158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

国産ドッグフード「ZEN」の口コミや評判ってどう?安全性も評価!

主原料に厳選された国産原料を使用したドッグフード「ZEN」。

鹿肉や猪肉など珍しいタンパク源を取り扱うZENは、ペットフードやペット用品を専門に取り扱う通販サイト「UGペット.com」のオリジナルドッグフードです。

ここでは、そんなZENの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 5.0
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 2.0
内容量 700g、4kg(1kg×4)、8kg(1kg×8)
価格 3,069円(700g)
16,654円(4kg)
32,263円(8kg)
※グレインフリー ベニソンの場合
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

当サイトは、ZENをAランクと評価しました。

ZENは申し分ないほど安全性と品質が高く、まさにワンランク上の国産ドッグフードを探している飼い主さん向きの商品と言えます。

猪肉や鹿肉など珍しいタンパク源を揃えているので、鶏肉やラム肉がダメな犬にも合わせてみるといいでしょう。

品質・衛生管理が徹底されている分お値段は高くなりますが、本当に安心して大切な家族に食べさせられるドッグフードです。

知りたい情報もすべて開示されているので、とても信頼できる商品だと判断しました。

ZENドッグフードの原材料と安全性について評価!

まず始めに、ZENの原材料と安全性についてです。ここでは「グレインフリー ベニソン」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。ZENには、特に危険な原料はありませんでした。

日本鹿生肉、あずき、乾燥さつまいも、乾燥じゃがいも、クリル、アルファ化でん粉、えごま粉、りんご、魚油、ココナッツオイル、乾燥酵母、黒ごま粉、コラーゲンペプチド、オリゴ糖、ブルーベリー、えのき、カシス、難消化性デキストリン、サイリウム(オオバコ種子)、リモナイト、亜麻仁油、オリーブオイル、レシチン、乾燥ごぼう、純りんご酢、柑橘果皮粉末、乳酸菌生成抽出物、ガーリック粉、パセリ、緑茶カテキン抽出物、タイム粉、ターメリック粉、ビタミンP(ヘスペリジン)、グレープシード抽出物、フェルラ酸、ミルクペプチド、ショウガ抽出物、カンゾウ抽出物、エンジュ抽出物(ルチン)、マリーゴールド抽出物(ルテイン含有)、H61乳酸菌、有胞子性乳酸菌/アミノ酸類(タウリン)、ミネラル類(焼成Ca、Zn酵母、NaCl、Cu酵母、Mn酵母、Se酵母、I酵母)、ビタミン類(C、E、B3、B5、B1、B6、B2、A、B9、D、B12)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
粗タンパク質 27.5%以上 水分 11.0%以下
粗脂肪 7.5%以上 代謝エネルギー 341kcal/100g
粗繊維 5.0%以下

まず結論から言うと、ZENの原材料や安全性に不安な要素はありません。

なぜそう言えるのか?というと、公式サイトに全原材料の産地・使用目的・調理方法・ZENが気をつけていること、そして製造工場での様子などがすべて開示されているからです。

また「よくある質問」では、ZENに感じる疑問へUGペット.com(販売会社)が非常に細かく回答されています。

私や他の情報サイトがZENについて評価しなくても、公式サイトを見ればZENの特徴や良さが十分に理解できるでしょう。

ちょっとこの辺りで、ZENの特徴をザックリとまとめてみたいと思います。

  • 日本で暮らす犬(室内犬)に合わせた独自のレシピ。
  • 人が食しても安全な食材のみを厳選。
  • 主原料には国産品を使用(第一主原料は生肉)。
  • 猪肉と鹿肉は、罠猟で捕れたもの&金属探知機で検査されたものだけを使用。
  • 各臓器の健康維持に配慮した機能性原料を配合。
  • 食物アレルギーに配慮し小麦・大豆・玄米不使用。
  • 合成保存料・着色料・香料・うま味調味料・中国産原材料などは使っていない。
  • 日本国内の自社工場で生産。
  • 低温でじっくり調理。
  • オイルコーティングしていない。
  • 定期的に放射能測定検査を行っている。

