158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

犬用ヒルズ「プリスクリプションダイエット」の評判や安全性は?

ヒルズ社が獣医師と協力して開発した特別療法食「プリスクリプションダイエット」。

合成保存料や酸化防止剤を使わず仕上げていることから、他メーカーの療法食からの乗り換えも多いブランドです。

ここでは、そんなプリスクリプションダイエットの安全性の評価、口コミや評判などを調査していきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 3.0
栄養バランス 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.5
内容量 1kg、3kg、7.5kg
※腎臓ケア(k/d)の場合
価格 1,928円(1kg)
4,293円(3kg)
9,382円(7.5kg)
※楽天参考価格
目的 療法食
タイプ ドライフード/ウェットフード
対応年齢 全年齢対応(該当疾患のある犬)
原産国 アメリカ、オランダ、チェコ
編集部からの評価

当サイトは、プリスクリプションダイエットをCランクと評価しました。

220名もの獣医師や栄養学者が開発に携わっているとのことなので、栄養学的には申し分ない療法食でしょう。原料も厳しい検査をクリアしたものだけを使用、工場の衛生管理も製品の検査も徹底して行われています。

また、BHAやBHTといった酸化防止剤、合成保存料、防腐剤などが添加されていません。アレルゲンとなりやすい原料や動物性油脂の使用がデメリットに感じますが、安全とは言い難い添加物を避けられるのがプリスクリプションダイエットのメリットです。

犬用プリスクリプションダイエットの原材料と安全性について評価!

まず初めに、プリスクリプションダイエットの原材料と安全性についてです。

ここでは「腎臓ケア(k/d)」の原材料と保証成分値をピックアップしてみました。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

米、動物性油脂、トウモロコシ、ビートパルプ、全卵、エンドウマメ蛋白、トリ肉(チキン、ターキー)エキス、植物性油脂、エンドウマメ、魚油、セルロース、亜麻仁、ポークエキス、小麦、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、マグネシウム、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(スレオニン、タウリン、トリプトファン、メチオニン、リジン)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)
タンパク質 15% 炭水化物 55.6%
脂質 21.1% カルシウム 0.65%
粗繊維 3.6% リン 0.24%
灰分 4.6% 代謝エネルギー 390kcal/100gあたり

プリスクリプションダイエットは、アレルゲンとなりやすい原料(トウモロコシ、小麦、全卵など)の使用が思いのほか目立ちます。

原材料は信頼できるサプライヤーからのみ仕入れたものだけを使っているそうなので、決して品質的には悪くない商品です。

ヒルズ社で行う品質検査に加え、外部の委託機関による自主検査も定期的に実施されています。よって、変な原料は含まれていないと思って大丈夫でしょう。

ただ、アレルギーを抱える犬に合わせづらいのがプリスクリプションダイエットのデメリットです。

神様
ちなみに、食物アレルギー&皮膚ケアの「d/d」と「z/d」はポテトが主要原材料になっておる。

療法食は特定の疾患を抱える犬にとって頼みの綱でもありますから、低アレルゲンタイプがあってもいいのでは?と個人的に感じました。

でもプリスクリプションダイエットは合成保存料や酸化防止剤(BHAやBHTなど)を避けることができるので、そこは大きな強みと言ってもいいでしょう。

あとは動物性油脂は何の動物から抽出された油脂なのか、この辺りの説明があると良かったですね。曖昧な原料については、きちんと言及されていることが本来は望ましいです。

プリスクリプションダイエットを使用する際は獣医師に相談するのはもちろんのこと、愛犬の体質に合う原材料かどうかも必ず確認しておくようにしましょう。

プリスクリプションダイエットはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 獣医師から療法食を使用するよう指示が出ている犬。
  • 他社の療法食からの切り替えを検討している人。
  • ウェットフードの療法食を探している人。
  • 安全とは言い難い添加物不使用の療法食を探している人。

犬用プリスクリプションダイエットの口コミや評判ってどうなの?

