158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

LIVEDOG(リブドッグ)ドッグフードを試した私の口コミと評価!

LIVEDOG(リブドッグ)は、健康食品などの通販事業を手掛ける株式会社クラウディアが東京大学と共同開発した国産ドッグフードです。

最近は似たような国産ドッグフードが溢れかえっていることもあり、LIVEDOGの良さや個性がいまいち分からない飼い主さんは非常に多いのではないかと思います。

そこで私は、愛犬がLIVEDOGを1袋試食して分かったLIVDOGの良さやデメリットなどをありのまま綴ることにしました。少しでも誰かのお役に立てれば幸いです。

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
原材料 4.5
栄養バランス 4.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 2.0
内容量 1.5kg
価格 初回お試しモニター:500円(50g×2袋)
通常価格:5,280円
定期購入価格:4,752円
目的 総合栄養食
タイプ ドライフード
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

当サイトは、LIVEDOGをAランクと評価しました。

LIVEDOGの中身については「原材料と安全性について」の部分で詳しくお話しますが、100%日本産の原料を使った国産ドッグフードを求める飼い主さん、愛犬の骨&関節の健康を意識している飼い主さんにLIVEDOGは最適だと感じました。

ただ正直なところを言うと、決して安くはないドッグフードです。愛犬の健康のために普段の食事にもお金をかけられるのであれば、ぜひ試しておきたいドッグフードと言えるでしょう。

実際にLIVEDOGドッグフードを購入してみました!

LIVEDOGって実はすごく高いんですよ…。

1.5kgで5,280円という価格なので、かなり高級なドッグフードであることが分かりますね。

でもLIVEDOGに興味があった私は迷わず購入してみました!(現在はお試しサイズのパッケージ50g×2袋が500円で利用できるようになっています!)

↑LIVEDOGのパッケージの裏はこんな感じ。

袋を開けてみましょう。

開封した瞬間から鰹節のいい香りが漂ってきます。

鰹節の香りは最近の国産ドッグフードあるあるだけど、嫌な匂いじゃないからドッグフードの匂いに敏感な飼い主さんから人気が高いんですよね。私も大好きな香りです。

袋にはちゃんとジッパーもついていて、遮光性もあります。

LIVEDOGの粒はこんな感じ。

オイルコーティングされていないので、手が油っぽくなりません。

実は私このまま1粒味見をしてみたのですが、あまりにもおいしくてびっくり!

鶏肉や鰹節の風味がかなり凝縮されていて、調味料など使っていないのに味が濃いんです。

良質な素材を丁寧に調理して旨味を活かすと、ここまでおいしいドッグフードになるんだってことを教えてくれる商品だと感じました。UMAKAレベルかもしれません。

粒の大きさを比較しようと、左から1円玉と私がいつも与えているモグワン、そしてLIVEDOGを並べました。

LIVEDOGは直径約8~9mmほど。モグワンより少し小さめですかね。

厚みもそこまでありません。これなら口の小さな小型犬も食べやすそうです。

それではこの辺りで、我が家の愛犬にLIVEDOGを試食してもらいましょう。

器にLIVEDOGを20gほど盛ってみました。

早速出してみたところ、何のためらいもなくパクパク。

夢中で美味しそうに食べています。

食べづらそうにしている様子もありません。

空っぽになっても器をペロペロ。

よほど美味しかったのか、いつまでも器をペロペロ舐めていました^^

LIVEDOGドッグフードを1袋試して分ったこと!

