158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

プリンシプルナチュラルドッグフードの口コミ評判は?安全性も評価!

アメリカの大手ペットフードメーカー、サンシャイン・ミルズ社によって開発された「プリンシプルナチュラル」。

公式サイトでは「安心安全」と大々的に謳っていますが、実際のところプリンシプルナチュラルの品質や安全性はどうなのでしょうか?

ここでは、プリンシプルナチュラルの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 4.0
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 4.0
内容量 800g、3kg、9kg
価格 1,140円(800g)
3,000円(3kg)
8,400円(9kg)
※アダルトの場合
※Amazon参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

当サイトは、プリンシプルナチュラルをBランクと評価しました。

プリンシプルナチュラルに使われている原材料に不審なものはこれといってなく、着色料や安定剤などの化学物質を使わないとても良好なドッグフードです。タンパク質や脂質も高すぎないので、日本で暮らす犬にも合わせやすいですね。

私が唯一気になるのは、トウモロコシなどは遺伝子組み換え作物なのかそうじゃないのか?という点。「安全」と謳うからには、鶏や仔羊などの飼育環境、作物の栽培環境などもしっかり開示していただきたいなと感じました。

プリンシプルナチュラルドッグフードの原材料と安全性について評価!

まず初めに、プリンシプルナチュラルの原材料と安全性についてです。

ここでは、「アダルト」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

良質鶏肉粉、ライス、コーン粗粉、コーン粉末、鶏肉脂肪(酸化抑制剤に混合トコフェロール配合)、コーングルテンミール、乾燥ビートパルプ(糖質カット)、天然風味、亜麻仁、乾燥全卵、キャノラオイル、醸造酵母、塩化カリウム、レシチン、タウリン、L-リジン、L-カルニチン、グルコサミン、コンドロイチン、塩化コリン、ビタミンE補給、ビタミンA補給、アスコルビン酸(ビタミンC源)、ビタミンD3補給、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、チアミン硝酸塩(ビタ ミンB1源)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6源)、リボフラビン補給、葉酸、ビオチン、ビタミンB12補給、多糖類海草灰亜鉛複合物、鉄、マンガン、銅、硫酸亜鉛、硫酸銅、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、コバルト炭酸塩、亜セレン酸ナトリウム
粗タンパク質 24%以上 オメガ6脂肪酸 2.2%以上
粗脂肪 15%以上 オメガ3脂肪酸 0.3%以上
粗繊維 3.0%以下 代謝エネルギー 407kcal/100g
水分 11%以下

プリンシプルナチュラルは、疑わしい添加物や避けたくなるような原料が含まれていない良好なドッグフードです。

まず、プリンシプルナチュラルの特徴を簡単にまとめてみました。

  • ミシシッピ州にあるサンシャイン・ミルズ社で製造。
  • 原材料を納入する時にサンシャイン栄養センター及び外部検査機関で厳密に検査。
  • 着色料や安定剤などの化学合成物質不使用。
  • 特Aランクの原料を使用。
  • 天然フレーバーは人間用の食用チキン・レバーから得たもの。

