158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

犬用「馬肉パラパラミンチ」の口コミ評判は?品質や安全性は大丈夫?

馬刺しで有名な利他フーズから販売されている犬用の生馬肉「馬肉パラパラミンチ」。

ほぐれやすく使いやすいとファンの間で人気があり、主にドライフードや手作り食のトッピングとして親しまれています。

ここでは、そんな馬肉パラパラミンチの安全性の評価、口コミ評判の調査をしていきたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
品質 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.0
内容量 300g×3袋(合計900g)
価格 2,500円(300g×3袋)
5,000円(300g×3袋が2セット)
目的 一般食
タイプ 生肉
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

当サイトは、馬肉パラパラミンチをAランクと評価しました。

どんな馬の肉を使用しているのか分からない生馬肉や馬肉ドッグフードが多い中、馬肉パラパラミンチは馬の産地や飼育方法、食肉センターに関する具体的な情報を開示しています。また、人も食べれるほど安全な馬肉を使用しているため、愛犬にも安心して与えられると判断しました。

パラパラとしていてほぐれやすいので、ドライフードや手作り食のトッピングとしても使いやすい生馬肉です。

実際に馬肉パラパラミンチを購入してみました!

馬肉パラパラミンチを実際にこの目で見てみたかったので、今回は馬肉パラパラミンチの1セット(300g×3袋)を購入。ヤマト運輸の冷凍便で届きました。

箱を開けると、まず姿を現したのがパンフレットと明細書。

パンフレットを取り出してみると、ビニール袋にまとめられた馬肉3袋が顔を出しました。

さらに中を取り出すと、こんな感じで馬肉パラパラミンチが入っています。

口コミでは「茶色に変色していた」「ベトベトしている」といった声もあって心配でしたが、私のは全くそんなことはなかったです。むしろすごく綺麗。

とりあえず我が家では一気に消費しきれないので、2食分だけタッパに分けて冷蔵庫へ。残りは袋ごとラップでまいて、さらにジップロックに入れて冷凍庫に保存しました。

1〜2日で1袋使い切れるならそのまま冷蔵庫へ入れてもいいですが、そうじゃない場合は使う分だけその都度解凍した方が衛生的ですよ!

塊のお肉と違って非常に解凍されやすくなっていますから、届いたらすぐに冷凍庫の中へ入れるようにしましょう。とくに夏のような暑い時期の取り扱いには注意が必要ですね。

生肉を初めて食べる犬の場合は、まずスプーン1杯分の馬肉パラパラミンチをいつものドライフードに混ぜて食させるといいようです(公式サイトにも説明あり)。

愛犬モコは生肉を食べることが初めてではないので、ちょっと多めにいつも食べているドッグフードにトッピングしてみました。脂がのってて美味しそうです。

1回に与える量は、生肉(馬肉パラパラミンチ)30%:ドライフード70%の割合が目安だそうです。ただし個々によって異なるので、愛犬の体重や体質に合わせて調整しましょう。

モコに馬肉入りドッグフードを出したところ、とても美味しそうにパクパクと食べていました。

やはり生肉となると風味が違うんでしょうね。いい食べっぷり。

よほど美味しいのでしょうか?途中で顔を上げることもなく、ただひたすら食べて完食しました!

馬肉パラパラミンチを3袋食べさせてみて分かったこと!

それから3袋なくなるまで、毎食ドッグフードに馬肉パラパラミンチをトッピングしてモコに食べてもらいました。

途中でお腹を壊したり調子が悪くなったりすることはなく、毎日とても健康的なうんちをしていたのでモコの体質には合っていたようです。

食べてみての変化は正直よく分かりませんが、心なしか毛並みがさらに良くなったような…?ただ、劇的な変化は目に見て分かりませんでした。

馬肉パラパラミンチは凍ったままでもほぐれやすいので、忙しい時やちょっと使いたい時でもすごく使いやすい馬肉ですね。

馬肉パラパラミンチを試して感じたメリット・デメリット!

メリット
  • 品質・安全性が高い。
  • 必要な分量だけ解凍しやすい。
  • 手作り食にも使える。
デメリット
  • 冷凍庫がかさばる。

あくまでも個人的な感想ですが、馬肉パラパラミンチを使ってデメリットに感じたことはこれといってとくにありませんでした。

使い方で不便に感じることもなかったですし、品質・衛生面でも不満に思うことはありませんでした。

強いて言うなら、自宅に届く前に冷凍庫のスペースを空けなければいけないことですね。冷凍庫にいろいろ詰めている人は、3〜6袋入る分のスペースを空けておきましょう。

馬肉パラパラミンチの原材料と安全性について評価!

