158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ウェルネスコアドッグフードを購入した口コミ評判!安全性や評価は?

ペットの健康と幸せを考え、素材選びから徹底して行うアメリカ産のペットフード「ウェルネス」。

日本で販売されている犬用ウェルネスには5つのブランドラインナップがありますが、ここではペットフード専門店で取り扱いの多い「ウェルネスコア」に注目してみました。

実際にウェルネスコアの「成犬用 オーシャンフィッシュ」を購入し、粒のサイズや香りなど確認しましたよ。

ウェルネスコアの原材料や安全性の評価、口コミや評判を調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 4.5
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.5
内容量 800g、1.8kg、5.4kg
※成犬用 オーシャンフィッシュの場合
価格 2,138円(800g)
3,942円(1.8kg)
8,618円(5.4kg)
※成犬用 オーシャンフィッシュのAmazon参考価格
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 成犬用
原産国 アメリカ
編集部からの評価

当サイトは、ウェルネスコアをBランクと評価しました。

Bランクの中でも、かなり良好なドッグフードです。具体的な情報はないものの、公式サイトで「信頼できるサプライヤーから原料を仕入れている」と説明されています。

そのため、ウェルネス全般で使われている原料の安全性は高めと判断して良いでしょう。

フードは品質管理システムが整った自社工場で作られていて、その様子も動画でしっかり伝えてくれています。

他社に製造を任せる他のアメリカ産ドッグフードよりもずっと安心のできる商品です。

ウェルネスコアドッグフードを実際に購入してみました!

ウェルネスコアの粒や匂いなどを確かめるべく、今回は「成犬用 オーシャンフィッシュ」の800gを購入してみました。

ウェルネスのペットフードを直接買えるお店って、だいぶ限られているんですよね。私は近所にあるイオンペットで購入してきました。

↑パッケージ裏はこんな感じ。

袋を開封してみましょう。

ウェルネスコアにはきちんとチャックが付いていますね。

袋の中からは、魚のみりん干しのようないい香りが漂ってきます。おいしそうな匂いです。

粒はこんな感じ。結構大きくてゴロゴロしてますね。

一応これは中・大型犬用らしいので、口の小さな犬なら小型犬用を選ばれるといいかもしれません。

試しに、粒のサイズを1円玉といつも愛犬に食べさせている「モグワン」とを並べて比較してみました。

こうやって見ると粒の大きさがよくわかります。一辺は約10〜13mmでしょうか。歯が弱い犬や噛むことが得意じゃない犬には向かない大きさです。

ちなみに、我が家の愛犬(雑種・中型犬)はとても食べづらそうでした。もともと大きめの粒を好まない子で、こちらの粒は口からポロポロとこぼしてしまうのです。

それでは次に、ウェルネスコアの原材料と安全性について見ていきたいと思います。

ウェルネスコアドッグフードの原材料と安全性について評価!

次に、ウェルネスコアの原材料と安全性についてです。ここでは「成犬用 オーシャンフィッシュ」を評価してみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよくわからない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。ウェルネスコアには、特に危険な原料はありませんでした。

白身魚、ニシンミール、サーモンミール、メンハーデン(魚)ミール、えんどう、じゃがいも、乾燥粗挽きじゃがいも、キャノーラ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、えんどう繊維、トマトポマス、フィッシュエキス、粗挽き亜麻仁、ほうれん草、ブロッコリー、にんじん、パセリ、りんご、ブルーベリー、ケール、さつまいも、チコリ根抽出物、ラクトバチルス・プランタルム※、エンテロコッカス・フェシウム※、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィラス※、ユッカ抽出物、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ビタミン類(E、コリン、ナイアシン、ベータカロテン、A、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸、C)、ミネラル類(亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)※乳酸菌
たんぱく質 34.0%以上 水分 10.0%以下
脂質 15.0%以上 オメガ6脂肪酸 2.0%以上
粗繊維 7.0%以下 オメガ3脂肪酸 0.8%以上
灰分 10.0%以下 代謝エネルギー 約363kcal/100g

