158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ドクターデンタルワンを愛犬に購入した口コミ評判!安全性や評価は?

歯磨きが苦手な犬でも無理なくできるデンタルケア、という発想で作られたドクターデンタルワン。人間の歯科医療にも使用されている「ヒト幹細胞培養液エキス」が含まれている点でも注目のケア商品です。

ここでは、そんなドクターデンタルワンの成分や安全性、口コミ評判などを調査していきます。

項目 詳細
成分 5.0
使いやすさ 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.5
内容量 30g
価格 通常購入:6,980円
定期初回:3,480円
定期購入:4,480円
目的 デンタルケア
タイプ ジェル
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

ドクターデンタルワンは、使い勝手の良さや安全性の高さに十分納得できる犬用デンタルケア商品です。

使用されている成分は天然植物由来のものが多く、人間と同等の品質管理や検査体制がきちんとしていることにも安心感があります。

ただ再生医療で注目の成分が使われていることもあってか、価格がやや高めなのが難点です。ですが、さまざまな使い方ができるジェルタイプなので、デンタルケアで犬に負担をかけたくない飼い主さんにとっては試す価値のあるアイテムといえるでしょう。

\【限定】今なら最大50%OFF!/

ドクターデンタルワンの公式HPを見る

実際にドクターデンタルワンを購入してみました!

歯ブラシを使わなくても犬のデンタルケアができるというドクターデンタルワン。気になっていた商品が届いたので、さっそくレビューしていきましょう!

ドクターデンタルワンはこんなふうに箱に入って、ちらしや小冊子と一緒に送られてきました。

シンプルなデザインのチューブ型ですが、メタリックなフタに高級感が漂いますね。計量用の小さなスプーンも付いています。

裏はこんな感じで、成分や使用方法が記載されています。内容量は30gですね。一般的な使用量で約30日分にあたります。

さて、今度はフタを取って、中身を見ていきたいと思います。

フタを外すと、チューブの先は意外と細め。ジェルが一気に出ないようにしているのでしょう。

ドクターデンタルワンの中身を計量用スプーンに出してみました。スプーンには1ccと書かれてありますが、この1杯分が1回の使用量です。

ジェルは見てのとおり透明で、人間の鼻にはなんのニオイも感じられませんでした。

ただ、やはりジェルというだけあって粘度は結構あるのか、スプーンを傾けても中身がすぐに落ちてきません。

これだと犬の口に入ってもサラッと流れず、しばらく留まってくれるのでは?と期待できますね。

今度は、指先に直接ジェルをのせてみました。こうやって指先に出したジェルを犬に舐めてもらって、デンタルケアすることもできるんですね。

その場合は、2cm程度が1回分の目安となります。では、これをいよいよ我が家の愛犬に試してみたいと思います!

しかしなんと!残念なことに、ドクターデンタルワンのみだと警戒されてしまったようです。ジェルをのせた指先を見せたところ、愛犬は後ずさり…。

ただドクターデンタルワンは必ずしも直接舐めてもらわなくても大丈夫で、これを使って犬のデンタルケアをする方法はいくつかあります。

詳しくは後ほどご説明しますね。

うちの愛犬には、いつものごはんの上にドクターデンタルワンをのせ、一緒に食べてもらうことにしました。画像では真ん中あたりにのっけています。

これならまったく抵抗感もないようで、残すことなく口にしてくれましたよ。

ドクターデンタルワンを1本試して分かったこと!

それからドクターデンタルワン1本分がなくなるまで、愛犬のごはんに毎日のせてデンタルケアを続けました。

これはいいなと思ったのは、犬に全然負担をかけないこと。犬自身はデンタルケアだなんて気づいてもいないでしょう。もちろん、飼い主にとっても非常に楽です。

本当は歯磨きするのが理想なのでしょうが、我が家ではこれまで犬用デンタルガムといった商品を利用するのが精一杯でした。

犬の方は口に触られるのを好まないし、歯磨きするにはお互い負担が大きかったんですね。

ただ、愛犬はこれまで歯の状態やニオイに問題があったというわけではないので、ドクターデンタルワンの使用前と使用後で変化を実感するというまでには至りませんでした。

ちなみに、与えている間のウンチにも特別な変化はありませんでしたよ。乳酸菌が含まれているので、たまにゆるくなる場合もあるようですが、うちの犬は大丈夫でした。

愛犬もシニア期に入っているので、この先ガムが噛めないといった状況になると、なおさらジェルタイプに魅力を感じるようになるかもしれませんね。

\【限定】今なら最大50%OFF!/

ドクターデンタルワンの公式HPを見る

ドクターデンタルワンを試して感じたメリット・デメリット!