次に、馬肉パラパラミンチの原材料と安全性についてです。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

熊本県で2年ほど穀物肥育した馬の肉(※カナダで生まれた馬を生後1年ほどで輸入。2年ほど熊本県で肥育を行っている。)
代謝エネルギー 175kcal/100g カルシウム 11mg/100g
脂質 9.5g/100g 鉄分 4.3mg/100g
ビタミンA 9μg9/100g グリコーゲン 2200mg/100g
ビタミンE 0.9mg/100g

馬肉パラパラミンチは、品質・安全面ともに文句のつけどころがない良質な馬肉です。

ここ数年で犬用の生馬肉を取り扱うメーカーが増えてきていますが、意外と馬の産地や飼育方法など具体的な情報を開示しているところはそう多くありません。

馬肉パラパラミンチを販売する利他フーズは、馬の産地・飼育方法・食肉センターなどの情報をきちんと開示しているんですね。これが安心して愛犬にも食べさせられる理由になります。

日本で購入できるすべての馬肉が食肉用として育てられてきた馬の肉ではないため(引退した元競走馬の肉を使用している馬肉もある)、やはりどんな馬の肉を使っているのか分からないのは不安です。

そういった面を考えると、馬についての情報、食肉センターの情報をきちんと開示している利他フーズは良心的だなと思いました。

ちなみに利他フーズでは、信頼できる牧場(熊本)と提携して馬肉を仕入れているとのこと。その提携牧場では、日本に輸入されたカナダ生まれの仔馬を、おいしい水と穀物を与えながら大切に肥育しています。

馬肉パラパラミンチは海外ですでに食肉にされた馬の肉ではないので、鮮度においても安心ができますね。

愛犬に生肉を食べさせてあげたいと考えている人は、ぜひ馬肉パラパラミンチのようにお肉の情報が開示されているものを利用しましょう。

一般的なスーパーでの購入も悪くありませんが、どんな馬肉を使っているのか?等の具体的な情報があるお肉の利用をおすすめします。

馬肉パラパラミンチはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • 食物アレルギーがある犬。
  • 消化機能が低下してきている犬。
  • 体重管理が必要な犬。
  • 被毛トラブルを抱えやすい犬。
  • 食欲が低下している犬。
  • 手作り食に生肉をプラスしたいと考える人。
  • ドライフードのトッピングを探している人。
  • 愛犬に安全性の高い馬肉を利用したい人。
  • 馬肉を買いに行くのが面倒な人。

馬肉パラパラミンチの口コミや評判ってどうなの?

馬肉パラパラミンチの良い口コミ

柴犬13歳 / オス
5.0
老犬に馬肉がいいと聞いたので、毎食ドライフードにトッピングして与えています。お腹も壊さず喜んで食べてくれていますし、うんちの色やニオイなども健康的です。
ポメラニアン9歳 / メス
4.0
スーパーで生肉を買ってあげることに抵抗があったので、こちらを注文してみました。茶色く変色しているという口コミが多かったので不安でしたが、うちのは大丈夫でしたよ。愛犬も美味しそうに食べています。むしろ、変色しない生肉の方がやばいのでは?
雑種犬7歳 / オス
5.0
好き嫌いの多いうちの子ですが、これを混ぜてあげると本当に喜んで食べます。下手にウェットフードや缶詰を買うよりいいかもしれません。
コーギー5歳 / メス
5.0
ミンチだから解凍しやすい。生肉大好きなうちのコーギーにこちらの馬肉はとても重宝しています。お値段もそう高くないので続けやすいです。
パグ9歳 / オス
5.0
最近食欲がなくなってきていたので、こちらを利用してみることにしました。今までは牛肉すら食べなかったうちの子が、これはよく食べてくれます。とても気に入ってくれたようで家族もほっと一安心です。

馬肉パラパラミンチの悪い口コミ

チワワ8歳 / メス
3.0
アレルギー持ちのうちのワンコに食べさせています。がしかし、今回届いた3袋中1袋だけ茶色に変色していました。念のため加熱して与えましたが、とくに問題はありません。
トイ・プードル11歳 / オス
2.0
他店の馬肉のミンチより食いつきが良いので、今回もこちらを購入。以前に比べて色落ちが激しい感じがします。あと、脂身が多いせいかベタッとします。
雑種犬6歳 / メス
1.0
他店の馬肉はとても食い付きが良かったのですが、こちらのは食べなかったです。手でちょっと食べさせたら数分後に吐きました。その後、二度の嘔吐と下痢がありました。リピはないです。
シェルティー6歳 / オス
3.0
いつも利用しています。今回のは大きな塊があって使いにくかったです。パラパラのところもあるのですが、くっついているところもありました。
フレンチ・ブルドッグ11歳 / オス
4.0
2回目の購入です。今回はパラパラではなく、かなり塊になっていました。おかげで解凍するのに手間がかかりました。配送の間に解けて、また固まったのかもしれませんね。それだけが唯一残念でしたが、お肉は最初よりもいい色で良かったように思います。