我が家の愛犬にはLIVEDOGが合っていたようで、食べている間はうんちもおしっこも良好でした。うんちが増えすぎることも、下痢や軟便になることもなかったです。

愛犬にはとくに食物アレルギーなどもないので、LIVEDOGで嘔吐したり皮膚に痒みが出たりといったこともありませんでした。

ちなみに我が家では、LIVEDOGにぬるま湯を軽く注いだものを食べさせていました。

こうすることで香りも引き立つし、適度に水分も補給できて一石二鳥です。

愛犬はフードから滲み出たお出汁がこれまたとても気に入ったようで、いつも嬉しそうにペロリと完食。トッピングなどをしなくても十分喜んでくれました。

個人的に感じたのは、

  • 愛犬がドッグフードをなかなか食べてくれない。
  • ドッグフード特有の匂いが苦手。
  • ドッグフードの油っぽさが嫌い。

と悩んでいる人に、LIVEDOGのようなドッグフードが合うだろうなぁということです。

もちろん愛犬にとってアレルゲンとなる原料がない場合に限りますが、このような悩みがある場合は一度LIVEDOGを試してみる価値はあるかもしれません。

LIVEDOGドッグフードを試して感じたメリット・デメリット!

メリット
  • 原料が純国産である(野菜や穀物は契約農家)。
  • 原料は人も食べられるグレード。
  • 小麦グルテンフリー。
  • オイルコーティングされていない。
  • フードの匂いが良い。
  • 骨や関節のサポートに役立つ成分「パディナ」配合。
デメリット
  • 価格が高い。
  • 通販のみの取り扱い。
  • 中型犬や大型犬向きのサイズではない。
  • 鶏肉アレルギーのある犬に合わせられない。

LIVEDOGのメリットは、何と言っても原料がすべて国産であることです。

海外から輸入した食材を使った国産ドッグフードが多い中、LIVEDOGは国内から取り寄せた食材を使って九州のペットフード工場で製造されています。

また、犬の体に負担となりやすい小麦粉(グルテン)、香料や着色料などの添加物、オイルコーティングが使われていないのもLIVEDOGの良いところでしょう。

ところが、そんなLIVEDOGもやはりメリットばかりではありません。

質の良い国産原料にこだわっているからこそ、価格が一般のドッグフードよりも高めです。よほど経済的余裕のある飼い主さんじゃないと、継続しにくいのが正直なところでしょう。

私のように中型犬を飼っている人はすぐに1袋なくなってしまいますから、どちらかというと小型犬向きのドッグフードというのも人によってはデメリットです。

LIVEDOGドッグフードの原材料と安全性について評価!

次に、LIVEDOGの原材料と安全性についてです。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。LIVEDOGには、特に危険な原料はありませんでした。

鶏肉、大麦、玄米、ビール酵母、米ぬか、鰹節、卵黄粉末、赤米、黒米、米油、DHA含有精製魚油、フラクトオリゴ糖、昆布、大根葉、グルコサミン、ごぼう、人参、パディナパボニカ、コンドロイチン、コエンザイムQ10、キャベツ、ビフィズス菌、セレン酵母、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(リン酸三カルシウム、卵殻カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
タンパク質 21.0%以上 灰分 7.0%以下
脂質 11.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 1.5%以下 代謝エネルギー 354kcal/100g

まず結論から言うと、LIVEDOGの原材料には問題視するような原料はとくに何も含まれていません。公式サイトや関係者による記事もしっかり読ませていただきました。

強いて言えば、鶏肉、穀物、卵に対してアレルギーがある場合は控えた方がいいかなということです。とくに気になる原料がなければ、安全性も高いので利用してみるといいでしょう。

ちなみに、私がもっとも気になったのはタンパク質が21%とかなり低めな点です。

これは最近の国産ドッグフードによくある傾向で、恐らく日本で暮らす犬は運動不足になりやすいという観点からこうなっているのかもしれません。

明らかに代謝率が低い犬にはLIVEDOGのようなドッグフードが適していますが、しっかり散歩も運動もこなすのであれば、タンパク質は25~26%ほど欲しいものです。

ただ、LIVEDOGは国内産の原料(しかも野菜や穀物は契約農家のもの)にこだわるという、国産ドッグフードの中でも数少ない純国産ドッグフードだと思います。

LIVEDOGはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 超小型犬や小型犬。
  • 1日の運動量が少ない犬。
  • 鶏肉・穀物・卵アレルギーがない犬。
  • 愛犬の骨や関節の健康を意識している人。
  • 国産原料にこだわった純国産ドッグフードを探している人。
  • ノンオイルコーティングのドッグフードを探している人。