ウェルネスコア、そしてウェルネス製品全般がとても良好なドッグフードです。

気になる原料もこれといって含まれていませんし、「すべての原材料は安全性・品質・栄養価を精密に検査し厳選している」と説明もあります。

まず、ウェルネスコア(ウェルネス製品全般)の特徴をまとめてみました。

  • ドライフードはアメリカのインディアナ州にある自社工場でフードを製造。
  • 小麦・とうもろこし・エトキシン・BHA・BHT・着色料・香料不使用。
  • 肉副産物不使用(ミートミールは乾燥肉を粉末状にしたものです)。
  • 原材料から最終製品になるまで厳しい品質管理システムで守られている。
  • 原料サプライヤーを定期的に訪問。
  • すべてのプラスチックカップと缶はBPAフリー。
  • 家庭で使う素材と同じレベルの食材を使用。

ウェルペット社は、とにかく徹底した品質・衛生管理を行っているようですね。アメリカ版の公式サイトでも、この辺りの説明がとても丁寧にされています。

ちなみに、インディアナ州にあるウェルペット自社工場の様子を以下の動画で見ることができます。この工場ではドライフードのみ製造が行われているようですね。

ウェルネスは、2012年に一部の商品(Complete Health Super5Mix)がサルモネラ菌汚染でリコールの対象になっています。

そのリコールがあったからか、品質・衛生管理がかなり厳重に行われている印象です。

そしてここからはウェルネスコアの話に戻りますが、ウェルネスコアは穀物の代わりにジャガイモを使用しています。これは穀物不使用のフードによくあることですね。

ところが、ジャガイモでアレルギーを起こす犬が少なくありません。穀物同様、ポテトを含まないドッグフードを作るメーカーも増えてきているのはこのためです。

これはウェルネスコアに限ったことではありませんが、愛犬に初めてのフードを与える際は、必ず事前に原材料や公式サイトをくまなくチェックするようにしましょう。

ウェルネスコアはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 1日のエネルギー消費量が多い犬。
  • 穀物アレルギーがある犬。
  • ジャガイモが体質に合う犬。
  • 大きめの粒が好きなシニア犬。
  • 涙やけが気になる犬。
  • 毛艶・毛並みがあまり良くない犬。
  • 質の良い高タンパクドッグフードを探している人。
  • 安全性の高い市販ドッグフードを探している人。
  • イオンペットをよく利用する人。

ウェルネスコアは具体的な情報がないものの、公式サイトで仕入れに関する説明をしたり工場の様子を動画で伝えてくれていたりと、判断材料を開示してくれています。

自社で製造していますし、Bランクの中でも良好だなと思いました。

ウェルネスコアドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

愛犬にウェルネスコアを与えた飼い主さんの口コミや評判を集めました。実際はどうなのか確かめてみましたよ!

ウェルネスコアドッグフードの良い口コミ

トイ・プードル8歳 / メス
4.5
1袋食べ終わりましたが、とくに涙やけや皮膚トラブルも起きませんでした。消化も良いようなのでローテーションのリスト入りです。価格が高いのはデメリットですが、近くで買えるので助かります。
ラブラドール・レトリバー4歳 / オス
4.5
食後に口まわりと指先に痒みが出やすいうちのワンコですが、このフードはだいぶ調子がいいようです。前に食べていたフードよりも痒みと皮膚のベタつきがなくなりました。
雑種犬9歳 / オス
5.0
ネットでいろいろ検査し、このフードにたどり着きました。もう1年以上利用していますが、愛犬の体毛がふさふさと元通りの状態になり、皮膚の痒みもだいぶ治ってきました。とても安心して使える商品です。
雑種犬14歳 / オス
5.0
このフードに切り替えて数ヶ月経ちますが、食いつきもよく美味しそうにたべています。うんちもきれいな茶色で、柔らかさも理想的です。しばらくこちらを続けてみようと思います。
コーギー6歳 / メス
4.0
オリジンが値上がりしてしまったので、同じくらい高タンパクで代わりになるものを…と探してこちらに出会いました。一袋食べ終わりましたが、涙やけや皮膚トラブルも起きていません。消化もいいようで、とりあえずローテーションに入れたいと思います。

