158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

犬心ドッグフード【糖&脂コントロール】の口コミや評判!安全性は?

高血圧・高脂肪によるトラブルと病気に対応した特別療法食、犬心「糖&脂コントロール」。

犬が併発しやすい7つの疾患をケアできるようになっている犬心ですが、安全性や口コミ・評判はどうなのでしょうか?徹底的に調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 5.0
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 2.0
内容量 1kg
価格 6,400円(1kg×3)
11,400円(1kg×6)
15,900円(1kg×9)
19,700円(1kg×12)
※定期購入の場合
目的 療法食
タイプ ドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

当サイトは、犬心「糖&脂コントロール」をAランクと評価しました。

犬心には有害な化学合成物質や原料は一切使われておらず、ヒューマングレードの食材のみを使用した良好な療法食です。原材料や保証成分値を見る限りでは、ダイエットしたい犬や体重管理が必要な犬にもおすすめできる内容だと感じました。

ただし、アレルゲンとなりやすい原料の使用がやや目立ちます。もともとアレルギーがある場合は様子を見ながら与えるようにし、心配な場合は使用を控えた方が愛犬のためにもなるかもしれません。

実際に犬心「糖&脂コントロール」を購入してみました!

犬心の中身を確認するべく、実際に1袋購入してみました。

今回は中身を確認するだけなので通常購入をしましたが、定期購入に申し込むと初回限定でお試しサンプル(200g)が付いてくるようです。

初めて犬心を試す場合は、ちょっと面倒でも定期購入を利用した方が良いかもしれませんね。

↑パッケージの裏はこんな感じ。

粗脂肪が5~9%とかなり低めに設定されていますね。

次に、袋を開封してみましょう。

犬心にはちゃんとジッパーが付いています。

さらに脱酸素剤も入っていました。

粒は長めのものから小粒サイズまでと、大きさはかなりバラバラ。

匂いはカツオ節のようないい香りがします。

こうやって見ると犬心の粒がやや大きく見えますが、手で簡単にポキポキと折れる硬さなのでご安心を。

このままだと食べにくそうであれば、事前に細かく砕いてあげるといいでしょう。

それでは次に、犬心の原材料と安全性について見ていきたいと思います。

犬心「糖&脂コントロール」の原材料と安全性について評価!

次に、犬心「糖&脂コントロール」の原材料と安全性についてです。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖
粗タンパク質 23~27% ビタミンE 400IU/kg以上
粗脂肪 5~9% ビタミンC 100mg/kg以上
粗繊維 5~8% セレン 約0.7mg/kg
可消化炭水化物 40~45% ナトリウム 約0.3%
リジン 約1.9% カリウム 約0.7%
L-カルニチン 300ppm以上 代謝エネルギー 325kcal/100g

犬心には、これといって疑わしい添加物や原料が含まれていません。

原材料はすべて人も食べられる良質な自然原料のみが使われているとのことで、安心して犬に食べさせられる療法食だと当サイトは判断しました。

犬心は、すべての原料を手作り製法で加工しているのが特長のようです。

こうすることで素材本来の栄養素と旨味がしっかり残されるので、余計な添加物や原料をプラスせずに済むんですね。非常にありがたい配慮だと思います。

そして油脂の種類。犬の健康に欠かせないオメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸を、良質な生肉や生魚、ココナッツ、ひまわり油から得られるようになっています。

安価な低脂肪フードや体重管理用フードだと動物性油脂や植物性油脂が使われる傾向にありますから、その点、犬心は素材が明確なので安心です。

それと、犬心にはアレルゲンになりやすい原料がいくつか使われています。

これらは量増し目的ではないので余計な心配は要らないのですが、もともととうもろこしや大豆にアレルギー反応を起こす場合は使用を控えられた方がいいでしょう。

ちなみにとうもろこしと大豆の使い道ですが、実はこれらを少量使うことで血糖値の急上昇を抑えることができます。なので、犬心では敢えて良質なとうもろこしと大豆を使っていると直接教えていただきました。

犬心「糖&脂コントロール」はこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 特定の疾患を抱えている犬(※)。
  • 獣医師から低脂肪食へ切り替えるよう指示が出た場合。
  • 愛犬に変な原料を使った療法食を与えたくない人。

※膵炎、高脂血症、クッシング症候群、甲状腺機能低下症、糖尿病、脂質代謝異常症、メタボリックシンドロームなど。

犬心「糖&脂コントロール」の口コミや評判ってどうなの?

犬心「糖&脂コントロール」の良い口コミ

ミニチュア・ダックスフンド13歳 / オス
4.5
去年うちのワンコが糖尿病になっていたことを知り、その頃からずっと犬心を食べさせています。1年経った今は血液検査の数値も安定し、動物病院通いも毎日から2週間に1回へと減りました。まだまだ安心はできないのでこれからも犬心を続けていきますが、本当に感謝しかありません。
柴犬15歳 / メス
5.0
膵炎にいい低脂肪フードを探して「犬心」に出会いました。病院で買った療法食は全然食べなかったのに、こちらはとてもうれしそうに食べてくれます。急性膵炎で入院した日からもう2年経ちますが、今は血液検査をしても何の問題もありません。老化による体の衰えはありますが、だいぶ健康的になりました。
トイ・プードル8歳 / メス
5.0
膵炎を患っているうちの子に犬心を食べさせています。先日病院で再検査したらだいぶ容態が良くなっていることが分かり、薬を飲まなくてOKになりました。でも油断は禁物ということで、しばらく低脂肪フードは続けるよう指示は出ています。こちらはよく食べてくれるし、本当に感謝しかありません。
ジャックラッセルテリア14歳 / オス
4.5
犬心の消化器ケアとどちらにしようか悩んだ末、年齢のことも考えて糖&脂コントロールにしました。こちらのフードにしてから慢性的な嘔吐がなくなり、下痢することもだいぶ減りました。体質にも合っているんでしょうね。これからずっとこちらにお世話になろうと思います。