メリット
  • 犬のデンタルケアが簡単にできて継続しやすい。
  • 犬の嫌がる歯磨きをしなくて済む。
  • 犬の性格や好みに合った与え方が選べる。
  • 安心して飼い犬の口に入れられる。
  • シニア犬や高齢犬にも使いやすい。
  • 犬の口の中に留まりやすい形状。
  • 20日間返金保証があり、気軽に試せる。
デメリット
  • ケアを続けていくにはコストがかかる。

さまざまなデンタルケアの種類がある中でも、ドクターデンタルワンはかなりメリットの多い方法だと思います。

まずなんといっても犬が嫌がらないこと。これが一番です。

犬によって好みに合うかどうかは分かりませんが、少なくとも歯磨きという犬にとって嫌なことをせずに済みます。

それに、科学的に新しい成分の配合やジェルという形状に、効果への期待も大きく持てるのではないでしょうか。

一方デメリットと感じるのは、購入価格ですね。

品質の高い成分が含まれるこその価格ではあると思うのですが、もしかしたら毎日のごはんと同じくらいかそれ以上のコストがかかるかもしれません。

ただ、犬の性格やこれまでの習慣によってはほかの方法でのデンタルケアが難しいというケースも多いので、そういった犬や飼い主さんには大きな助けとなるでしょう。

\【限定】今なら最大50%OFF!/

ドクターデンタルワンの公式HPを見る

ドクターデンタルワンの成分と安全性について評価!

次に、ドクターデンタルワンの成分と安全性についてです。

あくまでも私の基準ではありますが、何を使っているのかよく分からない原料、犬の体に良くない原料は赤色で示しています。

グリセリン、水、PG、リベチン含有卵黄粉末、シソエキス、ナタマメ種子エキス、プラセンタエキス、スイゼンジノリ多糖体、没食子酸エビガロカテキン、ユビキノン、フィトンチッド(100種植物エキス)、ビフィズス菌培養溶解質、乳酸菌末、乳酸桿菌溶解質、ヒアルロン酸Na、トリ(カブリル酸/カプリン酸)グリセリル、グルコシルヘスペリジン、BG、ヒドロキシアパタイト、ヒドロキシエチルセルロース、カルボマー、リン酸アスコリビルMg、水酸化K、メチルパラベン、デキストリン、PEG-60水添ヒマシ油、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル、オリーブ果実油、ポリソルベート60、1.2.ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、トロボロン

実のところ私は化学分野の専門家ではないので、カタカナの成分名には不案内なところがあります。

ですが、できる限り調べてみたり、送られてきた小冊子やサイトからメーカーの姿勢を読み取ったりしてみました。そこから分かった特徴をまずまとめてみます。

  • ヒト幹細胞培養液エキスの配合。
  • 汚れにはリペチン含有卵黄粉末でアプローチ。
  • 天然植物由来の成分を豊富に使用している。
  • 砂糖・キシリトールなどの甘味料は不使用。
  • 腸内環境を整える乳酸菌が含まれている。
  • 獣医師・ドッグトレーナーと共同開発。
  • 日本国内の工場で製造されている。
  • 人間と同レベル以上の品質管理。
  • 安全性の検査がされている。

こういった特徴を総合的に見て、ドクターデンタルワンの安全性には信頼が置けると判断しました。

科学的に新しいものと古くから利用されてきた自然由来のもの、この両方を生かしているのがドクターデンタルワンです。

新しいものとしてはなんといってもヒト幹細胞培養液が挙げられます。

幹細胞は細胞を複製し組織を再生させる能力があるとされ、再生医療や美容分野でも注目されているものです。

人間の歯科医療でも用いられているので安心感がありますね。

それから、汚れにアプローチするという卵黄粉末もそうですが、自然由来の成分が多く使われています。代表的なところでは以下のようなものです。

シソ、ナタマメ、スイゼンジノリ、お茶(カテキン)