ウェルネスコアドッグフードの悪い口コミ

シェルティー6歳 / メス
2.5
獣医さんにオススメされて試しに買ってみました。中身がとてもしっかりしているフードだと思います。ただ、粒が大きいのかうちの犬の食いつきがイマイチです。
ヨークシャー・テリア4歳 / メス
2.0
このフードを食べさせると便量が増えます。うちのワンコには消化できない材料が多く入っているのかもしれません。時々うんちがゆるゆるになるので、とりあえずリピはしないと思います。
ミックス犬13歳 / オス
1.0
高齢用とありますが、ちょっと粒が大きいですね。しかも硬い。案の定、うちのシニア犬は嫌がって食べてくれませんでした。高齢用とは思えないようなフードです。
チワワ4歳 / オス
2.5
うちの子には少し粒が大きかったようです。厚さがあるので、とても食べにくそうでした。
シーズー10歳 / オス
2.0
他の口コミにもあるように、シニア犬用のフードにしては粒がとても大きいです。うちの子はうまく食べれないようで、必ずポロっと口から出してしまいます。成犬用はとても小粒だったので、シニア犬用も小粒を出して欲しいです。

ウェルネスコアドッグフードの口コミ・評判まとめ

ウェルネスコアはとても信頼されている商品ですね!

ウェルネスコアや他のウェルネスシリーズの口コミをいろいろ見てみましたが、どれも高評価ばかりです。

とくに多かったのが「涙やけが良くなった」「皮膚の痒みが治まった」「安心して使える」といった声。

値段は少々高いけど、内容に満足できるからリピートしているといった飼い主さんが多い印象を受けました。

ただ、それとは逆に「粒が大きい」「食べづらそう」「粒が硬い」といった声も少なくありません。

ウェルネスコアは商品によって粒がゴロッとしているので、口が小さい犬や噛むことが苦手な犬に選ぶ際は種類に注意した方が良いでしょう。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入 2,031円(800g)
3,548円(1.8kg)
8,618円(5.4kg)
通常購入 2,138円(800g)
3,942円(1.8kg)
8,618円(5.4kg)
2,138円(800g)
3,942円(1.8kg)
8,618円(5.4kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗によって異なる

どこでウェルネスコアを買うのがもっとも安いのか?公式サイトとともに、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

ウェルネスコアドッグフードの価格はAmazonも楽天も同じ!

調査した結果、ウェルネスコアの価格はAmazonも楽天も同じであることがわかりました。公式サイトでの直接販売はありません。

ここではAmazonと楽天の価格を出していますが、ウェルネスコアは「イオンペット」「POCHI」のペットフード専門通販サイトでも購入可能です。

ウェルネスコアドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン ウェルネスコア(成犬用 オーシャンフィッシュ)
メイン食材 チキン&サーモン56%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) 白身魚・ニシンミール・サーモンミール
穀物 グレインフリー グレインフリー
タンパク質 27%以上 34%以上
脂質 10%以上 15%以上
代謝エネルギー
(100gあたり)
363kcal 363kcal
内容量 1.8kg 800g、1.8kg、5.4kg
価格 3,920円 2,138円(800g)
3,942円(1.8kg)
8,618円(5.4kg)
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとウェルネスコアには、どのような違いがあるのかを比較してみました。

