィピークドッグフードの種類と特徴について

犬用ジウィピークには、エアドライ・ドッグフード、ウェットフード(缶詰)、エアドライ・ドッグトリーツ、オーラルヘルスケアの4タイプの商品があります。

それぞれどんな特徴があるのかを、タイプごとに簡単にまとめてみました。

エアドライ・ドッグフード

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
ベニソン 45%以上 23%以上 470kcal
ラム 35%以上 33%以上 560kcal
ニュージーランド グラスフェッドビーフ 38%以上 30%以上 550kcal
ニュージーランド フリーレンジチキン 38%以上 30%以上 550kcal
ニュージーランド マッカロー&ラム 43%以上 25%以上 480kcal
トライプ&ラム 36%以上 32%以上 520kcal

このように比較すると「ベニソン」「マッカロー&ラム」が他のエアドライ・ドッグフードよりもややライトな仕上がりになっているのがわかりますね。

ちなみに「マッカロー&ラム」のマッカローはサバ(オメガ3脂肪酸が豊富)で「トライプ&ラム」のトライプは反芻動物の胃袋(ビタミンやアミノ酸が豊富)のことです。

通常の「ラム」以外に異なる食材の栄養素が欲しい場合は、この2種のどちらかを利用してみるのもいいでしょう。

ウェットフード(缶詰)

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100gあたり)
ベニソン 10%以上 4%以上 120kcal
ラム 9.5%以上 6%以上 132.5kcal
ニュージーランド グラスフェッドビーフ 9%以上 5.5%以上 125kcal
ニュージーランド フリーレンジチキン 9%以上 5.5%以上 132.5kcal
ニュージーランド マッカロー&ラム 10.5%以上 4%以上 120kcal
トライプ&ラム 9%以上 4%以上 115kcal

ウェットフードも、種類の取り扱いはエアドライ・ドッグフードと同じです。

ただ、開封後はエアドライ・ドッグフードよりも日持ちしないのがウェットフードの特徴となります。

すぐに使い切れる、あるいは小分けにして冷凍保存することを、面倒に感じない人が利用されるといいと思います。

ウェットフードもドライフードのトッピングに使えますから、エアドライ・ドッグフードだと価格が高くて続けにくいと感じる人にもおすすめです。

エアドライ・ドッグトリーツ

  • ベニソン
  • ラム
  • ニュージーランド グラスフェッドビーフ

エアドライ・ドッグトリーツは、上記の3種類です。

内容は通常のエアドライ・ドッグフードと全く同じで、食事の一部としても使える総合栄養食の基準を満たしたおやつです。

エアドライ・ドッグフードは一番小さくても454gサイズ~しかありませんから、おやつにジウィピークを利用したい人はこのトリーツを活用するのもいいでしょう。

オーラルヘルスケア

  • デンタルチュー(鹿のひづめ)
  • ビーフウィーザンド(牛の喉)
  • ベニソングリーントライプ(ベニソンの胃)
  • ベニソンラン&キドニー(ベニソンの肺・腎臓)
  • ラムトラキア(ラムの気管)
  • ラムグリーントライプ(ラムの胃)
  • ラムイヤー レバーコーティング(ラムの耳・ラムレバー)

ジウィピークのオーラルヘルスケアには、上記の7種類があります。以前は「ラムドラムスティック(ラムの骨)」もありましたが、廃盤になりました。

公式サイトにも注意書きがあるように、これらは非常に硬いので歯が弱い犬や歯が欠けている犬にはおすすめしません。

歯が丈夫な犬のデンタルケアとして使う分にはいいですが、歯が健康的でもこのようなおやつを噛んでいるうちに歯が欠けてしまった犬を私は何匹か見てきました。

使用する際はできるだけ愛犬の側から離れないようにし、本当に必要な犬にだけ注意事項を守りながら使用するようにしましょう。

ジウィピークドッグフードのQ&A

ジウィピークドッグフードにはお試しサンプルってある?

公式サイトにジウィピークにお試しサンプルはありませんが、一部の正規品取り扱い通販サイトにて販売されている場合もあります。

ジウィピークのエアドライ・ドッグフードにはカビが生えやすいの?

ジウィピーク製品は90%以上が生肉でできている上に、防腐剤や保存料などが一切使われていません。

そのため気温や湿度の影響を受けやすく、保存方法や取り扱い方によってはカビが発生することもあります。

また、ごく稀に「生肉に含まれる脂肪酸」が浮き出て表面が白くなることもあるようです。この場合は品質に問題はないので、安心して大丈夫とのことですよ。

ジウィピークドッグフードまとめ

ジウィピークのまとめ
  • 原材料の約9割が動物性で、本来肉食である犬の食生に配慮。
  • エアドライ製法で食材本来の栄養素・旨味を残し食いつきを追求。
  • すべてトレーサビリティが徹底されたニュージーランド産の食材使用で安心。
  • 新鮮な肉類を使っているため、高栄養価な食事を必要とする犬におすすめ。
  • 穀物アレルギーでも利用しやすいグレインフリー。
  • 犬の健康に不要な防腐剤・着色料・合成保存料・遺伝子組み換え作物など不使用。
  • 肉食を中心とした食事を与えたい人に向いている。
  • トッピングやおやつとしても使いやすい。
  • カロリーが高めなので給餌量は必ず確認が必要。

ジウィピークは、生肉食に近い仕上がりで、動物性原料の割合が高いのが最大の特徴です。そのまま与えるのはもちろん、手作り食の代用やベースにも向いているでしょう。

新鮮な肉類(生肉・内臓)を使用し、原材料の約9割が動物性です。一般的な作り方ではなく「エアドライ製法」を採用し、手間ひまをかけて食材本来の旨味を残しています。

それゆえ、生原材料の栄養をぎゅっと閉じ込めることができ、高栄養価を実現しているんです。これは他のフードにはなかなかない、ジウィピークの魅力と言えます。

カロリーも高いため給餌量は必ず確認が必要ですが「犬元来の食生を大切にしたい」「肉食を中心にしたい」と考える人にとっては大変便利な商品です。

神様
穀物アレルギーでも利用しやすいグレインフリーなのもポイントじゃ。

また、犬の健康にとって不要な防腐剤や着色料、中国産原料や遺伝子組み換え作物は不使用です。さらに、トレーサビリティも確保されていて安全性にも気になる部分はありません。

ジウィピークは自然食に近づけるため、品質や製法にこだわっていて信頼できるフードだと感じます。原材料が体質に合うなら、一度愛犬に与えてみても良いでしょう。

ジウィピークドッグフードの基本情報

内容量 454g、1kg、2.5kg、4kg
※エアドライ・ドッグフード ラムの場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 4,226円(454g)
7,041円(1kg)
16,632円(2.5kg)
25,898円(4kg)
※楽天参考価格
日本総代理店 レッドハート株式会社
公式サイト http://ziwipeak-jp.com/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る