158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

犬猫生活ドッグフード(旧レガリエ)を試した口コミ評価!安全性や評判は?

合成添加物やオイルコーティングなどを一切使用しない犬猫生活は、原材料の産地や質、品質と価格のバランスにもとことんこだわった国産ドッグフードです。

あらゆる点に妥協しない姿勢は旧「レガリエ」の頃からそのままに、名称を新たに「犬猫生活」としています。

ここでは、そんな犬猫生活の原材料と安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 5.0
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.0
内容量 1.7kg(850g×2袋)
価格 【初回お試し】550円(160g)
【通常】6,028円
【定期】4,708円
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
※価格は全て税込です。
編集部からの評価

当サイトは、犬猫生活をAランクと評価しました。

犬猫生活には品質・安全性ともにこれといって欠点はなく、安心して犬に食べさせられる良好なドッグフードです。タンパク質も脂質も高すぎないので、室内で過ごすことの多い犬や活動量の少ない犬にも合わせやすいでしょう。

また、犬猫生活は手作り食を意識する飼い主さんにもおすすめしやすい内容です。ちゃんと探せば、きちんと犬目線で作られたやさしいドッグフードもあるんだな!ということを教えてくれる商品でもあります。

目次

実際に犬猫生活(旧レガリエドッグフード)のお試しセットを購入してみました!

旧レガリエから名前の変わった犬猫生活。具体的な粒や匂いなどいろいろ確認するべく、私も早速「お試しセット」を取り寄せてみました。

160gサイズで550円(税込・送料無料)。ちょっと試すにはちょうどいいサイズですね!

お試しセットを利用するためには定期コースに同時に申し込まなければなりませんが、気に入らなかった場合は到着後から5日以内にキャンセルできるのでホッと一安心。

こちらは裏面。特徴や与え方もここに書かれています。

旧レガリエと同じく、お試しサイズでもきちんとチャックが付いています。

賞味期限は下の方に印字されていました。

次に袋を開封してみましょう。

チャックはこんな感じでついています。

中には脱酸素剤も。

匂いを嗅いでみたら、ちょっと不思議な匂いがしました。

臭いわけではありませんが、特別おいしそう!という匂いでもありません(苦手な人は苦手な匂いかもしれないです…)。

粒はこんな感じ。

ノンオイルコーティングなので、油っぽさはまったく感じません。

粒の大きさは、長いものから小さいものまでバラバラ。

長くて食べづらそう…という時は手で簡単にポキポキ折れるので、愛犬の口の大きさに合わせて調整してあげると良いかと思います。

お試しサイズの約半分を愛犬の器に入れてみました。うちの犬は体重10kgなので、大体これくらいが1食分ですね。

それではここら辺で、我が家の愛犬に試食してもらいましょう!初日はおやつ代わりに少量を食べてもらうことにしました。

主食として使うのなら、新しいフードに突然切り替えると下痢・軟便・嘔吐をしやすい犬の場合は、いつものフード75%:犬猫生活25%の比率で与えるといいですよ。

1週間ほどかけて犬猫生活100%に移行すると、お腹もビックリしないので切り替えもしやすくなります。

早速犬猫生活を出したところ、ものすごい勢いでパクパク。

とくに食べづらそうにしている様子もなく、おいしそうに夢中で食べています。あっという間に完食!試食用だったから物足りなかったかな?

犬猫生活(旧レガリエドッグフード)のお試しセットを1袋試して分かったこと!