まず、モグワンに比べてウェルネスコアは全体的に栄養価が高めです。タンパク質は30%超えており、脂質もモグワンよりやや高めになっています。

このことから、1日のエネルギー消費量が多い犬ほどウェルネスコアのようなドッグフードが向いていることがわかります。いわゆる、運動量が多い活動的な犬ですね。

あとは、栄養価の高いドッグフードを必要としている犬や一度にたくさん食べれない犬にもウェルネスコアが向いています。

モグワンでも十分バランスのとれた食事はできますが、ウェルネスコアはより効率的にカロリーを摂取できるでしょう。

ただ、モグワンとウェルネスコアは、特徴や原材料などあらゆる点が大きく異なります。

なので、私の方で「○○がおすすめ!」と判断することはできません。どちらが愛犬に適しているのかは、愛犬の体質・健康状態をよく観察した上で決めるようにしましょう。

ウェルネスドッグフードの種類と特徴について

犬用のウェルネスにはドライフードウェットフードの2タイプがあり、ドライフードは4つのシリーズ、ウェットフードは3つのシリーズに分かれています。

ここではウェルネスの公式サイトに載っている商品をもとに、それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

ドライフード

ウェルネスシリーズ

  • 小型犬 子犬用(離乳期〜1歳)
  • 小型犬 成犬用(1〜6歳)
  • 小型犬 高齢犬用(7歳以上)
  • 小型犬 体重管理用(1〜6歳)

ウェルネス全体の中ではやや低タンパク(26〜28%)のシリーズ。アークランド(ホームセンタームサシペットワールド・NICO PET)専売の商品となっているようです。

ウェルネスコアとは異なり、このシリーズでは穀物(オートミール、大麦、粗挽き玄米、オート麦など)が使われています。

ウェルネスコアシリーズ

  • 小型犬 全年齢用 骨抜き七面鳥
  • 小型犬 子犬用(離乳期~1歳)骨抜き七面鳥
  • 小型犬 成犬用(1~6歳)骨抜き七面鳥
  • 小型犬 体重管理用(1歳以上)骨抜き七面鳥
  • 成犬用(1~6歳) オーシャンフィッシュ
  • 高齢犬用(7歳以上) 骨抜き七面鳥
  • 小型犬 成犬用(1歳以上)コアダイジェスティブヘルス 骨抜きチキン&玄米
  • 成犬用(1歳以上)コアダイジェスティブヘルス 骨抜きチキン&玄米
  • 成犬用(1歳以上)コアダイジェスティブヘルス 白身魚&玄米

全ての種類でタンパク質が30%以上と高めのシリーズ。ウェルネスコアは穀物不使用で、コアダイジェスティブヘルスは穀物が使用されています。

ウェルネスコアは、穀物の代わりに「えんどう豆」や「ジャガイモ」が使われているのが特徴です。コアダイジェスティブヘルスは、消化しやすい原料を使った設計となっています。

ウェルネス穀物不使用シリーズ

  • 子犬用(離乳期〜1歳)骨抜きチキン
  • 小型犬用(1歳以上)骨抜き七面鳥
  • 全犬種用(1歳以上)白身魚

全て穀物不使用で、えんどう豆とジャガイモ以外にひよこ豆も取り入れているシリーズ。

穀物不使用シリーズの「子犬用」と「小型犬用」はどちらもタンパク質30%超えですが、「全犬種用」に関してはタンパク質26%以上とやや低めになっています。

ウェルネスシンプルシリーズ

  • 小型犬 成犬用(1歳以上)サーモン&じゃがいも
  • 全犬種用 成犬用(1歳以上)骨抜き七面鳥&じゃがいも
  • 全犬種用 体重管理用(1歳以上)サーモン&じゃがいも

食物アレルギーに配慮して、タンパク質源を1種類に絞ったシリーズ。全て穀物不使用のタイプです。原材料も他のシリーズよりも少なめになっています。

以前はオートミールを使った「体重管理用」がいくつかありましたが、今は無くなってしまいました。

ウェットフード

プチアントレ柔らか煮込みシリーズ

  • プチアントレ 柔らか煮込みチキン
  • プチアントレ 柔らか煮込みチキン(ビーフ&サーモン入り)
  • プチアントレ 柔らか煮込みチキン(ローストラム入り)
  • プチアントレ 柔らか煮込みチキン(ターキー&ダック入り)

