158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ベジタブルサポートを愛犬に買った私の口コミ評判!安全性や評価は?

ベジタブルサポートは、獣医師や管理栄養士との共同開発で誕生した犬のための栄養補助食品です。野菜の豊かな栄養を健康維持にいかすことを目的としています。

販売しているのは、コンタクトレンズで知られたメニコンの関連会社です。

ここでは、そんなベジタブルサポートの原材料や安全性、評判などを調査していきます。

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.0
内容量 28g
240g
価格 980円(トライアル:28g×2袋)
5,200円(タブレットタイプ:240g)
4,600円(顆粒タイプ:240g)
目的 栄養補助食
タイプ タブレット・顆粒
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

当サイトは、ベジタブルサポートをAランクと評価しました。

ビタミンや必須アミノ酸などを重点的に摂れる栄養補助食品の中でも、種類や品質のはっきりした野菜を原材料としている点で安心感が高いです。保存料や着色料などの添加物がないことも好印象。

良質の総合栄養食を与えている健康な成犬には特に必要ないかもしれませんが、体質や加齢の影響など気になることを抱えているときの栄養サポートには適しています。手作り食の栄養バランスを補完するのにもおすすめです。

実際にベジタブルサポートを購入してみました!

通常のベジタブルサポートは240g入りサイズですが、トライアルセットなら28g入りが2袋。タブレットタイプと顆粒タイプがどちらも試せます。

980円と手軽なお値段なので、「愛犬が食べられるかな?」「タブレットと顆粒のどちらが向いているかな?」と迷っている場合もチャレンジしやすいですよね。

こちらの画像はタブレットタイプです。手のひらサイズですが、袋素材はアルミでしっかりとしています。

賞味期限は、表側の右下隅に印字されていますよ。

裏にはラベルも何もありません。

では、開封していきましょう!

袋は小さいけれど、口のところにはきちんとジッパーがついていますね。中には、乾燥剤の小袋が見えています。

タブレットといっても、割と小さいようです。ラベルの表記によると、1粒0.25gで112粒入っているとのこと。

開封しただけではあまりニオイを感じませんでしたが、袋に鼻を近づけると青物っぽいとでも言うのかな?一般的なドッグフードとは明らかに違う独特のニオイがしました。

割とスッキリとしてイヤな感じではありません。

手に持つと、なんだか薬の錠剤みたいですね。色は薄い緑で、ベジタブルサポートの名のイメージ通り。

着色されていないとのことなので、使われている野菜の色が出てるのでしょうか。

大きさは直径9mm程度で、厚みが3mmくらい。キレイに成型されています。

およそ10kgの犬の1日あたり給餌量を目安として、35粒を容器に入れてみました。

いつものご飯と比べると随分少ないですが、ベジタブルサポートはフードではなく栄養補助が目的なので、おやつくらいの量ですね。

では、年齢的にそろそろ体調管理が気になっている我が家の愛犬にも、おやつタイムにあげてみたいと思います!

実は今回ばかりは食べるかどうか、心配していました。だって野菜ですからね。野菜を好んで食べる犬もいますが、愛犬は大好きなわけではありません。

でも、そんな心配は杞憂でした!あっという間に食べてしまって、本当にびっくりです。「それ、野菜だったんだけど…」と愛犬自身に伝えたかったくらいです。

ちなみにベジタブルサポートをあげている間のうんちは快調。下痢や便秘、軟便になることもありませんでした。

ベジタブルサポートを1袋試して分かったこと!

それから4日ほどかけてベジタブルサポートを1袋食べきりましたが、愛犬は毎回喜んで口にしてくれました。

正直短期間なので、体や健康への影響のほどは明らかではありません。でも、もしかして野菜だから食べないのでは?という想像は、いい意味で裏切られました。

もちろん個体差はあるとは思うのですが、先入観だけで「犬が食べないかも」と考えるのは非常にもったいないと思います。

迷っている飼い主さんこそ、ぜひ試してみてほしいと強く感じました。

ベジタブルサポートを試して感じたメリット・デメリット!

