185商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ワンディッシュドッグフードを購入した口コミ評判!安全性や評価は?

犬用おやつ専門メーカーである有限会社オーシーファーム。そのオーシーファームが作るオリジナルドッグフードが「Wan!Dish(ワンディッシュ)」です。

自然原料のみを使って総合栄養食の基準をクリアしているとのことですが、どんなフードなのか購入して確かめてみました。

ここでは、ワンディッシュの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全185商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 4.5
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 4.5
コスパ 4.5
内容量 500g
価格 【通常】1,375円
【定期】1,265円
※公式サイト参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 成犬用
原産国 日本
編集部からの評価

当サイトは、ワンディッシュをBランクと評価しました。

自然原料のみ使用し、酸化防止剤・合成着色料をはじめとする添加物は一切使われていません。サプリメントの添加すらも行わないほどの徹底ぶりです。

また、低温低圧製法で、食材の旨味や栄養を損なわないよう配慮されています。こういった特徴から、手作り食の代わりやベースを探している人も利用しやすいフードです。

栄養価が高めなので、どちらかというと少食な犬や高栄養価な食事を必要とする犬に向いています。

実際にWan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードを購入してみました!

それでは、実際に購入したワンディッシュをご紹介していきます!今回は「通常のワンディッシュ(小粒/500g)」を選びました。

他に牛・鶏の入っていない「鹿肉×魚」もあります。通常のワンディッシュのみ小粒・中粒の2種で、鹿肉×魚は小粒のみのラインナップです。

裏面はこんな感じ。必要な情報がわかりやすく記載されています。

パッケージを開封すると、500gでもジッパーがついていました。保管のことも考えられているのが良いですね。脱酸素剤も入っています。

何粒か手に取ってみると、お肉の美味しそうな香りがします。穀物の香りも少し感じられました。

粒の大きさを比較するため、1円玉と私が普段愛犬に与えているモグワン、それとワンディッシュ(小粒)を並べました。

ワンディッシュは円筒形で長さはバラバラですが直径約6mmです。これなら小型犬でも問題なく食べられるでしょう。中粒の場合は直径約8mmとのことです。

Wan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードの原材料と安全性について評価!

次に、ワンディッシュの原材料と安全性についてです。今回は「通常のワンディッシュ」をピックアップしました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。ワンディッシュには、特に危険な原料はありませんでした。

生肉(豚肉、牛肉、鶏肉、魚肉、豚レバー)、穀物(大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、グレインソルガム)、豚脂、コプラフレーク(パームヤシ由来)、魚粉、サツマイモ、煎りゴマ、ひまわり油、脱脂米ぬか、ホエイ蛋白、アスコフィラム・ノドサム(海草)、脱脂粉乳、ガラクトオリゴ糖、乳酸菌群
粗たんぱく質 30%以上 粗灰分 7%以下
粗脂肪 10%以上 水分 10%以下
粗繊維 2%以下 代謝エネルギー 348kcal/100g

ワンディッシュを購入調査してみて、犬の健康維持を第一にしている良好なドッグフードだなと感じました。

サプリメントの添加すらも行わず総合栄養食を実現しているところに、妥協を許さない強い姿勢がうかがえます。以下に、ワンディッシュの主な特徴をまとめました!

  • 産地のわかる、自然由来の原料だけを使用。
  • フェザーミール・副産物・肉骨粉などは一切使わず、厳選した生肉を採用。
  • オリゴ糖・ビフィズス菌を配合して、お腹の調子をサポート。
  • 酸化防止剤・合成着色料・防カビ剤など、犬の健康と関係のない添加物は不使用。
  • 小麦粉・とうもろこし・ビール酵母は不使用でアレルギーに配慮。
  • 嗜好性を上げるための塩分濃度が高いエキス類は使わない。
  • ノンオイルコーティング。
  • 独自開発のフード製造機・乾燥機を使ってじっくり低温乾燥。