犬心「糖&脂コントロール」の口コミ・評判まとめ

犬心そのものの口コミが少なくて見つけるのが大変でしたが、唯一インスタグラムで何件か確認することができました。ただし、それでも口コミの数はまだ多くありません。

1つ1つじっくり読んでみると、膵炎やクッシング症候群、糖尿病を患ってしまった愛犬たちに犬心を食べさせている飼い主さんがとても多い印象を受けました。

あとは、シニア期を快適に過ごしてもらうために犬心へ切り替えたという家庭もありました。

犬心を食べての結果は本当に個体差があるので何とも言えませんが、悪い口コミは今のところも1つもなかったです。

皆さんそれぞれ犬心の良さを実感しているようで、病院から勧められる療法食よりいいという声も多かったように感じました。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入 6,400円(1kg×3)
11,400円(1kg×6)
15,900円(1kg×9)
19,700円(1kg×12)
まとめ買い 6,500円(1kg×3)
11,500円(1kg×6)
16,000円(1kg×9)
19,800円(1kg×12)
通常購入 2,600円(1kg)
送料 定期コースとまとめ買いは200円/通常購入は510円(ただし地域により異なる)

どこで犬心「糖&脂コントロール」を買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

犬心「糖&脂肪コントロール」を購入できるのは公式サイトのみ!

調査した結果、犬心を購入できるのは公式サイトのみであることが分かりました。Amazonや楽天での販売はありません。

定期コースを申し込むと初回限定で「お試しサンプル」がもらえる!

まとめ買い、もしくは定期コースへ申し込むと、初回限定で犬心のお試しサンプル(200g)が無料でもらえます。

定期コースがスタートする前にサンプルを試し、もしも口や体質に合わなかったら定期コースを解約してもOKというサービスです。

もしも犬心が愛犬に合うようであれば、そのまま12日後に本商品が発送され、自動的に定期購入が始まる仕組みになっています。

無料お試しのあとに犬心をキャンセルしたい場合は、無料お試し到着予定日の3日後までに電話かメールで連絡をする必要があるぞ。じゃないと、自動的に本商品が届くから注意しよう。

定期コースの解約・変更・休止はいつでも可能!

犬心の定期コースにはややこしい縛りがないので、いつでも解約・変更・休止することが可能です。

ただし、いずれの場合も次回お届け予定日の3日前までに電話かメールで連絡して手続きを済ませましょう。1日でも過ぎると、次回分がそのまま発送されてしまいます。

犬心「糖&脂肪コントロール」はどんな犬におすすめなの?

犬心「糖&脂肪コントロール」は、消化されやすい糖質の制限と低脂肪にこだわっています。

よって、公式サイトにも書いてあるとおり、以下の7つの疾患・トラブルをケアすることが可能だと言われています。

  1. クッシング症候群
  2. 膵炎(すいえん)
  3. 甲状腺機能低下症
  4. 高脂血症
  5. 糖尿病
  6. メタボ肥満
  7. 脂質代謝異常症

まず「消化されやすい糖質の制限」ですが、犬心は食物繊維を豊富に含む穀物を使用しています。

これによって体内に入った糖質が腸で吸収されにくくなるため、食べても血糖値が急上昇しにくいというメリットがあります。

また「低脂肪」ですが、犬心の脂質は主に良質な生肉と生魚、そしてココナッツやひまわり油から得られるようになっています。

こうすることで動物性脂肪と植物性脂肪のバランスが良くなり、飽和脂肪酸の過剰摂取を抑制できるのです。

なので犬心「糖&脂コントロール」は、主に糖質や脂質の制限する必要のある犬に向いていることが分かります。

それと犬心には、βグルカンと呼ばれる多糖体が使われています。

βグルカンには免疫力UPや整腸作用などの効果があり、疾患やトラブルケアへのサポートがより活性化されます。

犬心「糖&脂コントロール」のQ&A

犬心「糖&脂コントロール」の賞味期限は?

犬心は賞味期限は、製造より未開封で1年です。しっかりと空気を遮断するために特殊加工のアルミ袋を使用し、中には安全な食品用の「脱酵素シート」を入れて酸化防止をしています。このため、無添加なのに1年間という長い賞味期限になっているそうです。

犬心には他にどんな療法食フードがあるの?

犬心には、ここで紹介した「糖&脂コントロール」を含めて全部で3種類の療法食があります。

  1. 犬心「消化器ケア」・・・犬の腸内環境や便質を改善するもの。
  2. 犬心「元気キープ」・・・犬の癌や腫瘍をケアするもの。
  3. 犬心「糖&脂コントロール」・・・7大トラブルと疾患をケアするもの。

犬心は公式サイト以外に販売店や取扱店はある?

残念ながら、犬心の販売は公式サイトのみとなっています。ペットショップや動物病院での取り扱いもありません。

犬心「糖&脂コントロール」の基本情報

内容量 1kg
初回購入価格
定期購入価格 6,400円(1kg×3)
11,400円(1kg×6)
15,900円(1kg×9)
19,700円(1kg×12)
※定期購入は初回限定で200gお試し無料サンプルあり
まとめ買い価格 6,500円(1kg×3)
11,500円(1kg×6)
16,000円(1kg×9)
19,800円(1kg×12)
通常価格 2,600円(1kg)
販売会社 マッシュルーム・デザイン・スタジオ
公式サイト https://inukokoro.com/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る