メリット
  • ビタミン・食物繊維など気になる栄養素を与えられる
  • 人も食べられる野菜が主原料で安心
  • 野菜の摂取に調理の手間をかけなくてよい
  • 着色料や保存料を避けられる
  • トライアルセットで2種の形状が試せる
デメリット
  • 通常商品はワンサイズしかない
  • 主食のごはんとは別に費用がかかる

飼い犬に「野菜の優れた栄養を積極的に摂らせたい」と考えている人にとって、ベジタブルサポートは魅力的な商品です。

人も食べられるという野菜の品質や余計なものが加えられていない無添加という点でも、安心できます。

タブレットと顆粒の2種が気軽に試せる分量で用意されているのも、ありがたいですね。

ただ、価格的にはやや高めなのがデメリットです。1日の給餌量は少ないにしても、主食とはまた別にかかることになるので、経済的な負担になる場合もあると思います。

ベジタブルサポートの原材料と安全性について評価!

次に、ベジタブルサポートの原材料と安全性についてです。今回はタブレットタイプの原材料をチェックします。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

かぼちゃ、にんじん、ブロッコリー、食物繊維、でん粉、デキストリン、シイタケ、ナタネ油脂末、食塩、乳酸カルシウム
ビタミンC 227.7mg/100g ビタミンE 14.4mg/100g
ビタミンK 230.4μg/100g カロチン 24.1mg/100g
食物纖維 25.22mg/100g BCAA 1303mg/100g

ベジタブルサポートの原材料は見るからにとてもシンプルです。以下に、ざっとベジタブルサポートの特徴をまとめてみます。

  • 栄養価の高い緑黄色野菜ときのこが原材料
  • 野菜は人間用の規格(JA全農など)に合うものを使用
  • 低温微粉末加工で栄養損失が抑えられている
  • 添加物や保存料、着色料を使用していない

まるで薬の錠剤のような外見に反して、原材料は自然な野菜が中心。注意すべきものや疑問を感じるようなものは使われていません。

まず基本的にベジタブルサポートは総合栄養食ではないので、栄養的には重点を置かれているところに偏りがあります。

これをもちろん前提とはしますが、人が口にできるような品質のものを素材としている点で安心感が大きいです。

また、加工の過程では、野菜の持つ栄養価を極力失わないような低温微粉末加工の技術が使われています。

これによりビタミンやミネラル、食物繊維などが効率的に摂れるわけですね。

採用されている野菜の1つブロッコリーには、筋肉の重要なエネルギー源となるBCAAも多く含まれています。

BCAA:分岐鎖アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシンを総称するもの。必須アミノ酸。

ただ、健康な犬に品質の高い総合栄養食を与えている場合は、こういった栄養補助食で無理にビタミンやミネラルを追加しなくても大丈夫です。

ですが、飼っている犬に体質的な悩みや加齢による心配が増えてきたときには、頼りになるのではないかと思います。

ベジタブルサポートはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 肝臓や胃腸など内臓機能の衰えが気になる犬。
  • 加齢による筋力や代謝の低下が心配な犬。
  • 手作り食の栄養バランスに不安がある人。
  • ビタミンやミネラルを補給させたい人。
  • 合成より自然由来のものを選びたい人。
  • 飼い犬の食べるものの安全性を重視したい人。

もちろん犬の様子が急激におかしくなった場合や体調不良が続く場合は自己判断せず、獣医さんに相談するようにしてくださいね。

ベジタブルサポートの口コミや評判ってどうなの?

