158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

プリモドッグフードの口コミや評判ってどう?原材料や安全性も評価!

多種の生肉を50%以上使用した国産ドッグフード「プリモ(PRIMO)」。

神戸市の工場で生産されているプリモは、安全性の高い国産ドッグフードを求める飼い主さん達からとても良い評価を得ている人気の商品です。

ここでは、そんなプリモの原材料と安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 5.0
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 4.0
内容量 500g、1kg、3kg、6kg(3kg×2)
※ベーシックの場合
価格 1,180円(500g)
2,225円(1kg)
6,029円(3kg)
11,473円(6kg)
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

当サイトは、プリモをAランクと評価しました。

正直ツッコミどころがないくらい内容が良好で、とくに愛犬が食物アレルギーの出やすい体質でなければぜひ試しておきたい商品と言えるでしょう。

手作り食にこだわる飼い主さんにも安心しておすすめできるドッグフードです。

また、価格がリーズナブルなのもプリモの魅力ですね。

良質な国産ドッグフードはどうしても高価になりがちですが、プリモは独自の仕入れルートを確保しているので良心的な価格で提供してくれています。

実際にプリモドッグフードを購入してみました!

早速プリモドッグフードを購入してみました。

↑パッケージの裏はこんな感じ。ほぼ真空パック状態です。

袋を開封してみましょう。

中には脱酸素剤(エージレス)が入っていました。

防腐剤や抗菌剤などを使っていないからこそ、油の酸化を防ぐために入っているのでしょう。こういった点があると、より安心して利用することができますね。

粒はこんな感じ。オイルコーティングされていないので油っぽさは全くありません。

匂いはほんのりカツオ節のいい香りがします。臭いと感じることはなく、むしろ美味しそうな匂いです。

粒のサイズを確認するべく、1円玉と私が愛犬に普段与えているモグワン、そしてプリモを並べました。

プリモは粒の長さがバラバラですね。先ほどの写真にあったような長いものもあれば、1cmにも満たない短いものもあります。

ちょっと長いかな?と思ったら手で簡単に折れるので、愛犬の口の大きさに合わせて臨機応変に砕いてあげるといいでしょう。

それでは次に、プリモの原材料と安全性について見ていきたいと思います。

プリモドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

次に、プリモの原材料と安全性についてです。ここでは「ベーシック」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。プリモには、特に危険な原料はありませんでした。

生ミンチ肉(牛肉、鶏肉、馬肉、レバー肉、魚肉、豚肉)、玄米粉、押し麦、雑節、サツマイモ、ジャガイモ、ココナッツ種皮、煎りゴマ、ひまわり油、グレインソルガム、コーングルテン、ビール酵母、ホエイタンパク、発酵大豆(納豆菌)、オートミール、海藻粉末、カルシウム粉末(卵殻カルシウム 、牛骨カルシウム)、L-リジン、脱脂粉乳、イソマルトオリゴ糖、DL-メチオニン、乳酸菌群
粗タンパク質 30%以上 粗灰分 5%以下
粗脂肪 10%以上 水分 10%以下
粗繊維 4%以下 カロリー 400kcal/100g

プリモ製品に対し、正直これといってデメリットに感じるような要素はなく、安心して犬に食べさせられる国産ドッグフードです。

それは公式サイトをじっくり読み込めばわかるのですが、私は実際にフードを手に取って確かめたからこそ「プリモの丁寧さ」がよく伝わってきました。

まずはプリモの特徴をザックリと見てみましょう。

  • 神戸市内の工場でフードを生産。
  • 多種の新鮮生肉を50%以上使用。
  • 原材料に肉骨粉・着色料・遺伝子組み換え食品は使っていない。
  • 脂にはバージンオイルを使用。
  • 合成保存料・酸化防止剤・造粘剤・防腐剤・抗菌剤・抗酸化剤・抗カビ剤不使用。
  • 無発泡の状態で低温・低圧にてドライフードを製造(加熱は一度のみに限定)。
  • ほぼ手作業に近い形で仕上げている。