本当はもっと紹介したい特徴がたくさんあるのですが、まとまりがなくなってしまうのでこの辺りで止めておきます。もっと知りたい人は公式サイトを覗いてみて下さいね。

ZENは、自身のドッグフードに使っている猪肉と鹿肉についても積極的に情報を開示しています(産地や狩猟方法、鉛弾のことなど)。

また、国産の原材料を使っているからこそ気になる放射性物質についても、食品衛生法における食品中の放射性物質の基準より厳しい基準で検査を行っているとあるので安心です。

国内で調達が難しい食材は外国産もあるものの、厳しい検査をクリアしたものを使っています。すべての原材料が国産品ではありませんが、この辺りも心配しなくて大丈夫でしょう。

神様
無理やり国産品を使って質を落とす、あるいは価格を上げるよりは、たとえ外国産でも質の良いものを使った方がフード全体のバランスが良好に保たれるんじゃ。

正直、ここまで徹底された国産ドッグフードはほとんどないです。

強いていうなら、じゃがいもやフルーツが体質に合わない犬は気をつけた方が良いですね。ZEN以外のフードも同様ですが、購入前に体質と合うのか原材料欄をよく確認してください。

ZENはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 鶏肉やラム肉が合わない犬。
  • 免疫力が低下してきている犬。
  • お腹の調子が悪くなりやすい犬。
  • 毛並み・毛艶が悪い犬。
  • 穀物アレルギーがある犬。
  • 各臓器の健康が気になり始めた犬。
  • 室内で過ごすことの多い犬。
  • なんとなく元気がない犬。
  • 安全性の高い国産ドッグフードを探している人。
  • 愛犬に体に負担となるドッグフードを食べさせたくない人。
  • 愛犬の体に悪い原料や添加物を避けたいと考える人。
  • ドッグフードへ不信感がある人。

価格が高めなのはネックですが、ZENの原材料や栄養バランスが愛犬と相性が良さそうであれば、ぜひ愛犬のご飯リストに加えてみてはいかがでしょうか。

ZENドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

ZENを愛犬に与えている飼い主さんの口コミ・評判を調査しました。実際の声を「良い口コミ」「悪い口コミ」の2つに分けてご紹介します!

ZENドッグフードの良い口コミ

雑種犬6歳 / オス
5.0
うちの犬は鶏・牛・小麦・玄米・米アレルギーがあるため、アレルギーにも配慮しているこちらのフードに切り替えました。以前はよく吐いたり下痢をしていましたが、このフードを食べてから毎日健康的なウンチをしてくれます。吐くこともなくなりました。
ジャック・ラッセル・テリア7歳 / オス
5.0
フードジプシーだった頃に出会ったのがこちらのフードです。こちらは水でもふやかしやすく、カリカリが苦手なうちの子にはとても助かっています。よほど美味しいようで、お肉をトッピングしなくても完食してくれるようになりました。
ボーダー・コリー5歳 / メス
4.0
原材料にリモナイトが入っているので、確かにうんちが黒っぽくなります。便臭が気になる人には良いドッグフードだと思います。
ポメラニアン10歳 / オス
5.0
うちの子はお腹が弱いため、これまで良さげな国産ドッグフードをいろいろ試してきました。合うものがなかなか見つかりませんでしたが、こちらを食べるようになってから下痢も嘔吐も血便もしていません。うちの子には合っているようです。
パグ5歳 / オス
5.0
食べるか心配でしたが、何も問題なく美味しそうに食べています。うちの愛犬には、香りもカリカリ感も丁度良かったようです。

ZENドッグフードの悪い口コミ

トイ・プードル8歳 / メス
2.0
うちの子には合わなかったようです。もともと目やにが出るような子ではなかったのですが、こちらを食べるようになってから目やにが酷くなりました。
柴犬11歳 / メス
2.0
内容はすごくいいフードですが、うちの子には合わなかったようでお腹を壊してしまいました。
雑種犬6歳 / オス
1.0
原材料が良さそうだなと思い、2回連続で購入しました。ドッグフード特有の油臭さもなく、問題なく食べてくれます。しかし、商品が欠品してしまうのは嫌ですね…。毎日食べるフードなのに、欠品するようなメーカーの商品は怖くて頼めません。
パピヨン7歳 / メス
3.0
うちの子には粒が小さすぎたようで、勢いよく食べると喉に詰まらせます。最初は喜んで食べていましたが、詰まってからは食べなくなりました。中粒があると嬉しいです。