ベジタブルサポートの良い口コミ

シーズー12歳 / オス
5.0
診てもらっている獣医さんにすすめられて、始めてから4ヶ月になります。なかなか体調よさそうです。愛犬は錠剤が苦手なのでどうかなと思ったんですが、これは好物でおやつのように食べてくれてます。
トイプードル7歳 / メス
5.0
胃腸の弱いうちのわんこにあげています。それまで下痢も多かったけれど、お腹の調子も良いみたい。喜んで食べてくれるので、そこもありがたいです。今後も愛用したいと思います。
マルチーズ11歳 / オス
5.0
年齢的なものか?肝臓の数値が上がってきた子のために購入。できれば自然なもので対処したいと考えて、これにたどり着きました。野菜から作られているというので、なんか安心です。
パピヨン16歳 / メス
4.0
動物病院の先生のすすめで与えるようになりました。悪くなっていた肝臓の数値も今のところ安定し、健康診断でも問題なしです。ずっと続けていきたいけれど、お値段がちょっと…。もう少し安いとありがたいですね。

ベジタブルサポートの悪い口コミ

チワワ10歳 / メス
3.0
健康診断の数値がよくなかったことから取り入れるように。現在は異常ありませんが、健康維持のために与えています。ただ、240gサイズの袋は大きすぎるかな。湿気や劣化しないかが気になるので、小袋がほしいです。
ミックス8歳 / オス
1.0
前に買ったときは食べてくれていたのに、今回は食べようとしません。値段も高いものなので、ガッカリです。何か変更があったのでしょうか。

ベジタブルサポートの口コミ・評判まとめ

ベジタブルサポートの口コミを調べたところ、全体的に評判が良いことが分かりました。

体調の変化や動物病院のすすめで始めたという声が多く、飼い犬の健康を思う人の支えになっているようです。

実際に健康診断の結果や飼い犬の様子から、メリットを実感していることがうかがえます。

一方、悪い口コミもわずかにありました。マイナスの意見としては、値段の高さや袋のサイズ、飼い犬が食べないことが挙げられています。

食べるかどうかは形状との相性もあるので、始める際はトライアルセットで様子を見るのがよいのかなと思います。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入 980円(28g×2袋)
定期購入 タブレット:4,680円
顆粒:4,140円
通常購入 タブレット:5,200円
顆粒:4,600円
980円(28g×1袋)
タブレット:5,720円
顆粒:5,060円
980円(28g×1袋)
1,960円(28g×2袋)
タブレット:5,720円
顆粒:5,060円
送料

どこでベジタブルサポートを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

ベジタブルサポートの購入は公式サイトがもっとも安い!

調査したところ、ベジタブルサポートの価格は公式サイトからの購入がもっとも安いと分かりました。

Amazonと楽天での最安値はまったく同じです。

2つの通販サイトで販売されている商品の多くは、ベジタブルサポートの販売会社かメニコンの関連会社が出しているものです。

通販サイトには、通常の240g入りサイズのほかトライアル用の28gサイズも出ているのですが、公式サイトなら半分の値段。

通常サイズのものも、公式サイトの方が安価です。

もしかしたらポイントの関係で通販サイトを利用することもあるかもしれませんが、そうした場合も販売会社が提供しているものを選ぶのが安心だと思いますよ。

定期便サービスを利用すると毎回10%OFFで購入できる!

ベジタブルサポートの公式サイトでは、お得な定期便で購入することも可能です。

定期便なら、お支払いは毎回10%OFFの価格。基本的には2ヶ月に1回の配送で、3回以上継続した後はいつでも解約できます。

また、配送日を変更することやお休みすることもOKです。

神様
ただし変更したいときは、次の配送日の1週間前までに連絡しておく必要があるぞ。申し込み時に登録したマイアカウントから設定可能じゃ。

まとめ買いセットでも割引購入が可能!