穀物アレルギーに配慮して、すべて穀物不使用になっています。歯がない犬やうまく噛むことのできない犬にも向いている食感です。

プチアントレグレービー仕立てシリーズ

  • プチアントレ クレービー仕立て チキン
  • プチアントレ クレービー仕立て チキン&ターキー

このシリーズも、穀物アレルギーに配慮してすべて穀物不使用になっています。柔らか煮込みシリーズよりも、素材の食感を楽しめるタイプです。

以前は、いんげん豆やパプリカを使った商品もありましたが、今は無くなってしまいました。

コアチャンキーセンター

  • チャンキーセンター ビーフ&ラム さつまいも入り
  • チャンキーセンター ターキー&ダック さつまいも入り
  • チャンキーセンター チキン&チキンレバー ほうれん草入り
  • チャンキーセンター サーモン&ツナ ほうれん草入り
  • チャンキーセンター ラム&ターキー ケール草入り

コアチャンキーセンターも穀物不使用タイプです。同時にいろんな食感を楽しめるだけでなく、抗酸化栄養素が含まれた野菜を使用しているのが特徴です。

ウェルネスコアドッグフードのQ&A

ウェルネスコアドッグフードの取扱店や販売店は他にどこがあるの?

ウェルネス製品はイオンペットで買える他、Amazonや楽天などの通販サイト、プレミアムドッグフード専門店の「POCHI」でも購入可能です。

ウェルネスの5つのブランドのうち「ウェルネスシリーズ」は、アークランド(ホームセンタームサシペットワールド・NICO PET)専売の商品です。

ウェルネスコアドッグフードまとめ

ウェルネスコアのまとめ
  • 高タンパクでエネルギー消費量が多い犬に向いている。
  • 穀物を使わないグレインフリーで食物アレルギーに配慮。
  • 家庭で使う素材と同じレベルの食材を使用して安全性を高めている。
  • すべての原材料は品質・栄養価を精密に検査し厳選していて安心。
  • 犬の健康にとって良くない、肉副産物・エトキシン・BHA・BHT・着色料・香料不使用。
  • 最終製品になるまで厳しい管理システムで守り品質を維持。
  • 犬種やライフステージなど、目的別に種類があって選びやすい。
  • 粒はやや大きめなので中・大型犬には食べやすいが小型犬は食べづらい。
  • ジャガイモが体質に合わない犬には注意が必要。

ウェルネスコアは、安全性に配慮された高タンパクのドッグフードを探している人に向いているなと感じました。

全ての原材料は、家庭で使う素材と同レベルのもので、品質や栄養価の検査もされています。犬の健康にとって良くない、肉副産物や着色料・香料などは不使用です。

そして、ウェルネスコアには今回私が購入した「成犬用 オーシャンフィッシュ」のような粒が大きめのタイプもあり、中・大型犬でも食べやすいですよ。

小型犬用もありますが、口コミには「粒が大きい」「硬い」という声もありました。なので、口が小さい犬や噛むことが苦手な犬なら、粒サイズをよく確認した方が良いでしょう。

神様
ただ、ウェルネスコアにはジャガイモが使われているのじゃ。フード切り替え時は少量から始めて、体調に異変がないかゆっくり相性を確認するのが無難じゃな。

選ぶ時に気をつけるべき点はあるものの、原料の仕入れにこだわり自社工場で品質・衛生管理も徹底していて、Bランクの中では良好なドッグフードだなと思います。

ウェルネスコアドッグフードの基本情報

内容量 800g、1.8kg、5.4kg
※成犬用 オーシャンフィッシュの場合
初回購入価格
定期購入価格 2,031円(800g)
3,548円(1.8kg)
8,618円(5.4kg)
※成犬用 オーシャンフィッシュのAmazon参考価格
通常価格 2,138円(800g)
3,942円(1.8kg)
8,618円(5.4kg)
※成犬用 オーシャンフィッシュのAmazon参考価格
輸入業者 ウェルペット・ジャパン合同会社
公式サイト https://www.wellnesspetfood.jp
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る