プリモは野菜や穀物中心の食事では犬が栄養不足になると考えていて、老化の進行を遅らせたり、毛質を良好に保つためにも生肉を50%以上使用しています。

最近「犬には肉食を!」「ベジタリアンでも大丈夫!」と偏った考えを発信する人が多い中「どれもバランスよく摂取することが大事」と考えるプリモには私も好感が持てました。

ただ、多種のタンパク源を使用しているので、食物アレルギーが酷い犬には控えた方がいいでしょう。アレルゲンを特定している過程にある犬も同様です。

それとプリモは、原材料について採用した理由や使用目的などを細かく解説しているんですね。

「なんでこの食材を使う必要があるの?」という疑問に、きちんと公式サイトで回答してくれています。これも安心してプリモを使えるポイントです。

あとはなんと言っても、余計な添加物が一切入っていないこと。特殊なアルミ袋に十分な量の脱酸素剤を封入しているので、酸化防止剤や保存料なども使われていません。

「市販ドッグフードは、添加物も入っているし高温・高圧で作られているから避けている」という人ほど、プリモのような製品を手に取ってみるといいかもしれませんね。

プリモはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 毛並み・毛艶が悪い犬。
  • お腹の調子が悪くなりやすい犬。
  • 重度の食物アレルギーがない犬。
  • 穀物アレルギーがない犬。
  • 1日の運動量が多い犬。
  • 手作り食の代わりになるドッグフードを探している人。
  • 安全性の高い国産ドッグフードを探している人。
  • 合成添加物をできるだけ避けたいと考える人。
  • コスパのいいドッグフードを探している人。

プリモは商品説明も細かく丁寧で、内容自体も疑問に思う部分はありません。安心して与えられるフードだなと感じます。

プリモドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

プリモを愛犬に利用している飼い主さんはどう感じたのか、口コミや評判を集めました。プリモの「良い口コミ」「悪い口コミ」を以下にご紹介します。

プリモドッグフードの良い口コミ

柴犬4歳 / オス
5.0
去勢手術してから太りぎみなので、こちらのダイエット用にしています。すぐにお腹が空いてしまうようで茹で野菜と魚のトッピングは欠かせませんが、とても安心できるフードです。
トイ・プードル4歳 / オス
4.0
そのままでも喜んで食べますが、おやつの干し肉をハサミで細かく切ってふりかけてあげるとほぼ毎回完食します。うんちの調子も良いですよ。喜んでくれるドッグフードに巡り会えて良かったです。
ビーグル9歳 / メス
4.5
こちらのシニア用を食べ始めて2~3ヶ月が過ぎました。ウンチの状態はいつも良く、毛が滑らかになって触り心地がとても良いです。また、食べた後の食器がぬめらなくなりました。これもこのフードのおかげだと思ってます。
ポメラニアン11歳 / オス
5.0
プリモに変えてからもう1年です。以前使っていたフードは油っぽくてベトベトしていましたが、こちらは油っぽさもないので体に良さそうな気がしています。もうシニアですが、毎日とてもイキイキとしています。
コーギー5歳 / メス
4.5
お気に入りのドッグフードです。もう何度もリピートしています。市販のフードは添加物などが気になったため、愛犬の健康を考えてこちらのフードに切り替えました。食いつきも良く、愛犬もお気に入りです。