ZENドッグフードの口コミ・評判まとめ

ZENの口コミを調査したところ、全体的に評価の高いドッグフードであることがわかりました。

感じ方は愛犬の体質や健康状態によってだいぶ変わりますが「体調が良くなった」「〇〇が改善した」といった改善系の声が圧倒的に多かったような気がします。

どのようなお悩みがどう改善されたのかは各口コミを読むとわかるので、ぜひUGペット.comの通信販売サイトを参考にしてみて下さい。

悪い口コミに関しては「合わなかった」「食べない」という声が数件あったくらいです。

食いつきが悪い&合わないというのはどのドッグフードでも起こり得ることなので、ZENも初めて食べさせる場合はなるべく事前にサンプルで様子を見られた方がいいでしょう。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 3,069円(700g)
16,654円(4kg)
32,263円(8kg)
3,726円(700g)
―(4kg)
―(8kg)
3,726円(700g)
19,983円(4kg)
―(8kg)
送料 590円~
※6,500円以上は無料
2,000円以上は無料 店舗によって異なる

どこでZENを買うのがもっとも安いのか?

公式オンラインショップの「UGpet.com」を基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

ZENドッグフードの購入は公式オンラインショップがお得!

調査した結果、ZENの購入は公式オンラインショップ「UGpet.com」がもっともお得であることがわかりました。

楽天も「UGpet.com」が直接販売しているのですがやや高めです。楽天ポイントがたくさんつくメリットはありますが…ちょっと損した気分ですね。

「UGpet.com」なら6,500円以上で送料無料にもなります。少しでもお得にZENを購入したいなら、公式オンラインショップの利用がおすすめです。

神様
Amazonは一部のZENしか取り扱いがなく、全商品・全サイズがそろっているわけではないのじゃ。

ZENドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン ZEN(グレインフリー ベニソン)
主原料 チキン&サーモン56%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) 日本鹿生肉・あずき・乾燥さつまいも
穀物 グレインフリー グレインフリー
タンパク質 27%以上 27.5%以上
脂質 10%以上 7.5%以上
代謝エネルギー(100gあたり) 363kcal 341kcal
内容量 1.8kg 700g、4kg、8kg
価格 3,920円 3,069円(700g)
16,654円(4kg)
32,263円(8kg)
当サイト評価 Sランク Aランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとZENには、どのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、モグワンもZENもフードの特徴が全く異なります。原産国や使っている原材料の産地まで違います。

お互いそれぞれにない特徴とメリットを持っているので、ここで「〇〇の方が良い」といった比較をすることはできません。

ただ、できるだけ国産にこだわりたいのであれば、ZENのようなドッグフードを選ばれた方がいいでしょう。

どちらも人が食せるほど質の良い食材を使っている点は共通ですが、ZENはできるだけ国産品を使って日本国内の自社工場でフードを生産しています。

また、ZENは食物アレルギーのリスクが低いタンパク源(猪肉・魚肉・鹿肉)を使っていますから、鶏肉がダメな犬にも合わせやすいドッグフードです。

それぞれ使っている食材も全く異なるので、どちらを選ぶかは評価や口コミで判断するのではなく、必ず愛犬の体質や健康状態をよく観察した上で決めるようにして下さい。

ZENドッグフードの種類と特徴について

ZENのドッグフードは全部で8種類です。それぞれの特徴などを簡単にまとめてみました。

商品名 粗タンパク質 粗脂肪 代謝エネルギー
(100g中)
特徴
プレミアムドッグ グレインフリー フィッシュ 27%以上 7.5%以上 335kcal 動物性タンパク質に生タラとクリルを60%以上使用。
プレミアムドッグ グレインフリー ワイルドボア 27%以上 9%以上 354kcal 動物性タンパク質に猪生肉とクリルを60%以上使用。
プレミアムドッグ グレインフリー ベニソン 27.5%以上 7.5%以上 341kcal 動物性タンパク質に鹿生肉とクリルを60%以上使用。
プレミアムドッグ ワイルドボア アダルト&シニア 21%以上 11%以上 369kcal 猪生肉とクリルを50%以上使用。シニア犬の各臓器のためミネラル量を調整。グレインフリーワイルドボアより低タンパク&高脂質。
プレミアムドッグ ベニソン アダルト&シニア 22%以上 10%以上 359kcal 鹿生肉、クリルを50%以上使用。シニア犬の各臓器のためミネラル量を調整。グレインフリーベニソンより低タンパク&高脂質。
プレミアムドッグ グレインフリー しらす アダルト&シニア 23%以上 8.5%以上 345kcal 動物性タンパク質にしらす、クリルを50%以上使用。
プレミアムドッグ 赤鶏 パピー 28%以上 12.5%以上 359kcal 動物性タンパク質に赤鶏肉、鶏軟骨を50%以上使用。
プレミアムドッグ 赤鶏 アダルト&シニア 25%以上 9%以上 359kcal 動物性タンパク質に赤鶏肉、鶏軟骨を50%以上使用。赤鶏パピーより低タンパク&低脂肪。