原材料は、工場に納入された時点でサンシャイン・ミルズ社内にある栄養センターと外部検査機関で厳密な検査を受けているとのこと。

その検査に通過したものだけをペットフードに使用しているので、細菌・カビ・腐敗・重金属の汚染・異物の混入の心配はほぼほぼないと思って大丈夫でしょう。

天然フレーバーに関しては、人間用の食用チキンとターキーから抽出したものです。こちらから質問しなくても、きちんと説明が添えてあるのは良心的ですね。

ここではプリンシプルナチュラルのアダルトをピックアップしていますが、穀物が体質に合わない子のためにグレインフリータイプもあります。

また、果物・野菜・ハーブが多めに入ったホリスティックフードもあります。目的に合わせてフードのタイプがいろいろ選べるのもプリンシプルナチュラルのいいところです。

ただ、私が気になったのは、トウモロコシなどの作物は非遺伝子組み換えなのか?それとも遺伝子組み換え操作がされたものなのか?という点です。

できれば遺伝子組み換え食品を避けたいと考える飼い主も少なくないので、この辺りの情報がしっかり開示されていると良かったなと感じます。

プリンシプルナチュラルはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 総合栄養食を必要としている犬。
  • 穀物アレルギーがある犬(→グレインフリーシリーズ)。
  • 体重管理をしている犬(→ライト)。
  • 室内で過ごすことが多い犬。
  • お腹の調子が悪くなりやすい犬。
  • 毛並み・毛艶が気になる犬。
  • コスパの良いドッグフードを探している人。
  • 愛犬に変な原料が入ったドッグフードを与えたくない人。

プリンシプルナチュラルドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

プリンシプルナチュラルドッグフードの良い口コミ

ビーグル8歳 / オス
4.0
子犬の時からずっとこちらを食べさせています。飽きずに残さず食べてくれるので、他のドッグフードに変えるつもりは今のところありません。値段も良心的です。
パグ5歳 / オス
5.0
我が家のパグにプリンシプルのザ・ハーベストを食べさせています。とくにアレルギー症状が出ることもなく、便も体調も毎日安定しています。グレインフリーのシリーズも気になるので、今度はそちらを購入してみようかと思います。
ボーダー・コリー11歳 / メス
4.5
この子が小さい時からずっとプリンシプルナチュラルです。時々粒の色が薄かったりでフードの粒に安定さはありませんが、それでもこの子の体調は相変わらずいいので続けてます。

プリンシプルナチュラルドッグフードの悪い口コミ

柴犬4歳 / メス
3.0
うちの子には合いませんでした。こちらを食べると下痢や軟便気味になってしまうので、体質に合わないのでしょう。可哀想だから以前のドッグフードに戻しました。
ポメラニアン6歳 / メス
2.0
これ、本当にプレミアムドッグフードなのでしょうか?トウモロコシが名前を変えて原材料表にいくつか入ってますが、これって全部足すと鶏肉粉よりも含有量が多いような気がするのですが…。しかも天然香料が添加されているっていうことは、肉が新鮮ではないからですよね。
ラブラドール・レトリバー4歳 / オス
1.0
こちらの商品に切り替えてから、うんちが柔らかくなってしまいました。しかもフードそのもののにおいがちょっときついせいか、うんちの臭いもきつくなりました。

プリンシプルナチュラルドッグフードの口コミ・評判まとめ

プリンシプルナチュラルの口コミを調査したところ、全体的な評判はいいものの、イマイチな評価も少なくないことが分かりました。

良い評価に関しては、「毛並みが良くなった」「安心できる」「食いつきがいい」といった内容が多かったですね。値段が良心的と答えている人もいました。

マイナス評価に関しては、「品質に疑問を感じる」「うんちがやわらかくなった」「パッケージが違う」といった内容が多かったです。

また、アメリカの港湾ストライキが長引いて思うように入荷されていないといった裏事情も口コミから知ることができました。

アメリカ産のドッグフードは安定しないことで有名ではありますが、プリンシプルナチュラルもやはりその1つなのか?と感じさせる内容です。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,210円(800g)
3,300円(3kg)
9,240円(9kg)
1,210円(800g)
3,300円(3kg)
9,240円(9kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

どこでプリンシプルナチュラルを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

プリンシプルナチュラルドッグフードの価格はAmazonも楽天も同じ!

調査の結果、プリンシプルナチュラルの価格はAmazonも楽天も同じであることが分かりました。公式サイトでは販売されていません。

プリンシプルナチュラルドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン プリンシプルナチュラル(アダルト)
主原料 チキン&サーモン53%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) 良質鶏肉粉・ライス・コーン粗粉
穀物 グレインフリー ライス・コーン粗粉・コーン粉末・コーングルテンミール
タンパク質 28% 24%以上
脂質 12% 15%以上
代謝エネルギー(100gあたり) 344kcal 407kcal
内容量 1.8kg 800g
価格 3,564円 1,210円
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとプリンシプルナチュラルにはどのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、モグワンもプリンシプルナチュラルもどちらも安心して犬に食べさせられるドッグフードです。