いずれも抗菌作用や抗炎症作用・保水力・抗酸化作用などで、よく名が知られているものですよね。

一方犬が中毒を起こすことのある甘味料は使われていません。

あと、品質管理がしっかりされているところも印象が良いです。安全性の検査は以下の3点で行われています。

  • 放射能セシウム
  • エタノール
  • 細菌セット

こういったことからも、安全性には厳しい姿勢で取り組んでいることが伝わってきます。

ただし、犬の体質によっては合わないということも考えられます。卵やトウモロコシ、豚由来の成分が含まれているため、これらにアレルギーのある犬の場合は注意が必要です。

ドクターデンタルワンはこんな犬や飼い主におすすめ!
  • あくびをした時やなめられた時にニオイが気になる犬。
  • 口の周りを足で触って気になるような仕草をしている犬。
  • シニアや高齢となってきた犬。
  • 飼い主さんに歯磨きをしてもらうことが苦手な犬。
  • 忙しくて歯磨きをしてあげる時間が取れない人。
  • 飼い犬の歯のトラブルを予防したい人。
  • 飼い犬が口にするものは安心安全にこだわりたい人。
  • 愛犬の腸内環境も整えてあげたいと考える人。

上記のような場合は、ドクターデンタルワンを試してみる価値があると思います。

ただし、歯茎の出血など口腔内に異常が見られる場合は、まずかかりつけの獣医さんに相談してみてくださいね。

\【限定】今なら最大50%OFF!/

ドクターデンタルワンの公式HPを見る

ドクターデンタルワンの口コミや評判ってどうなの?

ドクターデンタルワンの良い口コミ

現在調査中。

ドクターデンタルワンの悪い口コミ

現在調査中。

ドクターデンタルワンの口コミ・評判まとめ

ドクターデンタルワンの口コミを調べても、一般のものはまだ数えるほどしかありません。十分に集まってから、あらためて追記していきたいと思います。

\【限定】今なら最大50%OFF!/

ドクターデンタルワンの公式HPを見る

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

公式サイト Amazon 楽天
初回購入 3,480円
定期購入 4,480円
通常購入 6,980円 8,278円
送料 送料600円
※10,000円以上無料

どこでドクターデンタルワンを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

ドクターデンタルワンの購入は公式サイトがもっとも安い!

調査したところ、ドクターデンタルワンを購入するなら公式サイトを利用するのがもっとも安いと分かりました。

楽天での取り扱いは今のところありません。

Amazonで販売されている価格は、公式サイトより高めです。特に公式サイトで定期購入する場合と比べると、かなりの差となります。

定期コースを利用すると初回50%OFFで購入できる!

ドクターデンタルワンを公式サイトで申し込む場合、定期購入の楽々デンタルケアコースを利用すると、初回は通常価格の半額3,480円(税別)で購入できます。

定期コースの場合は、送料も無料。2回目以降もずっと36%OFFの4,480円(税別)で届けてもらえるので、通常購入よりお得です。

定期コースの初回のみですが、20日間の返金保証もついています。

飼い犬に合わなかったという場合は、20日以内に申請すれば返金してもらえるので安心ですね。

ドクターデンタルワンの定期コースは解約・休止が可能!

定期購入といえば何かしらの縛りが心配になるかもしれません。

ドクターデンタルワンの定期コースを確認すると、解約や休止したいという場合の連絡は、電話かメールで受け付けています。

神様
電話は平日10時から18時まで受け付けているぞ。

ただ、2回目が届く前に解約すると、初回価格と通常価格の差額を支払う必要があるので、そこは注意が必要です。転売目的などの購入を避けるためかもしれませんね。

通常、商品が届く間隔は約30日ですが、休止も最長2ヶ月まで可能です。

もし解約・休止したいということであれば、次の発送予定日の7日前までに連絡するようにしてください。

\【限定】今なら最大50%OFF!/

ドクターデンタルワンの公式HPを見る

ドクターデンタルワンで犬のデンタルケアをする方法について

ドクターデンタルワンで飼い犬のデンタルケアをしたい場合、いくつかの方法があります。まず基本的なケアの仕方は以下のとおりです。

  1. 付属のスプーンにドクターデンタルワンの1回分を出す
  2. ガーゼにジェルをのせて、犬の歯や歯茎に塗り付ける
  3. 犬の口の周辺に付いてしまったジェルを拭き取る

あまり嫌がらない犬であれば、ガーゼではなくきれいに洗った飼い主さんの指で直接塗ってあげても大丈夫ですよ。

上記のような丁寧なケアが理想ですが、口の中を触られることに慣れていない犬も多いと思います。

そんな犬には、次のような方法で与えてみてください。

  • 指先にジェルを付けて犬に舐めてもらう
  • 噛むオモチャにジェルを塗って与える
  • いつものごはんやおやつにのせて食べてもらう

犬のデンタルケア商品では、液体やスプレー・シート・粉末などさまざまな形状のものが販売されていますが、形状によっては使い方が限定されてしまいます。

粘性のあるジェルだからこそいろいろな与え方が可能なんですね。

もちろんいつも歯磨きしているよという犬には、普段使っている歯ブラシにジェルを付ける方法もOKです。

\【限定】今なら最大50%OFF!/

ドクターデンタルワンの公式HPを見る

ドクターデンタルワンはドクターワンデルと何が違うの?