今の愛犬にはどのZENが合っているのか?その辺りはUGペット.comがしっかりアドバイスをしてくれます。困ったときは直接問い合わせて相談してみるといいでしょう。

ZENドッグフードのQ&A

ZENドッグフードにお試しサンプルはある?

ZENには各種約30gの無料サンプルがあり、公式オンラインショップ「UGpet.com」にて購入可能です。

会員登録を行ったうえで購入すると、サンプル発送分の送料(消費税相当額を除く)が後日ギフトコードにてキャッシュバックされるようですよ。

ZENドッグフードに使われている猪肉や鹿肉って本当に安全なの?

ZENに使われている猪肉と鹿肉は保健所より食肉処理業の営業許可を受けている衛生的に管理された食肉工場で処理されているとのことです。

このように説明があるので、安心して大丈夫でしょう。

ZENドッグフードまとめ

ZENのまとめ
  • 人が食べても安全な食材のみを厳選し、原材料にこだわりたい人にも向いている。
  • 犬の消化器官の特性に合うように第一主原料は国産品の生肉を使用。
  • 猪肉・鹿肉は、罠猟か金属探知機で検査されたものだけを使用していて安心。
  • 乳酸菌やえごま粉などの機能性原料を配合し各臓器の健康維持をサポート。
  • オイルコーティングされておらず犬の体に優しい。
  • 犬の健康にとって必要のない合成保存料・着色料・香料・中国産原材料など不使用。
  • 小麦・大豆・玄米不使用で珍しいタンパク源もあり、食物アレルギーを抱える犬に配慮。
  • 低温でじっくり調理するため、素材本来の美味しさや栄養を逃がさない。
  • 日本国内の自社工場で生産し、定期的に放射能測定検査を行い安全性を確認。
  • 犬の体質にじゃがいもやフルーツが合わない場合は原材料の確認が必要。

ZENは、安全性を追求することを惜しまない良好なフードだと思いました。国産を強みとして活かし、原材料の品質や放射能測定検査の実施など独自の工夫が感じられる仕上がりです。

食材は人が食べても安全なものを厳選し、第一主原料は国産の生肉を使っています。さらに猪肉・鹿肉は、罠猟か金属探知機で検査されたものに限っていて安心です。

神様
乳酸菌やえごま粉などの機能性原料を配合し健康維持サポートをしてくれるのじゃ。合成保存料・着色料・香料・うま味調味料・中国産原材料などは不使用なのもポイントじゃぞ。

食物アレルギーにも配慮されていて「小麦・大豆・玄米」が不使用なのはもちろん、猪や鹿などの珍しいタンパク源も取り揃えられています。

ただ、じゃがいもやフルーツが使われているため、これらが体質に合わない犬は気をつけてください。原材料欄を最後まで確認するのがベストです。

そして、自社工場で衛生管理を徹底しているうえ、厳しい基準のもとで定期的に放射性測定検査を行なっています。ここまで安全や品質を徹底しているドッグフードは珍しいでしょう。

これらのことから、ZENは取り立てて気になるところのない商品です。同価格帯の中でワンランク上の商品を探している人も手に取りやすいフードだと思います。

ZENドッグフードの基本情報

内容量 700g、4kg(1kg×4)、8kg(1kg×8)
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 3,069円(700g)
16,654円(4kg)
32,263円(8kg)
※グレインフリー ベニソンの場合
販売会社 有限会社UGペット
公式サイト https://www.zenpetfoods.com/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る