158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ビューティープロドッグフードの口コミや評判はどう?安全性も評価!

マリンコラーゲンを贅沢に配合した国産のドッグフード「ビューティープロ」。

あのビタワンと同じ日本ペットフード株式会社が製造販売を手掛けるビューティープロですが、フードの内容は安全性などはどうなのでしょうか?

ここでは、ビューティープロの原材料や安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Eランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 0.0
栄養バランス 1.0
無添加 4.0
安全性 2.0
コスパ 5.0
内容量 400g、2.5kg、5.2kg
※成犬用の場合
価格 352円(400g)
1,249円(2.5kg)
2,309円(5.2kg)
※楽天参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 子犬用/成犬用
原産国 日本
編集部からの評価

当サイトは、ビューティープロをEランクと評価しました。

合成保存料や合成着色料といった有害な添加物が使われていない点は高く評価できますが、犬目線で考えられた内容とは言い難いドッグフードです。

原材料についての具体的な情報もないため、いろいろ不安が残ります。また、これだけたくさんの穀類を主原料に使う目的も明かされていません。

穀類もどんな穀類を使っているのかわからないため、もしかしたら遺伝子組み換え作物が使われている可能性もあると感じました。

ビューティープロドッグフードの原材料と安全性について評価!

まず始めに、ビューティープロの原材料と安全性についてです。ここでは「成犬用」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦ブラン、小麦粉、ライスブラン)、肉類(チキンミール、チキンレバーパウダー)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂(オメガ‐6脂肪酸含む)、共役リノール酸)、魚介類(フィッシュエキスパウダー、マリンコラーゲン、小魚粉末(DHA、EPA/オメガ‐3脂肪酸源))、ビール酵母(β‐グルカン源)、乳酸菌加熱菌体、糖類(オリゴ糖、エリスリトール)、カゼインホスホペプチド、果実類(クランベリーパウダー、ブルーベリーパウダー(アントシアニン源))、トマト(リコピン源)、L‐カルニチン、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、グルコン酸亜鉛、硫酸亜鉛、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、B2、B6、B12、D、E、パントテン酸、コリン)、バチルスサブチルス(活性菌)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、アミノ酸類(アルギニン、タウリン、メチオニン)、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸
タンパク質 25.0%以上 灰分 8.5%以下
脂質 13.5%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 3.0%以下 代謝エネルギー 380kcal/100g

ビューティープロは、ビタワンと同じ日本ペットフード社が製造販売を手掛けるドッグフードです。

それなりにきちんとした工場で生産されているので衛生・品質管理は問題ないと思われますが、原材料については気になる要素がいくつかあります。

まずはビューティープロの主な特徴をざっくりとまとめてみました。

  • 日本ペットフード社の検査部門で原料規格をクリアした原材料のみを使用。
  • 原材料は主にアメリカから輸入。
  • 肉類は国産(鶏肉は主に九州と東北、牛肉・豚肉は九州)を使用(変更の場合あり)。
  • 魚類は焼津港にて陸揚げされたものも含む。
  • ISO22000認証を取得した静岡工場で生産。
  • 各製造部門と品質管理部門、品質保証部門の三段階で厳しい品質チェックを実施。
  • 粒の形や色を変えているのは、粒からフードの種類・銘柄を特定できるようにするため。
  • 2.5kgは小分けパック。

ビューティープロには、これといって有害な添加物は使われていません。

合成着色料や香料、合成保存料などもとくに使われていないので、リーズナブルな価格帯の中で比較的安心して使えるドッグフードです。

ところが、原材料は犬目線で考えられたラインナップとはちょっとかけ離れています。

どちらかというと、大量生産目的。つまり、利益目的で作られているドッグフードなんだろうなという印象を受けました。

そもそもビューティープロは、原材料についての具体的な情報を開示していません。これって実はすごく怖いことです。

開示すると会社としては都合が悪いのか?それとも消費者が離れていく可能性があるからなのか?はわかりませんが、情報を開示できない何らかの理由があるのは間違いないでしょう。

あくまでも私の予想ですが、穀類は遺伝子組み換え作物、肉類は抗生物質などの薬剤が投薬され続けた鶏の肉を使っているのかな?と思いました。

公式サイトでは「厳選された原材料」とありますが、これだけでは具体的にどう厳選された原材料が使われているのかまでは正直わかりませんね。

ただ、この価格帯のドッグフードで、ビューティープロと同じくらい合成添加物を使っていないドッグフードはそう多くありません。

少しでも有害な添加物を避けたリーズナブルのドッグフードを買いたい場合は、ビューティープロのような商品を選んでおくといいでしょう。

ビューティープロはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 毛質や毛並みが気になる犬。
  • ドッグフードの価格を抑えたい人。