それから毎日、犬猫生活のサンプルをいつものドッグフードに混ぜて愛犬に出してみました。分かったことは以下のとおりです。

分かったことのまとめ
  • 愛犬の食いつきはとても良かった。
  • うんちの調子に変化はなく、よく消化されていた。
  • 高タンパクすぎず、シニア犬にも合わせやすい。

毎回とても喜んで完食し、匂いで嫌がる、食べづらくて嫌がるといったことはとくになかったです。犬猫生活でお腹を壊す、うんちが柔らかくなるということもありませんでした。

私が愛犬に犬猫生活を試食してもらって感じたのは、タンパク質も脂質も高すぎないからシニア犬や室内犬に合わせやすいということ。

最近は高タンパクドッグフードが流行っていますが、我が家の愛犬のように適度な運動をする犬には合わせづらいんですよね。

犬猫生活なら室内犬にもおっとりした犬にも合わせやすく、またいろんなお肉が使われているので栄養の偏りも予防できると感じました。

犬猫生活(旧レガリエドッグフード)を試して感じたメリット・デメリット!

メリット
  • 人も食べられる原料のみを使用。
  • 合成添加物(合成の着色料・保存料・香料など)は不使用。
  • 体にやさしいノンオイルコーティング処方。
  • 80~90℃の低温加熱製法を採用。
  • 穀物アレルギーに配慮。
  • 日本で暮らす犬に合わせやすい栄養バランス。
  • 鮮度を保ちやすいサイズ。
デメリット
  • 価格が高い。
  • 通販のみの取り扱い。
  • 中型犬・大型犬にはコスパ悪い。

犬猫生活は本当に安心して犬に食べさせられるドッグフードですが、その分お値段が高めです。

とくに安いドッグフードに慣れてしまっている人や、中型犬や大型犬を飼っているほど犬猫生活の価格に驚かれることでしょう。

でもよくよく考えると、それだけ丁寧に作られているという証拠なんですよね。原材料にも製法にもちゃんとこだわっているから安心できます。

また、全犬種に対応していますが、公式サイトには「室内飼いで10kg以下の小型犬に最も照準を合わせた設計」と記載がありました。どちらかというと、小型犬向きのようです。

確かに価格だけ見るとデメリットの方が際立ってしまいますが、価格よりも質や安全性を求める飼い主さんには最高のドッグフードになることは間違いないでしょう。

犬猫生活(旧レガリエドッグフード)の原材料と安全性について評価!

次に、犬猫生活の原材料と安全性についてです。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

生肉(鶏肉〈日本〉、牛肉〈ニュージーランド、オーストラリア、日本〉、金沢港の旬の魚〈日本〉、鶏レバー〈日本〉)、イモ類(ジャガイモ〈アメリカ〉、サツマイモ〈日本〉)、タピオカ澱粉〈タイ〉、ココヤシ粉末〈マレーシア〉、豚油かす〈日本〉、カツオとマグロの魚粉〈日本〉、ひよこ豆〈アメリカ〉、ひまわり油〈日本〉、アルファルファ〈フランス〉、ごま油〈日本〉、リンゴ〈日本〉、トマト〈日本〉、鶏油〈日本〉、ミネラル類(Ca、Zn、Cu)、乳清〈日本〉、脱脂粉乳〈日本〉、アミノ酸(タウリン、メチオニン、リジン)、クランベリー〈アメリカ〉、海草〈ノルウェー〉、フラクトオリゴ糖〈日本〉、乳酸菌〈日本〉、マグロオイル〈日本〉、ビタミン類(B1、B2、パントテン酸、B6、B12、ナイアシン、葉酸、E、K)
粗タンパク質 28%以上 粗灰分 7%以下
粗脂肪 10%以上 水分 10%以下
粗繊維 3%以下 代謝エネルギー 347kcal/100g

犬猫生活は原材料そのものが無添加ということで、本当に安心して犬に食べさせられるドッグフードです。

嘘偽りなく原材料を表記し、そして産地や目的なども開示しているので、犬猫生活という商品そのものを信頼して大丈夫だと私は判断しました。

まずは犬猫生活の特徴を見てみましょう。

  • FAMICの基準をクリアした日本の工場で生産。
  • 原材料はすべて人も食べられる品質。
  • 原材料の産地をすべて公開。
  • 4種類の生肉を使用。
  • 原材料そのものが合成添加物不使用。
  • ノンオイルコーティング処方。
  • 80~90℃の低温加熱製法を採用。
  • 穀物アレルギーに配慮。
  • 運動量が少なめの犬に合わせやすい栄養バランス。