「使うペースがまだ分からない」と定期便の利用を迷っている場合は、まとめ買いセットでの割引購入もおすすめです。

まとめ買いセットでの割引率は、以下のとおりです。

2パック:5%OFF
4パック:10%OFF

お友達の犬とシェアすることができるなら、セットで頼んでもよいかもしれませんね。

ベジタブルサポートの種類と違いについて

ベジタブルサポートには、原材料のところで見たタブレットタイプのほかに顆粒タイプがあります。

タブレットタイプと顆粒タイプの違いは、ほぼ形状のみ。基本的な原材料や成分に大きな違いはありません。

顆粒タイプには「ナタネ油脂末」だけが加えられず、価格がやや割安です。

なので、どちらを選ぶかは栄養ではなく、日々の使い方や飼い犬の食べやすさで決めればよいと思います。

また、通常のベジタブルサポートとは別に、動物病院専用のドクタープラスという商品があります。

ベジタブルサポート ドクタープラスは以下のようなラインナップです。

種類 容量
ベジタブルサポート ドクタープラス
ホエイ(肝臓用) タブレット
60g(240粒)
ベジタブルサポート ドクタープラス
ホエイ(肝臓用) パウダー
3g×30(分包タイプ)/100g/200g
ベジタブルサポート ドクタープラス
ファイバー(腸用) タブレット
100g(400粒)
ベジタブルサポート ドクタープラス
ファイバー(腸用) パウダー
30g/100g/200g
ベジタブルサポート ドクタープラス
グルタミン&オリゴ
50g/100g

ホエイは、肝臓機能をサポートするBCAAの配合が強化されたものです。ファイバーは水溶性食物繊維がプラスされているので、腸内環境改善に役立ちます。

また、腸の健康のために4つの成分が配合されたグルタミン&オリゴが、プレミアムとして新しく登場しています。

ドクタープラスの方は、飼い犬の体調をかかりつけの獣医さんに相談しながら取り入れるようにしてくださいね。

【タイプ別】ベジタブルサポートのよい与え方は?

ベジタブルサポートはタブレットと顆粒で栄養価は変わりませんが、それぞれ適した使い方やシーンはやや異なります。

タブレットタイプ

タブレットはある程度の大きさがあるため飼い主さんの手にも持ちやすく、ベジタブルサポート単独で与えやすいのが特徴です。

もちろんドッグフードに混ぜてもOKですが、ご飯とは別の時間におやつとして与えたり、ごほうびにあげたりといった使い方もできます。

顆粒タイプ

一方、顆粒の方はほかの液体や固体ともなじみやすい形状をしています。

ベジタブルサポートのみであげるよりも、水に溶かしてあげたりドッグフードにかけたりして与えるのに向いています。

手作りご飯にプラスしてアレンジするのにも使いやすいタイプです。

ベジタブルサポートの1日あたりの給餌量目安は?

ベジタブルサポートの1日あたりの給餌量は、タブレットと顆粒でそれぞれ以下のような数値が目安となります。

体重 給餌量目安
タブレット/粒
給餌量目安
顆粒/杯(スプーン)
5kg 16 1
5~10kg 32 2
10~20kg 48 3
20kg以上 64 4

ただし、ビタミンやミネラル、食物繊維は摂れば摂るほどよいというものではありません。

場合によってはほかの栄養吸収の阻害となることもあるため、過剰摂取とならないように注意しましょう。

犬の栄養に関しては、以下の記事も参考にしてくださいね。

ベジタブルサポートのQ&A

ベジタブルサポートの賞味期限は?

ベジタブルサポートの賞味期限は、品物が届いてからおよそ1年2ヶ月後となっていました。

ただし、保存料や酸化防止剤が添加されていないため、開封した後はおよそ2ヶ月で食べさせるよう推奨されています。

ベジタブルサポートの保管の仕方は?

ベジタブルサポートは、直射日光の当たらない涼しい場所で保管するようにしましょう。封を切った後はできるだけ空気を抜いてジッパーを閉めておくようにします。

冷蔵庫での保管は、温度差で水滴が生じることがあるため避けた方が無難です。

ベジタブルサポートは子犬やシニア犬にも与えられる?

ベジタブルサポートは全年齢対応の栄養補助食品です。子犬やシニア犬、高齢犬にも与えられます。

ベジタブルサポートの基本情報

内容量 28g
240g
初回購入価格 980円(トライアル:28g×2袋)
定期購入価格 4,680円(タブレットタイプ:240g)
4,140円(顆粒タイプ:240g)
通常価格 5,200円(タブレットタイプ:240g)
4,600円(顆粒タイプ:240g)
販売会社 株式会社 ダブリュ・アイ・システム
公式サイト https://www.vege-pet.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る