ただ、それぞれコンセプトもフードの特徴も全く異なりますから、どちらが犬にとって良いかという断定的な言い方はできません。

敢えてアドバイスするならば、それなりに運動もよくして、1日のエネルギー消費量が大きい犬であればモグワンぐらいのフードが丁度いいかもしれませんね。

もしくはプリンシプルナチュラルのグレインフリーシリーズ、あとは「アダルト」「ラム&ライス」あたりもいいでしょう。

明らかに運動量が少ない犬であれば、プリンシプルナチュラルの「ザ・ハーベスト」くらいの栄養バランスが丁度いいと思います。

どのドッグフードがすべての犬にとってベストということはなく、その時の愛犬の健康状態によって最適なフードが変わるので気をつけましょう。

プリンシプルナチュラルドッグフードは子犬やシニア犬に与えても大丈夫?

プリンシプルナチュラルのドッグフードには、パピー用とシニア用があります。

成長期であればプリンシプルナチュラルの「パピー」を、シニア期(7歳頃~)であれば「プレミアムシニア」を利用されるといいでしょう。

ただし、シニア期に入ったから必ずしもプレミアムシニアへ切り替えなければならないというわけではないので注意して下さい。

プレミアムシニアはタンパク質18%以上と結構低めなので、まだまだアクティブでハツラツとしていれば維持期(成犬用)の給餌量を20~30%ほど減らすくらいで大丈夫です。

いきなり低タンパク食に切り替えると筋力の低下が心配ですから、筋肉量を適切に維持するためにもフードの切り替え方には注意しましょう。

愛犬の健康状態が良好であれば、シニア期に入った頃は高タンパク・低脂肪・低カロリー食を心がけるようにし、10歳を過ぎた頃(消化機能が衰え始めてきた頃)から徐々に低タンパク・高カロリーの食事に切り替えていきましょう。

プリンシプルナチュラルドッグフードの「プレミアムライト」で本当にダイエットできるの?

プリンシプルナチュラルの「プレミアムライト」は、体重管理用ドッグフード、つまり肥満気味の成犬の体重を理想的に保つための特別療法食になります。

肥満気味の犬に合わせてタンパク質・繊維質・脂質などの量が調整されており、100gあたり309kcalとかなり低カロリーに仕上がっているのが特徴です。

よって、プレミアムライトを食べることで体重を調整しやすくなることは期待できるかもしれません。

しかしそれは、フードだけに頼らず運動もした場合の話。

犬も人間同様、食事だけでダイエットさせようとするのは好ましくありません。食事だけに頼るとどうしても必要な栄養素まで削ることになりますから、逆に体へ悪影響なのです。

肥満気味の犬を健康的にダイエットさせたい時は、低脂肪・低カロリーを心がけ、その上で適度な運動量も取り入れるようにしましょう。

プリンシプルナチュラルドッグフードのQ&A

プリンシプルナチュラルドッグフードの正規品はどこで買えるの?

現在日本に輸入されているプリンシプルナチュラルは、すべて正規品とのことです。いくつかのドッグフードの通販サイトで購入することが可能なので、自分にあったショップで購入されると良いかと思います。

ただし、並行輸入品が紛れ込んでいるのも事実のようです。並行輸入品のすべてが悪ではないのですが、何かあっても正規輸入代理店である株式会社ワイ・エス・エンタープライズは対応してくれません。その辺りは自己責任で購入するようにして下さい。

プリンシプルナチュラルドッグフードのお試しサンプルはある?

プリンシプルナチュラルのお試しサンプル(試供品)は、現在取り扱いがないようです。

プリンシプルナチュラルドッグフードの基本情報

内容量 800g、3kg、9kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,140円(800g)
3,000円(3kg)
8,400円(9kg)
※アダルトの場合
※Amazon参考価格
正規輸入販売会社 株式会社ワイ・エス・エンタープライズ
公式サイト https://www.principle.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る