品質も安全性も申し分ないドッグフードなので、原材料と栄養成分値が愛犬の体質と健康状態に合うようであればリストに入れてみるといいかもしれませんね。

LIVEDOGドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

LIVEDOGの口コミや評判を調査してみました。以下に「良い口コミ」「悪い口コミ」に分けてご紹介します。

LIVEDOGドッグフードの良い口コミ

シーズー12歳 / オス
5.0
今までドライフードが嫌いで、全くと言っていいほど食べなかった我が子。食いつきが違うと聞いてリブドッグを試してみたら、ペロッと全て食べ終えてビックリです。たまにトッピングを入れてアレンジしています。
パピヨン3歳 / メス
4.5
国産原料が使われていて、日本工場で作られてるフードが良いかなと思って選びました。さっそくあげると食いつきはまずまずで、体調の異変もなく切り替え順調です。あまり運動は好きじゃない子なので、栄養バランスがピッタリかもと思っています。
ペキニーズ1歳 / オス
5.0
ずっとリブドッグ利用者です。人も食べられるグレードの原料でパディナ配合、香料や着色料もなくて安心ですね。これまで食いつきも変わらず、健康状態も問題ありません。多頭飼いですが、年齢違いでも食べられるので助かっています。
ヨークシャテリア6歳 / オス
4.5
うちのコは飽き性なせいですぐに食べなくなり、ドッグフードを固定できずにいました。LIVEDOGは栄養成分がいいなと思って買ってみただけでしたが、なんだかんだと続いて最長です!こんなに長く食べ続いたのはLIVEDOGだけですね。

LIVEDOGドッグフードの悪い口コミ

トイプードル7歳 / オス
2.0
栄養価や安全性が良さそうだし、ノンオイルコーティングだから買ったけど、あんまり体質に合ってないかもしれません。犬を飼ってる友人に譲ることにします。
雑種10歳 / メス
2.0
2日目までは食べましたが、その後はずっと手をつけませんでした。何かが気に入らなかったみたいです。
ダルメシアン4歳 / メス
1.5
品質は良いのですが、大型犬を飼っているせいか価格が高めですね。1袋は一瞬で食べ終わります。粒も小さめかな。

LIVEDOGドッグフードの口コミ・評判まとめ

LIVEDOGの口コミを確かめるべく、SNSを中心に調査しましたよ。その結果、LIVEDOGは全体的に良い口コミが多いドッグフードだなと思いました!

良い口コミには「偏食が激しいのに食べた」「原料や品質が安心」「栄養成分が良い」との声がありリピーターも多い印象です。とくに食いつきに関する驚きの声は多数ありました。

そして悪い口コミは「体質に合わなかった」「食べなかった」「価格が高め」という声が目立ちましたね。

体質に合わない・食べなかったというのは、犬によって個体差があるのかなと思います。最初はお試し用パッケージを利用するのがベストでしょう。

価格については大型犬の飼い主さんからの声でした。公式サイトの定期コースは割引がありますが、前述の通り中・大型犬より、どちらかというと小型犬向きなのかもしれません。

LIVEDOGには悪い口コミもありましたが、良い口コミの方が大半でリピーターも多いドッグフードなんだなと感じました。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入 500円(50g×2袋)
定期購入 4,752円
通常購入 5,280円 5,280円
送料 630円
※沖縄・離島は1,450円
無料

どこでLIVEDOGを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

LIVEDOGをお得にお試しできるのは公式サイト!

調査した結果、現在LIVEDOGをお得にお試しできるのは公式サイトであることが分かりました。

通販サイトのAmazonでも取り扱いがありますが、お試し用パッケージはありません。1.5kg入り商品が公式サイトの通常価格と同じ金額で販売されています。

公式サイトではLIVEDOGを500円でお試しできる!

LIVEDOG専用の公式サイトに限り、お試し用パッケージ50g×2袋を500円で購入することができます。

1世帯1回のみですが、送料は無料。LIVEDOGがどんな感じなのかちょっとだけ見てみたいという場合にはおすすめです。

LIVEDOGの定期コースは回数縛りなし!