犬用プリスクリプションダイエットの良い口コミ

柴犬5歳 / オス
5.0
3歳を過ぎた頃からずっと「消化・体重・糖尿の管理 w/d」です。尿管結石と診断されて病院で勧められたのがきっかけです。他の療法食だとアレルギーが出ますが、こちらは合っています。
チワワ7歳 / メス
4.0
嘔吐を繰り返すため病院で検査してもらったところ、消化ケアフードをおすすめされました。こちらを食べるようになってから嘔吐することがほとんどなくなり、やっと落ち着けそうです。食いつきもよく毎日完食しています。
トイ・プードル6歳 / オス
5.0
肥満気味のうちの子に、1年前くらいから「体重管理 r/d」を 購入しています。こちらを食べさせてから1kgほど痩せたので、体質にも合っているんだと思います。痩せすぎないように注意しなきゃですね。
柴犬5歳 / オス
5.0
うちの子は尿路結石の症状があります。獣医師さんのお勧めで「c/d」を定期購入しており、価格は高いですがこのフードに変更してから症状が安定しています。
ゴールデン・レトリバー4歳 / メス
5.0
多数のアレルギー持ちです。獣医さんと相談の上、こちらの「z/d」に切り替えてからは嘘のようにフケが治まり安定してます。今のところこれしか考えられません。引き続き使って行こうと思います。

犬用プリスクリプションダイエットの悪い口コミ

シーズー8歳 / オス
1.0
愛犬がシュウ酸カルシウム結石のため、病院から勧められた「尿ケア u/d」を食べさせていました。しかし、カロリーがかなり高く体重がみるみる増えてしまいました。もうちょっとカロリーが低かったら良かったのに…。
雑種犬6歳 / メス
2.0
体重管理を食べさせてから3ヶ月で1kgも痩せました。ちょっとハイペースで痩せすぎてるので心配です。
ミニチュア・ダックスフンド10歳 / メス
1.0
痒みにいいとすすめられて「ダームディフェンス」を食べさせていたら、どんどん痒みが酷くなっていきました。おかしいと思って原材料を見たら、なんとトウモロコシが…。原材料をよく確認しなかったことに反省しています。
雑種犬12歳 / オス
3.0
血液中のコレステロール値が高いと診断され、獣医師からおすすめされた「w/d」を与えています。これに変えてから3ヶ月目ですが、うんちが硬くなり、ポロポロとした粉っぽいものを出すようになりました。また、うんちそのものからフードの匂いが漂います。ただ、それほど問題に感じていないので引き続き与えたいと思います。
ヨークシャー・テリア7歳 / メス
3.0
ロイヤルカナンの低脂肪食だとお腹がゆるくなってしまうので、こちらの「w/d」を混ぜています。なんとか落ち着いてはいますが、w/d100%にすると便の回数が増えます。

犬用プリスクリプションダイエットの口コミ・評判まとめ

プリスクリプションダイエットはとても評判の良い療法食です!実際に愛犬に利用している飼い主さんからは、好意的な口コミがとても多くついています。

愛犬の体質にさえ合えば、獣医師の指示通りにぜひ使っておきたい療法食だと感じました。

ちなみに、楽天やAmazonで購入する際は注文するタイミングや購入するショップに気をつけた方が良さそうです。

どのショップで購入するかにもよりますが、「発送が遅い」「フードが塊になっていた」という口コミを多く見かけました。

あと「間違えて他のシリーズを購入してしまった」というケアレスミスも多いです。

購入する際は、他の人のレビューや商品名をしっかりチェックするようにしましょう。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 2,112円(1kg)
4,764円(3kg)
8,710円(7.5kg)
1,928円(1kg)
4,293円(3kg)
9,382円(7.5kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

どこでプリスクリプションダイエットを買うのが安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

犬用プリスクリプションダイエットの価格は楽天の方が安め!