ドクターデンタルワンとは別に、ドクターワンデルという商品が販売されています。

販売会社は異なるのですが、商品コンセプトや内容がよく似ています。どこが同じで何が違うのでしょうか。

項目 ドクターデンタルワン ドクターワンデル
成分 グリセリン、水、PG、リベチン含有卵黄粉末、シソエキス、ナタマメ種子エキス、プラセンタエキス、スイゼンジノリ多糖体、没食子酸エビガロカテキン、ユビキノン、フィトンチッド(100種植物エキス)、ビフィズス菌培養溶解質、乳酸菌末、乳酸桿菌溶解質、ヒアルロン酸Na、トリ(カブリル酸/カプリン酸)グリセリル、グルコシルヘスペリジン、BG、ヒドロキシアパタイト、ヒドロキシエチルセルロース、カルボマー、リン酸アスコリビルMg、水酸化K、メチルパラベン、デキストリン、PEG-60水添ヒマシ油、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル、オリーブ果実油、ポリソルベート60、1.2.ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、トロボロン グリセリン、水、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、リベチン含有卵黄粉末、シソエキス、乳酸桿菌溶解質、スイゼンジノリ多糖体、プラセンタエキス、ヒドロキシアパタイト、ヒアルロン酸Na、セルロースガム、カルボマー、水酸化K、BG、デキストリン、メチルパラベン
内容量 30g 30g
タイプ ジェル ジェル
原産国 日本 日本
品質管理 人間と同等レベル 人間と同等レベル
通常価格 6,980円 7,980円
初回価格 3,480円 4,980円
定期価格 4,480円 4,980円+300円(送料)

まず同じなのは、どちらも国産でジェルタイプであるということ。チューブに入った内容量も同じです。

ヒト脂肪細胞順化培養液エキスやリベチン含有卵黄粉末など、主要な成分も共通しています。

ただよく見ると、ドクターデンタルワンの方はほかに天然植物由来の成分が数多く含まれています。お腹の調子を整える成分も複数見られます。

ドクターワンデルの方は比較的シンプルなだけに、ヒト脂肪細胞順化培養液エキスに重点を置いているような印象です。

こういった配合成分量の違いが価格の差にも影響していると考えられます。なので、特徴や使い方をざっくり分けると、こんな感じです。

  • ドクターデンタルワン:より多くの成分でアプローチ。コストを抑えたい。
  • ドクターワンデル:主要成分に絞ってアプローチ。価格はやや高めでも可。

品質管理は双方とも人間と同等であり問題ないので、犬の状態や目的・コストなどを考え合わせた上で選ぶと良いと思います。

\【限定】今なら最大50%OFF!/

ドクターデンタルワンの公式HPを見る

ドクターデンタルワンは子犬やシニア犬にも使えるの?

ドクターデンタルワンは特に年齢や犬種の制限はありません。

犬の歯垢はおよそ3日で歯石となり、3歳以上の犬だと約8割が口腔トラブルを抱える予備軍ともいわれています。

口内環境は体調や寿命にも影響するため、シニア犬や高齢犬であればなおのことしっかりしたデンタルケアが必要でしょう。

ですが、飼い主さんが犬の口腔内に触れて丁寧なケアをするには、お互いが慣れていなければ難しいこともあります。

デンタルケアにはできるだけ早いうちに取り組み始めた方が良いかもしれませんね。

\【限定】今なら最大50%OFF!/

ドクターデンタルワンの公式HPを見る

ドクターデンタルワンのQ&A

ドクターデンタルワンの使用期限はどれくらい?

ドクターデンタルワンを開封した後は、約2ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

ドクターデンタルワンを犬に使うタイミングは?

ドクターデンタルワンを使うタイミングは、人間と同じくごはんの後が良いでしょう。1日1回使用する場合は、晩ごはんの後がおすすめです。

ドクターデンタルワンに副作用はないの?

ドクターデンタルワンには犬の体に負担をかけるような成分は使用されていません。

ただし、卵黄・トウモロコシ・ブタ由来の成分が含まれているため、アレルギーが気になる場合はかかりつけの獣医さんに相談してみてください。

ドクターデンタルワンの基本情報

内容量 30g
初回購入価格 3,480円
定期購入価格 4,480円
通常価格 6,980円
販売会社 サンテミナ株式会社 ふくのきもち事業部
公式サイト https://fukunokimochi.com/item/dentalwan/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る