定期コースについて詳細がなかったので、クラウディアに問い合わせてみました。回答から得られた定期コースの縛りや解約などについては以下の通りです。

  • 定期コースには回数の縛りなし
  • 定期コースの休止・解約・再開はクラウディアに直接電話して行う。

なお、定期コースの解約・休止については、次回発送日の2週間前までにクラウディアへ電話連絡をする必要があります。それ以降だと出荷の準備に入ってしまうため、連絡をもらっても間に合わないとのことです。

LIVEDOGドッグフードと私の愛犬が食べているモグワンを比較してみました!

項目 モグワン LIVEDOG
主原料 チキン&サーモン56%(どちらも生肉と乾燥肉を使用) 鶏肉・大麦・玄米(鶏肉は生肉を使用)
穀物 グレインフリー 大麦・玄米・赤米・黒米
タンパク質 27%以上 21%以上
脂質 10%以上 11%以上
代謝エネルギー(100gあたり) 363kcal 354kcal
内容量 1.8kg 1.5kg
価格 3,920円 4,752円
当サイト評価 Sランク Aランク
※定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

私がいつも愛犬に食べさせているモグワンとLIVEDOGには、どのような違いがあるのかを比較してみました。

あくまでも個人的な意見ではありますが、よく動いてよく散歩もし、1日のエネルギー消費量がそれなりに大きい犬はモグワンぐらい栄養のあるドッグフードが適しているでしょう。

逆に室内で過ごすことの方が圧倒的に多く、1日のエネルギー消費量が極端に少ない犬にはLIVEDOGのようなドッグフードが丁度いいかもしれません。

それぞれ原産国も特性も異なるので、今の愛犬の健康状態やライフスタイルにはどちらが合っているのか?それを見極められるよう毎日愛犬を観察するようにしましょう。

私が「〇〇の方がおすすめ!」とこの画面で決めることはできませんから、それぞれの特徴をよく理解した上で今の愛犬に合ったフードを選ぶようにして下さい。

LIVEDOGドッグフードの給餌量は1日どれくらい?

LIVEDOGのパッケージに記載されていた給餌量を参考に、与え方などをまとめてみました。

体重 1日あたりの給与量目安
1~3kg 31~71g
4~6kg 88~119g
7~9kg 134~161g
10~12kg 175~200g
13~15kg 213~237g

それぞれのライフステージに合ったLIVEDOGの与え方や注意点は以下の通りです。

子犬の場合

子犬は毎日成長するため、こまめに体重を測った上で給餌量を参考にするようにしましょう。月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます。

餌の回数は、生後10週までは1日分を少量ずつ4回ほどに分けて、生後3ヶ月過ぎた頃から、その犬の予想される体重の50%近くになるまで1日3回に分けて与えましょう。生後5~6ヶ月頃から、餌の回数を1日2回程度にします。

成犬の場合

給餌量は、その犬が1日に必要とするカロリー量から計算することもできます。1日に必要なカロリー量は以下の簡易式で求められます。

1日に必要なカロリー量=(体重×30+70)×係数

標準的な成犬(避妊・去勢済)の係数は、1.6です。この計算で出た数値をドッグフードの1gあたりカロリー(LIVEDOG=3.54)で割ると、給餌量の目安がわかりますよ。

ただし、個体差や運動量・ドッグフードの内容によっても大幅に変わるため、体重と照らし合わせながらコントロールするようにしましょう。

犬は食餌と食餌の間隔が長くても大丈夫なので、餌の回数は1日2回で問題ありません。

老犬の場合

老犬は、成犬に与える量よりも20~30%程減らした量を与えるようにしましょう。消化率や代謝率が低下するため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

餌の回数は、消化器への負担を軽くするためにも1日2~3回に分けて与える必要があります。

ここで紹介した給餌量はあくまでも目安で、運動量・体調・生活環境によって必要なエネルギー量が変わります。給餌量が合っているかどうかはうんちで分かるので、うんちが柔らかければ量を減らす、硬ければ量を増やすといった感じで調整して下さい。

LIVEDOGドッグフードは子犬に食べさせても大丈夫?