調査したところ、プリスクリプションダイエットは商品やサイズによってAmazonで買った方がお得なのか、楽天で買った方がお得なのかが変わります。

あくまでも私が全体をザっと見た限りではありますが、楽天の方が商品の価格が比較的安いなとは感じました。

療法食を切り替える、あるいは他のメーカーからプリスクリプションダイエットに乗り換える際は、必ずかかりつけの獣医師に相談した上で使用するようにして下さい。

犬用プリスクリプションダイエットの種類と特徴について

犬用のプリスクリプションダイエットの種類と特徴をザックリとまとめてみました。

商品名 特徴 フードのタイプ
肝臓ケア(l/d) 高L-カルニチンと高品質なたんぱく質を使用。健康的な肝臓機能をサポートする療法食。 ドライフード/ウェットフード
腎臓ケア(k/d) リンやナトリウムなどを調整。健康的な腎臓をサポートする療法食。 ドライフード/ウェットフード
消化ケア(i/d) 食物繊維を調整し、消化管に負担をかけない栄養バランスになっている。 ドライフード/ウェットフード
消化ケア(i/d ローファット) 低脂肪の消化ケア療法食を必要とする犬向け。 ドライフード/ウェットフード
消化ケア(i/d コンフォート) ストレスによる消化器症状、消化不良を起こしている犬向け。 ドライフード/ウェットフード
消化・体重・糖尿の管理(w/d) 低脂肪・低カロリー・高食物繊維に調整された、繊維反応性疾患に対応している療法食。 ドライフード/ウェットフード
腸内バイオーム 軟便の解消と再発防止のために開発された療法食。 ドライフード
食物アレルギー&皮膚ケア(d/d) 食物アレルギーの原因となりにくい新奇動物性たんぱく質(ダック)を使用した療法食。 ドライフード
食物アレルギー&皮膚ケア(z/d) 食物アレルギーの原因となりにくい加水分解たんぱく質と単一の炭水化物源を使用した療法食。トウモロコシ不使用。 ドライフード/ウェットフード
食物アレルギー&皮膚ケア(z/d ULTRA) 食物アレルギーの原因となりにくい加水分解たんぱく質と精製された単一の炭水化物を使用した療法食。 ドライフード
ダームディフェンス 皮膚のバリア機能を整えるために、タンパク質、必須脂肪酸、ビタミンEをバランスよく含んだ療法食。 ドライフード/ウェットフード
尿ケア(u/d) 膀胱結石の原因となる結晶化を阻止しながら、膀胱内の健康をサポートする療法食。 ドライフード/ウェットフード
尿ケア(c/d) 下部尿路のケアを目的とし、ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石の再発リスクを低減する療法食。 ドライフード/ウェットフード
尿ケア(s/d) ストルバイト結石の溶解の管理に役に立つ療法食。 ドライフード/ウェットフード
体重減量(r/d) 低脂肪と低カロリーに調整されていて、健康的な減量に役立つ栄養バランスになっている。 ドライフード/ウェットフード
メタボリックス 低カロリー設計。60日間で11%の減量に役立つことが科学的に証明されている療法食。 ドライフード
メタボリックス+モビリティ 食べ続けることで、関節のケアと体重の減量を同時に行える療法食。 ドライフード
メタボリックス+ユリナリー ストルバイト尿石の溶解時の管理、ストルバイトとシュウ酸カルシウム尿石の形成抑制、そして体重の減量を同時に行える療法食。 ドライフード
歯と歯ぐきのケア(t/d) 特殊な粒になっており、噛むことで歯垢と歯石の蓄積を低減する療法食。 ドライフード
回復期ケア(a/d) 病気・ケガ・衰弱などから回復する時に必要な栄養素がバランスよく詰まった療法食。 ウェットフード

どのシリーズも、必ず獣医師に相談した上で愛犬に利用するようにして下さい。

愛犬の症状や健康状態によっては療法食が必要ないとされる場合もありますし、あるいは飼い主さんの判断とは違う療法食が必要とされる場合もあります。
  

犬用プリスクリプションダイエットのQ&A

犬用プリスクリプションダイエットは店舗で販売されていないの?

プリスクリプションダイエットは、一部のペットショップでも販売されています。

ただし、獣医師の指示なしに療法食を切り替えたり継続し続けるのはおすすめしません。必ず専門家のアドバイスを受けた上で、適切な療法食を適切な期間食べさせるようにしましょう。

犬用プリスクリプションダイエットのトリーツって何?

プリスクリプションダイエットのトリーツは、犬用の「c/d」「マルチケア」「j/d」 「k/d」 「l/d」 「r/d」 「w/d」の療法食を食べている犬向けに作られたおやつです。こちらも獣医師の指示のもとで食べさせるようにして下さい。

犬用プリスクリプションダイエットの基本情報

内容量 1kg、3kg、7.5kg
※腎臓ケア(k/d)の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,928円(1kg)
4,293円(3kg)
9,382円(7.5kg)
※楽天参考価格
日本総代理店 日本ヒルズ・コルゲート株式会社
公式サイト https://www.hills.co.jp/prescription-diet
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る