犬猫生活は、本当に良い食材を使うためなら全原材料を国産にこだわらないという考えです。

確かに「すべて国産原材料」というと響きはいいかもしれませんが、実は日本産より外国産の方が質も安全性も優れている食品は多く存在しているんですね。

さらに犬猫生活は、国内で製造することで輸入コストを削減し、販売をメーカー直販のみに絞ることで余計な経費を生み出さないようにしています。

こうすることでフード本体の価格を上げずに、安定的に良い原材料を使ったドッグフードを多くの犬に届けることができています。

神様
しかも、犬猫生活で使っている原材料は原料のそのものが無添加なんじゃ!

ここも犬猫生活の良いところだと私は思いました。

ちゃんとしたオーガニックドッグフードじゃない限り、なかなか「無添加の原材料を使っています!」と宣言しているメーカーはありませんからね…。

加工段階で何かしら合成添加物を使っていても「無添加」と謳うことができてしまうので、その点、犬猫生活は本当の意味での無添加なのでとても安心できます。

手作り食を意識する飼い主さんや、愛犬には変なドッグフードを食べさせたくないと考える人ほど、犬猫生活というドッグフードを手に取ってみるといいかもしれません。

犬猫生活はこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 高タンパクドッグフードが合わない犬。
  • 室内で過ごすことが多い犬。
  • 同時に多種のタンパク源を食べても大丈夫な犬。
  • 毛並み・毛艶が悪い犬。
  • お腹の調子が悪くなりやすい犬。
  • 穀物アレルギーがある犬。
  • 手作り食の代わりにもなるドッグフードを探している人。
  • 愛犬に変なドッグフードを食べさせたくない人。
  • 体に悪い原料や合成添加物をなるべく避けたいと考える人。
  • 犬目線で作られたやさしいドッグフードを探している人。

上記に当てはまるなら、犬猫生活を検討リストへ入れても良いでしょう。

犬猫生活(旧レガリエドッグフード)の口コミや評判ってどうなの?

ここからは、犬猫生活を実際に与えている飼い主さんの口コミをご紹介します。

まだ名称変更から日が経っていないため、犬猫生活の口コミ件数は少ないです。そのため旧「レガリエ」の声も含めています。

犬猫生活ドッグフードの良い口コミ

チワワ5歳 / オス
5.0
小型犬だし室内飼いなので、そこまで高タンパクではないフードを探して犬猫生活に決めたんです。色んなフードを試しましたが、犬猫生活だけはガッツいて喜びます。体調も維持できているため、他に変える予定はありません。
ミニチュアシュナウザー2歳 / メス
4.5
穀物系のアレルギーを持つウチの子は、なかなか合うフードに巡り会えませんでした。友人に教えてもらい犬猫生活さんを与えてみたところ、体質に合っていたようで美容の調子も良好です!
シェルティー5歳 / オス
5.0
人が食べても問題ない原料使用とのことなので私も食べてみたところ、薄いだし汁風味で良い感じです。愛犬にあげてみたら、前のご飯より食いつきが良い!原料の質や合成の着色料や保存料が気になってましたが、犬猫生活ならクリアできて満足です。
ミニチュアダックスフンド10歳 / オス
5.0
前は手作り食をメインにしていましたが、栄養面が心配なのと時間が取れなくなりこちらを購入。私が避けたいと思っていた合成添加物は入っていないし低温加熱製法なのもイイ!美味しそうに食べているので安心しています。リピ決定です。

犬猫生活ドッグフードの悪い口コミ

柴犬10歳 / メス
2.0
原料のこだわりとかグレインフリーとかが良いなと思い買ったけど、全然食べてくれません。前のと香りが結構違うからかな?破棄します。
トイプードル2歳 / メス
1.5
うちの子にはちょっと硬めだったようです。毎回ふやかしているので手間ですね。次回は違うドッグフードにしようかと思います。
ラブラドールレトリバー4歳 / オス
2.5
内容も食いつきも良いけど、大型犬にはコスパがかかります。これのみ与えていると予算越えです。