まず注目したいのが、自然由来の原料をできる限り使用している点です。ワンディッシュの原材料欄は、名前を見ればどんな食材かわかるものばかり。

日本だと聞きなれない「コプラフレーク」や「アスコフィラム・ノドサム」は()書きでどんなものかの説明まであります。食材ごとの産地も開示されていました。

さらに、それら食材の旨味や栄養を壊さないよう、独自開発のフード製造機・乾燥機を使ってじっくり調理しています。

それも大量生産ドッグフードにありがちな高温高圧ではなく、あえて手間暇のかかる低温低圧の製法をとっているんです。

神様
製法だけではなく、酸化防止剤・合成着色料・防カビ剤など、犬の健康と関係のない添加物不使用というのも、犬の健康維持を考えているなと感じられる部分じゃ。

それと、公式サイトの「よくある質問」には、疑問に思いがちな部分が丁寧に回答されています。細かい配慮があるのも、とても安心できるなと思いました。

メリットがたくさんあるドッグフードですが、工場の安全性について明確になるとより安心できると感じます。

それと、小麦粉・とうもろこしは不使用なものの、大麦全粒粉・玄米粉などの穀類は使われていました。これらが体質に合わない場合は注意しましょう。

ワンディッシュはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • お腹の調子が安定しない犬。
  • 栄養価の高いフードを必要とする犬。
  • 小麦粉・とうもろこしが体質に合わない犬。
  • 酸化防止剤・合成着色料などの添加物に敏感な犬。
  • 安全性を重視している人。
  • 無添加にこだわった国産を選びたい人。
  • 手作り食の代わりになるようなドッグフードを探している人。

ワンディッシュには、これといって気になる原材料はありませんでした。上記に当てはまるなら、一度愛犬に合わせてみても良いと思います。

Wan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

ここからは、ワンディッシュを愛犬に食べさせている方たちの口コミをご紹介していきます。

Wan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードの良い口コミ

ヨークシャテリア8歳 / オス
5.0
以前は涙やけに悩んでいましたが、ワンディッシュに変えてからは気にならないような感じがします。このままもう少し続ける予定です。それと、本犬がガツガツ食べるので、好きなんだと思います。
ミニュチュアダックスフンド13歳 / オス
5.0
小型犬を多頭飼いしています。どの子もよく食べてくれるし、粒の大きさも小型犬にピッタリだと思います。小さめな粒なので、ご褒美やしつけにも使いやすく便利です。
シェルティー4歳 / メス
4.5
小さい頃からお腹が弱いコなんですが、ワンディッシュに替えてからは元気いっぱいです。また、食べること自体が好きになったようで、お残しもほとんどありません。選んで良かったです。
ポメラニアン5歳 / メス
5.0
ワンディッシュは原料や作り方にこだわっていると聞いて買ってみました。結果、愛犬がとっても気に入っているうえに、体調の変化もありません。小粒で食べやすいサイズなのも良かったです。

Wan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードの悪い口コミ

ペキニーズ10歳 / メス
2.5
総合栄養食で原材料にこだわっているのが良いなと思って選んだのですが、ウチの子は全く手をつけませんでした。興味がないといった素振りで拒否しています。
ビーグル12歳 / オス
2.0
我が家のおじいちゃん犬に、少しでも栄養のあるフードを食べさせてあげたくて買いました。サンプルはよく食べていたはずですが、いざ本商品を買ったら食べムラがひどく、前のに再変更しました。残念です。
トイプードル2歳 / オス
1.0
与えた時は嬉しそうに食べていましたが、ちょっとしたら吐き出していました。何度か試してみたもののいつも同じ状態になります。体質に合わなかったのかな。
雑種6歳 / メス
2.5
以前からこちらのトリーツを愛用しています。ドッグフードの方も気になってきたので与えましたが、どうも合わなかったみたいでお腹が緩くなりました。残念ですが、元のドッグフードに戻します。

Wan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードの口コミ・評判まとめ

ワンディッシュの口コミを調べたところ、人気が高く評判の良いフードなんだなと思いました。何かしら悩みを抱えている犬の飼い主さんによる喜びの声もよく見かけましたね。

主な良い口コミは「よく食べる」「粒サイズがちょうど良い」「内容に安心できる」といった声で、飼い主さんが信頼して選んでいる様子が伝わります。

一方で、悪い口コミには「食べない」「吐いた」「体質に合わなかった」との声もありました。

とくに気になる「吐いた」は、体質に合わなかったのかもしれません。もしくは、勢いよく食べた、食べすぎたなども原因として考えられます。

また、ワンディッシュに限らず、フードの切り替え時は注意が必要です。

最初は以前のフードに少しずつ新しいフードを混ぜて与え、徐々に新しいフードの割合を増やし約7〜10日かけて移行すると、お腹がびっくりしにくくなります。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入 1,265円
通常購入 1,375円 1,375円
送料 800円
2,200円以上で無料
店舗によって異なる

どこでワンディッシュを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

Wan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードは公式サイトの定期購入が安い!