ビューティープロは、有害な添加物を使っていないものの、開示されている情報は少ないなと感じました。

開示情報が増えれば、もっと安心できるフードになるでしょう。

ビューティープロドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ビューティープロを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ビューティープロドッグフードの良い口コミ

パピヨン8歳 / オス
5.0
皮膚が弱いので、こちらの食物アレルゲンに配慮をずっと利用しています。今のところアレルギーが出たことはありません。食べると毛並みが綺麗になります。
ミニチュア・ダックスフンド10歳 / メス
4.0
やや太り気味なので、こちらを食べさせながらダイエット中です。無理なく少しずつ体重落ちています。気に入って食べてくれるし、価格も安めなのでこれからも続けるつもりです。
ゴールデン・レトリバー4歳 / オス
5.0
保存料を考慮して、グランデリからこちらのフードに切り替えました。こちらはうんちも臭くならず、体調もずっと安定していて良好です。毛艶や歯の状態も良いので気に入っています。

ビューティープロドッグフードの悪い口コミ

柴犬6歳 / オス
3.0
不要な添加物が入っていないので買ってみたのですが、やはり「肉類」が気になります。なので、今後はちゃんと鶏肉が使われているフードに変えることにしました。
ラブラドール・レトリバー5歳 / メス
2.0
これはお腹が空きやすいのか?うちの子には物足らない感じで、1回に食べる量が増やすか、肉系を混ぜるかの工夫が必要になってしまいました。もっと腹持ちのいいフードに変えようか検討中です。
コーギー7歳 / オス
2.0
食いつきはとてもいいですが、うんちの回数が増えました。うんちの状態は決して悪くないのですが、急に回数が増えたので喜んで続けようか悩んでいます。しかも、以前のフードより1日に与える量が多い。

ビューティープロドッグフードの口コミ・評判まとめ

ビューティープロの口コミを調査したところ、全体的にとても評判の良いドッグフードだなと感じました。

良い口コミでとくに多かったのが「毛並み・毛ツヤが良くなった」「食いつきがいい」「小分けになっているから便利」という声。

やはり原材料に含まれるマリンコラーゲンのおかげなのか、毛質が良くなったという声はとても多かったように思います。

その一方で「うんちの回数が増えた」「物足りなそう」という声も目立ちました。お腹が空きやすいのは、腹持ちが悪い原料が多く含まれているからだと思われます。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,209円(2.5kg)
2,345円(5.2kg)
352円(400g)
1,249円(2.5kg)
2,309円(5.2kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

どこでビューティープロを買うのがもっとも安いのか?公式サイトとともに、大手通販サイトのAmazon・楽天を比較してみました。

ビューティープロドッグフードの価格がもっとも安いのは楽天!

調査した結果、ビューティープロの価格がもっとも安いのは楽天であることがわかりました。公式サイトでの販売はありません。

内容量によってはAmazonも安いですが大差はなく、楽天の方が品揃えも良いです。

ただ、ビューティープロはドラッグストアやホームセンターでも購入できます。意外とそちらで買った方が安い場合もあるので、よく比較した上で購入されることをおすすめしますね。

ビューティープロドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン ビューティープロ(成犬用)
主原料 チキン&サーモン56%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) 穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦ブラン、小麦粉、ライスブラン)
穀物 グレインフリー 穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦ブラン、小麦粉、ライスブラン)
タンパク質 27%以上 25%以上
脂質 10%以上 13.5%以上
代謝エネルギー
(100gあたり)
363kcal 380kcal
内容量 1.8kg 400g、2.5kg、5.2kg
価格 3,920円 352円(400g)
1,249円(2.5kg)
2,309円(5.2kg)
当サイト評価 Sランク Eランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとビューティープロには、どのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、モグワンとビューティープロはドッグフードの特徴が全く異なります。