プリモドッグフードの悪い口コミ

チワワ1歳 / オス
2.0
プリモ単品では食べてくれず…。クンクンにおいを嗅いだだけでプイします。試しにふやかしてみましたが、それも駄目でした。プリモは香りも良いし、安全だなと思えるだけに残念です。
雑種犬11歳 / メス
2.5
お試しパックで確かめてから本品を購入しました。これ単独ではなかなか食べませんが、缶詰やお肉など混ぜると喜んで食べてくれます。魚の香りがしていいと思うんだけど、何が合わないのかな?
ミニチュア・シュナウザー10歳 / メス
1.0
魚のニオイがキツいですね。こちらにしてからうんちの量が増え、お腹の調子もあまり良くないので1日で食べさせるのをやめました。また、公式サイトでは肉の筋と書いてあったけど、糸くずのようなものが入っていて気になります。
雑種犬4歳 / メス
2.0
商品自体はとても良いものだと思います。しかし、残念ながら我が家の犬は食べませんでした。結局1袋食べきることができなかったため、他のフードを検討してみたいと思います。
ミニチュア・ダックスフンド8歳 / オス
1.0
商品としてはとても安心のできるものだと思います。でもうちの子は食いつきも悪く、終いには食糞をするようになり…。残念ながらリピはしません。とりあえずお試しができてよかったです。

プリモドッグフードの口コミ・評判まとめ

プリモの口コミは、通販サイトやSNSを覗くと本当にたくさん見つけることができますね!

それらの口コミからわかったのは、プリモはとても評判の良いドッグフードであるということ。リピーターが非常に多い印象を受けました。

しかし、イマイチな反応もそれなりに多いですね。悪い口コミに関しては、とくに「食いつきが悪い」「うんちが増えた」「糸くずが入っていた」という声が多い印象です。

糸くずに関しては、プリモが自身の公式サイトの「よくある質問」でちゃんと説明をしているので必ず目を通された方がいいでしょう(ちなみに糸くずは肉のスジです)。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
お試し 1,100円(400g) 1,100円(400g)
定期購入
通常購入 1,180円(500g)
2,225円(1kg)
6,029円(3kg)
11,473円(6kg)
ー(500g)
1,969円(1kg)
6,029円(3kg)
ー(6kg)
1,045円(500g)
1,969円(1kg)
5,335円(3kg)
10,153円(6kg)
送料 650円
※お試しパックと6,100円以上は無料
2,000円以上は無料 店舗により異なる

どこでプリモを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

プリモドッグフードの価格は楽天が安い!

調査した結果、プリモの価格がもっとも安いのは楽天であることがわかりました。どこも大きく価格が変わるわけではありませんが、楽天がやや安くなっています。

Amazonは全サイズ揃っているわけではありませんでした。

お試し購入の場合は公式サイトも楽天も価格は同じなので、この辺りは都合の良い方でお買い物されると良いかと思います。

プリモドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン プリモ(ベーシック)
主原料 チキン&サーモン56%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) 生ミンチ肉(牛肉、鶏肉、馬肉、レバー肉、魚肉、豚肉)50%以上
穀物 グレインフリー 玄米粉・押し麦・グレインソルガム・オートミール
タンパク質 27%以上 30%以上
脂質 10%以上 10%以上
代謝エネルギー
(100gあたり)
363kcal 400kcal
内容量 1.8kg 500g、1kg、3kg、6kg
価格 3,920円 1,180円(500g)
2,225円(1kg)
6,029円(3kg)
11,473円(6kg)
当サイト評価 Sランク Aランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとプリモには、どのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、モグワンとプリモは原産国も異なれば、原材料のラインナップや調理方法までも異なります。

お互いそれぞれにない特徴とメリットを持っているので、ここで「〇〇の方が良い」といった比較をすることはできません。

ただ、できるだけビタミンやミネラルなどの合成サプリメントに頼りたくないのであれば、プリモのような無添加ドッグフードを選ばれるといいでしょう。

どちらも質の良い食材を使っている点は共通ですが、プリモは酸化防止剤などの添加物に頼っていませんし、低温でじっくりとフードを作っています。

より手作り食に近いドライフードを愛犬に食べさせたい場合は、モグワンよりもプリモの方が適しているかもしれません。

それぞれ使っている食材も全く異なるので、どちらを選ぶかは評価や口コミで判断するのではなく、必ず愛犬の体質や健康状態をよく観察した上で決めるようにして下さい。

プリモの「ダイエット・シニア」はどんな犬におすすめなの?