馬肉パラパラミンチの口コミ・評判まとめ

馬肉パラパラミンチは全体的に評価の高い商品です。ただ、数年前はどちらかというとマイナス評価の方が多い印象ですね(とくに2016〜2017年頃)。

ここでも一部抜粋しましたが、「茶色に変色している」「変色しやすい」「袋がベタつく」といった声がちょっと目立っていたんです。

私はこれらの口コミも見ていたので届くまで不安だったのですが、実際に届いた馬肉パラパラミンチはむしろ綺麗で、梱包も袋詰めも丁寧にされてありました。

もしかしてたまたま?とも思ったのですが、調べているうちにあることに気づいたんです。

それは配送業者。公式サイトの写真を見る限りでは、恐らく以前はヤマト運輸じゃなかった可能性があります(トラックに詰め込まれている荷物の梱包がヤマト運輸ではない)。

もちろん配送業者が悪いとは言い切れませんが、マイナス評価の口コミをよくよく見ると、配送中に温度が上がったからこそ起きたトラブルでは?としか思えないのです。

ちなみに現在は「変色していた」等の口コミはありません。利他フーズが改善したから良くなったのか、配送業者を変えたから改善されてのかまでは分かりませんでした。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 2,500円(300g×3袋)
5,000円(300g×3袋が2セット)
2,700円(300g×3袋)
5,400円(300g×3袋が2セット)
送料 1,080円
※2セット購入は無料
1,080円
※2セット購入は無料

どこで馬肉パラパラミンチを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

馬肉パラパラミンチの価格がもっとも安いのは公式サイト!

調査した結果、馬肉パラパラミンチの価格がもっとも安いのは公式サイトであることが分かりました。楽天だと数百円ほど高く、Amazonには取り扱いがありません。

300gが6袋入ったタイプだと送料無料になるので、初めてトライする場合はお友達の犬とシェしてみるのもいいかもしれませんね。

馬肉は犬にとってどんなメリットがあるの?

馬肉は、牛肉・豚肉・鶏肉などに比べると脂肪が少なくヘルシーなお肉です。

さらにタンパク質はこれらのお肉とほぼ同等の量が含まれているという特徴があるため(鶏肉よりは少ないが豚肉よりは高い)、ここ最近犬の食事に取り入れる飼い主さんが増えてきています。

体重管理が必要な犬をはじめ、シニア期に入った犬や室内で過ごすことの多い犬などには嬉しいタンパク源と言えるでしょう。

また、馬は牛や豚と違って抗ウィルス剤やワクチン接種を体が受け付けません。こういった薬剤に汚染されている心配もないため、犬のアレルギー対策としても馬肉が注目されています。

馬肉パラパラミンチのQ&A

生肉が初めての犬なんだけど…どう与えればいいの?

生肉を初めて食べる犬であれば、まずはスプーン1杯分から食べさせてみましょう。最初からたくさん食べるとお腹が緩くなってしまうこともありますから、1週間ほどかけて徐々に量を増やしてみることをおすすめします。

馬肉パラパラミンチは過熱して犬に与えてもいいの?

本来は生肉のまま食べることが推薦されていますが(食材がもつ酵素を生かすため)、加熱してでも問題ありません。加熱するときは電子レンジで軽く熱を加えるくらいでいいでしょう。

生肉がどうしても体質に合わない犬もいますから、そういった場合は加熱して食べさせることをおすすめします。

馬肉パラパラミンチの賞味期限は?

馬肉パラパラミンチの賞味期限は、加工日より冷凍保存で180日です(詳細はラベルに記載)。賞味期限内であっても、馬肉から異臭がしたり、糸を引くような粘り気がある場合は廃棄するようにして下さい。

馬肉パラパラミンチの保存方法は?

馬肉パラパラミンチは冷凍庫での保存になります。できるだけ冷凍庫の奥にしまった方が、外気に触れにくいのでおすすめです。

ミンチなので解凍されるのも早いですから、与える数時間前に与える分だけを解凍されるといいでしょう。

馬肉パラパラミンチの基本情報

内容量 300g×3袋(合計900g)
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 2,500円(300g×3袋)
5,000円(300g×3袋が2セット)
販売会社 熊本馬刺しドットコム(運営:株式会社利他フーズ)
公式サイト http://kumamoto-basasi.com/ad/FS3901_a.html
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る