個人的には、原材料や製造工程などを総合的に考えると、ビューティープロよりもモグワンのようなドッグフードをたくさんの犬に食べさせてあげたいなと感じます。

モグワンは人も食べれる原料をバランスよく配合しているうえに、低温調理で素材の旨味と栄養分がちゃんと活かされているため、余計なアレンジが施されていません。

ビューティープロもきちんとした衛生・品質管理のもとで作られているので安心ではありますが、犬目線で考えるとモグワンのようなドッグフードが理想かなと私は思います。

神様
モグワンじゃなくても、せめて当サイトでS~Dランクで紹介したドッグフードを選んでおきたいものじゃ。

どんなドッグフードもそうですが、まずは愛犬の健康状態やライフスタイルをよく見極め、そのうえで気になる商品をじっくりと比較検証するようにしましょう。

ビューティープロドッグフードの種類と特徴について

ビューティープロには、全部で10種類のドッグフードがあります。それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

商品名 特徴
子犬用
12ヶ月頃まで
「成犬用」に比べ、たんぱく質・カルシウムともに約20%アップ。栄養価が高く、妊娠・授乳期の母犬にもおすすめ。
成犬用 1歳から 1歳以上からの成犬におすすめのフード。小粒タイプ。
大粒タイプ 1歳から 1歳以上からの成犬におすすめのフード。小粒より約1.5倍大きい大粒タイプ。
10歳以上 食べやすいようサクサクしたタイプの小粒フード。コエンザイムQ10配合。
低脂肪 1歳から 「成犬用」に比べ、脂肪分約40%カット。やや肥満気味~肥満の犬におすすめ。
ダイエット 1歳から 「成犬用」に比べ、脂肪分約40%・カロリー約20%カット。やや肥満気味な犬(腰は少しくびれている)におすすめ。
食物アレルゲンに配慮
1歳から
動物性タンパク源にを使用して食物アレルギーに配慮。
食物アレルゲンに配慮
10歳以上用
動物性タンパク源にを使用して食物アレルギーに配慮。
歯の健康 1歳から 歯垢が落ちやすいよう特殊なギブルが特徴。また、口腔内環境を健康的に維持するためグロビゲンPGを配合。
おなかの健康 1歳から 食物繊維を強化しているため、うんちが緩くなるのを防ぐ働きが期待できる。

とくにこれといった悩みが愛犬になければ、成犬用・大粒タイプ・10歳以上用を利用されるといいでしょう。

以前は「7歳以上」もありましたが販売終了しました。

ビューティープロドッグフードのQ&A

ビューティープロドッグフードにお試しサンプルはある?

当サイトが調査した限り、ビューティープロにサンプルはないようです。

でも、2021年秋から400gのお試しサイズが追加されました。無料ではありませんが、本商品を購入するよりも手軽に購入できます。

ビューティープロドッグフードまとめ

ビューティープロのまとめ
  • 食材は主にアメリカ、肉類は国産、魚類は焼津港で陸揚げされたものを使い安全を追求。
  • 合成着色料や香料、合成保存料は使わず犬の体に配慮。
  • ISO22000認証取得の静岡工場で製造し衛生・品質管理を徹底。
  • 手軽にドラッグストアやホームセンターなど実店舗で買えて便利。
  • 2.5kgは小分けパックなので消費量の少ない家庭でも利用しやすい。
  • 穀類がたくさん使われている理由が気になる。
  • 原材料に関する具体的な情報があればもっと良かった。
  • 犬の体質にトウモロコシや小麦が合わない場合は控えた方が無難。

ビューティープロは、有害な添加物はこれといって含まれておらず、工場の衛生管理に重きをおいている点は良いなと思いました。

食材の産地もざっくりとですが記載されていて、合成着色料や香料、合成保存料は使わず犬の体に優しいです。小分けパックなのも、利用しやすいよう工夫されているのが伝わります。

神様
製造している静岡工場はISO22000認証を取得しており、衛生・品質管理を徹底しているのじゃ。

この価格帯の中では比較的良好だなと感じるものの、穀類がたくさん使われている理由や原材料に関する具体的な情報は知りたいところです。

穀類は、継続して与えると食物アレルギーが懸念されます。また、チキンや魚などの動物性原料より、穀物や野菜などの植物性原料が多いと胃腸の負担となる場合もあるんです。

そして、原材料に関する具体的な情報は不明です。遺伝子組み換え作物や薬剤投与された肉類が使われているのかなど、企業側が開示してくれないと消費者側からはわかりません。

これらがクリアになれば、今よりもっと利用しやすくなるのになと感じますね。せっかく良い部分もあるビューティープロですから、今後の情報開示に期待したいです。

ビューティープロドッグフードの基本情報

内容量 400g、2.5kg、5.2kg
※成犬用の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 352円(400g)
1,249円(2.5kg)
2,309円(5.2kg)
※楽天参考価格
販売会社 日本ペットフード株式会社
公式サイト https://beautypro.npf.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る