プリモには「ベーシック」「ダイエット・シニア」の2種類のドッグフードがあります。

ここでは「ダイエット・シニア」が向いている犬の特徴をまとめてみました。

  • 避妊・去勢手術後の体重管理がどうしても難しい犬。
  • ダイエットしても体重が減らない犬。
  • 1日のエネルギー消費量が格段と減った高齢犬。
  • 高カロリー食を避ける必要のある犬。

体重の管理がなかなかできない犬、高カロリー食を避ける必要のある犬などに「ダイエット・シニア」が向いているようですね。

基本的にはベーシックの利用が推薦されているので、よほど1日のカロリー消費量が減っていない限りはベーシックの給餌量をやや少なくして様子をみるといいかもしれません。

プリモドッグフードのQ&A

プリモドッグフードの賞味期限は?

プリモの賞味期限は、未開封で6ヶ月、開封後は1ヶ月です。一般的なドッグフードよりも賞味期限は短めですね。

一応、遮光性の高いアルミパックと脱酸素剤を使ってほぼ真空パック状態にはなっています。

でも、できるだけ早めに使うことで新鮮なプリモを愛犬に食べさせることができますよ。

プリモドッグフードにお試しサンプルはある?

プリモでは、初めてプリモを食べる犬向けに「お試しパック(400g)」1,100円(税・送料込)を用意してくれています。

400gもあれば愛犬との相性をじっくり観察することができますから、ぜひお試しパックでお得にプリモを試してみるといいでしょう。

プリモドッグフードまとめ

プリモのまとめ
  • 生肉を50%以上使用し、元来肉食である犬の栄養バランスを考慮。
  • 脂はバージンオイルを使用し、加熱を一度のみに限定して酸化を抑えている。
  • 犬の健康にとって不要な合成保存料・酸化防止剤・着色料・抗カビ剤など添加物不使用。
  • 原材料に肉骨粉・遺伝子組み換え食品は使われていない。
  • オイルコーティングされていなくて犬の体に優しい。
  • 神戸市内の工場にて低温・低圧の無発泡製法で製造し、栄養を損なわないよう配慮。
  • 脱酸素剤も封入し真空パックされていて、劣化しにくいようにされている。
  • 原材料について採用した理由や使用目的などを細かく解説してあって安心。
  • 品質が高いことに比べて、価格はリーズナブルで良心的。
  • 多種のタンパク源が使われているため、食物アレルギーが酷い犬は控えた方がいい。

安全性を徹底するプリモは、サプリメントすら使わないほど添加物の使用にこだわっているドッグフードです。調理方法も徹底しているので、手作り食を意識する人にも向いています。

原材料に生肉を50%以上使い、合成保存料・酸化防止剤・着色料・造粘剤・防腐剤・抗菌剤・抗酸化剤・抗カビ剤など添加物は一切不使用です。

神様
脂にはバージンオイルを使用しており、加熱は一度だけに限定することで酸化を抑えておるのじゃ。

国内工場にて、胃腸を丈夫にすると言われる低温・低圧の「無発泡製法」にて製造されています。素材の栄養を逃がさず、生食に近いフードを目指しているのがわかりますね。

ただ、多種のタンパク源を使用しているので、食物アレルギーを抱える犬やアレルゲンを特定している過程の犬は気をつけてください。使用食材は必ずすべて確認しましょう。

食物アレルギーがなくとも体質に合うか、食べてくれるかはわからないため、最初はお試しパックを利用すると安心です。このお試しパックがある点も好感が持てます。

プリモは、飼い主さんに伝わりやすいよう説明も丁寧で、商品自体も信頼できるドッグフードだなと感じました。

プリモドッグフードの基本情報

内容量 500g、1kg、3kg、6kg(3kg×2)
※ベーシックの場合
お試し価格 1,100円(400g)
定期購入価格
通常価格 1,180円(500g)
2,225円(1kg)
6,029円(3kg)
11,473円(6kg)
販売会社 株式会社PRIMO
公式サイト https://www.primofood.jp
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る