犬猫生活ドッグフードの口コミ・評判まとめ

犬猫生活の口コミを調査してみた結果、総合的に見ると評判の良いドッグフードだなと思いました。

良い口コミは「食いつきが良い」「栄養面でちょうど良い」「穀物アレルギー対策ができる」といった声が多い印象です。レガリエの頃からずっと愛用している人もいましたね。

それに対して、悪い口コミは「食べない」「硬くて食べづらそう」「大型犬には価格が高め」との声がありました。

「食べない」と「硬くて食べづらそう」は犬の好みや咀嚼力によっても変わると思うので、最初はお試しセットで様子を見てから本商品を購入するのが良さそうです。

また、価格については前述の通り、中型犬・大型犬の場合コストが高くなりがちですね。公式サイトの定期コースなら割安になるため、そちらを利用して費用を抑えるのが良いでしょう。

全体的には、悪い口コミも多少あるものの良い口コミが大半で、多くの人に愛されているドッグフードなんだなと感じました。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入 550円(160g)
定期購入 4,708円
通常購入 6,028円
送料 600円
※2袋で送料無料
※価格は全て税込です。

どこで犬猫生活を買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

犬猫生活ドッグフードを購入できるのは公式サイトのみ!

調査した結果、現在犬猫生活を購入できるのは公式サイトのみであることが分かりました。

Amazonと楽天での販売はありません。

初めての人は犬猫生活ドッグフードを550円でお試しできる!

犬猫生活の購入が初めての人に限り、犬猫生活160gを550円(税込・送料無料)でお試しすることができます。

ただし、このお試しセットを利用するには定期コースに申し込むことが条件です。

もしも気に入らなければ受け取りから5日以内にキャンセルをすれば本商品の発送はないので、必ずしも定期コースを続行する必要はありません。

逆に、お試しセット受け取り後にこちらから何もアクションしなければ、そのまま自動的に本商品(1.7kg)が届くシステムになっています。

定期コースはいつでも解約・変更・休止が可能!

犬猫生活を定期コースを始めたけれど、諸事情から解約あるいは変更をしたいという時が必ず出てくると思います。

そんな時は、犬猫生活の「マイページ」もしくは電話で手続きを行いましょう。WEB上のマイページなら24時間いつでも変更可能です。

犬猫生活(旧レガリエドッグフード)は子犬やシニア犬に与えても大丈夫なの?

犬猫生活は、AAFCO(全米飼料検査官協会)の栄養基準をオールクリアしている総合栄養食です。

神様
日本のペットフード公正取引協議会は、AAFCOの栄養基準を採用している!

オールステージに対応できるよう栄養バランスが調整されているため、成犬をはじめ、子犬やシニア犬に与えても問題はありません。

それぞれのライフステージに合った犬猫生活の与え方はこの後に解説しますので、ぜひそちらを参考にしていただければと思います。

また、犬猫生活は日本で暮らす犬に合わせやすいよう、タンパク質28%・脂質10%に調整されています。

腎臓の負担にもなり得るナトリウム量なども適度に抑えられており、現代の犬にやさしい栄養バランスに仕上がっているのが特徴です。

犬猫生活(旧レガリエドッグフード)の給餌量は1日どれくらい?