LIVEDOGは、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されているドッグフードです。

また、オールステージ対応となっているため子犬に与えても基本的には問題はありません。

しかし私が気になるのは、育ち盛りの子犬にLIVEDOGだけ与えるとやや栄養不足になってしまうのでは?ということ。

AAFCOでは成長期の子犬に必要なタンパク質の最小必要量が22.5%とされているのに対し、LIVEDOGのタンパク質は21.0%以上です。

体がどんどんつくられていく成長期にはより多くのタンパク質を摂取する必要があるため、LIVEDOGだけを与えると栄養不足が懸念されます。

体が成長している間はお肉やウェットフードをトッピングするなどして足りない栄養素を補い、ある程度成長が落ち着いたらLIVEDOGだけに絞るようにしてみましょう。

LIVEDOGドッグフードのQ&A

LIVEDOGドッグフードは他の国産ドッグフードと何が違うの?

近頃LIVEDOGに似た国産ドッグフード多く誕生しているため、いまいち違いが分からない人もいるかと思います。

まず、LIVEDOGは数ある国産ドッグフードの中でも珍しい純国産ドッグフードです。原材料の一部に外国産のものを使っている商品が多い中、LIVEDOGは日本国内から取り寄せた食材を使って九州の工場で製造されています。

あと、前半部分で解説した「パディナ」が配合されているのもLIVEDOGだけです。グルコサミンやコンドロイチンはよく使われていますが、パディナを配合しているドッグフードは他にありません。

LIVEDOGドッグフードはなぜこんなに価格が高いの?

LIVEDOGは契約農家から仕入れた野菜や穀物を使うなど、原材料に使う食材にとてもこだわっています。食材にこだわればこだわるほど原価が高くなるのは当然のことなので、自然とドッグフード本体の価格も高くなってしまいます。

あまりにも安いドッグフードは、どんな状態の食材が使われているのかすら分かりません。1kgあたり数百円ということは、それなりの原料が使われているのは間違いないと思っていいでしょう。

LIVEDOGドッグフードまとめ

LIVEDOGのまとめ
  • 原料はすべて純国産のヒューマングレードを使用していて安心。
  • ミネラル豊富なパディナを配合し、骨や関節を内側からサポート。
  • 犬の健康に必要ない、香料・着色料・保存料など無添加。
  • グルテンフリーで小麦アレルギーの犬に配慮。
  • オイルコーティングされていないため、犬の体に優しい。
  • 衛生管理が徹底された九州のペットフード工場で製造し、安全性を確保。
  • お試しモニターは50g×2袋が500円で試せる。
  • 粒が小さめで、口の小さな小型犬でも食べやすい。
  • タンパク質が低めなので、室内で過ごすことの多い犬に向いている。
  • 鶏肉・穀物・卵が体質に合わない犬は注意が必要。

LIVEDOGは、愛犬の健康のために普段の食事内容を意識したい飼い主さんにうってつけのドッグフードだなと思いました。

原料は純国産のヒューマングレードを使い、香料・着色料・保存料など無添加で犬の健康に配慮されて作られています。

中でも一番の特徴は、ミネラル豊富なパディナエキスが配合されている点です。パディナは地中海のマルタ島で採取される海藻で、骨や関節をサポートしてくれます。

神様
タンパク質は低めなので「運動量の多い犬」より「室内で過ごすことの多い犬」に向いているのじゃ。

また、お試しモニターなら1世帯1回のみではありますが、500円(50g×2袋)で利用できます。ワンコインで気軽に愛犬の反応を確認できるのは嬉しいですね。

愛犬の健康のためにドッグフードを見直したい場合や安全性が気になる場合は、一度試してみても良いでしょう。

LIVEDOGドッグフードの基本情報

内容量 1.5kg
初回購入価格 500円(50g×2袋)
定期購入価格 4,752円
通常価格 5,280円
販売会社 株式会社クラウディア
公式サイト https://cp.claudia.co.jp/livedog_sp_hako
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る