ワンディッシュの価格を調べたところ、公式サイトの定期購入が最も安いことがわかりました!Amazonでの取り扱いはありません。

ただ、通常購入は楽天と同額です。1袋だけ購入するなら楽天の方が安い場合もあったため、購入数を考慮して複数ショップを見て周られるのが良いでしょう。

定期コースならWan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードを8%OFFで購入できる!

公式サイトの定期コースなら、ワンディッシュを8%OFFで購入できます。また、毎回のお届けごとに仔牛肉ふりかけ1袋もついてくるんです。

2袋以上まとめて注文すれば送料も無料になるので、継続して利用する場合は公式サイトの定期購入がお得になります。

ですが、お届け日は毎月1日以外は選べません。この点は気をつけましょう!

Wan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードの定期コースはいつでも解約・休止・変更が可能!

公式サイトの定期コースには、回数縛りがなくいつでも解約・休止・変更が可能です。でも、変更する時は前月の15日までに電話連絡が必要となります。

早めに必要な数量を確認しておくのが安心ですね。

数量・お届け周期の変更・休止・解約は電話にて変更することが可能です。スキップのみマイページからの変更もできます。

Wan!Dish(ワンディッシュ)の種類と特徴について!

ワンディッシュには、今回私が購入した「通常のワンディッシュ」「鹿肉×魚」の2種類があります。それぞれの違いを以下にまとめてみました!

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100g中)
通常のワンディッシュ
(小粒/中粒)
30%以上 10%以上 348kcal
鹿肉×魚
(小粒)
30%以上 10%以上 348kcal

通常のワンディッシュは、主原料に「豚肉・牛肉・鶏肉・魚肉・豚レバー」を使っていますが、鹿肉×魚は「鹿肉・魚肉・鹿レバー」の3種で牛や鶏が苦手な犬に配慮されています。

また、この2種は栄養価が揃えられているため、フードローテーションにも利用しやすいです。でも、鹿肉×魚は小粒のみのラインナップなので、選ぶときに気をつけましょう。

Wan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードのQ&A

Wan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードにはお試しサンプルはある?

はい、あります。私が調べた限りでは、公式サイトと楽天にて販売されていました。

Wan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードまとめ

ワンディッシュのまとめ
  • 産地のわかる自然由来の原料だけを使用していて安心。
  • フェザーミール・副産物・肉骨粉は使わず、厳選した生肉で新鮮さを追求。
  • オリゴ糖・ビフィズス菌を配合して、お腹の調子をサポート。
  • 犬の健康にとって必要のない、酸化防止剤・合成着色料・防カビ剤など不使用。
  • アレルギーに配慮し、小麦粉・とうもろこし・ビール酵母は使わない。
  • ノンオイルコーティングで犬の体にとってやさしい。
  • 独自開発のフード製造機器でじっくり低温乾燥させ、食材の旨味や栄養を逃さない。
  • 工場の安全性について明確になれば、尚良かった。
  • 大麦全粒粉・玄米粉などの穀類が体質に合わない場合は、注意が必要。

自然由来の原料にこだわるワンディッシュは、犬の健康を第一に考えているのがわかる内容でした。犬にとって不要なものは入れないぞという姿勢が伝わります。

酸化防止剤・合成着色料・防カビ剤など不使用のうえ、総合栄養食のドッグフードにありがちなサプリメントの添加もありません。

神様
ノンオイルコーティングなのもポイントじゃな。嗜好性を上げるための風味づけをしなくても大丈夫、という自信も感じられるのじゃ。

また、栄養価は高めなフードなので、どちらかというと少食な犬や高栄養価な食事を必要とする犬にピッタリです。

こういった良い特徴のあるワンディッシュですが、工場の安全性についてもわかれば尚良かったなと思いました。

それと、小麦粉・とうもろこし・ビール酵母は不使用なものの、大麦全粒粉・玄米粉など5種以上の穀類が使われています。

穀類が体質に合わない犬に与える際は、原材料欄をよく見ておきましょう。総合するとワンディッシュには良い点が多く、安全性の高いフードを探す飼い主さんにとって心強い存在です。

Wan!Dish(ワンディッシュ)ドッグフードの基本情報

内容量 500g
初回購入価格
定期購入価格 1,265円
※公式サイト参考価格
通常価格 1,375円
※公式サイト参考価格
販売会社 有限会社オーシーファーム
公式サイト https://www.ocfarm.jp
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で185商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全185商品】ドッグフードの総合ランキングを見る