犬猫生活の給餌量の目安は公式サイトに掲載されているので、ここではそれぞれのライフステージに合った犬猫生活の与え方や注意点をまとめてみました。

子犬の場合

子犬は毎日成長するため、こまめに体重を測った上で給餌量を参考にするようにしましょう。月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます。

餌の回数は、生後10週までは1日分を少量ずつ4回ほどに分けて、生後3ヶ月過ぎた頃から、その犬の予想される体重の50%近くになるまで1日3回に分けて与えましょう。

生後5~6ヶ月頃から、餌の回数を1日2回程度にします。

成犬の場合

給餌量は、その犬が1日に必要とするカロリー量から計算することもできます。1日に必要なカロリー量は以下の簡易式で求められます。

1日に必要なカロリー量=(体重×30+70)×係数

標準的な成犬(避妊・去勢済)の係数は、1.6です。この計算で出た数値をドッグフードの1gあたりカロリー(犬猫生活=3.47)で割ると、給餌量の目安がわかりますよ。

ただし、個体差や運動量・ドッグフードの内容によっても大幅に変わるため、体重と照らし合わせながらコントロールするようにしましょう。

犬は食餌と食餌の間隔が長くても大丈夫なので、餌の回数は1日2回で問題ありません。

老犬の場合

老犬は、成犬に与える量よりも20~30%程減らした量を与えるようにしましょう。消化率や代謝率が低下するため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

餌の回数は、消化器への負担を軽くするためにも1日2~3回に分けて与える必要があります。

ここで紹介した給餌量はあくまでも目安で、運動量・体調・生活環境によって必要なエネルギー量が変わります。給餌量が合っているかどうかはうんちで分かるので、うんちが柔らかければ量を減らす、硬ければ量を増やすといった感じで調整して下さい。

犬猫生活(旧レガリエドッグフード)のQ&A

犬猫生活ドッグフードの価格はなぜこんなに高いの?

犬猫生活は無添加の原料のみを使用するなど、原材料の品質と安全性にとてもこだわっています。食材にこだわればこだわるほど原価が高くなるのは当然のことなので、自然とドッグフード本体の価格も高くなってしまいます。

ところが、犬猫生活は他の国産プレミアムドッグフードに比べると価格が良心的なんですね。余計なところに経費をかけていないため、ドッグフードそのものの価格を下げることに成功していることが理由になります。

犬猫生活ドッグフードの取扱店は他にある?

現在犬猫生活ドッグフードを購入できるのは、犬猫生活の公式サイトからのみです。Amazonや楽天などの通販サイト、イオンペットなどのペットショップでの取り扱いはありません。

犬猫生活(旧レガリエドッグフード)まとめ

犬猫生活のまとめ
  • 人が食べられる原材料を使用していて品質に信頼が置ける。
  • 素材の産地が公開されているので、安全性の判断がしやすい。
  • 原材料そのものが合成添加物なしで、添加物が気になる方にもおすすめ。
  • グルテンフリーで、穀物アレルギーがある犬にも合わせやすい。
  • FAMICの基準を満たした国内工場で製造され、管理体制にも安心できる。
  • 価格が高めで中型犬や大型犬には利用しにくい。
  • 小サイズのお試し用パッケージがあり、トライしやすい。

犬猫生活は、添加物の有無や産地・グルテンフリーなど、さまざまな点にこだわって作られています。

ドッグフードに希望する要素が多い人も、これなら満足できるのではないでしょうか。

特に素材の産地がどこであるか具体的な地名が公開されているので、利用する場合の安心感は大きいと思います。

また、原材料に合成添加物が含まれていないというだけでなく、一つ一つの素材そのものが無添加であることからも、その徹底した姿勢が分かります。

こだわりの分だけ価格が高いのは仕方がないともいえますが、大型犬や複数の犬を飼っている場合はやや利用しにくいかもしれません。

とにかく品質を重視したいという飼い主さんにはピッタリなので、まずはお試し用から始めてみてはいかがでしょうか。

犬猫生活(旧レガリエドッグフード)の基本情報

内容量 1.7kg(850g×2袋)
初回購入価格 550円(160g)
定期購入価格 4,708円
通常価格 6,028円
販売会社 犬猫生活株式会社
公式サイト https://inuneko-seikatsu.co.jp/lp?u=rdog137
※価格は全て税込です。
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る